海外の皆さんに人気のモデル

おはようございます、店長です。

昨日はホントに久しぶりに体のメンテナンスに行ってきました。
ここ最近、新幹線など長時間の移動が多くなってきたこともあり、体のいたるところに疲れが蓄積されていたようです(汗)
やはり若い時とは同じようにいきませんなwww

さて、TOKYO BASEがオープンして5年目に突入していますが、今年に入り特に海外からのお客様が目に見えて増えております。
キャットストリートのようなメインストリートに比べ、裏路地は人通りが少ないとはいえ、4年前とは明らかにその状況は変化しています。
そこで!今日のスタッフブログは、海外からのお客様から人気のモデルをご紹介したいと思います。

先ずはこちらからご覧ください。



TOKYO BASE人気ランキング番外編

おはようございます、店長です。

お陰様でようやく身体の調子も回復に向かっています。
それにしても、こんなに体調不良が続いたのはホントに久しぶり(汗)
これも年齢の影響でしょうか?
これから大阪の新店オープンを控え、体調管理には十分気を付けたいところです。


さて、年末年始のブログでは、毎年恒例のTOKYO BASE人気ランキングをご紹介しましたが、今日は惜しくもベスト5に入らなかったものの、上位にランクインしたモデルを一部ご紹介したいと思います。
というのも、第6位と第5位の差は実際のところほんのわずかの差です。あと数日営業していたら順位が入れ替わっていた可能性も大いにありです。
では早速こちらのモデルからご覧下さい。

「第6位」
「FA-201」¥35,000(税別) 2006年発表


FACTORY900 TOKYO BASE 2018年人気ランキング第1位

おはようございます、店長です。

ついに2018年も最終日を迎えました。
今年も1年間この店長DIARYをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ブログをスタートして約3年半、今年もなんとか毎日欠かさず記事を書き続けることが出来ました。
来年のことはまだ何とも言えませんが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さて、連日に渡ってお届けしてきました「TOKYO BASE 年間人気ランキング」
いよいよ第1位の発表です。
ランキング1
昨年の第1位である「FA-240」は今年から殿堂入り、そして昨日発表した第2位の「FA-232」とは僅差での第1位という結果になりました。
では、発表します!

第1位

「FA-301」¥38,000(税別) 2013年発表
DSC_3285
サイズ57mm 鼻幅15mm レンズカーブ4カーブ テンプル長110mm

なんと、2013年発表の「FA-301」が、2018年TOKYO BASEの年間人気ランキング第1位に輝きました!
実は昨年のランキングではベスト5はおろか、上位にも入っていなかった「FA-301」が2018年は大躍進を遂げたことになります。
DSC_6982
すでにユーザーの皆さんだけでなく、FACTORY900ご新規の皆さんにもお選びいただくことが多く、今年に関していえば、サングラスとしてというよりも、メガネとしてお選びいただいた皆さんが圧倒的に多かったと思います。
そんななか、人気カラーは「col.001」ブラック、これに廃色が決定している「col.533」グリーンホーンが続きます。ただし、グリーンホーンは本社も含めすでに完売です(汗)
今年は、この「FA-301」に限らず人気カラーの廃色が相次ぎましたが、今後ともFACTORY900らしい鮮やかな色使いにもご注目下さい。
DSC_6983
DSC_6984


改めて、この1年間を通してTOKYO BAESに足を運んでいただいた皆さま、誠にありがとうございます。
そして、いよいよ来年は大阪に2店舗目となる直営店がオープンいたします。
西日本の皆さん、是非お楽しみに!

では、皆さん良いお年を~



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
12月28日(金)~2019年1月4日(金)まで冬季休業となります


FACTORY900(ファクトリー900) 「磨きの長が語った、磨くの大変なランキング 2017」その➁

おはようございます、店長です。



やはり連休中は遠方からご来店頂くお客様も多く、何気にバタバタとした3連休となりました。

ご来店頂いた皆さま、暑い中ありがとうございます!

