FACTORY900(ファクトリー900) 「FA-301」の人気カラーcol.192(茶ササ)が廃色

おはようございます、店長です。

来週8日には大阪に入る訳ですが、今回は長期滞在のため、荷物の量が大変なことになりそうです(汗)
そもそも、これだけの荷物が入るキャリーケースなんて持ってないんですけどね~。
まぁ、なんとかなるかなw

さて、今日はしばらく欠品していた「FA-301」の人気カラーが再入荷しましたので、改めてご紹介をしようと思ったのですが・・・



FACTORY900(ファクトリー900) 廃色カラー「col.533」グリーンホーンが残りわずか!

おはようございます、店長です。

台風21号の被害が深刻さを増すなか、今度は北海道での地震と今年は全国各地でホントに多くの自然災害に見舞われています。
これらの災害で被災された皆さまの、いち早い復興を心よりお祈り申し上げます。
そして以前から考えていたことですが、万が一に備え店舗にも本格的に防災グッズの用意をせねばと思った次第です。

さて、過去のブログにて廃色カラーとしてご紹介した「col.533」グリーンホーン
そして、このカラーを使用した人気モデル「FA-301」が福井本社を含め、いよいよ残りの在庫がわずかとなってきました。
そこで今日の店長ブログは、今年の年間人気ランキング上位にランクインするであろう「FA-301」の「col.533」グリーンホーンにスポットを当ててみたいと思います。
では、早速こちらからご覧下さい。

「FA-301」col.533 ¥38,000(税別) 2013年発表
DSC_6982
サイズ57mm 鼻幅15mm レンズカーブ4カーブ テンプル長110mm
DSC_6983
そもそもダイナミックなフロントの造形と塊感が「FA-301」の大きな見所といえますが、その魅力を最大限に活かしたカラーといえば定番カラーである「col.001」ではないでしょうか。
実際のところ全カラーバリエーション6色のなかで「col.001」が1番人気となっています。
ただし、そうはいっても「col.001」では物足りない・・・そんな皆さんにおススメしたいカラーがこちらのグリーンホーンです。
DSC_6984

トップと呼ばれる前面は一見黒と見間違えてしまいそうですが、深みのあるその色合いからはどこか大人の色気を感じさせ、背面からチラリと見え隠れするホーン柄は高級感を漂わせます。
DSC_6985
DSC_6986


実際に掛けた印象もご覧下さい。
DSC_6968
自然光のもと撮影していますが、このように少し離れただけで、グリーンホーン本来の色合いは分りにくく、背面のホーン柄も下の写真にあるように、接近してみてはじめて確認ができるレベルです。
つまり言い換えると、お仕事でご使用をご検討の皆さんにとっては比較的チャレンジしやすいカラーではないでしょうか。
DSC_6977
DSC_6975
DSC_6973
尚、こちらの「col.553」グリーンホーンですが、今日現在、福井本社には残り2本となっています。取扱店の皆さまもこの機会をお見逃しなく!

最後に「FA-301」のカラーバリエーションもご確認下さい。
カラーバリエーションは全5色
DSC_3285
「col.001」black (黒)
DSC_3289
「col.192」brown sasa (茶ササ)
DSC_3291
「col.202」pink pattern (ピンク柄)
DSC_3295
「col.425」gray (グレー)
DSC_3298
「col.533」green horn (グリーンホーン)
DSC_3302
「col.861」white/pink (白/ピンク)


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp           
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 廃色カラーのパープルササが再入荷

おはようございます、店長です。

あっという間に5月も最終日となりました。
今月はゴールデンウィークの影響もあり、北は北海道、南は沖縄、そして海外在住のコアユーザーの皆さままで、ホントに多くの皆さんがTOKYO BASEにご来店いただきました。
また都内にお越しの際は、メンテナンスも含め是非お立ち寄り下さい。

さて、今日は今後レアなモデルになるであろう、こちらをご紹介します。
DSC_2441
「RF-300」col.336(パープルササ)です!
今年1月に正式に廃色が決定したパープルササですが、その発表後、早速一部のユーザーさまから相次いでお問い合わせがあったことからも、他の廃色カラー以上に大きなニュースだったと思われます。
col.336(パープルササ)についてその➀はこちらからどうぞ。
col.336(パープルササ)についてその➁はこちらからどうぞ。

