男性ファッション誌「SENSE」(センス)8月号に「FA-163」が掲載されました。

おはようございます、店長です。



日課になっている外でのいっぷくをためらってしまうほどの暑さ・・・

明らかにTOKYO BASEのある裏路地は人通りが少なくなりました。

ちーーんw

まぁ、この暑さのなか歩き回るのは確かに危険ですね(笑)

外出の際は、熱中症にお気をつけ下さい。



さて、今日は雑誌掲載のお知らせから。

7月10日(月)発売の男性ファッション誌「SENSE」(センス)8月号にて、FACTORY900をご紹介頂きました!



Desktop6


その内容は、リアルに欲しい!"ジャパンクオリティ"30選ということで「FA-163」 col.001が掲載されています。

クリエイティブ ディレクター北原氏が自ら足を運び、選び抜かれた"ジャパンクオリティ"30選

書店でお求めの上、是非チェックしてみて下さい!



と、いうことで今日の店長ブログは、雑誌に掲載された「FA-163」を久しぶりにご覧頂こうと思います。

「FA-163」¥38,000(税別) 2009年



DSC_8318




DSC_8316


サイズ59mm 鼻幅18mm レンズカーブ6カーブ テンプル長120mm



DSC_8317


FACTORY900のコンセプトである「THE FUTURES EYEWEAR」を一目で体感して頂ける、モードかつ、サイバー感あふれる「FA-163」

一度見たら忘れることの出来ないその造形は、TOKYO BASEのアイアン看板として採用されています。

まるでフードのようなフロントは、もちろん度付対応、決してお飾りではなく、ガチのサングラスとしてご活用頂けます。



DSC_8324






DSC_8325


しかし、アセテートからこの様な造形を作り出せるのは、青山眼鏡の技術力があってこそ。

まさに唯一無二のアイウェアといえるのではないでしょうか。



DSC_8329


カラーバリエーションは全4色



DSC_8303


「col.001」black (黒)



DSC_8306


「col.169」beer brown (ビール茶)



DSC_8309


「col.244」bordeaux (ボルドー)



DSC_8312


「col.853」white (白)



製造工程における難易度が他のモデル以上に高いといわれる「FA-163」

直営店といえども、一度欠品を起こすと次回の入荷にはかなりの時間を要します。

尚、今日現在TOKYO BASEでは全カラー在庫の用意がございます。

ご来店の際には是非お試し下さいませ!







FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
   
style="color: rgb(0, 102, 204);">



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           


 
 



メガネ・サングラス ブログランキングへ 
     



factory900(ファクトリー900) 2017年春の新作「fa-2022」入荷しました。

おはようございます、店長です。



連日に渡るこの暑さで、原宿にあるアイスモンスターさんは午前中から長蛇の列です。

この行列を見ると夏がやってきたことを実感します(笑)

今日も厳しい暑さになりそうですが、店内を涼しくして皆さんのご来店お待ちしております!



さて、一昨日からご紹介してきましたfactory900 2017年春の新作情報ですが、今日ご紹介するモデルがこちら

小文字シリーズ「New Basic」

「fa-2022」



DSC_8257


昨日のブログでご紹介した「fa-2021」と同じく女性の皆さんにおススメのfactory900

デザインはもちろん、そのカラーバリエーションにもご注目下さい。



「fa-2022」¥37,000(税別) 2017年発表



DSC_8250




DSC_8221


サイズ50mm 鼻幅17mm レンズカーブ3カーブ テンプル長125mm



DSC_8229




DSC_8236


大人の上質を兼ね備えたfactory900の新たなカテゴリ―「New Basic」は、細部までしっかりと作り込まれたディティールが高級感を演出すると共に、女性の皆さんの美しさを引き立てます。

