FACTORY900(ファクトリー900) 「FA-095」の廃色カラーが最終入荷

おはようございます、店長です。

気づけば10月がスタートしていました(汗)
10月といえばフランスで行われているSILMO展を終え、残すは国内での展示会です!

ここで営業時間の変更及び、臨時休業のお知らせです。
10月21日(日)は12時〜18時まで
10月22日(月)~25日(木)は臨時休業とさせていただきます。
尚、25日(木)18時~21時までは、ユーザーの皆さんにも新作をご覧いただく時間を設けさせていただきます。
限られた時間ではありますが、是非足をお運び下さい。

さて、今日はすでに廃色が決定した人気カラーがようやく再入荷しましたのでご紹介をさえていただきます。
「FA-095」col.441(トリコロール)です!

以前に「col.441」廃色のお知らせをしましたが、その時点では「FA-095」の入荷が間に合わず、このタイミングで改めてのご案内です。
すでに福井本社は予約分で完売・・・つまり「FA-095」col.441の再入荷はこれが最後となります。
正真正銘のラストです!
では、早速こちらからご覧下さい!

「FA-095」col.441 ¥35,000(税別) 2007年発表
DSC_7903
サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ4.5カーブ テンプル長130mm
DSC_7904
DSC_7905
トリコロールカラーといえば、この「col.441」だけでなく、すでに廃色が決定している「col.443」もそれに該当します。
しかし、多くのユーザーの皆さんが、トリコロールカラーといってまず頭に思い浮かべるのが「col.441」であり、そのトリコロールを使用したモデルといえば、ズバリ「FA-095」ではないでようか。
DSC_7906
もともと「FA-095」は唯一無二なモデルとして、ある意味FACTORY900の代表作の1つでもあり、発表から10年が過ぎ今も人気品番として年間を通して多くの皆さんからご指名をいただいております。
そんな「FA-095」のカラーバリエーションに「col.441」が追加されたのは2011年の春、それから7年という歳月もの間「FA-095」の人気を支えてきたのは、このトリコロールカラーといっても決して大袈裟ではありません。
DSC_7907
事実、TOKYO BASEがオープンして丸3年半を過ぎ、常に人気人気ランキングの上位に位置する「FA-095」ですが、全9色と多彩なカラーバリエーションのなかで圧倒的な人気カラーこそ、この「col.441」トリコロールになります。
DSC_7908
過去のブログでも触れましたが、男性はもちろん女性の皆さんからの評価も高く、ご夫婦でご来店いただいた際、奥様がご主人様にこのトリコロールを熱心にオススメされるシーンを何度もお見かけしました。

DSC_7910
最後に掛けた印象もご覧下さい。
アナリティクス
フレーム単体のイメージとは大きく異なるその見え方がポイントです。
表面のネイビーが若々しさを、見る角度によって見え隠れする背面の赤は適度なアクセントとなり「FA-095」のフォルムを引き立てます。
DSC_7924
DSC_7928
コアユーザーの皆さんだけでなく、FACTORY900ご新規の皆さんからもご指名の多い「FA-095」col.441(トリコロール)、この機会をお見逃しなく!!


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
10月21日(日)12:00~18:00まで
10月22日(月)~25日(木)まで臨時休業
                                 
 
メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) 彩りを楽しむブローフレーム

おはようございます、店長です。

いよいよ昨日からフランス パリにてSILMO展がはじまりました!
昨年までは展示会初日の夜に、シルモドールの発表が行われるのですが、今年は2日目の夜に変更になったとのこと・・・つまり日本時間では30日(日)の未明でしょうか。
どのような結果になるかは分かりませんが、明日の朝、青山からの連絡を待ちたいと思います。

さて、今日の店長ブログはこちらのモデルをご紹介します。
DSC_7861
「FA-098」の「col.274」(ピンクブルー)と「col.606」 (イエローブルー)

何を隠そうこの2つのカラーは、2015年の新作として、デザイナー青山自身も使用していたモデルです。

つまりブランドとして2回目となる2015年のシルモドール受賞時には、青山はこちらのモデルを掛けトロフィーを掲げました。
あれから3年・・・高まる気持ちを抑えながら、2つのカラーをご紹介します。

「FA-098」 ¥35,000(税別) 2015年発表
FA-098 兄弟色
サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長130mm