そんな昨日は、以前福井県にお住いのお客様から、福井の美味しいステーキ屋さんを教えて頂きました。

次回、本社出張の際には田村を誘って行ってみたいと思います(笑)



さて、今日の店長ブログは昨日に引き続き、「磨きの長が語った磨くの大変なランキング 2017」をご紹介します。

何気に昨日のブログへのアクセスがいつも以上に多くてビックリ(汗)

こんなマニアックな内容でいいんでしょうか?w



では、早速「磨きの長が1番苦労するモデル」とは?



第1位の発表



と、その前に・・・



番外編としてこちらをご覧下さい。



DSC_8743


「fa-1113」¥33,000(税別) 2017年発表



DSC_8725


サイズ44mm 鼻幅23mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm



今回のランキングとは別に、昨年の秋から春の新作のなかで、磨きが大変なモデルを聞いてみました。

ほんの少し時間を置いて、長の口から出た答えがこちら「fa-1113」「fa-1114」です。

つい先日発売を開始した小文字シリーズの新作ですが、その特徴的な造形が仕上げ磨きの難易度を高めているようです。

「fa-1113」に関してはこちらからどうぞ。

「fa-1114」に関してはこちらからどうぞ。



DSC_8740


この2つのモデルは、円柱状のブローバーが大きな特徴ですね。

そのブローバーこそ、仕上げ磨きの工程で非常に手間の掛かるといわれる理由の1つです。

以前にも「RF-013」の詳細で触れたかと思いますが、一般的に平らな形状を磨くよりも丸みを帯びた形状を磨く方がはるかに難易度が上がります。

言い換えれば、人の手が加わるからこそ、この美しい造形が作り出せるといっても過言ではありません。



DSC_8742


また、もう1つの特徴であるツーブリッヂの細部を隅々まで磨き上げるのにも細心の注意が必要とのこと・・・

一見シンプルな造形に見えますが、通常のモデル以上に多くの手間と時間をかけているのが小文字シリーズの最新作「fa-1113」「fa-1114」なのです。



DSC_8741




DSC_8744




さぁ、お待たせしました!

「磨きの長が語った磨くの大変なランキング 2017」



良くも悪くも第1位に輝いた?モデルとは!



DSC_8736


「fa-1111」¥33,000(税別) 2013年発表



DSC_8730


サイズ43mm 鼻幅25mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm



ファンの皆さんであれば誰しもが知る2013年シルモドール サングラス部門受賞モデル

小文字シリーズの特徴と、青山眼鏡ならではの技術力が垣間見れる同シリーズの人気モデル。

フロントの上下をそれぞれ外側に向けて折り曲げ、見る角度によって様々な表情を作り出します。

「fa-1111」に関してはこちらからどうぞ。



DSC_8731


折り曲げると一口にいっても決して簡単なことではありません。

事実、過去のブログでご紹介した、製造工程における難易度の高いモデルでもこの「fa-1111」は登場しています。 

そして最終磨きの工程でも非常に手間の掛かる「fa-1111」・・・

その理由は、折り曲げることでさらに複雑になるフロントの造形にあります。

この入組んだ形状の隅々までバフをあて、光沢を出すことは熟練の職人の手によっても容易ではありません。



DSC_8732


背面にはあらかじめクリングスと呼ばれる金属が埋め込まれているため、さらに細部に磨き残しがないよう気を配ります。

特に今回写真に収めた「col.103」に関しては、背面の白を磨き上げるのに苦労するとのこと・・・ 

工場の皆さん、ホントにお疲れ様です(汗)




DSC_8734




DSC_8735




DSC_8737




連日に渡ってご紹介しました「磨きの長が語った磨くの大変なランキング 2017」いかがでしたか?