では、昨日ご紹介した「fa-2021」と比較してみましょう。



fa-2022


サイズ的には「fa-2021」よりも一回り小ぶりな「fa-2022」ですが、キリッとした印象が特徴のやや釣り目気味な玉型です。

また、「fa-2021」同様に智元も比較的下に設定されており、リフトアップ効果も期待出来ます。

しかし、この智元の位置がメガネ全体のバランスに大きな作用を及ぼします。

智元が低すぎると「FA-096」のようにアンダーテンプルの印象は強くなり、メガネとしてのクセが強くなることはもちろん、デザインをする上で全体のバランスをとることが難しくなります。

そう考えると、この「fa-2022」は非常にバランスのとれたメガネといえるのではないでしょうか。



DSC_8235




DSC_8230n






DSC_8242




DSC_7481




DSC_7478


Model thanks Nagisa

カラーバリエーションは全6色



DSC_8169


「col.001」black (黒)



DSC_8173


「col.111」gray blue twotone (グレーブルーツートン)



DSC_8176


「col.181」clear brown (クリアブラウン)



DSC_8181


「col.361」purple twotone (パープルツートン)



DSC_8185


「col.588」blue green twotone (ブルーグリーンツートン)



DSC_8188


「col.840」clear gray (クリアグレー)



デザイン、サイズ感、色使い、掛け心地、より女性を意識し、従来のfactory900とは異なるアプローチから作り出された「New Basic」シリーズ

~より良いモノを、より多くの人へ~

トレンドに左右されない、いつの時代においてもスタンダードと呼べる上質なアイウェア。

女性の皆さんにおススメです!





FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
   



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           


 

 



メガネ・サングラス ブログランキングへ 
         
        



factory900(ファクトリー900) 2017年春の新作「fa-2021」入荷しました。

おはようございます、店長です。

7月上旬にも関わらず、最高気温は30度越え・・・北海道では連日、猛暑日が続いているとか!今年の夏は、いったいどうなってしまうのでしょうか(汗)
ちなみに去年の今頃はどうだったかな~?と思い、過去のブログを振り返ってみたら同じようなこと書いてましたw

さて、そんな今日の店長ブログは、昨日に引き続き新作入荷のお知らせです。
factory900(小文字シリーズ)
「fa-2021」
DSC_8254
デザインという観点に立ち返り、時代に囚われない、新しいベーシックモデルを。
「New Basic」と名付けられた小文字シリーズの2000番台
今日もその新作をご覧頂きます。

では、早速こちらからどうぞ!
「fa-2021」¥37,000(税別) 2017年発表
DSC_8247
DSC_8218
サイズ52mm 鼻幅17mm レンズカーブ3カーブ テンプル長125mm
DSC_8225
DSC_8240
昨年発表した1stモデルに続き、ファクトリー900が女性の皆さんにご提案するベーシックモデル「fa-2021」
1stモデル「fa-2001」のオーバル型をより細身でスッキリと、どんなスチュエーションでもスタイリングしやすいモデルとなっています。
「fa-2021」のポイントはアンダー気味に位置する智元。
下の写真で「fa-2001」と比較してみましょう。
fa-2021
「fa-2021」はブリッジの位置に比べ智元が若干下にあることが分ります。
実はこの位置関係が絶妙です。
下から突き上げるようなテンプルの智元があまり下過ぎるとクセが強くなります。さりげなくリフトアップ効果もあり、クセの強くなり過ぎない「fa-2021」は女性の皆さんにとって万能型のモデルといえるのではないでしょうか。
DSC_8231n
もちろんそれだけではありません。

ブリッジの凹凸はもとより、エッジの効いた智元の造形をご覧頂くと、1stモデルに比べさらに作り込まれていることがお分かり頂けます。 
DSC_8232
DSC_8241

DSC_7514
DSC_7508
Model thanks Nagisa

カラーバリエーションは全6色
DSC_8136
「col.001」black (黒)
DSC_8141
「col.030」black/red pattern (黒/赤柄)
DSC_8146
「col.227」light brown/pink (ライトブラウン/ピンク)
DSC_8152
「col.285」red twotone (赤ツートン)
DSC_8159
「col.361」purple twotone (パープルツートン)
DSC_8167
「col.840」clear gray (クリアグレー)