今から3年前を振り返ると、世はまさにクラシックフレーム全盛の時代、今では多数見られる線の細いメタルフレームもまだまだ市場には少なく、黒縁と呼ばれるプラスチックフレームが街でも多く見かけられました。
そんな時代にこういった明るい柄系のアセテートを使用するブランド自体、ワタクシが知る限り、そう多くはありません。
「col.274」(ピンクブルー)
DSC_7863
DSC_7842
もともと、ビジネスシーンでの活用が期待できる「FA-098」ですが、この「col.274」はブローフレームそのものの概念を覆すかのような鮮やかな色合いです。
トップと呼ばれる前面の多彩な色合いだけでもインパクトは十分ですが、それに加え背面の鮮やかなピンクが比較的オーソドックスな「FA-098」に華を持たせます。
DSC_7851
DSC_7855
DSC_7895
「ブローフレーム→男性のメガネ=比較的落ち着いたカラー」、おそらく多くの皆さんがブローフレームにもつイメージを良い意味で裏切るような配色が新鮮です。
ただし、このカラフルな色合いの魅力を最大限に活かすためにも、お洋服の色使いは極力シンプルにまとめた方が無難かと思います。
DSC_7900

「col.606」 (イエローブルー)
DSC_7865
DSC_7839
デザイナー青山が先ほどのピンクブルーを掛けていたことをご存知の皆さんは多いと思いますが、実はこのイエローブル―を掛けていたことを知る人は少ないのではないでしょうか。
背面のジューシーなオレンジに目を奪われますが、その見た目とは裏腹に実際に掛けてしまうと肌馴染みが良く、このギャップに心を奪われたという皆さんが多数いらっしゃいます。
DSC_7847
DSC_7858
DSC_7887
気になる背面のオレンジですが、写真のようにうつむき加減にしてようやくその色合いが顔を出します。
差し色的な役割、目元を明るく照らす等々、背面の色合いによって掛けた印象はもとより、そのモデルのイメージは大きく変わります。「col.606」に関していえば、背面の明るい色合いが組み合わさることによって前面の柄もくすむことなく、艶やかな色合いが存分に楽しめます。
DSC_7901

ブローフレームといえば、どうしても「FA-208」や「FA-248」をイメージされる皆さんが多いと思います。
さらにビジネスシーンで使いたいとなると「FA-298」といったところでしょうか。
そんな中カラーによって対照的な顔をもつ「FA-098」、まだお試しになったことのない皆さんはこの機会に是非!
「FA-098」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。

FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900 GUNMA BASE 「FA-095」2周年限定カラー入荷!

おはようございます、店長です。

今日、明日の2日間、福井県鯖江市では「めがねフェス2018」が開催されます!
会場内のポップアップギャラリーには、青山、田村の両デザイナーも立たせていただきますので、ご来場の際は、是非お立ち寄り下さい!

さて、今日は特別なモデルが入荷しましたのでご紹介をさせていただきます。
3月に2周年を迎えた「FACTORY900 GUNMA BASE」の限定カラー「FA-095」col.H10です!
DSC_2713
すでにHamayaさんの告知ブログでその詳細が明らかになっておりますが、このたび少量ではありますが、TOKYO BASEでも取扱いをさせていただくことになりました。
では、早速ですがこちらからご覧下さい!

「FA-095」GUNMA BASE限定カラーcol.H10 ¥35,000(税別)
DSC_2701
サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ4.5カーブ テンプル長130mm
DSC_2703
DSC_2716
毎年限定カラーを発表されているHamayaさんですが、GUNMA BASEの2周年を飾る今回は、不朽の名作といわれる「FA-095」の限定カラーです。
「FA-095」の詳細はこちらからどうぞ。
GUNMA BASEも剣持さんも、ご自身で別色の「FA-095」をご使用されていますが、今回の限定カラーcol.H10はその使い勝手の良さも大きな特徴の1つではないでしょうか。
DSC_2705
ベースカラーのグリーンに琥珀色の柄生地を張り合わせたオリジナルカラーですが、2つの生地が合わさることで深みのあるグリーンに、そして生地の厚みが比較的薄いテンプルには張り合わせた柄生地の模様が見え隠れします。
またレンズを支えるアンダーリムには、張り合わせた生地本来の美しい色合いが見てとれます。お試しの際は、先ずは手にとって、色々な角度から変化する色合いをお楽しみ下さい。
DSC_2714
DSC_2717
DSC_2718
スタイルサンプルをご覧いただく前に、自然光のもとフレームの撮影をしてみました。
お試しの際、もし可能であれば屋外でその美しい色合いをご覧いただけたらと思います。
DSC_2756
DSC_2766
DSC_2738
一歩引いてご覧いただくと、深みのあるグリーンは漆黒とも異なる独特な色合いに。
ただし、そうはいっても「col.001」Blackに比べ光が抜けるため、黒特有な見た目の重さは感じにくくなります。
DSC_2733
そしてなんといっても「FA-095」col.H10の見所はサイドからの見え方、実際掛けてみてもレギュラーにはない特別な色合いがご覧いただけます。
決して目を惹くようなハデさはありませんが、高級感と品を兼ね備えた今回の限定色はHamaya限定カラーの10作目を飾るに相応しい仕上がりかと思います。
DSC_2723
DSC_2749