決して日の当たることのない、いわば裏方ともいえる製造側。

ちょっとマニアックな内容となりましたが、普段は知り得ない工場の裏側について書かせて頂きました。

大量生産では決して作ることの出来ない、多くの時間と手間を掛けたメガネを、ブログを通して少しでも身近に感じて頂けたらと思います。





FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
   




Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           


 
 






メガネ・サングラス ブログランキングへ 
 






FACTORY900(ファクトリー900) 「磨きの長が語った、磨くの大変なランキング 2017」

おはようございます、店長です。

3連休も最終日、皆さんいかがお過ごしですか?
福井本社も今後の激務に備えて連休を頂いております。
しかしサービス業の皆さんは、この暑さのなか忙しい日々を過ごしているのではないでしょうか。
体調に気を付けながら今日もがむばりましょう!

さて、この店長ブログを初期のころからご覧頂いている皆さんはご存知かと思いますが、今から約2年前、あるランキングを発表しました。
題して「磨きの長が語った磨くの大変なランキング」
過去にも度々触れてきましたが、FACTORY900は全て、青山眼鏡熟練の職人の手作業によって、仕上げ磨きを行います。この仕上げ磨きの精度によって、最終的な仕上がりが左右される訳です。

そんな仕上げ磨きを行っている磨きの長(おさ)に聞いてみました。

「FACTORY900のなかで磨くのが大変なモデルは、ぶっちゃけどれですか?」
2年目に比べ、モデル数も格段に増え、前回のランキングとは変わっていてもそう不思議はありません。
ちなみに前回のランキングの結果は以下の通りです。
第1位「FA-085」
第2位「FA-163」
第3位「FA-160」

「大変なモデル・・・うーーーん、うーーーん」

いや、どのモデルも大変なのは分ってますよ(汗)

そして、ついにその答えが出ました!

と、いう訳で今日の店長ブログは「磨きの長が語った磨くの大変なランキング 2017」です。

では、早速第3位からご紹介します!

「第3位」
DSC_8715
「FA-087」¥70,000(税別) 2015年発表
DSC_8705
サイズ38mm 鼻幅23mm レンズカーブ5カーブ テンプル長135mm
DSC_8706
やはりこのモデルがきました!
2015年シルモドール審査員特別賞受賞モデル
「The Six Eyes」
デザイナー青山が最も大切にしている「FA-080番台」MASKシリーズです。
「FA-087」の詳細はこちらからどうぞ。
「FA-087」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。
DSC_8712
IMG_7398
1枚のアセテートから作り出す6つのレンズ面。
最終磨きはもちろんバフモーターを用いて磨き上げる訳ですが、その複雑な面をむらなく磨き上げるには、卓越された技術を要します。
1つのプロダクトとして世界で認められた「FA-087」の背景には、熟練の職人技があってこそです。
DSC_8711


「第2位」
DSC_8722
「RF-011」¥50,000(税別) 2016年発表
RF-0112
サイズ51mm 鼻幅21mm レンズカーブ4カーブ テンプル長150mm

今で誰も見たことのないような、複式と呼ばれるアセテート同士の跳ね上げ式サングラス。
メガネ業界のみならず、ファッション業界の皆さんからもご好評を頂き、モノ系雑誌、ファッション誌にもご紹介を頂きました。
その精度の高さから、まるで1本のメガネを刃物でスライスしたかのような仕上がりに、驚かれた皆さんも多いのではないでしょうか。
「RF-011」の関連記事はこちらからどうぞ。
DSC_8723
基本、仕上げ磨きの工程では、1本磨きといってテンプルが付いた状態で全体を磨きます。
IMG_8347
しかしこの「RF-011」に関しては、跳ね上げ部がバフモーターに接触してしまう為、跳ね上げ部を1度外して、本体、跳ね上げ部をそれぞれ磨き、もう1度組み上げるという通常のモデルに比べ、時間と手間の掛かるモデルという訳です。
DSC_8717
長いわく、1本のメガネですが、2本分のメガネを磨いている感覚になるそうです。
もちろん最終的に跳ね上げ部と本体の噛み合わせにズレが生じないように、通常のモデル以上に気を配らなく手はなりません。ある意味、どの工程でも手間のかかるモデルといえます。
DSC_8719


なんだか久しぶりにマニアックなブログを書いてしまいましたw
まぁ、たまにはいいですよね?(笑)
では、第1位の発表はまた明日です!