TOKYO BASEがオープンしてからというもの、多くのユーザーの皆さんが会社の先輩、お友達にFACTORY900をおススメ下さっています。
女性の皆さんが気負うことなく掛けれるfactory900のベーシックスタイル「fa-2000番台」女性の皆さんにオススメの際は是非お忘れなく!(笑)

FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ 


factory900(ファクトリー900) 2017年春の新作「fa-2020」発売開始

おはようございます、店長です。



何気にバタバタした日々が続き、今年はなかなか福井に行けません・・・

打ち合わせしたいことが山ほどあるんですけどね・・・

まぁ、そんな福井本社も現在、春の新作出荷と合わせて、秋の新作、その他諸々が同時進行で動いています(汗)毎年のことながら、福井本社もいよいよバタバタしてきました(汗)



さて、今日の店長ブログは、新作入荷のお知らせです!

昨年からfactory900(小文字シリーズ)に新たに加わったカテゴリ―

「New Basic」

~より良いモノを、より多くの人へ~

を、テーマに掲げるスタンダードラインです。

今日はその新作の中からこちらをご覧頂きます。

「fa-2020」



DSC_8245


「New Basic」では初めてとなるブローラインモデルの登場です!

先ずはその造形からご覧下さい。



「fa-2020」¥37,000(税別) 2017年発表



DSC_8296




DSC_8223


サイズ51mm 鼻幅18mm レンズカーブ3カーブ テンプル長130mm



DSC_8224


「New Basic」のこだわりの1つであるサイズ感はそのままに、よりシンプルで合わせやすいブローラインモデルがここに誕生しました。

細身のブローラインといえば「FA-298」を思い浮かべるところですが、むしろ「FA-098」を、よりスッキリとしたイメージ、といったほうが近しいかもしれません。



DSC_8244n


New Basicのやり過ぎない造形は、女性の皆さんも気軽に手に取って頂きやすいこともあり、昨年秋に発表した1stモデルもご好評を頂いております。

そんな中、今回は女性の皆さんも掛けれるブローラインモデル、今までありそうでなかったカテゴリ―といえるのではないでしょうか。

もちろん女性専用という訳ではなく、「FA-098」がサイズ的に難しいといわれる男性の皆さんにもご提案しやすいモデルとなっています。

スタイルサンプルはまた後日ご紹介します。



DSC_8300


FACTORY900ユーザーの皆さんからすると、このブローフレームは物足りなく感じるはずです。

大文字シリーズのようなダイナミックな造形とはいえません。

しかし、シンプルといいながらも細部のディティールからはFACTORY900のニオイを感じとって頂けるはずです。



DSC_8299






DSC_8298




DSC_8297


そして「fa-2020」のもう1つの特徴は2種類のレンズシェイプです。

ブローフレームということもあり、タイプA、タイプBといった天地幅の違う2つのレンズシェイプからお好きな方をお選び頂けます。

レンズの天地幅に関しては以下の通りです。



2017年 New Basic1


タイプA 30mm

タイプB 34mm



レンズの天地幅が変わるだけで、その印象は大きく変わります。

見た目のデザインはもちろんですが、ご使用頂くメガネの用途に合わせてレンズシェイプをお選び下さい。



2017年 New Basic


カラーバリエーションは全6色



DSC_8189


「col.001」black (黒)



DSC_8191


「col.150」brown sasa/yellow pattern (茶ササ/黄柄)



DSC_8195


「col.159」barafu (バラフ)



DSC_8201


「col.239」red pattern (赤柄)



DSC_8205


「col.840」clear gray (クリアグレー)



DSC_8210


「col..862」white/blue meisai (白/青迷彩)



FACTORY900が提案する新しいベーシックスタイル。

今のトレンドと呼ばれるクラシックデザインではありませんが、どんな時代でも通用する本当のスタンダードラインがこの「New Basic」です。

これからまさに初めてメガネを掛けるという皆さま、是非参考にしてみて下さい!





FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
   
style="color: rgb(0, 102, 204);">



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           


 
 



メガネ・サングラス ブログランキングへ 
 




FACTORY900(ファクトリー900) 大文字シリーズでサングラスを

おはようございます、店長です。



日中は照り付ける日差しのせいなのか、キャットストリートも普段に比べ、人通りが少なかったように感じます。

そういえば、昨年の夏も、日差しの弱まる夕方からご来店されるお客様が多かったような・・・ 

TOKYO BASEは今日も店内を涼しくして、皆さまのご来店お待ちしてます!



さて、昨日の店長ブログでは、レトロシリーズの定番サングラス「RF-008」をご紹介しましたが、今日は大文字シリーズのサングラス仕様例です。

大文字シリーズのサングラスといえば、定番の「FA-240」「FA-160」をはじめ、今年は新作「FA-350」をサングラスとしてお選び頂くケースが多いように感じます。

今回、ワタクシがチョイスしたモデルの共通点は"ボリューミーな造形"

そのゴツいフォルムから発せられるサングラスらしいサングラス、早速こちらのモデルからご覧下さい。




DSC_8289


「FA-243」col.143 ¥38,000(税別) 2012年発表



DSC_8278




DSC_8288


サイズ56mm 鼻幅14mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm



DSC_8269


先日発表になった廃色カラー「col.440」茶ブルーを採用している「FA-243」

その「FA-243」のなかで今回サングラスとしてチョイスしたのが「col.143」ハバナ。

今まで、あまり取り上げたことのないカラーをあえてサングラス仕様にしてみました。

透明感のある飴色のような美しさを活かすためにもレンズカラーは比較的濃度の薄いものを。

カラーレンズを組み合わせることにより、ボリューミーな「FA-243」がよりスタイリングしやすくなりました。



DSC_8290




DSC_8292


「FA-300」col.001M ¥38,000(税別) 2012年発表



DSC_8274




DSC_8286


サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長110mm



DSC_8272


ダイナミックな造形が特徴の「FA-300」

フレームカラー"マットブラック"に定番のグレー系レンズを組み合わせ、スポーツサングラスともまた異なるFACTORY900らしい流線形のサングラスに仕上げました。

肌馴染みの良いマットブラックと、お顔を包み込むような「FA-300」の造形により、お顔に合わせた時の一体感は他のモデルを凌ぐものがあります。



DSC_8291




DSC_8293


「FA-332AV」col.597 ¥38,000(税別) 2017年発表



DSC_8283


サイズ52mm 鼻幅20mm レンズカーブ5カーブ テンプル長130mm



DSC_8260


昨年発表された「FA-332」のオリジナルモデル"AVANTI限定"「FA-332AV」

「FA-332AV」の詳細はこちらからどうぞ。

極太のテンプル、そしてテレビジョンカットを用いたフロント、背面に見えるマーブル柄、どこか懐かしさ漂うそのフォルムからは、レギュラーモデルでは味わえない、独特な雰囲気を纏っています。

「FA-300」とは対極にある「FA-332」の"フラットな立体"に、あえてコントラスト系のレンズを組み合わせることで、

アクティビティな印象に。

カラーレンズの組み合わせで、その印象が大きく変わるということがこれでお分かり頂けるかと思います。



DSC_8295




今日はいかにもFACTORY900らしい、ボリューミーなモデルをピックアップしてサングラス仕様というカタチでご紹介しました。

「メガネは大好きだけど、サングラスに必要性を感じない」、なかにはそういった皆さんもいらっしゃるかと思います。しかし、サングラスを知ることでメガネの楽しさはさらに広がります。

使用するレンズの種類によってもその可能性は無限大に・・・

是非これからの季節に向けてご検討下さい!





FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
   
style="color: rgb(0, 102, 204);">



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           


 
style="color: rgb(0, 102, 204);">
 
style="color: rgb(0, 102, 204);">



メガネ・サングラス ブログランキングへ 
 




FACTORY900 RETRO(ファクトリー900 レトロ) ゴツいサングラスをお探しの皆さんへ「RF-008」

おはようございます、店長です。



今年に入ってからしばらく腰痛に悩まされておりましたが、寝る前に股関節のストレッチを取り入れたところ、最近になってようやく復調してきました。

何をするにも健康って大事ですね(汗)



さて、関東の梅雨明けはまだ先になりそうですが、最高気温だけを見るともはや夏!

店長ブログでは、以前よりこの夏に向けて色々なタイプのサングラスをご提案してきました。

実際のところTOKYO BASEではレトロシリーズのサングラス仕様が好調です。

その内訳は「RF-007」「RF-012」 target="_blank">「RF-015」「RF-024」といったモデルがサングラスとして人気といえます。

しかし、「FACTORY900 RETRO」を語る上で、このモデルを忘れる訳にはいきません。

「RF-008」



DSC_8135


レトロシリーズでサングラスといえば、やはり「RF-008」

これぞFACTORY900といわんばかりの王道のサングラス、夏を目の前に改めてご紹介させて頂きます。



「RF-008」¥35,000(税別) 2015年発表



DSC_8130




DSC_8127


サイズ54mm 鼻幅18mm レンズカーブ4カーブ テンプル長150mm



DSC_8128




DSC_8133


玉型は定番ともいうべきウェリントン型ですが、一目でその違いに気づく極太のフロント。

そしてエッジの効いたカット面は50年代~60年代を思い起こさせる、まるで箱型のようなシンプルな面造形となります。

しかし、シンプルだからこそ分るそのクオリティーの高さ。

1本1本手作業によって入念に磨き上げられたその面造形は、これがFACTORY900であることを肌で感じとって頂けるハズです。



DSC_8132




DSC_8131 


一般的に「RF-008」の見所といえば肉厚のフロントですが、個人的な見所はそのフロントのフォルムにあります。




DSC_8134
 

一見、平面的に見える「RF-008」ですが、フロントは緩やかなカーブを描き立体感を演出します。

またレンズカーブは4カーブなのにも関わらず、お顔に沿うようなフォルムになるのは「FA-133」で見られる二重カーブ設計になっているからです。



DSC_8129


カラーバリエーションは全5色



DSC_8108


「col.001」black (黒)



DSC_8112


「col.147」brown sasa (茶ササ)



DSC_8116


「col.159」barafu (バラフ)



DSC_8121


「col.447」blue (ブルー)



DSC_8126


「col.853」white (白)



ちまたでは、シートメタルを筆頭とした細身のメタルフレームが、サングラスとしてもトレンドになりつつあります。しかし、いつの時代にも王道と呼ばれるサングラスが存在します。

レトロシリーズの歴史のなかで、これから5年後、10年後、この「RF-008」がそんな存在になっているかもしれませんね。

この後、レトロシリーズでは2017年春の新作が発売を控えておりますが、既存のモデルも是非チェックしてみて下さい。





FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
   



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           


 
 




メガネ・サングラス ブログランキングへ
 




factory900(ファクトリー900) 久しぶりの登場「fa-1110」"カプセル"

おはようございます、店長です。



昨日は帰宅時間に台風が接近・・・なるべく早く帰るつもりが、気がつけばいつもの時間w

その結果足もとはびしょびしょにwww

それにしても、お気に入りのバックで来なくて良かった~(汗)

こんな日は、身につけるモノにも気を使います。

そう考えると、雨の日に気分を上げる"雨の日用のメガネ"があってもいいですね(笑)



さて、そんな今日の店長ブログはこちらのモデルをご紹介します!