尚、すでに発売を開始したもう1つの限定カラー「FA-249」H010に関しては、ご用意できる本数がそもそも少ないため、TOKYO BASEでの取り扱いはございません。
また、通信販売をご希望の際は、GUNMA BASEまでお問い合わせ下さい。
〒377-0424 群馬県吾妻郡中之条町大字中之条町1756-2
tel : 0279-75-0808
fax : 0279-75-2191
mail : info@hamaya-shop.jp
HP:http://www.hamaya-shop.jp/factory900/factory900top.html

FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) アンダーリムの名作「FA-095」全カラーバリエーション

おはようございます、店長です。

大型連休を終え、福井本社も今日から通常営業となります。
ワタクシもゴールデンウィークを乗り切り、例年通りであればここでようやく一区切りとなるはずですが、今年はすでに次の予定が・・・(汗)ふぃーーーー今日からもうひと踏ん張りです。

さて、今日の店長ブログは、久しぶりに人気モデルの全カラーバリエーションをご紹介します!
と、いうのも昨年から一部モデルの再入荷が遅れ、なかなか全てのカラーを撮影するタイミングがありません(汗)
そんな中、現時点で全てのカラーが揃った人気モデルの1つがこちらの「FA-095」です!
DSC_1430n
ご存じ、FACTORY900の代表的なアンダーリムモデルとして、もはや不朽の名作といっても過言ではありません。店長ブログを毎日チェックして頂いている皆さんのなかで、この「FA-095」をすでにお持ちの皆さんも多いのではないでしょうか。
では、早速こちらからご覧下さい。

「FA-095」¥38,000(税別) 2007年発表
DSC_1426
サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ4.5カーブ テンプル長130mm

世にある"アンダーリム"というカテゴリーのなかで、非常に評価に高い「FA-095」
その完成されたフォルムは、今から10年以上前のモデルとはいえ、いつの時代においても多くの皆さんを魅了し続けています。発表された当時のカラーバリエーションのなかで、すでに廃色となったカラーも多数存在しますが、その代わりとなる新色も追加され、今では全9色と他のモデルに比べ多彩なカラーバリエーションも「FA-095」の魅力の1つといえるのではないでしょうか。
DSC_1427
TOKYO BASEの年間人気ランキングでも、必ずといっていいほど上位にランクインし、今年3月に行われたGUNMA BASEの2周年限定カラーにもこの「FA-095」が採用されています。
DSC_1428
DSC_1434
つい先日も「FA-095」BAUM optics 限定カラー”エメレションランチ05”にて、その魅力をたっぷりご紹介したこともあり、今日は文字は少なめ、写真多めでございますw
その代わり、カラーバリエーションの写真も全て撮りなおしましたので、ご覧下さい。

カラーバリエーションは全9色
DSC_1393
「col.001」black (黒)
DSC_1397
「col.032」black/red (黒/赤)
DSC_1403
「col.033」black/green (黒/緑)
DSC_1409
「col.034」black/white (黒/白)
DSC_1412
「col.179」brown sasa (茶ササ)
DSC_1416
「col.425」gray (グレー)
DSC_1418
「col.441」tricolor (トリコロール)
DSC_1420
「col.529」green sasa (緑ササ)
DSC_1424
「col.853」white (白)


1度ハマると次々と他のカラーが欲しくなってしまう、そんな「FA-095」の魅力を是非店頭でご覧下さい。



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE      
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) スペシャルな限定カラーとは?「FA-095」BAUM optics 限定カラー

おはようございます、店長です。

ゴールデンウィークも後半、皆さんのご予定はいかがですか?
TOKYO BASEは、今日からの4連休も通常通りの営業となります。また、現在、西武池袋本店5階では、ポップアップストア8日(火)まで展開しております。こちらも合わせて、皆さまのご来店お待ちしております!

