GTレーサー中山雄一選手使用モデル「FA-135」

おはようございます、店長です。

いよいよ来週は秋の展示会です。
この展示会開催に伴い、22日(月)から25日(木)までTOKYO BASEは臨時休業となります。
ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
先ずは業界関係者の皆さま、今年は例年にも増し盛りだくさんの内容となります!是非、ご期待下さい。


さて、日本テレビ 毎週土曜日23時から放送の「マツコ会議」にて、GTレーサーの中山雄一選手が出演されました。
IMG_1275
この日のお題は「レースクイーンの仕事を分析」ということで、収録当日レース会場である”ツインリンクもてぎ”から中継され、インタビューに登場した中山選手の頭にはサングラスが!
IMG_1276

そうです2018年春の新作「FA-135」です!

中山選手は、以前から「FA-133」をご使用いただいておりますが、今年から新作「FA-135」をご活用いただいております。
と、いうことで、今日は中山選手が愛用の「FA-135」をご紹介させていただきます。

「FA-135」col.850 ¥35,000(税別) 2018年発表
DSC_9241
サイズ63mm 鼻幅14mm レンズカーブ8カーブ テンプル長120mm
DSC_8545
「FA-130番台」といえば、FACTORY900のサングラスコレクションとして不定期的に発表されていますが、こちらの「FA-135」は7年ぶりの新作となります。
どのモデルも8カーブ設計を採用し、お顔を包みこむようなフォルムが特徴です。
DSC_8550
「FA-135」に関しては、サングラスの王道ともいうべきティアドロップ型。
ここで、ちょっとした裏話を。
皆さんご存知のようにFACTORY900の全てのモデルは手書きのラフスケッチから生まれますが、青山いわくティアドロップを書くのは正直苦手とのこと。昨年コラボモデルとして限定発売となった声優 福山潤さんとの打ち合わせ時にも、青山がボソっと呟いたことを思い出しました。

過去「FA-133」「FA-134」というティアドロップ系のサングラスを発表し、今も現行モデルとして販売を行っていますが、「FA-135」との違いはテンプルの太さにも見てとれます。
DSC_8552
DSC_8547
細身のテンプルとオリジナルのバネ丁番が柔らかい掛け心地を生み出し、見た目以上のフィット感を味わっていただけるハズです。サングラスといえども掛け心地は大事ですね(汗)
DSC_8541

カラーバリエーションは全4色
DSC_9255
「col.001」black (黒)
DSC_9248
「col.132」dark brown pattern (濃茶柄)
DSC_9253
「col.133」light brown pattern (明茶柄)
DSC_9244

「col.850」clear (クリア)
中山選手が愛用されている「col.850」クリアは、クラッシカルなティアドロップ型にサイバー感をプラスしたFACTORY900ならではのサングラスといえます。
中山選手も大変気に入っていただけているようで、スタイリングに携わったワタクシも非常に嬉しいです。
中山さん、いつもありがとうございます!
「FA-135」のスタイルサンプルはこちらからどうぞ。

FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
10月21日(日)12:00~18:00まで
10月22日(月)~25日(木)まで臨時休業
     


FACTORY900(ファクトリー900) 新作「FA-135」スタイルサンプル

おはようございます、店長です。

昨日もこの暑さのなか、たくさんの皆さんにご来店いただき、誠にありがとうございます。
地域によっては今日から夏休みという学生さんも多いと聞きます。
まだ少し先の話になりますが、お盆休みなど長期休暇を利用して都内にお越しの皆さん、TOKYO BASEにも是非、遊びにいらして下さい。

さて、夏らしい強い日差しが降り注ぐ今日この頃、今日は新作のサングラス「FA-135」のスタイルサンプルをご覧いただきます。
おそらく誰しも1度は目にしたことのある定番のティアドロップ型ですが、なかなか手が出しにくいという声があるのも事実・・・サイズ感も踏まえ、各カラーごとにその印象をご覧下さい。
「FA-135」の詳細はこちらからどうぞ。

「col.001」(黒)
DSC_9255
DSC_4499
やはりサングラスの王道といえば「col.001」Blackを外すことはできません。
ただし「FA-135」の特徴である細身の造形により、「FA-133」をはじめとする他のティアドロップ型に比べ、Black特有の見た目の重さが軽減されスマートな印象に。また他のカラーに比べスッキリと見えるのは、「col.001」ならではの見え方といえるかと思います。
DSC_4505

「col.132」(濃茶柄)
DSC_9248
DSC_4487
今年の春から採用された新色「col.132」すでに発売開始となった「RF-053」でも使用されています。
茶系の柄生地といえば、昨年秋から採用された「col.131」がここ最近の人気カラーといえますが、その茶チェック柄に比べ、対照的ともいえる深みのある色合いはシックな印象に。実際掛けてみると、その使い勝手の良さがお分かりいただけるハズです。
DSC_4509