ただし、告知ブログのなかで「FA-300」について、
実は、すでにTOKYO BASEには在庫が無くなってしまいました(泣)
ただし、もう一度だけ再生産される可能性も・・・まだなんとも言えませんが(汗)
「FA-300」col.336に関してはお問い合わせ下さい。
と、書いておりました。

そう、組み上げの途中だったこちらの「FA-300」がこのタイミングで1本だけ入荷しました!
ではこちらからご覧下さい。

「FA-300」¥38,000(税別) 2012年発表
DSC_2436
サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長110mm
DSC_2437
DSC_2439
奥行きのあるダイナミックな造形が「FA-300」の見所の1つといえますが、その美しいカーブを描いたフロントのライン浮かび上がるパープルのササ柄は、他のモデル以上に鮮やかな色合いを放ちます。
どちらかといえば、塊感の強い「FA-300」の造形からは力強さが前面に押し出されがちですが、「col.336」に関していえば、どこか色気を感じます。チャンスがあれば、他のカラーと是非掛け比べ、その印象の違いをご覧下さい。
DSC_2438
DSC_2440
スタイルサンプルもご用意しましたのでご覧下さい。
DSC_2416
お顔を包み込むようなダイナミックなフローティングスタイルならではの見え方、つまり一般的な斜め45度からの見え方の他、スタイルサンプルにあるように斜め上からの見え方も「FA-300」がカッコよく見えるポイントだと思います。
また、過去にご紹介したスタイルサンプルにあったように、実際掛けてしまうと黒っぽくみえてしまうパープルササですが、この「FA-300」は他のモデルに比べ分りやすいことも大きな特徴といえます。
パープルササのスタイルサンプルはこちらからどうぞ。
DSC_2426
DSC_2419

尚、今後の予定ですが、「FA-300」のパープルササは最後にもう一度だけ若干数リピートがかかる模様です。
ただし、あくまで予定・・・実際どの位の本数が作れるかは何とも言えません(汗)
以前よりパープルササが気になっていたという皆さま、この機会をお見逃しなく!


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900)「FA-300番台」を掛け比べ

おはようございます、店長です。

2週間に渡って展開してきました、西武池袋本店でのポップアップストアも本日が最終日となります。
期間中ご来店頂いたユーザーの皆さん、誠にありがとうございます!
最終日となる本日は、11時より佐藤も店頭におりますので、是非お立ち寄り下さい。

さて、今日は2つのモデルを比較してみます。
「FA-300番台」の「FA-300」と「FA-301」です。
なぜ突然この2つのモデルを比較することになったのか?・・・その理由はブログの最後で(笑)
では、早速こちらからご覧下さい。

「FA-300」¥38,000(税別) 2012年発表
DSC_1436
サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長110mm
DSC_1454
「FA-301」¥38,000(税別) 2013年発表
DSC_1441
サイズ57mm 鼻幅15mm レンズカーブ4カーブ テンプル長110mm
DSC_1457
可能な限りフロントを伸ばし、レンズと大きく分離させることで生まれる空間。FACTORY900の代名詞ともいうべき、フローティングスタイルの進化が垣間見れる「FA-300番台」1番の見所です。
そのアグレッシブな造形からはFACTORY900ならではの躍動感はもちろんのこと、お顔を包み込むように緩やかにカーブしたフロントのラインは、他のモデル以上にお顔との一体感を感じて頂けます。
DSC_1453
DSC_1450
重量感のあるスクエア型の「FA-300」肉厚な眉のラインが特徴的でダイナミックな「FA-300」の造形をより際立てます。
対して「FA-301」は、フロントからテンプルまで丸みを帯びた面造形で繋ぎ、サングラスをイメージさせる大ぶりなレンズシェイプが絶妙なバランスを保ち、どこかスポーティーな印象も。
FA-300FA-3011
FA-300FA-3012
では、2つのモデルを掛け比べてみましょう。
「FA-300」
DSC_1480
DSC_1482
「FA-301」
DSC_1489
DSC_1491
このように掛け比べてみると、「FA-300」はやはりパワーを感じます。おそらく先ほども触れたトップリムの太さが「FA-300」のインパクトを作りだしていると思われます。
レンズシェイプは大ぶりですが、その分「FA-301」の勢いはそのままに、お顔に対してピッタリと納まります。
DSC_1476
DSC_1478