さて、今日の店長ブログは、久しぶりにこちらの特別なモデルのご紹介です。
「FA-095」BAUM optics 限定カラー”エメレションランチ05”

DSC_11951
発表は2年前の6月、その衝撃の強さは今まで発表されてきた多くの限定カラーを上回り、コアユーザーの皆さんの記憶にも残っているのではないでしょうか。
もともと数量限定の「FA-095」エメレションランチ05、残された在庫はわずかということもあり、現在TOKYO BASEの店頭には陳列しておりません。つまり、まだ実物をご覧になったことのないお客様もいらっしゃるハズ・・・
そこで、BAUM optics木下さんにご了解頂き、2年の歳月を経て、改めてご紹介をさせて頂きます!
木下さんいわく、「店長ネタ不足やろ?」

・・・その通りでございますwww


あっ!木下さん、その代わり2年前よりキレイに撮れました(笑)
では、早速こちらからどうぞ!

「FA-095」BAUM optics 限定カラー エメレションランチ05 ¥37,000(税別)    
DSC_1203
サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ4.5カーブ テンプル長130mm
DSC_1186
写真をご覧頂くとお分かりのように、アシンメトリー(左右非対称)のカラーがエメレションランチ05の大きな見所です。果たして、ここまで振り切った別色が他にあったでしょうか?
TOKYO BASEでも過去にアシンメトリーカラーの「FA-240」クリスマス限定カラーを発表しましたが、そのインパクトはケタ違いです(汗)
DSC_1180
DSC_1184
そもそもBAUM optics 木下さんが考える限定カラーとは?
「量産カラーには存在しない、圧倒的でスペシャルなカラーでなくてはならない。」
そして昨日のBAUMさんのブログには「常に過去最高を狙う」を目標としているとのこと・・・
もはや名言です(笑)
DSC_1187
DSC_1190
そんな木下さんの考える限定カラー”エメレションランチ”が色濃く表現されたモデルこそ、この特別な「FA-095」だと思います。
本来「FA-095」自体、非常に手間の掛かるモデルですが、このスペシャルカラーに関しては通常の「FA-095」以上に手間と時間を要します。ただし、木下さんの熱量と青山眼鏡が誇る熟練の職人によって、エメレションランチ05が完成したという訳です。
DSC_1191
DSC_1194
DSC_1199
DSC_1196
せっかくなのでスタイルサンプルも撮りなおしました(汗)
そういえば、2年前のスタイルサンプルは、ワタクシ黒髪でしたねw
DSC_1123
フロントだけでなく、左右のテンプルカラーもアシンメトリーに。つまりどの角度から見ても死角なし、まさにスペシャルカラーと呼ぶにふさわしい仕上がりです。
また、背面の目を惹くイエローは、実際掛けてしまうと差し色となり、見た目以上に掛けやすいのもエメレションランチの特徴ですね。
DSC_1116
DSC_1118
尚、TOKYO BASEでは通信販売は行っておりません。
通販ご希望の皆さんはBAUM opticsさんへ直接お問い合わせ下さい。
BAUM optics
大阪府河内長野市昭栄町1-27
TEL 0721-55-2418
http://baum-optics.com/
   


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE      
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 限定カラー"紫陽花"で話題の「FA-097」

おはようございます、店長です。

ゴールデンウィークがスタートし、この表参道・原宿エリアも多くの人で賑わっています。
お天気も良く、まさにお出かけ日和の大型連休となりましたが、皆さんのご予定はいかがですか?
都内にお越しの際は、TOKYO BASEにも是非、遊びにいらして下さい!

