FACTORY900(ファクトリー900) 「磨きの長が語った、磨くの大変なランキング 2017」

おはようございます、店長です。

3連休も最終日、皆さんいかがお過ごしですか?
福井本社も今後の激務に備えて連休を頂いております。
しかしサービス業の皆さんは、この暑さのなか忙しい日々を過ごしているのではないでしょうか。
体調に気を付けながら今日もがむばりましょう!

さて、この店長ブログを初期のころからご覧頂いている皆さんはご存知かと思いますが、今から約2年前、あるランキングを発表しました。
題して「磨きの長が語った磨くの大変なランキング」
過去にも度々触れてきましたが、FACTORY900は全て、青山眼鏡熟練の職人の手作業によって、仕上げ磨きを行います。この仕上げ磨きの精度によって、最終的な仕上がりが左右される訳です。

そんな仕上げ磨きを行っている磨きの長(おさ)に聞いてみました。

「FACTORY900のなかで磨くのが大変なモデルは、ぶっちゃけどれですか?」
2年目に比べ、モデル数も格段に増え、前回のランキングとは変わっていてもそう不思議はありません。
ちなみに前回のランキングの結果は以下の通りです。
第1位「FA-085」
第2位「FA-163」
第3位「FA-160」

「大変なモデル・・・うーーーん、うーーーん」

いや、どのモデルも大変なのは分ってますよ(汗)

そして、ついにその答えが出ました!

と、いう訳で今日の店長ブログは「磨きの長が語った磨くの大変なランキング 2017」です。

では、早速第3位からご紹介します!

「第3位」
DSC_8715
「FA-087」¥70,000(税別) 2015年発表
DSC_8705
サイズ38mm 鼻幅23mm レンズカーブ5カーブ テンプル長135mm
DSC_8706
やはりこのモデルがきました!
2015年シルモドール審査員特別賞受賞モデル
「The Six Eyes」
デザイナー青山が最も大切にしている「FA-080番台」MASKシリーズです。
「FA-087」の詳細はこちらからどうぞ。
「FA-087」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。
DSC_8712
IMG_7398
1枚のアセテートから作り出す6つのレンズ面。
最終磨きはもちろんバフモーターを用いて磨き上げる訳ですが、その複雑な面をむらなく磨き上げるには、卓越された技術を要します。
1つのプロダクトとして世界で認められた「FA-087」の背景には、熟練の職人技があってこそです。
DSC_8711


「第2位」
DSC_8722
「RF-011」¥50,000(税別) 2016年発表
RF-0112
サイズ51mm 鼻幅21mm レンズカーブ4カーブ テンプル長150mm

今で誰も見たことのないような、複式と呼ばれるアセテート同士の跳ね上げ式サングラス。
メガネ業界のみならず、ファッション業界の皆さんからもご好評を頂き、モノ系雑誌、ファッション誌にもご紹介を頂きました。
その精度の高さから、まるで1本のメガネを刃物でスライスしたかのような仕上がりに、驚かれた皆さんも多いのではないでしょうか。
「RF-011」の関連記事はこちらからどうぞ。
DSC_8723
基本、仕上げ磨きの工程では、1本磨きといってテンプルが付いた状態で全体を磨きます。
IMG_8347
しかしこの「RF-011」に関しては、跳ね上げ部がバフモーターに接触してしまう為、跳ね上げ部を1度外して、本体、跳ね上げ部をそれぞれ磨き、もう1度組み上げるという通常のモデルに比べ、時間と手間の掛かるモデルという訳です。
DSC_8717
長いわく、1本のメガネですが、2本分のメガネを磨いている感覚になるそうです。
もちろん最終的に跳ね上げ部と本体の噛み合わせにズレが生じないように、通常のモデル以上に気を配らなく手はなりません。ある意味、どの工程でも手間のかかるモデルといえます。
DSC_8719


なんだか久しぶりにマニアックなブログを書いてしまいましたw
まぁ、たまにはいいですよね?(笑)
では、第1位の発表はまた明日です!


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