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ   


直営店 TOKYO BASE 店長ブログ11月の検索ランキング

おはようございます、店長です。



昨日は出勤する直前に腰に違和感が・・・あれ?この感じ・・・

まさかの軽いぎっくり腰w

さらに電車はお客様トラブルで大幅な遅延www

いつもは1時間ちょいでTOKYO BASEに着くところが2時間半掛かりました(泣)

波乱の幕開けとなった12月。今月もどうぞよろしくお願いします。



さて、この店長DIARYも1年7ヶ月を過ぎましたが、皆さんがどんなキーワードでこのブログにたどり着くのか?アクセス解析を日々チェックしている訳です。

その中には当然FACTORY900の品番で検索する方も多いと思います。



では実際11月に、どのモデルが1番検索をされていたのか?



題して「11月検索ランキング」を発表したいと思います!





早速第3位から!





第3位

「RF-015」¥35,000(税別) 2016年発表



DSC_5704


サイズ47mm 鼻幅23mm レンズカーブ4カーブ



お陰様で、人気急上昇中の「RETRO FUTURE BY 900」

その中でも5月下旬に発売開始となった「RF-015」は、確かに男女問わず人気モデルといえます。

またダテメガネから遠近両用としてご活用頂いている皆さんまで、年代も幅広く多くの皆さんにご支持頂いています。



ランキング1


カラーバリエーションの検索も多かったので、レギュラーカラー全6色を改めてご紹介します!



DSC_5015


「col.001」black (黒)



DSC_5001


「col.094」brown sasa (茶ササ)



DSC_5003


「col.159」barafu (バラフ)



DSC_5008


「col.238」red (赤)



DSC_5010


「col.558」beige (ベージュ)


DSC_5013

「col.846」milky white (乳白)

現時点での人気カラーは安定の「col.001」black (黒)「col.159」barafu (バラフ)ですが、女性の皆さまには、「col.558」beige (ベージュ)「col.846」milky white (乳白)の評判も上々です!
今年の秋に発表した「RF-020」「RF-021」の入荷が待たれますが、もう少し先になりそうです(汗)
DSC_5691


続いて2位
/>

と、言いたいところですが、同率の3位



「FA-240」¥38,000(税別) 2016年追加カラー



ランキング


FACTORY900の人気モデル「FA-240」の追加カラーとして7月に発売開始した新色。

検索キーワードでは「FA-240」のなかでもその新色についての検索が非常に目立ちました。



この3つの新色に共通すること。

モノ単体で見るのと、掛けた印象は大きく異なります。

見た目は非常にパンチのある「col.069」「col.239」は実際掛けてみると、肌色と交じりあい鮮やかな色合いがもっと落ち着いて見えます。
また、「col.176」に関しては、「col.440」茶ブルーよりも明らかに暗くなり、見る角度によっては黒といってもおかしくはありません。

このブログでこの新色に興味をもって頂いた皆さまは、店頭で実際お顔に合わせて見ることをおススメします。



DSC_5650




DSC_5674


「col.069」black/white pattern (黒白柄)
DSC_5661
DSC_5663
「col.176」purple barafu (紫バラフ)
/>

DSC_5654




DSC_5669


「col.239」red/blue pattern (赤青柄)




すでにご存知の皆さんも多いかと思いますが、2016年秋の新作ではこの「col.069」black/white pattern (黒白柄)「col.239」red/blue pattern (赤青柄)が採用されています。
発売は来年の予定となっておりますが、その新作も是非楽しみにしていて下さい!