さて、先日の店長ブログで情報解禁となりました「FA-097」 Optic Gallery k(オプティックギャラリーK)限定カラー。すでにコアユーザーの皆さんからは、驚きの声と共に、絶賛のコメントを頂いております。
そんな「FA-097」限定カラーの製作に、今回ワタクシもほんの少しではありますが携わることができ、なんだか幸せを感じています。
そこで!
今日の店長ブログでは、久しぶりに「FA-097」のレギュラーカラーをご紹介したいと思います。

先日のブログでも触れたように、すでに生産終了モデルとなっている「FA-097」
発売当時のカラーバリエーションも、カラーによってはすでに完売・・・直営店TOKYO BASEにも残されたカラーは4色のみとなっています。
では、カラーバリエーションの前に、「FA-097」のディテールを今一度ご覧頂きます。

「FA-097」¥38,000(税別) 2010年発表
DSC_1037
サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ テンプル長130mm
DSC_1025
そもそも「FA-097」が発表されたのは2010年、そう、今から約8年前のモデルとなります。
2010年といえば、FACTORY900の人気No.1モデル「FA-240」や「FA-143」といった今では名作と呼ばれるモデルが誕生した年でもあります。
そのなかでも「FA-097」から放たれる圧倒的な存在感は、当時からファンの皆さんも多く、なかにはこの「FA-097」に対して非常に思い入れの深いユーザーさんもいらっしゃるようです。
DSC_1026
DSC_1027
特徴的なテンプルの製作が非常に困難なことは、過去のブログでもお話しましたが、デザイナー田村が担当する”組立”と呼ばれる工程も、現行のモデル以上に難易度が高く、その作業には多くの時間を必要とします。
そして数々の工程を経て組み上がった「FA-097」ですが、下の写真にあるフロントとテンプルの組合せから生まれる空間も大きな見所の1つです。
DSC_1035n

また、「FA-160」でも使用している”鋲”、そして7枚丁番など、「FA-097」には見所が満載です。
DSC_1031
DSC_1029
残されたカラーバリエーションは全4色
DSC_1011
「col.001」black (黒)
DSC_1016
「col.061M」black/camouflage matte (黒/迷彩マット)
DSC_1020
「col.144」brown lame (茶ラメ)
DSC_1023
「col.853」white (白)

クラシックスタイルのメガネが全盛の時代、今見ても決して色あせることのない「FA-097」
残された在庫はあと僅かとなっておりますが、この機会に是非お試し下さい!

FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE      
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 「FA-097」「Optic Gallery k」(オプティック ギャラリーK)限定カラー受注開始

おはようございます、店長です。

今日からゴールデンウィークに突入!と、いう皆さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
TOKYO BASEはゴールデンウィーク期間中、水曜日の定休日以外は通常通り営業いたします。
この連休中、都内にお越しの際はメンテナンスも踏まえ、お気軽にお立ち寄り下さい。
尚、西武池袋本店5階では、現在ポップアップストアを展開しています。こちらも合わせてご来店お待ちしております!

さて、今日は特別なモデルのご紹介です。
DSC_0591n
すでに生産終了モデルになっている「FA-097」の限定カラーです!
こちらは、神奈川県鎌倉市に店舗を構える「Optic Gallery k」(オプティック ギャラリーK)さんの限定カラーになります。
オプティック ギャラリーKさんといえば、過去の店長ブログでもご紹介した、”流鏑馬ロゴ”をあしらった「FA-204」限定カラーでご存知の皆さんもいらっしゃるかと思います。そして今回、8年振りとなる限定カラーに選ばれたモデルはなんと「FA-097」
コアユーザーの皆さんはご存知のように、この「FA-097」を使用した限定カラーは今回が初!
では、早速ですがその詳細をじっくりとご覧下さい!

