これからの季節に人気の白いメガネと磨き

おはようございます、店長です。

明日、明後日はYOKOHAMA BASEの2周年イベントが山下眼鏡店にて開催されますが、このイベントに合わせ2019年春の新作サンプルもご用意いたします。いち早く春の新作を試してみたいという皆さん、この機会に是非YOKOHAMA BASEにお立ち寄り下さい。

さて、今日のスタッフブログはあるお客様からお預かりしたメガネの磨きに関してです。



FACTORY900(ファクトリー900)の白いフレームを磨いてみました

おはようございます、店長です。

兼ねてよりお話していたように、今日からワタクシは大阪に入り、OSAKA BASEのグランドオープンに向けて準備を行います。
これに伴い、3月19日(火)まではTOKYO BASE不在となります。
尚、店長不在時もTOKYO BASEには松本、および新スタッフがおりますのでご安心下さい!

さて、しばらくTOKYO BASEを離れることになるため、昨日は作業場にこもり、加工はもちろん鼻盛りやバネ交換などなど、お客様からお預かりしたメンテナンスを仕上げました。
今日のスタッフブログでは、その中の1つ「col.853」、つまり白いフレームの磨きサービスについてです。


過去のブログでもご紹介したことがありますが、白いフレームは長年ご使用いただくなかで、汗や油分、整髪料によって部分的に黄色く変色が起こります。
これは「col.001」(黒)の場合でいうと、白くくすんでしまう状態と同じ現象です。

今回お預かりしたモデルはこちら
「FA-204」¥35,000(税別) 2007年発表


アセテートフレームのくすみとTOKYO BASEの磨きサービス

おはようございます、店長です。

今日から2月がスタートします!
本来であれば、今月14日で直営店TOKYO BASEは4周年を向かえる訳ですが、来月14日のOSAKA BASEオープニングイベントに合わせて周年イベントを行います。皆さま、是非お楽しみに!

さて、今日はメンテナンスのお話です。

過去、TOKYO BASEの磨きサービスに関しては、度々ご紹介をしてきましたが、そもそもアセテートフレームの表面がくすんでしまうのは、汗や整髪料がアセテートの表面に付着して化学反応をおこすことが原因です。その結果、フレームの油分が抜けて乾燥してしまい最終的には白く変色してしまいます。