あくまでこの
ランキングは店長ブログでの
style="color: rgb(255, 0, 0);">検索ランキングです。

しかし、リアルに皆さまがどんなモデルに興味を持って頂いているのか?ワタクシもブログを書く上で非常に参考になります。



では明日は第2位の発表です!



クリスマスイベント

「Gift from me & from you.」

概要:プレゼント交換

(¥1,500~¥2,000前後のギフトをお持ち下さい)

 ※食品類はご遠慮下さい。

場所:「FACTORY900 TOKYO BASE」 「ileava & co.」

期間:12月1日(木)~12月25日(日)迄

参加費:不要


FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
style="color: rgb(0, 102, 204);">



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休



style="color: rgb(0, 102, 204);">


メガネ・サングラス ブログランキングへ
style="color: rgb(0, 102, 204);">






FACTORY900(ファクトリー900) 磨きの長(おさ)が語った磨くの大変なランキングその③

おはようございます、店長です。



ついに季節は梅雨・・・ですか?



余談ですがワタクシは高校時代、野球部に所属してました。



硬式のガチなやつです。そして水飲んじゃいけない世代です。


そんな野球部あるある。



雨の日は室内練習のため、いつもより練習が楽になるので天気予報にやたら敏感になる。



あるある・・・



小雨なのに外で練習が始まると最初はテンション下がるも、

ムダにスライディングをするヤツが多くなり、気づいたらみんなテンション上がってる。



ただ部活終了後にドロドロで後悔する・・・



あるある・・・



野球部あるあるを話し出すと止まらなくなります。



いやいや、今日は「磨きの話し!」



IMG_8369n


さて「磨きの長(おさ)が語った磨くの大変なランキング」
今日はついに第1位の発表です!

数あるFACTORY900(ファクトリー900)の中から選び抜かれた

もっとも仕上げ磨きが厄介 大変なモデル第1位は!





通称「ステンドグラス」 



「FA-085」 ¥64,800(税込)  2011年発表



DSC_1153


でたぁーーーーーーーー!

そりゃ、そうですよね。



DSC_1157


それにしても・・・



DSC_1160


机に映し出された影・・・



めっちゃキレイ!

※この写真を撮っている時はワタクシ、ニヤニヤしてます。



DSC_1161


なんだか・・・

磨きのことを忘れて、ウットリしてしまいます・・・



いやいや、今日は磨きの話しでした。

テンプル(腕)は細い分むしろ磨きやすいのですが、厄介 大変なのは

フロント(前枠)です。



DSC_1167


フレームのレンズが入る箇所、1つ1つのに慎重にバフをあて磨き、

傷を取り除きながら光沢を出すんですね。

ちなみにレンズも大小、違う形のレンズを一箇所ずつフレームに傷をつけないように慎重に入れていきます。

我々からするともはや当たり前ですが、レンズを入れるのも全て手作業です。



IMG_2274


「FA-085」あるあるですが・・・

お客様に「これどんな見え方になるの?」とよく聞かれます。



「想像通りの見え方です」



せっかくなのでイメージですがこんなんです。

おそらく右目の位置はこんな感じ?



DSC_1166








DSC_1164


左目の位置はこんな感じでしょうか?



・・・伝わりませんね。





皆さま、磨きの皆さまがオーダーが入ると顔色が変わる「FA-085」

是非、「TOKYO BASE」でお試しください!



いかがでしたか?こんなマニアックなランキング?