「FA-097」col.511 Optic Gallery k限定カラー¥40,000(税別)
DSC_0578
DSC_0580
サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ テンプル長130mm
DSC_0581
DSC_0584
品番の末尾”7"といえば、”テンプルの作り込み”を1つのテーマとしたカテゴリ―として、隠れた人気モデルの1つといわれています。
しかし、同じカテゴリーの「FA-207」も含め、その製造工程のおける難易度は非常に高く、通常のモデル以上に多くの手間と時間を要します。人気がありながら生産終了となった理由の1つにそれも含まれます。
今回の限定カラーが決まった際、工場内部の顔色が変わったことは否めません(汗)
DSC_0586
DSC_0585
そして、なんといっても今回の限定色の見所といえば、テンプルに使用したカラーです。
古都鎌倉には100を超える寺院があるといわれていますが、その中でも代表的な長谷寺や明月院には、梅雨の季節になると紫陽花が咲き誇ります。その鎌倉の梅雨を彩る紫陽花の色合いをテンプルで表現しました。
DSC_0594
が、しかし・・・この紫陽花カラーの完成に至るまでは、当初の予定より多くの時間を要することになりました。
この限定カラーのお話がスタートしたのが昨年7月、実はワタクシの住いが同じ神奈川県ということもあり、Kさんに数回に渡りサンプルを持ち込み、打ち合わせを繰り返しました。
ハデ過ぎず、かといってベースとなる紫柄の良さを殺さず、紫陽花の色合いを表現するためには、どの生地を組み合わせれば良いのか?
そう、実はこの紫陽花カラーは紫の柄生地にクリアグレーを張り合わせることで、その美しい色合いが生まれています。クリアグレーが合わさることで、紫柄の色合いは深みを増し、透明感のある色合いの中にどこか高貴な印象を与えてくれます。
DSC_0592
DSC_0595
DSC_0593
スタイルサンプルもご用意しましたので、実際に掛けた印象もご覧下さい。
DSC_0714
フロントには肌馴染みの良いクリアグレーを使用したことにより、「FA-097」の特徴的なテンプルの紫陽花カラーがよりいっそう映えます。
鮮やかなカラーを使用しながらも使い勝手の良さが「FA-097」限定カラーのポイントです。
DSC_0707
DSC_0703

尚、こちらの「FA-097」限定カラーは、本日よりOptic Gallery kさん、及びTOKYO BASEにてご予約を承ります。少量生産のため、無くなり次第終了となりますので、是非この機会をお見逃しなく!

尚、5月26日(土)27日(日)には、Optic Gallery kさんにてトランクショーが開催されます。
Kさんビジュアル
Optic Gallery K (オプティックギャラリーK)
神奈川県鎌倉市小町1-7-1 小町銅ビル1F TEL: 0467-23-7618
さらに!!
このトランクショーに合わせ、両日ともワタクシ店長がKさんの店頭に立たせて頂きます!!
店長、鎌倉に出張の巻(笑)
今から楽しみです!

FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE      
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 人気アンダーリム「FA-095」と「fa-2023」を比較してみました。

おはようございます、店長です。



2017年秋の新作「FA-296」がすでに発売を開始しましたが、FACTORY900公式HP内、プロダクトページにて、この秋のモデル全コレクションがアップされました!

レトロシリーズも含め、非常に見ごたえのあるページに仕上がっていると思います。

こちらも是非ご覧下さい!



さて、今日はFACTORY900を代表とするアンダーリム「FA-095」と、あのモデルを比較してみようと思います。

「fa-2023」



FA-095 fa-2025


今年4月にオープンした「FACTORY900 YOKOHAMA BASE」

そのオープンに合わせて、小文字シリーズの新たなカテゴリ―として発表した"New Basic"より、この「fa-2023」が先行発売となりました!



あくまで先行発売となったこの「fa-2023」は、プロダクトページにも記載がないこともあり、その存在をご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。



そこで今日の店長ブログでは、同じアンダーリムのなかでも1番人気といって過言ではない「FA-095」とスタイルサンプルも交え比較してみたいと思います。



では、早速こちらからご覧下さい!



「fa-2023」¥37,000(税別) 2017年発表



DSC_4399


サイズ53mm 鼻幅16mm レンズカーブ3カーブ テンプル長130mm    



DSC_4411


~より良いものをより多くの人へ~をテーマに掲げた"New Basic"

どの時代においても、決して無くなることのない本物のスタンダードを目指しデザインされた、新たな小文字カテゴリー。

そんな「fa-2000番台」では初めてとなるアンダーリムモデル。

スタンダードといいながらも、細部に施されたディテールからは、しっかりと"らしさ"を感じとって頂けるはずです。



DSC_4412


「FA-095」¥35,000(税別) 2007年発表



DSC_4396n


サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ4.5カーブ テンプル長130mm    



DSC_4410


対照的に、これぞFACTORY900といえる立体的な造形美。

攻撃的なせり出たブリッジ、どの角度から見てもつじつまの合った美しいフォルムは他の追随を許しません。

発表から約10年を経過し、多くの皆さんを虜にしてきた「FA-095」は、まぎれもなくFACTORY900の代表作といっても過言ではありません。



DSC_4416


それぞれの詳細はこのくらいにして、2つのモデルを正面、サイドから比較してみましょう!