「fa-1110」



DSC_8106


ファンの皆さんからは"カプセル"の呼び名でお馴染みの「fa-1110」

見た目のインパクトはもとより、青山眼鏡の技術力の高さが垣間見れる小文字シリーズを代表するモデルの1つです。

そんな「fa-1110」には、根強いファンの皆さんも多く、なかには全カラーをコンプリートされているお客様もいらっしゃるほど・・・(これ、ホントの話です)

店長ブログでは久しぶりの登場ゆえ、先ずは詳細からじっくりご覧下さい。



「fa-1110」¥33,000(税別) 2012年発表



DSC_8099




DSC_8096


サイズ49mm 鼻幅20mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm



DSC_8097




DSC_8104


丸みを帯びた円柱のような造形は、まさにカプセルの呼び名のとおり。

おそらくこんなメガネを作れるのも青山眼鏡だけではないでしょうか。

そんな青山眼鏡の技術力から生み出された造形は、多くの皆さんから驚きの声を頂きます。

手作業で磨き上げられた曲面の美しさ、そして手触り、なによりメガネとしての掛け心地の良さに驚かれた皆さんも多いのではないでしょうか。



DSC_8100


見た目のボリュームからは想像できない掛け心地の良さは、小文字シリーズならではの構造によるものです。

筒のようなカプセル状のフロントですが、内側が空洞になり軽量化が図られています。

またテンプルの中に内蔵された板バネ構造は、柔らかいフィット感でストレスを軽減させます。

「fa-1110」をお試しの際は、是非メガネの裏側までご覧になってみて下さい。



DSC_8101




DSC_8105


カラーバリエーションは全5色



DSC_8077


「col.001」black (黒)



DSC_8084


「col.152」brown/pink (茶/ピンク)



DSC_8088


「col.343」pink/orange (ピンク/オレンジ)



DSC_8091


「col.448」violet pearl (バイオレットパール)



DSC_8095


「col.542」turquoise/beige (ターコイズ/ベージュ)



約1年振りのご紹介となりましたが、何回見ても飽きないのがこのカプセルの特徴ですね(笑)

TOKYO BASEの限られたスペースということもあり、ここ最近はストックとして引き出しにしまっておりましたが、このブログを機会に店頭に陳列をしようかと思います。

TOKYO BASEにご来店の際は、是非お手に取ってご覧下さい!





FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
   
style="color: rgb(0, 102, 204);">



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           


 
 
style="color: rgb(0, 102, 204);">



メガネ・サングラス ブログランキングへ   
 




factory900(ファクトリー900)「 fa-2011」「 fa-2012」を掛け比べ

おはようございます、店長です。

昨日は天気予報どおり真夏のような暑さに加えて湿度も高く、近くのコンビニに行くのもためらうような1日になりました。
滴る汗・・・メガネを常用している皆さんにとっては嫌な季節が近づいてきます。
その汗によってメガネがゆるく感じる皆さん、是非ご調整にお立ち寄り下さい。

さて、そんな今日はfactory900(小文字シリーズ)より、軽やかなモデルをご紹介します。
「fa-2011」「fa-2012」

昨年秋に発表された小文字シリーズの新たなカテゴリ―"New Basic"
その中でもハイエンドなモデルとして、より作り込みを施したモデルがこの2つのモデルとなります。
もともと玉型違いの2つのモデル、今日は掛け比べも踏まえ、その印象を比較してみたいと思います。

先ずは、復習も兼ねて造形からご覧下さい。
「fa-2011」¥45,000(税別) 2016年発表
DSC_8041
「fa-2012」¥45,000(税別) 2016年発表
DSC_8037
DSC_8046
DSC_8049
DSC_8051
薄いシートプラスチックを折り曲げることで生まれた1つのプロダクト。

どのカテゴリ―にも属さない新たなスタイルは、初めて目にする人にとって違和感として映ります。
しかし、その違和感は好奇心となって人の心を惹き付け、掛けた本人はもちろん、気づけば周りの皆さんを魅了させます。

