FACTORY900(ファクトリー900) 人気モデル「FA-232」col.098 グレーササ マット仕様

おはようございます、店長です。

昨日は、春を思わせる暖かい1日になりました。夜も思っていた以上に冷え込まず、念のためにバッグに忍ばせたヒートテックを着ることなく帰路に着きました。
このまま春に突入かと思いきや、今週も日中と夜の寒暖差が激しくなりそうですね・・・ホントに毎日なにを着てこようか頭を悩めます(汗)

さて、そんな今日の店長ブログは、以前本社にお願いしておいた、あるモノがようやく入荷したので、ご紹介させて頂きます。
2017年新作「FA-232」col.098(グレーササ)のマット仕様です!
DSC_8479
今年1月に発売を開始した「FA-232」
お陰様でその人気から、一部カラーの欠品が相次ぎました。こういった状況をから見ても、今年のTOKYO BASE人気ランキングでは、おそらく上位のランクインが予想されます。
発売当時、「col.001」のマット仕様、つまりマットブラックをご紹介をさせて頂きましたが、こちらも非常にご好評を頂いていることもあり、その後も在庫として用意をしています。そんななか、今回本社にオーダーしたのが、新色グレーササのマット仕様です。
つい先日「RF-003」col.850(クリア)のマット仕様をご紹介しましたが、今回はササ柄のマット・・・その独特な色合いを余すところなくご覧下さい。

「FA-232」col.098M ¥40,000(税別) 2017年発表
DSC_8471
サイズ55mm 鼻幅19mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm
DSC_8476
DSC_8477
マット加工を施したとはいえ、やはりどの角度から見ても「FA-230番台」ならではのキレを感じさせてくれます。
では、通常のカラーと比較してみましょう!
過去にも、マットカラーと通常カラーの比較を写真でご紹介しましたが、その違いがなかなか伝わらず苦労しましたが、この違いは非常に分りやすいのではないでしょうか。
FA-232 マット
クリアグレーの中に所々見えるササと呼ばれる柄が、マット加工によって色濃く浮かび上がります。
1本のメガネのなかで見える色合いの濃淡、これはクリアー、またはクリアグレーのような単色では表現できません。つまりグレーササならではの風合いといえます。
本来、透け感のあるグレーササは、「FA-232」のエッジの効いたフォルムをより引き立てますが、マット仕様はその不透明な色合いが、どこか「FA-232」の勢いを落ち着かせるような気がします。一言で言い表すのならば、”動”と”静”、といったところでしょうか。
DSC_8480
DSC_8481

今回もスタイルサンプルをご用意しましたので、実際に掛けた印象もご覧下さい。
昨日は営業時間前に、撮影することが出来ました(笑)
DSC_8559
DSC_8514
このように、至近距離からの見え方は、肌馴染みが良いといいながらも「FA-232」ならではのキレを十分感じさせてくれます。
ただし、今回の撮影で感じたことですが、ワタクシの場合、髪色も明るく、この日はグレーのパーカー、そしてマット加工によって不透明になったグレーササのメガネを合わせると、全体的にメリハリに欠けてしまいます。
参考までに、通常の「col.098」ではこんな印象に・・・
DSC_8500
DSC_8505
いかがでしょうか?マットカラーによって、肌馴染みは良くなったものの、若々しさは薄れた気がします。
本来であれば、面積の多いアウターの色使い、つまり同じパーカーでも色合いを黒に変えるだけで、その印象は大きく変わったのではないかと思います。
DSC_8543
DSC_8484

おそらく、この「col.098」のマット仕様に関しては、賛否両論があるかと思います。
マットブラックとは異なり、お洋服の色合い、髪色によって、合う合わないも大きく左右されるハズです。
これらも踏まえ、マット加工に関してはお気軽にご相談下さい。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) FA-230が久しぶりに入荷!

おはようございます、店長です。

連日、寒い寒いと連呼していますが、本社のある福井県はさらに厳しい寒さに加え、またも大雪に見舞われているようです(汗)ここまで雪が積もるのは、数年振りとか・・・
田村からも定期的にスゴイ写真が送られてきますw

さて、そんな福井本社から、久しぶりに再入荷したモデルをご紹介します!