実はもうすでに新たなランキングを考えています・・・

青山に止められない限り、今後もガンガン書いていきますので

これからも店長日記をよろしくお願いします。







FACTORY900(ファクトリー900) 磨きの長(おさ)が語った磨くの大変なランキングその②

おはようございます、店長です。

最近さらにマニアックになってきた店長ブログ・・・
皆さん、大丈夫ですか?若干心配ですが・・・

是非ついて来て下さい。

IMG_1795
もうご存知の方も多いと思いますが、
FACTORY900公式LINEスタンプが発売になりました。
マニアの極みです。
https://store.line.me/stickershop/product/1144791

大きな声では言えませんが使い勝手は、


非常に悪いです(笑)


おっきくなっちゃったwww
皆さん、
是非ついて来て下さい。

さて、今日はサクッと昨日の続きです。
磨きの長(おさ)が語った磨くの大変なランキング

早速第2位の発表です。
「FA-163」¥35,640 2009年発表
予想通り(笑)「FA-163」が堂々の第2位です。
DSC_1103
このフロント(前枠)の厚み、
とんでもないです。
この面の広さが磨きの皆さんを苦労させます(笑)

第2位に選ばれるのが、当然といえば当然ですよね・・・ DSC_1104n
しかし、ただ生地が厚いだけでなく、各箇所はしっかりと細かく面を出してあります。
DSC_1106
赤いラインの箇所が最大の太さになりますが、計ってみたところ・・・
BlogPaint
約36ミリありました。


今日はこのフレームのボリュームを存分にご覧ください。
ドーン!
DSC_1117
ドーーン!!
DSC_1108
ドドーーーーン!!!
DSC_1109
この肉厚!
段々と写真を撮るのが楽しくなってきました!

DSC_1107

このモデルを初めてご覧になる皆さんは
「こんなの売れるの?」

そう感じたはずです。

「FA-163」

人気あるんですよ!

FACTORY900(ファクトリー900)全般に言えることだと思いますが・・・

重そうに見えるけど、掛けると以外に軽い・・・
派手に見えるけど、掛けてみると以外に普通・・・

とんでもないデザインに見えるけど、結構掛けれる、むしろカッコいい!

いわゆるギャップですね。

このギャップ感に人の心は動かされるのかもしれません。
そしてそこに感動が生まれるんだと思います。

(軽そうに見えて軽い→普通か!!ってことです)

そしてこの感動の裏には必ず人の手が加わっているんです。


そして明日はついに第1位。


ヒントは・・・写真撮るの大変です・・・









FACTORY900(ファクトリー900) 磨きの長(おさ)が語った磨くの大変なランキング

おはようございます、店長です。



最近、ほんの少しだけ写真について勉強しはじめた店長です。



ただ、ここで残念なお知らせがございます。



カメラが壊れました。



まぁ壊れたというか・・・カメラの機能の一部が使えなくなったという方が正しいのですが・・・

どちらにせよ、大ショックです。
泣きそうです。




夜遅くにお菓子を食べた天罰でしょうか・・・・

これにより、ワタクシの欲しいものランキングにカメラがノミネートされました・・・





それにしても写真の世界って奥が深いですね。



撮れば撮るほど、写真の撮り方に悪戦苦闘中でございます。



さてさて、今日はメガネを作る行程の中でも奥が深いと言われる





「磨き」のお話しです。




IMG_0514


青山眼鏡ではこの磨き(仕上げ磨き)は基本4人で行っています。



その磨きの長(おさ)に聞いた

FACTORY900の中で

「仕上げ磨きが大変なランキング

ベスト3」
(あえてワーストではありません)



今日から順番に発表していきますね。

(なんてマニアックなブログなんだろう・・・)



では早速第3位から

「FA-160」 ¥51,840(税込) 2005年発表



DSC_1100


FACTORY900の中でも代表作の1つと言われる「FA-160」

今日は磨きについてのブログなので皮のフードは外して撮影してみました。



DSC_1007


直営店「TOKYO BASE」の中でもお電話でのお問い合わせが1番多いのもこの「FA-160」 col.001です。

在庫が無くなるとTOKYO BASEにも中々入荷しません(汗)



DSC_1099


磨きの長が3位に選んだその理由は・・・



DSC_1098n


フロント(前枠)には実は細かいカット面が存在し、この面を磨き上げるのには相当気を使うそうです。



BlogPaint


とくにこのブリッジと呼ばれるフレームの真ん中の箇所。

写真では分かりにくいですが、細かいカットを施してあります。

拡大してみましょう。



DSC_1097n


「FA-160」をすでにお持ちの方は是非指でこのブリッチの周辺を触ってみて下さい。



DSC_1004


それにしてもこのカット面によりどの角度から見てもカッコよく写真が撮れます!



