FACTORY900(ファクトリー900) 2018年新作「FA-234」と人気モデルの掛け比べ

おはようございます、店長です。

春らしい陽気に恵まれて、昨日も原宿・表参道では多くの人で賑わっておりました。
現在、原宿では古くからの建物の建て替えがいたるところで行われ、渋谷も大きなシッピング施設が建設されたりと、再開発が進んでいます。そういえば、原宿駅前のGAPも5月7日で閉店とのこと・・・2020年を境にこのエリアはどんな変化をとげるのでしょうか。

さて、昨日のブログでは新作「FA-234」と人気モデル「FA-240」、そして「FA-232」を比較しながらご覧いただきましたが、今日は実際に掛けた印象を比較してみたいと思います。
では、早速こちらのモデルから掛けてみましょう。


FACTORY900(ファクトリー900) 2018年新作「FA-234」と人気モデルを比較してみました

おはようございます、店長です。

昨日のスタッフブログでは、YOKOHAMA BASE 2周年イベントの告知をさせていただきましたが、20日(土)のトークショーイベントに合わせ、ワタクシも山下眼鏡店さんへ向かいたいと思います。
青山、田村の両デザイナーも15時前後には到着する予定です。
皆さま、この機会にYOKOHAMA BASEAの周年イベントに足をお運び下さい!

さて、先月ようやく発売開始となった新作「FA-234」
お陰様で早くも多数の皆さまからご指名をいただいております。
そこで今日のスタッフブログでは、全コレクションの中から、2つのモデルをピックアップし「FA-234」との比較をしてみたいと思います。
では、早速ですがこちらからご覧下さい。



FACTORY900(ファクトリー900) 2018年新作「FA-234」スタイルサンプルその➁

おはようございます、店長です。

ブランドとして初となる大阪での展示会を終え、いよいよ来週は東京での展示会!
個人的には、数日前にプレスリリース用の写真も撮り終え、ホッと一息ついたところです。
今だからいえることですが、一昨年の春は展示会の前日まで写真を撮っていましたw→毎年なにかがギリギリですwww

さて、今日のスタッフブログは、昨日に引き続き新作「FA-234」のスタイルサンプルをご覧いただきます。
今まさに、どのカラーにするかお悩みの皆さん、今日はあの人気カラーも登場します!
では、早速こちらのカラーからご覧下さい。

「col.308」purple gradation (パープルグラデーション)


FACTORY900(ファクトリー900) 2018年新作「FA-234」スタイルサンプルその①

おはようございます、店長です。

現在OSAKA BASEでは春の展示会を開催しておりますが、今月ワタクシの予定はというと、来週東京の展示会を終え13日(土)~15日(月)はOSKA BASEに勤務となります。GW期間中は5月2日(木)~6日(月)を大阪にと考えておりますが、確定いたしましたらご案内させていただきます。
まだ、OSAKA BASEに行ったことがないという皆さま、この機会に是非遊びにいらして下さい!

さて、今日のスタッフブログは先日発売開始となった新作「FA-234」のスタイルサンプルをご覧いただきます。
限定カラーを思わせる魅力的なカラーが揃った全6色、先ずはこちらのカラーからご覧下さい。


FACTORY900(ファクトリー900) 2018年新作「FA-234」col.001M(マットブラッフ)入荷

おはようございます、店長です。

今日から4月がスタートします!
いよいよ新年号が発表と、今日は全国的に慌ただしい1日になりそうですね。
なにはともあれ、今月もよろしくお願いいたします。

さて、今日のスタッフブログは、ようやく発売開始となった2018年秋の新作「FA-234」のマットブラッフについてです!



FACTORY900(ファクトリー900) 2018年新作「FA-234」限定カラーが本日入荷

おはようございます、店長です。

ここ最近、ありがたいことに雑誌やメディア関係の皆さんより、タイアップの依頼が増えております。
TOKYO BASEがオープンして5年目、過去のコラボレーションなどを含め色々な取り組みが実を結びつつあることを感じます。
情報が解禁になるのはもう少し先になりそうですが、是非お楽しみに!

さて、昨日から発売開始となった「FA-234」
おそらく2019年の年間人気ランキングでは、上位のランクインを予感させるそんなエースモデルには、今回レギュラーカラーに併せ、展示会限定カラーが含まれています。



FACTORY900(ファクトリー900) 2018年新作「FA-234」発売開始

おはようございます、店長です。

昨日は東京、大阪ともに定休日となりました。
早いもので、来週は大阪での展示会・・・色々とバタバタとしておりますが、今週もよろしくお願いいたします。

さて、前置きもそこそこに、早速本題に移りたいと思います。
と、いうのも今日のスタッフブログは、待ちに待った新作情報をお届けします!



FACTORY900(ファクトリー900) 「FA-232」BAUM optics(バウム オプティクス)限定カラー”エメレションランチ06”発売開始!

