FACTORY900(ファクトリー900) さりげなく大文字を楽しめる「FA-222」

おはようございます。
TOKYO BASEの愛読していたマンガの連載終了を聞いて悲しみにくれている方・スタッフ松本です。

一時期、これから何を生きる楽しみにしたら良いのかわからない・・・くらいのレベルで落ち込んでいました笑
とりあえず今は、今生で最終回が読めることを喜ぼうと思います(つД`)ノ


さてさて元気を出して本日のブログでは、男性的なイメージの強い大文字の中で、女性にもオススメな「FA-222」をご紹介しようと思います!



FACTORY900(ファクトリー900) 「FA-222」 「FA-224」を掛け比べ

おはようございます、店長です。

ホントに1日があっという間に過ぎてしまいます(汗)
社会人になりたての頃は、閉店まであと何時間?と、謎のカウントダウンをしていたことも多々・・・←ダメなやつですwww
今はというと、ぼんやりと1日を過ごすことは全くありません。気づいたらもう夜!なんてことも日常茶飯事です(笑)それだけ充実しているということでしょうか。

さて、今日は2つのモデルを比較してみたいと思います。
「FA-222」と「FA-224」です。

2015年に誕生した「FA-220番台」
FACTORY900(大文字シリーズ)のベーシックスタイルをテーマに掲げ、ある意味FACTORY900の入門編ともいうべきスタンダードなシリーズといえます。
スタンダードといえば、「FA-280番台」を思い浮かべる皆さんもいらっしゃるかと思いますが、今日ご紹介する2つのモデルはFACTORY900ならではの面造形、そしてエッジ感が大きなポイントになると思います。 
では、早速こちらからご覧下さい!

「FA-222」¥33,000(税別) 2015年発表
DSC_1778
サイズ52mm 鼻幅15mm レンズカーブ4カーブ テンプル長125mm
DSC_1785
比較的シンプルに思われがちな「FA-222」ですが、細部に施されたエッジからキレのあるフォルムを生み出します。それでいてやり過ぎない造形は、多くの皆さんにご提案できる、まさにスタンダードといえるFACTORY900ではないでしょうか。「FA-222」の詳細はこちらからどうぞ。
DSC_1786
「FA-224」¥33,000(税別) 2015年発表
DSC_1782
サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長125mm
DSC_1783
DSC_1787
対して「FA-224」は、全体的にボリュームをもたせ重厚感を出しながらも、フロント前面の作り込みが見た目の重さを軽減させてくれます。こういったところからも「FA-220番台」の特徴が垣間見れると思います。
「FA-224」の詳細はこちらからどうぞ。
また、下の写真にあるように、クリングスパットを採用することで微調整が可能になります。
FA-222 FA-2241

では、ここからは2つのモデルを掛け比べてみましょう。
スタイルサンプルは佐藤に任せますw
「FA-222」
DSC_1727
フレーム単体でご覧いただいた「FA-222」のキレは、掛けた印象にそのまま反映されます。スマートでスッキリと、目元を引き締めクールな印象に。それにしても男前ですねw
ただし、見方によってはちょっと物足りなさを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。表現の仕方は人ぞれぞれですが、佐藤にとって「FA-222」は、ややアッサリと見えてしまうかもしれません。
「FA-224」
DSC_1722
そんな流れで「FA-224」です。
先ほどの「FA-222」に感じた物足りなさは、「FA-224」のボリュームによって打ち消されたような気がします。
また、「FA-240」を思わせる三角にカタチづくられたテンプルが印象的ですが、対照的に目元はスッキリとした見え方に。
サイドからご覧いただくと、その違いは一目瞭然です。
「FA-222」
DSC_1744
「FA-224」
DSC_1740
「FA-222」と「FA-224」は、サイズ感も大きな特徴です。
実際、「FA-222」は「FA-201」同様、女性にお選びいただく機会も多く、いまや女性の皆さんにとって定番モデルとなっています。
そこで、今度は同じモデルを松本に掛けてもらいます。
DSC_1768
DSC_1770
いかがでしょうか?
特に小顔の松本にとって「FA-224」は若干見た目が重く感じます。特に今回のスタイルサンプルでは「col.159」バラフを使用したので尚更かと。言い換えると「FA-222」であれば、どのカラーでもムリなく掛けこなせるような気がします。「FA-222」の関連記事およびスタイルサンプルはこちらからどうぞ。
DSC_1747
DSC_1746
今日はモデルの比較というよりは、掛けた時の比較を主としており、男性、女性がそれぞれのモデルを掛けた時の印象をご覧いただきました。
今後、FACTORY900をお考えの皆さんにも、こういったスタイルサンプルが少しでも参考になれば幸いです。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