「col.133」(明茶柄)
DSC_9253
DSC_4465
先ほどの「col.132」と同様に「RF-053」でも使用されている新色「col.133」
例えるならば、同じティアドロップ系型のサングラス「FA-133」でいうところの「col.143」(ハバナ)のように、鮮やかな色合いが特徴です。実際に掛けてみてもその色合いを十分に楽しめる明茶柄は、海外でも評価が高くどこか高級感を漂わせます。
DSC_4473

「col.850」(クリア)
DSC_9244
DSC_4476
まさにこの夏おススメしたい、涼しげなサングラスです。
ティアドロップ型ならではのクラシカルな雰囲気に、FACTORY900ならではの未来感をミックスさせたようなサイバーな仕上がりに。
この店長ブログにも度々登場してくれているGTレーサーの中山雄一選手もこの「FA-135」col.850を使用しています。
DSC_4483

過去のブログでも触れたように「FA-133」「FA-134」に関しては、すでに一部のカラーが廃色となっています。
大人のサングラスともいうべきティアドロップ型の新作「FA-135」、猛暑を乗り切るアイテムとして是非ご検討下さい。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 2018年春の新作「FA-135」発売開始

おはようございます、店長です。

この暑さの影響もあり、キャットストリートの人通りも少なく感じる今日この頃・・・TOKYO BASEも日差しの強い日中よりも夕方から夜にかけてのご来店が集中しています。
店舗は20時まで営業しておりますので、メンテナンスも含めお仕事帰りにも是非お立ち寄り下さい。


さて、ここ最近夏季限定イベント「900 DROP」の話題が中心となっておりましたが、ここで2018年春の新作が入荷しました!
春の新作といえば、レトロシリーズやfactory900(小文字シリーズ)の新作がメインとなっておりますが今回入荷したのはFACTORY900(大文字シリーズ)のサングラス「FA-135」です!
「FA-130番台」といえばサングラスカテゴリ―として生産終了モデルとなった「FA-130」「FA-131」、そして2011年に発表された「FA-133」「FA-134」を最後に、実に7年振りとなるサングラスモデルの新作となります!
では、早速こちらからご覧下さい。

「FA-135」¥35,000(税別) 2018年発表
DSC_9241
サイズ63mm 鼻幅14mm レンズカーブ8カーブ テンプル長120mm

近年のサングラスは、フラット系のレンズを使用したモデルにシフトしつつある、という声も耳にしますが、そんな時代だからこそレンズカーブ8カーブの王道というべきティアドロップ型のサングラスに着手しました。
ティアドロップ型ならではのクラシカルな印象のなかにも、どこか未来感が漂うFACTORY900らしいサングラスといえると思います。
DSC_9238
緩やかにカーブを描いたフロントは、お顔を包み込むように優しくフィットし、斜めからの光もしっかりと遮断してくれます。「FA-133」に比べ細身なフォルムは軽量化に繋がり、ティアドロップ型ならではの視野の広さも加わり、サングラスとしての機能面も満足度の高いモデルに仕上がりました。
スタイルサンプル
スタイルサンプルは、また後日ご紹介いたします。

カラーバリエーションは全4色

「col.001」 black (黒)
DSC_9144
DSC_9255
「col.132」dark brown pattern (濃茶柄)
DSC_9147
DSC_9248
「col.133」light brown pattern (明茶柄)
DSC_9150
DSC_9253
「col.850」clear (クリア)
DSC_9153
DSC_9244
例年に比べ日差しも強く、今まさにサングラスは必需品といえます。
今日ご紹介した新作「FA-135」も含め、今年の夏は是非サングラスをご検討下さい!

FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp          
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE

営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                  
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) サングラスコレクション「FA-133」「FA-134」

おはようございます、店長です。

日中の気温は20°を超え、春らしい気持ちの良い日が続きますが、花粉症の皆さんにとっては・・・人によっては、昨年よりも酷いという声も耳にします(汗)
「過去に花粉対策にも期待できる?」と題して、関連性のあるモデルをご紹介していますので、こちらも参考にしてみて下さい。
関連記事その➀はこちらからどうぞ。
関連記事その➁はこちらからどうぞ。
関連記事その➂はこちらからどうぞ。

さて、先日、大文字シリーズのサングラスコレクション「FA-130」「FA-131」をご紹介しましたが、早速お問い合わせが相次ぎ、やはりこれからの季節に向けて、サングラスをご検討されている皆さんが多いことを実感します。
そこで今日の店長ブログは、こちらのサングラスをご紹介します!