仕上げ磨きと言えども、いわゆる研磨なのでバフに対して強く当てすぎれば

削れてしまったり、面がダレてしまうわけです。

つまりこの仕上げ磨きで商品の仕上がり具合は大きく左右されるんですね。



この「FA-160」が第3位ということは・・・1位、2位はどんなモデルが選ばれるんでしょう・・・



ドキドキしますね←ワタクシ知ってるんですけどね(笑)



明日は2位の発表ですっ!




FACTORY900(ファクトリー900)製造側から見る裏ベスト3その②

おはようございます、店長です。

本日「TOKYO BESE」は定休日
となりますがいつも通り店長日記は更新しますよ~。



毎日このブログを楽しみにしてくれている人がいる限り・・・
楽しみにしてくれている人が

いる限り・・・



いるはず・・・



いるであろう・・・・



いたらいいなぁ・・・・



いますよね?(汗)





さて今日は本題です。

昨日のブログで書きました、

製造側からみた「裏ベスト3」


IMG_4007




早速第2位の発表です。

「FA-069」 ¥37,800 2013年発表



DSC_0937


でたぁーーーーーご存知ゴーグルシリーズ!

皆さん、予想通りでしたか?(笑)

そうです、田村が手掛けた「FA-069」が第2位です!

田村さん、大変お世話になっておりまーす。←なんか2人の間で流行ってます。

さむいさむい!



DSC_0963


このモデルで田村がこだわった

「真正面から見た時のカッコよさ」

「FA-069」をご使用の皆さま、是非、今一度正面からご覧下さい!



DSC_0941


丸みのあるテンプル(腕)を見て頂くとフロント(前枠)から光が流れるように写っているのがお分かりになると思います。

※個人的に我ながらキレイに撮れたなぁとニヤニヤしちゃいます。



DSC_0949


今更ですが・・・この肉厚を見るといかにこのモデルが大変なのか納得できます。



DSC_0951


この立体的な造形・・・工場の皆さん、お疲れ様です。









そしてお待たせしました!

栄えある第1位は・・・



「fa-1111」 ¥35,640 2013年発表



DSC_0938


ご存じ、2013年「シルモドール」受賞モデル

今回はメガネバージョンでご覧下さい。



DSC_0943


ワタクシ的には正直これが第1位というのも意外でした。

(もっとスゲーのが1位かと思いました)

ワタクシもまだまだ修行が足りません・・・反省。



BlogPaint


この赤字のライン、小文字の「factory900」の特徴でもある、

プラスチックの折り曲げ。
製造する上でも1つのポイントになる箇所だと思います。



DSC_0957


レンズの形状は実はほぼ真円に近い丸ですが・・・



DSC_0964n


正面から見ると上下の折り曲げによりスクエア(四角)にも見えます。

サングラスではなく、メガネにしてみるとまた面白い表情を作り出してくれるんですね。



さて、ワタクシ思いついちゃいました。



今回は工場の内部から、作り手から見たFACTORY900(ファクトリー900)



では、最終磨きをしているみんなはどう思ってるんだろ・・・



思い立ったらスグ実行!



「お疲れ様でーす、TOKYO BASEでーす」



聞いちゃいました(笑)



電話の相手は・・・磨きの長(おさ)



磨きの長が選ぶベスト3・・・



近日公開 (たぶんです)