ここ最近、佐藤が「RF-020」を使用していることもあり、色違いといえども同じモデルを掛けるのは・・・
よくよく考えると、ここ最近レトロシリーズを多用し、大文字シリーズを掛けることが減っておりました。
また、今年に入り髪色だけでなく、自分のスタイルを模索し、ここ最近は洋服の色合いもモノトーンに変化しています。そこで、メガネも新たに選び直そうかと・・・その上で候補に上がったのが「FA-300」と「FA-301」です。
DSC_1509
自身でスタイルサンプルも見比べ検討しましたが、今後しばらくメインのメガネとして使用するのは「FA-301」に決定です。



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 「FA-300」と「FA-332」を比較してみました

おはようございます、店長です。

いよいよ来週の土曜日より、「FACTORY900 GUNMA BASE」の2周年イベントがスタートします。
FACTORY900の聖地といわれ、群馬の地から900を発信し続けてくれた剣持さん、改めて2周年おめでとうございます!
この周年イベントでは、昨年の「FA-324」限定カラーに続き、今年もイベントに合わせ特別なモデルが発表されます!また、イベント初日の3月26日(土)13時より、Hamaya店内にて大事なお知らせがございます。皆さま、是非この機会にGUNMA BASEに足をお運び下さい。
告知ブログはこちらからどうぞ。

さて、今日の店長ブログは久しぶりに登場の「FA-300」、そして昨年のTOKYO BASE人気ランキングでも第5位にランクインした「FA-332」をスタイルサンプルも交え比較してみたいと思います。
過去に、色々なモデルを比較してきましたが、「FA-300」と「FA-332」はある意味対極ともいえるカテゴリ―に属します。では、早速「FA-300」の詳細からご覧下さい。

「FA-300」¥38,000(税別) 2012年発表
DSC_9082
サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長110mm
DSC_9090
DSC_9091
「FA-300番台」のテーマは”フレームとレンズの分離”
「FA-300」のダイナミックが造形は、通常のフローティング構造よりもフロントとレンズの間に空間が生まれ、その造形から生まれるアグレッシブなスタイルと、お顔を包む込むようなフォールド感が大きな見所です。
DSC_9097
続いて「FA-332」をご覧下さい。

「FA-332」¥38,000(税別) 2016年発表
DSC_9084
サイズ52mm 鼻幅20mm レンズカーブ5カーブ テンプル長130mm
DSC_9086
DSC_9093
対して「FA-330番台」は”フラットの立体”というテーマに着手し、今までのFACTORY900にはなかった新たな造形がここに誕生しました。
テレビジョンカットを用いたフロント面に対し、あえてレンズカーブを5カーブに設定しすることでフロントとレンズの一体感が生まれ、カット面重視のシンプルなフォルムを目指しました。
DSC_9095
では、実際に2つのモデルを並べて比較してみましょう。
コラージュ3
このように同じ角度から比較してみると、トップリムと呼ばれるフロント上部のラインが、以外にも2つのモデルともに近しいことがお分かり頂けると思います。
では、その立体感なフロントを上からご覧下さい。
FA-332 FA-300
一見同じように見えますが、レンズとフロントの関係性が全く異なります。
つまり「FA-300番台」と「FA-330番台」の違いが、この1枚の写真に凝縮されているといっても過言ではありません。

続いてスタイルサンプルにて、その違いをご覧下さい。
「FA-300」
DSC_9107
「FA-332」
DSC_9109
ダイナミックなフォルムから感じる、圧倒的なパワー、そして立体感はあるものの、カッティング重視の面造形によりエッジの効いたスッキリとした見え方。相反する2つのモデルは、それぞれ与える印象も異なります。皆さんのお好みはどちらでしょうか?
DSC_9124
DSC_9122
下の写真にあるように、サイドからの見え方も全く違います。
Desktop10