FA-095 fa-20253


写真上「fa-2023」

写真下「FA-095」



FA-095 fa-20251


シンプルなフォルムの「fa-2023」ですが、レンズシェイプは「FA-095」と同じくシャープな玉型であることがお分かり頂けます。

1番の違いはそのサイズ感です。

「FA-095」のサイズ56mmに対して「fa-2023」は53mm。鼻幅も含めると全体で7mm小さいことになります。

言い換えると小顔な皆さんはもちろん、強度でレンズの厚みが気になるという皆さんには、おススメのモデルといえます。



FA-095 fa-20252


では、最後に2つのモデルを掛け比べてみます。

写真上「fa-2023」

写真下「FA-095」



DSC_4422




DSC_4423


「FA-095」の造形美は、その勢いから力強さを感じとれます。

おそらくコアユーザーであればあるほど、「fa-2023」は物足りなく感じるというご意見もあるかもしれません。

しかし、初めてのアンダーリムという観点では、これほど使い勝手の良いモデルはそうありません。

スチュエーションはもとより、ご自身のスタイルも崩すことなく、末永くご活用頂けるアイテムになるのではないでしょうか。



DSC_4431




DSC_4434


尚、現時点で「fa-2023」のレギュラーカラーは「col.001」Blackのみ。

YOKOHAMA BASEでは限定カラーcol.202 pink pattern (ピンク柄)col.542 green (緑ライン)の2色がこれに加わります。

しかし少量生産の限定色は残りわずか・・・気になる方はお早めにYOKOHAMA BASEにお問い合わせ下さい。







FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
style="color: rgb(0, 102, 204);"> 
    


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE    


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                

style="color: rgb(8, 0, 0); font-family: helvetica, verdana, sans-serif; font-size: 14px;"> 
style="color: rgb(8, 0, 0); font-family: helvetica, verdana, sans-serif; font-size: 14px;">
メガネ・サングラス ブログランキングへ




FACTORY900(ファクトリー900) ブローフレーム「FA-098」と「fa-2020」を比較してみました。

おはようございます、店長です。

昨日はオープン直後から閉店まで、終始バタバタとした1日となりました。 

ご来店頂いた皆さま、ありがとうございます!
喋り過ぎて口がパサパサですが、心地の良い疲れとは、まさにこのことですね(笑)
尚、本日も2017年秋の新作及び、レトロシリーズ「RF-050番台」のサンプルもご覧頂けます。
原宿、表参道エリアにお越しの際は、TOKYO BASEにもお気軽に足をお運び下さい。

さて、そんな今日の店長ブログでは、2つのブローラインモデルに注目してみたいと思います。

「FA-098」「fa-2020」
DSC_3569
そもそも大文字シリーズと小文字シリーズ(New Basic)は別カテゴリ―であることは皆さんもご存知の通りですが、ビジネスシーンでも活用できるモデルとして、スタイルサンプルも交え、この2つのモデルの違いに迫ります。
先ずはこちらからご覧下さい!

「FA-098」¥35,000(税別) 2014年発表
DSC_3556
サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長130mm
DSC_3561
DSC_3571
大文字シリーズ、品番の末尾"8"はブローフレームというカテゴリーに属します。
しかし「FA-208」「FA-248」よりも最もビジネス向けともいうべきブローラインがこの「FA-098」ではないでしょうか。
コアユーザーの皆さんからすると、物足りないというご意見もあるかと思います。
しかし、その細部にいたる面造形、そしてフォルムは一般的なブローフレームのそれとは異なります。
「FA-098」の詳細及びカラーバリエーションはこちらからどうぞ。
DSC_3580
DSC_3566