「FA-230」col.250(赤ササ)
DSC_7530
発表は2009年秋、今から9年前のモデルですが、まだまだ現行モデルとして再入荷もございます。
そして!今、FACTORY900のなかで1番アツいモデルともいうべき新作「FA-232」
せっかくなので、そのカラーバリエーションの中から新色「col.369」(赤紫)とスタイルサンプルも交えながら比較をしてみたいと思います。
先ずは「FA-230」の詳細からご覧下さい。

「FA-230」¥38,000(税別) 2009年発表
DSC_7509
サイズ53mm 鼻幅19mm レンズカーブ5カーブ テンプル長125mm
DSC_7517
DSC_7518
”流麗”という言葉は、本来、文書や音楽などの調子がなめらかで美しい・こと、とありますが、改めて「FA-230」の造形を見つめてみると、”流麗”という形容詞を使いたくなります。そのフォルムからは疾風感を感じとれます。
対して、同じ「FA--230番台」の「FA-232」はズッシリとした重厚感、いうならば曲線美の「FA-230」、直線的でスタイリッシュな「FA-232」といったところでしょうか。
つまり、同じカテゴリーとして近しいと思われがちですが、ある意味対極にあるのではないかと思います。「FA-230」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。
これらを踏まえ、改めて「FA-232」をご覧下さい。

「FA-232」¥38,000(税別) 2017年発表
DSC_7513
サイズ55mm 鼻幅19mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm
DSC_7514
DSC_7529
DSC_7526
DSC_7528
このように比較してみると、それぞれのモデルに特徴があることがお分かり頂けると思います。
また、型板と呼ばれるレンズの形状をかたどったモノで、2つのモデルのレンズシェイプを比較してみましょう。
DSC_7535
「FA-232」の天地幅(上下幅)は約30mm、「FA-230」の天地幅は約28mm
数値でいえばたった2mmですが、この2mmの違いは大きな違いとなります。
では、実際2つのモデルを掛け比べてみます。
「FA-230」
DSC_7490
「FA-232」
DSC_7489

ワタクシ自身も、久しぶりに「FA-230」を掛けてみましたが、今から9年前のモデルとはいえ、そのカッコ良さを再認識しました(汗)
このように掛け比べてみると、レンズシェイプ、レンズの大きさにより、「FA-230」の方がスマートな印象に感じますが、皆さんの好みはどちらでしょうか?
「FA-230」
DSC_7500
「FA-232」
DSC_7498
正面だけではなく、メガネ選びはサイドからの見え方も重要です!その見え方を比べてみると、「FA-232」の重厚なイメージがハッキリとお分かり頂けると思います。

おそらく今年の年間ランキングには、上位にランクインすることが予想される「FA-232」
この新作の登場により、皆さんの記憶にも「FA-230番台」というカテゴリ―が今まで以上に記憶されたハズです。是非この機会に「FA-230」と比較しながらメガネ選びをお楽しみ下さい。



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp        
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE    
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                    
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 2017年新作「FA-232」マットブラック&限定カラー

おはようございます、店長です。

昨日は大雪の影響により、急遽閉店時間を繰り上げて、18時までの営業とさせて頂きました。 

電車の大幅な遅延などもあり、自宅まで4時間も掛かりましたが、なんとか無事に帰宅できました(汗)
それにしても、都内でここまで本格的な雪は数年振り・・・
この様子だと、今日も交通網に大きな影響が出そうですね。
通勤時など、足元には十分お気をつけ下さい。

さて、連日に渡ってご紹介してきました2017年秋の新作「FA-232」
今日は特別なカラーをご紹介します!
「col.001M」マットブラック
DSC_7406
「FA-249」発売の際も、裏カラーのマットブラックをご紹介しましたが、、この「FA-232」に関しても販売開始に合わせてご用意させて頂きました!
では、早速その仕上がりをご覧下さい!

「FA-232」 col.001M ¥40,000(税別) 2017年発表
DSC_7390
サイズ55mm 鼻幅19mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm
DSC_7399
DSC_7404
エッジの効いた「FA-232」の面造形が、マット加工を施すことでさらに際立ちます。
通常のカラーでは分りにくい細部のディテールも、マットブラックではハッキリと表現されます。つまり「FA-232」本来の姿を、このマットブラックではダイレクトに感じて頂けます。是非、手に取って色々な角度から「FA-232」の複雑な造形をお楽しみ下さい。
DSC_7405
スタイルサンプルもご用意してみました!
DSC_7334
通常の「col.001」に比べ、どこか柔らかい印象を感じるのは、言うまでもなくマット加工の影響です。
また、攻撃的なそのイメージは和らぎ、落ち着いた大人の雰囲気をかもし出します。と、いうことで、前回のスタイルサンプル撮影時には、パーカーを着て比較的カジュアルな装いでしたが、今回トップスにはクールネックニットを、アウターはチェスターコートと、キレイめなカジュアルを意識しました。
DSC_7376
DSC_7380