昨年秋から、大文字シリーズの新作が相次いで発売し、今年の春はレトロシリーズの新作へと続きます。
そんな中、今日は既存のモデルにスポットを当ててみました。
これからの新生活に向けてメガネをお探しの皆さん、こういったモデルごとの比較も、メガネ選びの参考にして頂けたら幸いです。


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp        
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE    
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                    
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 「FA-301」「 FA-202A」マットカラー入荷

おはようございます、店長です。

いつにも増して、やること満載の店長ですwww
なんだか最近、色々な人と電話ばかりしているような気が・・・
それにしても松本も入社して丸2年、髪色はだいぶ変わりましたが(笑)なにより彼女がお客様と楽しそうに話している姿を見ると、なんだか自分のことのように嬉しく、ほっこりします。やはり部下の成長は喜ばしいことですね。

さて、今日は定番モデル再入荷のお知らせです。
先月、福井県を中心とした豪雪の影響で、一時的に定番モデルの入荷が遅れておりましたが、現在、徐々にではありますが、欠品していたモデルが入荷しております。
今日ご紹介するのは2つのモデル、先ずはこちらからご覧下さい。

DSC_8686n
「FA-301」col.001M ¥40,000(税別) 2013年発表
DSC_8674
サイズ57mm 鼻幅15mm レンズカーブ4カーブ テンプル長110mm
DSC_8681
実のところ、TOKYO BASE 限定モデル「YO-438」の発表後、この「FA-301」をご指名頂くお客様が増えております。その大ぶりなレンズシェイプ、お顔を包み込むようなダイナミックな造形はどこか「YO-438」に通じる感覚があるのかもしれません。ただし「YO-438」はレンズサイズが61mm、さらにレンズカーブが6カーブということで、度付をあきらめざるを得ないお客様もいらっしゃいます。そんな時、ふと「FA-301」をお試し頂いた結果、改めてその造形美の魅力を感じて頂けたのかと思います。
DSC_8682
そんな「FA-301」の隠れた曲線美が、マット加工を施すことでダイレクトに現れます。
今回、再入荷したマットブラックで「FA-301」の美しいフォルムをご覧頂き、そのカッコ良さを再認識して頂けたら幸いです。
DSC_8687
スタイルサンプルもご用意しましたのでご覧下さい。
DSC_8530
ダイナミックな曲線美をそのままに、「col.001」をはじめとした通常カラーに比べ、柔らかい印象を与えるのは、マット加工を施したモデルの大きな特徴です。
DSC_8528

続いてこちら
DSC_8684n

「FA-202A」col.001M ¥37,000(税別) 2014年発表
DSC_8677
サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ5カーブ テンプル長140mm
DSC_8678
昨年のTOKYO BASE人気ランクングでは、ベスト5に名を連ねた「FA-202A」
今やFACTORY900の定番モデルとして、特にこのマットブラックは、多くの皆さまにお選び頂く機会が多いかと思います。そういったこともあり、TOKYO BASEでは本来は裏カラーであるマットブラックの在庫をご用意しています。
DSC_8683
比較的、細身なフォルムの「FA-202A」は、一見シンプルな造形に見えがちですが、フロントに施された細かいカット面がマット加工により確認できます。こういった細かいカット面は通常カラーではなかなか分かりにくい個所であり、マット加工ならではの見え方です。
DSC_8685
DSC_8536
決してハデなモデルとはいえませんが、裏カラーのマットブラックには、どこか特別感が漂います。
それでいて、どんなシチュエーションでも掛けこなせる「FA-202A」はやはりFACTORY900の代表作といえるのではないでしょうか。
DSC_8532

今日ご紹介した「FA-301」「FA-202A」も含め、裏カラーであるマット仕様のモデルは、通常店頭には陳列しておりません。ご試着をご希望の皆さんは、お気軽にお申し付け下さい。
また、現在使用中のFACTORY900へのマット加工は¥3,000にて承ります。納期など、ご不明な点はお問い合わせ下さい。

FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp        
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE    
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                    
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