「FA-133」と「FA-134」です!
DSC_9512
2011年の春に発表された2つのモデルは、今も現行モデルとして展開しています。
ただし、すでに廃色になっているカラーが多数・・・今日は、その中からすでに廃色が決定している「col.843」 (ミルクホワイト)にスポットを当ててみたいと思います。
では、早速こちらからご覧下さい。

「FA-133」¥35,000(税別) 2011年発表
DSC_9516
サイズ62mm 鼻幅14mm レンズカーブ8カーブ テンプル長125mm
DSC_9506
DSC_9511n
「FA-134」¥35,000(税別) 2011年発表
DSC_9519
サイズ63mm 鼻幅13mm レンズカーブ8カーブ テンプル長125mm
DSC_9509
DSC_9510n
この2つのサングラスを一言で表現するならばティアドロップ型
レンズカーブも8カーブと、いわばサングラスの王道として、ある意味なくてはならない存在かと思います。
しかし、FACTORY900が生み出すティアドロップ型は、8カーブのレンズカーブに6カーブのフロントカーブを組み合わせた二重カーブ設計になっています。
一般的に掛けこなすのが難しいといわれるティアドロップ型が、このモデルに関しては実際掛けてみると妙にシックリくるその理由こそ、二重カーブ設計を含めたFACTORY900ならではの立体的なフォルムだからといえます。

兄弟型とよばれる玉型違いである2つのモデルは、王道なティアドロップの「FA-133」、そして直線的なトップリムが象徴的な「FA-134」
では、実際に掛け比べてみましょう。
「FA-133」
DSC_9497
DSC_9503

「FA-134」
DSC_9498
DSC_9504
今回は、これからの季節を意識し、「col.843」ミルクホワイトをチョイスしましたが、そのインパクトの強さから、サングラスだけが浮いて見えてしまうことを防ぐため、白のインナーにシルバーのアウターを身に纏い、全体的にバランスが保てるよう意識しました。

先日、花粉症を患っているお客様からお聞きしましたが、サングラスを掛けるだけでも症状は全く違うとのこと・・・日差し除けはもちろんのこと、ホコリ除けとしても効果が期待できるサングラス、是非一度お試し下さい。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp                            
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE        
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                    
       
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) 生産終了モデル サングラスコレクション「FA-130」「FA-131」

おはようございます、店長です。

昨日にも増して寒くなるらしい水曜日、所によっては雪がチラつくかもと聞いたのですが本当でしょうか?
そんな水曜日ですが、本日は祝日のため、TOKYO BASEは通常通り営業いたします。
都内にお越しの際は、是非遊びにいらして下さい。

さて、今週はぐずついたお天気が続きますが、これからの季節に向けて、今日はサングラスのご紹介です。
先日、「店長 今年のサングラスは?」と題して、今、ワタクシが最も欲しいサングラスをレトロシリーズの中からご紹介しましたが、今回は大文字シリーズの中から王道と呼べるサングラスをご紹介します。

「FA-130」そして「FA-131」
DSC_9313
この2つのモデルをご紹介するのは、ホントに久しぶり・・・と、いうのもすでに生産終了モデルとなり、残された在庫はあとわずかとなっています。
おそらくご紹介するのもこれが最後になるかと思いますが、先ずはこちらからご覧下さい。

「FA-130」¥33,000(税別) 2004年発表
DSC_9312
サイズ64mm 鼻幅18mm レンズカーブ8カーブ テンプル長126mm
DSC_9304
DSC_9315
「FA-131」¥33,000(税別) 2004年発表
DSC_9309
サイズ65mm 鼻幅19mm レンズカーブ8カーブ テンプル長126mm
DSC_9308
DSC_9316

お顔を包み込むように緩やかにカーブを描いたフロントは、斜めからの光もしっかりと遮断してくれます。
スポーツサングラスともまた異なるそのフォルムは、FACTORY900ならではの面造形によりカタチづくられ、今から10年以上前のモデルとはいえ、今見てもなんら遜色のない仕上がりです。
今やメガネだけでなく、サングラスもクラシックスタイルが支流ともいえるなかでも、こういったスタイルのサングラスはありそうでないのが現状です。しかし、時代を超えて愛されるサングラスはある意味、本物と呼べるのではないでしょうか。

では、スタイルサンプルをご覧下さい。

「FA-130」
DSC_9273
DSC_9287
「FA-131」
DSC_9257
DSC_9295
玉型違いの2つのモデル、その違いがお分かり頂けたでしょうか?(汗)
スクエア型の「FA-130」に対し、若干つり目の「FA-131」
FACTORY900の名作と呼ばれる「FA-160」「FA-161」にも同じことがいえますが、サングラスといえどもフロントのラインが変わるだけで、顔馴染みの良さも変わってきます。
FA-130FA1311
写真を見る限り、お客様の口からよく聞く、「映画マトリックスみたい」というのも、どこか頷けますね(笑)
ワタクシの場合、「FA-131」の方が、眉のラインにトップリムがキレイに交わり、よりお顔との一体感を感じます。
しかし、スクエア型特有のきりっとした印象は「FA-130」といったところでしょうか。

尚、今日ご紹介した2つのサングラスは生産終了モデルということもあり、店内に陳列はされておりません。
お試し希望の場合は気軽にお声がけ下さい。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp                            
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE        
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                    
       
メガネ・サングラス ブログランキングへ