そして!
今日はもう1つ特別なカラーをご紹介です。
DSC_7409
「col.084」black two-tone(limited color) (黒ツートン)
DSC_7398
「FA-249」と同じく、秋の展示会で受注されたお取扱い店様のみの限定カラー。
こちらもレギュラーカラーとは異なり、全体的に生産本数は少なめです。
TOKYO BASEでは、少量ですが在庫を確保しております。
DSC_7402
DSC_7407
DSC_7408
尚、「FA249」の限定色「col.084」は残りわずかとなっております。
気のなる方はお早めに!
では、こちらもスタイルサンプルをご覧下さい。
DSC_7299
一般的に黒ツートンといえば、クラシカルなモデルに多用されますが、流線形のメガネに黒ツートンの組み合わせは、こうみると改めて新鮮ですね。
DSC_7224
スタイルサンプル最後の1枚は、同じ黒ツートンを掛けていますが、着ている洋服によってまたイメージが変わりますね(汗)
つまり、メガネはお洋服の組み合わせにより、今まで似合わないと思っていたものが、シックリくるということも充分ありえます。
DSC_7355

さて、多彩なカラーバリエーションが魅力な「FA-232」
レギュラーカラーに加え、限定色、そして裏カラーのマットブラックとTOKYO BASEに在庫している全てのカラーが出揃いました。
そこで1つ残念な情報が・・・昨日の時点で福井本社には「col.369」red purple (赤紫)以外のカラーが早くも欠品とのこと・・・次回の再入荷は少し遅れそうです(汗)



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp        
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE    
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                    
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 2017年秋の新作「FA-232」発売開始

おはようございます、店長です。

いよいよ本日より、「FACTORY900 GIFU BASE」では、2周年イベントが開催です!
告知ブログはこちらからどうぞ。
ファンの皆さんが楽しみにされている限定カラーもついにお披露目に!
東海地方の皆さま、この機会に是非、足をお運び下さい。

さて!
今日は2017年秋の新作から、ついにあのモデルが販売開始となります。
そのモデルとは??
「FA-232」
DSC_7117
昨年12月に発売となった「FA-249」と並び、ユーザーの皆さんからも注目度の高かった「FA-232」
今日は存分にその詳細をご紹介したいと思います。
では、早速こちらからご覧下さい。
「FA-232」¥38,000(税別) 2017年発表
DSC_7099
サイズ55mm 鼻幅19mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm
DSC_7109
DSC_7115
FACTORY900ならではのダイナミックかつ攻撃的なフォルムは、男性の皆さんであれば、思わず手に取ってみたくなるような仕上がりです。おそらくこの「FA-232」の発売を、心待ちにされていた皆さんも多いのではないでしょうか。
DSC_1934
特徴的なせり出したブリッジ、エッジの効いたフロントから流れるように繋がるテンプルへのライン、まるでナイフのようなキレのある造形美は、古くからFACTORY900をご愛用の皆さんからするとどこか懐かしく、ここ数年でメガネに興味を持たれた皆さんには非常に新鮮に映ると思います。
さらにいうなれば、クラシックスタイルが今の主流となった今、この「FA-232」を通して、FACTORY900は唯一無二の存在であることを、改めて感じとって頂けるハズです。
DSC_1931
そして注目すべきはこの品番です。
「FA-230番台」といえば、2009年に発表された「FA-230」のみとなっていましたが、8年の歳月を経て新作の「FA-232」が誕生したことになります。
では、実際にその「FA-230」と比較してみましょう。
FA-2322
当時から多くの皆さんを魅了してきた「FA-230」の美しいそのフォルムは、今もなお健在ですが、やはり時代を経て新たに誕生した「FA-232」は、新しさのなかにも懐かしさが宿り、どこかハイブリッドな印象を受けます。
今後、機会があれば、この2つのモデルの掛け比べもしてみたいと思います。
FA-232

FA-2323



カラーバリエーションは全7色
DSC_1870
「col.001」black (黒)
DSC_1876
「col.098」gray sasa (グレーササ)
DSC_1879
「col.131」brown plaid (茶チェック柄)
DSC_1885
「col.147」brown sass (茶ササ)
DSC_1890
「col.369」red purple (赤紫)
DSC_1896
「col.565」green/brown (グリーン/茶)

レギュラーカラーの全6色に加え、「FA-232」も限定カラーをご用意しました!
DSC_1901
「col.084」black two-tone(limited color) (黒ツートン【展示会限定色】)
こちらの限定カラーは「FA-249」 col.084同様、少量生産のため、なくなり次第終了となります。
また後日、詳しくその詳細をご紹介したいと思います。

どのカラーも捨てがたい「FA-232」のカラーバリエーション。是非豊富なバリエーションの中から、じっくりとお選び下さい。

FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp        
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE    
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                    
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