FACTORY900(ファクトリー900) FA-092とFA-204を比較してみました

おはようございます、店長です。



定休日明けの木曜日、今日の関東地方は猛暑日になりそうですね。

それにしても東京は独特の暑さがありますね・・・まだ正式に梅雨明けしていないというのにこの暑さ・・・

今日はハーパンで出勤しますw



さて、昨日の店長ブログではでは「FA-091」と「FA-201」をそれぞれ比較してみました。

その時代の歴史を作ってきた2つのモデル、特に生産終了は発表した「FA-091」に関しては感慨深いものがあります。

そして「FA-091」と同じく時代を作ってきたモデルといえば「FA-092」ではないでしょうか。この2つのモデルこそまさに双璧と呼べる2つのモデルだと思います。



今日はこの「FA-092」と同じく、時代を牽引してきたといっても過言ではない「F-204」を比較してみたいと思います。






「FA-092」 ¥35,640(税込) 2004年発表



DSC_9182


「FA-204」 ¥35,640(税込) 2007年発表



DSC_9185


「FA-091」と同じ2004年に発表された兄弟型。

10年以上前に発表されたモデルとはいえ、今もなお、ファンの皆さんを魅了してきた「FA-091」と並んで一時代を築き上げた代表作の1つです。その完成度の高さは、デザイナー青山がモデルチェンジを拒むほど、思い入れの深いモデルでもあります。

これに対し「FA-204」はFACTORY900のなかでベストセラーとも言うべき、ブランドをより成長させたモデルと言っても過言ではありません。

それぞれFACTORY900を代表する2つのモデルをフロント、サイドから比較してみます。



DSC_9196


サイズ56mm 鼻幅18mm レンズカーブカーブ6カーブ



DSC_9198


サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ



DSC_9202




DSC_9199


「FA-091」と「FA-201」の比較でもご紹介した通り、今日ご紹介している2つモデルもこの"丁番"が大きな違いの1つといえると思います。

しかし、この様に2つのモデルを同じ角度でご覧頂くと、そのボリュームも大きく異なることがお分かり頂けると思います。

また、「FA-092」も鼻パット部は決して高くはありません。

掛け心地に難があるという皆さん、是非"鼻盛り"も含めご相談下さい。



DSC_9216




DSC_9212


では、2つのモデルを掛け比べてみましょう。

「FA-092」



DSC_9239


「FA-204」



DSC_9240


スマートでありながらエッジがきいている「FA-092」

適度なボリュームと立体感を持ち合わせたこのフォルムがお顔の表情をキリッと引き締めます。

凛としたその表情は初対面の方にも好印象を与える1つの武器になるのではないでしょうか。

対して「FA-204」は絶妙なバランスを感じます。

フレームの立体感、ボリューム、エッジ、全てにおいてバランスがとれている「FA-204」

どなたが掛けても、掛けこなせるという安心感が魅力です。

しかし、一般的に決して普通ではないこのデザインは、今の時代だからこそ個性として受け入れられるハズです。

「FA-092」



DSC_9244


「FA-204」



DSC_9245




改めて感じる「FA-092」のカッコ良さ・・・

現時点でTOKYO BASEには全てのカラーがご用意出来ます。

生産終了が正式に決まった今、改めてその完成された造形美を店頭でご覧下さい。

そして「FA-204」をこれからも宜しくお願いします!

どうせなら、新色が出ればいいのに・・・







FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
/>Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

title="メガネ・サングラス ブログランキングへ" href="http://blog.with2.net/link.php?1767372:2448" target="_blank"> 

メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-091とFA-201を比較してみました

おはようございます、店長です。

昨日、一昨日と、多くのアクセスを頂き、ありがとうございます。
FACTORY900 Designer`s Blogにて、正式に発表された「価格改訂と生産終了モデルのお知らせ」
この店長ブログでは、TOKYO BASEの在庫状況も踏まえて、改めて生産終了モデルについてご案内していきたいと思いますので今後ともチェックしてみて下さい。

さて、今日の店長ブログでは、あるお客様からご要望頂いた、モデル別の掛け比べをしてみたいと思います。

ズバリ、「FA-091」と「FA-201」を比較してみましょう!
先ずは両モデルのスペックをご覧下さい。
DSC_9218
「FA-091」 ¥30,240(税込) 2004年発表
DSC_9172
「FA-201」 ¥35,640(税込) 2006年発表
DSC_9176

今回の生産終了モデルに含まれる「FA-091」
2004年に発表され、FACTORY900の名を世に広めたモデルの1つといっても過言ではないと思います。
これに対し2006年に発表された「FA-201」
2008年にバネ丁番の仕様を改良し、今やTOKYO BASEでも人気モデルベスト5にランクインする人気モデルです。2015年には「Sサイズ」を発表し、小顔の皆さんにも大変ご好評頂いております。

フロント、サイドの比較もご覧下さい。
DSC_9188
サイズ55mm 鼻幅18mm レンズカーブ6カーブ
DSC_9194
サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ


DSC_9208
DSC_9204
この2つのモデルの大きな違いといえば、”丁番”と呼ばれるフロントとテンプルを繋ぐ個所です。
現在のFACTORY900はほぼ、このオリジナルバネ丁番が採用されています。
また、パット部の高さ、下の写真のように2つのモデルを比べてみるとその違いはハッキリとお分かり頂けると思います。
DSC_9209
DSC_9211

ではこの2つのモデルを掛け比べてみましょう。

「FA-091」
DSC_9238
「FA-201」
DSC_9237
一見、よく似ているような2つのモデルですが、お顔にのせてみると、その違いはお分かり頂けると思います。
テンプルの太い「FA-091」は適度なボリュームで力強さを印象付けられます。
対して「FA-201」はその細身な流線形でスマートでスッキリとした表情を作り出します。
これにより、女性の皆さんにも合わせやすく、ユニセックスなモデルといえるのではないでしょうか。

「FA-091」
DSC_9228
「FA-201」
DSC_9227

どちらが、良い悪いではなく、それぞれに特徴をもった2つのモデル。
掛け心地はもちろん、是非店頭で掛け比べてみて下さい。
尚、「FA-091」に関しては現時点でTOKYO BASEには全カラー在庫がございます。
生産終了が決まった今、是非ご検討下さいませ。
尚、「FA-091」に関しては改めてそのカラーバリエーションも含めご紹介しますね!



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 
メガネ・サングラス ブログランキング