DSC_8050
「fa-2011」の詳細及びカラーバリエーションはこちらからどうぞ。
「fa-2012」の詳細及びカラーバリエーションはこちらからどうぞ。
さて、ここからが本題です。
正面から玉型の違いをご覧下さい。
fa-2012 fa-2013
「fa-2011」
サイズ52mm 鼻幅18mm レンズカーブ4カーブ テンプル長130mm
「fa-2012」
サイズ50mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長130mm

"New Basic"のこだわりの1つであるサイズ感、比較してみると「fa-2012」の方が一回り小ぶりの設定となっています。
「fa-2011」はファクトリー900らしい、フォックス気味のつり目型、対して「fa-2012」はオーソドックスなスクエア型といったところでしょうか。

では、この2つのモデルを掛け比べてみましょう。
「fa-2011」
DSC_7985
「fa-2011」は、つり目といいながらも、ブリッジから眉のラインをトレースするように上がっていることが分ります。
大文字シリーズで例えるならば「FA-201」「FA-281」と同じような印象ですね。
一見、吊り上がったように見える玉型ですが、女性の皆さんにとってはお顔立ちをスッキリと見せる効果が期待できます。また、シートプラスチックを折り曲げたテレビジョンカットにより、それはさらに効果的なモノとなるはずです。
「fa-2012」
DSC_7986
逆に言い換えれば、特徴的なデザインがハデに感じる皆さんには、オーソドックスな玉型の「fa-2012」をお試し下さい。スクエア型といえども直線的な玉型ではないため、見た目以上に合わせやすいことが特徴です。
カラーによってもその印象は変わりますが、テレビジョンカットによって落ち着いた雰囲気のなかにも適度なメリハリを感じて頂けるかと思います。

サイドからの見え方は、シートプラスチック特有の軽やかな印象を与え、まさにこれからの季節にはピッタリではないでしょうか。
DSC_7992
DSC_7991
見る角度によっても印象に変化をもたらすシートプラスチックを用いたテレビジョンカット。
先ほどご覧頂いた正面からの写真と、下から見上げるように撮った写真ではまた雰囲気が変わります。
実際、松本にはどちらのモデルが似合うと思いますか?
DSC_8002
DSC_8007
DSC_7982
DSC_8013
さて、今日ご紹介した2つのモデル、皆さんのお好みはどちらのモデルでしょうか。是非カラーバリエーションも含め店頭でお試し下さい。

FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ  


FACTORY900(ファクトリー900) 生産終了モデル MASKシリーズ「FA-083」

おはようございます、店長です。



ここ最近30代前半の皆さんとお話する機会が重なり、何気に自分の30代前半を振り返ることがあります。

ホントに多くのことを経験し、今思えば、楽しかった思い出もチラホラと・・・今でこそ笑い話になりますが、当時はむしろ辛く感じることの方が多かった気がします(汗)

全然実力も共わないのにも関わらず、とにかくあれも、これも、やらなくてはいけない現状・・・先が見えるようで見えない毎日・・・誰も代わりを務めてくれる人もおらず、ぶっちゃけ逃げ出したくなるようなことも多々ありました(苦笑)



今、壁にぶち当たっている30代前半の皆さま、今が踏ん張りどころです。

そして今、それを経験するかどうかでこの先は変わります。

頑張って!、なんて気安く口には出来ませんが、1つだけいえることは、今の頑張りは必ず誰かが見ています。

3年後、5年後、10年後?当時を振り返って笑えるように今を踏ん張りましょうね。



さて、なんだか今日はとめどもない話をしてしまいましたが、今日の本題はこちらです。



DSC_7971


「FA-083」 HOLE(ホール)