続いてこちら

「fa-2020」¥37,000(税別) 2017年発表
DSC_3559
サイズ51mm 鼻幅18mm レンズカーブ3カーブ テンプル長130mm
DSC_3560
DSC_3576
小文字シリーズの新たなカテゴリ―"New Basic"
~より良いモノを、より多くの人へ~をテーマとしたfactory900のスタンダードコレクションです。
"New Basic"についてはこちらからどうぞ。
ブリッジにも極端な凹凸を作らず、比較的フラット気味なレンズカーブに対し、滑らかなカーブを描いたフロント面が「FA-098」の造形とは全く異なることがお分かり頂けます。
「fa-2020」の詳細及びカラーバリエーションはこちらからどうぞ。
DSC_3577
DSC_3568
下の写真のように2つのモデルを比較してみると、その違いは一目瞭然です。
FA-098 fa-2020
今回のスタイルサンプルを撮るうえで、少しでもイメージが沸きやすいように、久しぶりにネクタイとジャケットを着てみました(汗) 髪の色はご勘弁下さいw
「FA-098」
DSC_3609
「fa-2020」
DSC_3633
先ずはそのレンズサイズですが、「FA-098」の53mmに対し「fa-2020」は51mm。
鼻幅は「FA-098」の方が2mm狭いものの、「fa-2020」のフロントが緩やかにカーブしていることもあり、ワタクシの場合、「fa-2020」の方がタイトに感じます。
121D71001
一見オーソドックスに見える「FA-098」ですが、このように比較してみると、FACTORY900らしいディテールの作り込みが、ハッキリと見えてくると思います。
言い換えれば、もっとシンプルに、そしてメガネの主張を抑えるのであれば「fa-2020」という選択肢もアリかと思います。
ただし、そのサイズ感は注意が必要です。
「fa-2020」のスタイルサンプルはこちらからどうぞ。

スーツスタイルに合わせたFACTORY900をお探しの皆さん、今日ご紹介したブローフレームも是非ご検討下さい。

FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                               

メガネ・サングラス ブログランキングへ 


FACTORY900(ファクトリー900) 「FA-096」「 FA-206」を比較してみました

おはようございます、店長です。

先日、ある方とお話するなかで、広角レンズの面白さに気づいてしまった店長です。
あっ、カメラのレンズのお話ですw
聞けば聞くほど奥が深いカメラのレンズ・・・まさにレンズ沼・・・
まぁ、ブツ撮りでは使うことはないんですけど、店内を撮るには最適です。
とはいえ、広角レンズまで揃えたらホントにカメラマンにされてしますので辞めときますwww

そんな今日の店長ブログでは、ある共通点をもった2つのモデルを比較してみようと思います。

その2つのモデルとは?

品番の末尾"6"、アンダーテンプルのカテゴリー「FA-096」そして「FA-206」です。
すでに生産終了モデルとなっている2つのモデルですが、実はビジネスシーンでご活用頂いている皆さんも多いことを皆さんご存知でしたか?

先ずは「FA-096」からご覧下さい。
DSC_4572
「FA-096」¥33,000(税別) 2008年発表
DSC_4552
サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長125mm
DSC_4553
吊り上がったレンズシェイプは、スクエア型というよりフォックス型と呼びたくなるような独特な玉型です。
その智元に施された逆アール面から、流れるように繋がるテンプルまでの造形が1つの見所です。
シンプルなデザインに見えますが、細部をご覧頂くと細かいカット面が施されFACTORY900らしいキレを感じとれます。
DSC_4577
DSC_4573

続いて「FA-206」
DSC_4571
「FA-206」¥35,000(税別) 2009年発表 
DSC_4547
サイズ52mm 鼻幅17mm レンズカーブ5カーブ テンプル長125mm
DSC_4560
先ほどご覧頂いた「FA-096」とは対照的に、角を落とすことにより全体的に丸みを帯びた面造形が大きな特徴です。サイズは「FA-096」よりも一回り小さくなりますが、バネ丁番を採用することにより滑らかな掛け心地を体感できます。
DSC_4575
DSC_4574
では、2つのモデルをスタイルサンプルも合わせて比較してみましょう。
FA-206FA-0962
DSC_4597
DSC_4596
「FA-096」はそのエッジ感からシャープな印象を与え、スーツスタイルのは間違いない組み合わせです。
対して「FA-206」の角を落とした丸みのある面造形は、ゴツさを感じさせず、スマートでありながら柔らかさも兼ね備えています。
2つのモデルの特徴である下から突き上げるようなアンダーテンプルですが、このように比較してみるとその造形が全く違うことがお分かり頂けると思います。
FA-206FA-0961
114D7100
いかがでしたか?
残念ながらすでに生産終了が決まっている2つのモデル。
「FA-206」は全カラー在庫がございます。「FA-096」はすでに「col.193」red camouflage(赤迷彩)は完売、「col.534」green camouflage (グリーン迷彩)が最後の1本となっています。
是非この機会にご検討下さい!


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