おはようございます、店長です。

ここ最近、雨が降ったり止んだりと不安定な天気が続く都内ですが、暑さが和らいだせいかTOKYO BASEのある裏路地も人通りが増えた気がします。
以前にもお話したことがありますが、原宿は今、区画整理などによって移転、もしくは撤退する店舗が相次ぎ、TOKYO BASEがオープンした3年前とは裏路地の様子も大分変ってしまいました(汗)
東京オリンピックが開催される2020年には、どのような街並みになっているのでしょうか。

さて、過去にご紹介しました「FA-232」BAUM optics(バウム オプティクス)限定カラー”エメレションランチ06”がいよいよ発売開始となりました!
関連記事はこちらからどうぞ。
DSC_6728
今年6月に情報解禁となり一斉にご予約開始となったものの、通常の「FA-232」以上に製造工程における難易度は高く、発売開始がこのタイミングまでズレ込みました(汗)
ご予約をいただいた皆さま、順次ご連絡をいたしますので今しばらくお待ち下さい。
では、この機会に今一度「FA-232」エメレションランチ06をじっくりご覧いただきます。

「FA-232」BAUM optics 限定カラーエメレションランチ06 ¥42,000(税別)
DSC_6726
サイズ55mm 鼻幅19mm レンズカーブカ4ーブ テンプル長120mm

限定カラーとは?

そんな問いかけにBAUM optics 木下さんの出した答えこそが、歴代のエメレションランチをはじめとするバウム限定カラーではないでしょうか。
”圧倒的でスペシャルなカラー”
この言葉の意味を裏切らない振り切ったカラーは、FACTORY900取扱い店さまのなかでも群を抜いています。
そんなこだわりの”エメレションランチ06”を今回改めてご紹介するにあたり、以前に撮影した写真を使い回しするのは忍びない・・・ということで、木下さん、全て撮り直しましたよ!
DSC_6718
DSC_6720
DSC_6719
DSC_6722
DSC_6724
左右非対称のオレンジとブラックがコントラストを生み出し、もともと力強い「FA-232」の印象に優美なイメージが加わります。
実際に掛けた印象もご覧下さい。
DSC_6761
DSC_6767
「FA-232」のレギュラーカラーにはない圧倒的なパワー、それでいて見た目以上に肌馴染みが良いのはオレンジのもつ特性といえます。
また360度、どの角度から見ても楽しめるエメレションランチ06は、限定カラーならではの黒、オレンジ、迷彩柄と、多彩な組み合わせだからこそ実現できた特別な見え方です。むしろレギュラーカラーでは気づかない「FA-232」の新たな魅力を感じ取っていただけるハズです。
DSC_6773
DSC_6775

尚、TOKYO BASEでは通信販売は行っておりません。
通販希望の場合はBAUM optics(バウム オプティクス)さんに直接お問い合わせ下さい。

次回の入荷にはしばらく時間を要します(汗)
この機会をお見逃しなく!
BAUM optics
大阪府河内長野市昭栄町1-27 TEL: 0721-55-2418

FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp           
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900 GIFU BASE 2nd Anniversary「FA-232」限定カラー黒龍

おはようございます、店長です。

ワタクシも利用している小田急線が、今日から新ダイヤになります。
個人的には、密かに楽しみにしていたこのダイヤ改正。そういえば・・・ここ最近、帰宅時間の混雑が少し減ったような気がするのは、すでに全区間が完成した代々木上原~登戸までの複々線の影響でしょうか。
毎日1時間以上、電車で通勤している身としては、このダイヤ改正には大きな期待をしたいところです。

さて、メガネとは全く関係ない話題からスタートしましたが(汗)、今日は特別なモデルをご紹介します!
「FA-232」col.黒龍
DSC_9060
1月に行われた「FACTORY900 GIFU BASE」2周年イベントで発表された限定カラー”黒龍”
そのうちの1つである「FA-240」は先月ご紹介をさせて頂きましたが、つい先日あるお客様からお預かりしたもう1つの”黒龍”「FA-232」も、このたび店長ブログでご紹介をさせて頂くことになりました。
そもそも少量生産の貴重なモデル、この機会にじっくりご覧下さい!