FACTORY900の代表作「FA-080番台」MASKシリーズのなかで、今や伝説のモデルといっても過言ではありません。

発表は2008年、まさにワタクシが30代前半のころです。

そんな「FA-083」ですが、ファンの皆さんはご存知のようにすでに生産終了となった今、TOKYO BASEにも在庫なし、と過去のブログでご紹介していましたが、若干数在庫がございました(汗)

と、いうことでFACTORY900の歴史を振り返る意味でも久しぶりにご覧頂ければと思います。



「FA-083」HOLE ¥45,000(税別) 2008年発表

サイズ54mm 鼻幅19mm レンズカーブ4カーブ テンプル長130mm



「col.001」black hole (ブラックホール)



DSC_7950




DSC_7968n




DSC_7969




DSC_7970




「col.196」jupiter (ジュピター)



DSC_7954




DSC_7963n




DSC_7976




DSC_7974


「col.332」venus (ヴィーナス)



DSC_7959




DSC_7960n




DSC_7980




DSC_7981


もはや余計は説明は不要かと思い、今手元にあるカラーを色々な角度からご覧頂きました。

メガネ本来の機能性を排除し、FACTORY900のコンセプトである"FUTURE"を前面に打ち出したMASKシリーズ「FA-083」

その世界観を是非店頭でご体感下さい。





FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
style="color: rgb(0, 102, 204);">
   
style="color: rgb(0, 102, 204);">


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           


 
style="color: rgb(0, 102, 204);">  
style="color: rgb(0, 102, 204);">


メガネ・サングラス ブログランキングへ 
  



FACTORY900(ファクトリー900) 生産終了モデル「FA-071」

おはようございます、店長です。

昨日はスタッフお松の誕生日だったので、じゃがりこ、漬物、みかんゼリーの三点セット(ファミマ)を買ってあげましたw
どう見ても女子にあげるプレゼントではありませんが、本人は喜んでいたのでヨシとします。ステキな誕生日をw

さて、今日の店長ブログは、ここ最近立て続けにお電話のお問い合わせがあった、こちらのモデルをご紹介します。
「FA-071」
DSC_7948
すでに生産終了モデルとしてご案内をしておりますが、「FA-071」としてブログに登場したのは昨年4月、今回久しぶりのご紹介となります。
「FA-070番台」といえば、その独特なデザインに魅せられたファンの皆さんも多く、生産終了となった今も定期的にお問い合わせを頂きます。
今日はその造形がより際立つ「col.001M」マットブラックでじっくりご覧下さい。

「FA-071」¥33,000(税別) 2010年発表
DSC_7922
DSC_7942
サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ5カーブ テンプル長130mm
DSC_7943
DSC_7941
"シャープ"という表現に集約されがちですが、直線的なブローライン、エッジの効いたその面造形はシンプルでありながら一度目にしたら忘れない、そんなパワーを持っています。
ただし、独特なクセを持つ「FA-070番台」のなかでは、比較的合わせやすいモデルとしてビジネスシーンでご活用頂いている皆さんもいらっしゃいます。
実際、過去のブログでビジネスシーンでも使用しやすいFACTORY900 「マットブラック編」として一度ご紹介をさせて頂きました。
DSC_7946
DSC_7947
クラシックフレーム全盛のこの時代、メタルフレームでもここまでキレのあるメガネは中々お目にかかれません(汗)
いや、FACTORY900のなかでもある意味特別な存在といえるのではないでしょうか。
DSC_7944
カラーバリエーションは全4色
DSC_7915
「col.001」black (黒)
DSC_7927
「col.425」gray (グレー)
DSC_7932
「col.539」khaki (カーキ)
DSC_7938
「col.850」clear (クリア)

現在「FA-070番台」のなかで現行モデルは「FA-075」のみとなっていますが、TOKYO BASEでは生産終了モデルに関してもカラーによってまだ在庫のご用意がございます。
別注色などの限定品が発表されていない今日この頃、過去のモデルも改めて振り返って頂くにはちょうど良い時期かもしれませんね(笑)

是非プロダクトページを辿って過去のモデルもご覧下さい!



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