「FA-232」col.黒龍 GIFU BASE 2周年限定カラー
DSC_9053
サイズ55mm 鼻幅19mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm
DSC_9055
2017年秋の新作で、最も注目度の高かった「FA-232」
店長ブログでも、限定色やマットカラー、そしてスタイルサンプル等々、連日に渡りご紹介をしてきましたが、発売から約2ヶ月、今もなおその人気は衰えることなく、多くの皆さんからご指名を頂いております。
その結果、現在一部のカラーに欠品が生じているほどです。
DSC_9056
DSC_9057
そんな中、GIFU BASEの2周年モデルとして発表された「FA-232」”黒龍”は、ファンの皆さんにとって見過ごすことのできない特別なカラーといえるのではないでしょうか。
DSC_9061
DSC_9062
先にご紹介した「FA-240」”黒龍”と同じく、深みのある生地の中に所々見える様々な色合い。
特に「FA-232」の特徴であるせり出たフロントは、その色合いが存分に堪能できるある意味、”見所”と呼べるかと思います。前後で異なる生地を組み合わせることで生まれる限定色ならではの特別なハーモニー。身につけるお洋服など、スタイリングを邪魔することなく、その方の個性をそっと後押ししてくれるハズです。
すでにお求め頂いた皆さん、是非大切にお使い下さい。
DSC_9059
DSC_9058
DSC_9081
尚、GIFU BASE 「FA-232」2周年限定カラーに関しては、TOKYO BASEでの取り扱いはございません。
在庫状況に関しては「GIFU BASE」に直接お問い合わせ下さい。

FACTORY900 GIFU BASE
〒500-8177 岐阜県岐阜市長旗町2-19 スギハラビル1F
tel:058-265-1890
mail : info@bello-ottica.com
HP:http://www.bello-ottica.com

FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp        
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE    
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                    
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 人気モデル「FA-232」col.098 グレーササ マット仕様

おはようございます、店長です。

昨日は、春を思わせる暖かい1日になりました。夜も思っていた以上に冷え込まず、念のためにバッグに忍ばせたヒートテックを着ることなく帰路に着きました。
このまま春に突入かと思いきや、今週も日中と夜の寒暖差が激しくなりそうですね・・・ホントに毎日なにを着てこようか頭を悩めます(汗)

さて、そんな今日の店長ブログは、以前本社にお願いしておいた、あるモノがようやく入荷したので、ご紹介させて頂きます。
2017年新作「FA-232」col.098(グレーササ)のマット仕様です!
DSC_8479
今年1月に発売を開始した「FA-232」
お陰様でその人気から、一部カラーの欠品が相次ぎました。こういった状況をから見ても、今年のTOKYO BASE人気ランキングでは、おそらく上位のランクインが予想されます。
発売当時、「col.001」のマット仕様、つまりマットブラックをご紹介をさせて頂きましたが、こちらも非常にご好評を頂いていることもあり、その後も在庫として用意をしています。そんななか、今回本社にオーダーしたのが、新色グレーササのマット仕様です。
つい先日「RF-003」col.850(クリア)のマット仕様をご紹介しましたが、今回はササ柄のマット・・・その独特な色合いを余すところなくご覧下さい。

「FA-232」col.098M ¥40,000(税別) 2017年発表
DSC_8471
サイズ55mm 鼻幅19mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm
DSC_8476
DSC_8477
マット加工を施したとはいえ、やはりどの角度から見ても「FA-230番台」ならではのキレを感じさせてくれます。
では、通常のカラーと比較してみましょう!
過去にも、マットカラーと通常カラーの比較を写真でご紹介しましたが、その違いがなかなか伝わらず苦労しましたが、この違いは非常に分りやすいのではないでしょうか。
FA-232 マット
クリアグレーの中に所々見えるササと呼ばれる柄が、マット加工によって色濃く浮かび上がります。
1本のメガネのなかで見える色合いの濃淡、これはクリアー、またはクリアグレーのような単色では表現できません。つまりグレーササならではの風合いといえます。
本来、透け感のあるグレーササは、「FA-232」のエッジの効いたフォルムをより引き立てますが、マット仕様はその不透明な色合いが、どこか「FA-232」の勢いを落ち着かせるような気がします。一言で言い表すのならば、”動”と”静”、といったところでしょうか。
DSC_8480
DSC_8481

今回もスタイルサンプルをご用意しましたので、実際に掛けた印象もご覧下さい。
昨日は営業時間前に、撮影することが出来ました(笑)
DSC_8559
DSC_8514
このように、至近距離からの見え方は、肌馴染みが良いといいながらも「FA-232」ならではのキレを十分感じさせてくれます。
ただし、今回の撮影で感じたことですが、ワタクシの場合、髪色も明るく、この日はグレーのパーカー、そしてマット加工によって不透明になったグレーササのメガネを合わせると、全体的にメリハリに欠けてしまいます。
参考までに、通常の「col.098」ではこんな印象に・・・
DSC_8500
DSC_8505
いかがでしょうか?マットカラーによって、肌馴染みは良くなったものの、若々しさは薄れた気がします。
本来であれば、面積の多いアウターの色使い、つまり同じパーカーでも色合いを黒に変えるだけで、その印象は大きく変わったのではないかと思います。
DSC_8543
DSC_8484

おそらく、この「col.098」のマット仕様に関しては、賛否両論があるかと思います。
マットブラックとは異なり、お洋服の色合い、髪色によって、合う合わないも大きく左右されるハズです。
これらも踏まえ、マット加工に関してはお気軽にご相談下さい。


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp        
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE    
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                    
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