FACTORY900(ファクトリー900) 大文字シリーズの軽量モデル「FA-203」

おはようございます、店長です。

天気予報通り、久しぶりにまとまった雨となった都内、昨日はちょっと仕事がたまっていたこともあり結局TOKYO BASEまで来ちゃいましたwww
ずっと気になっていた案件も片付き、少しだけスッキリ(汗)
まだまだやるべきことは盛り沢山ですが、1つ1つ片付けなくっちゃです(汗)

さて、ここ最近の店長ブログでは、暑さの厳しいこの季節に合わせて比較的軽量で使い勝手の良いモデルをご紹介してきました。
特に小文字シリーズに関しては、factory900ならではの構造が軽量化に繋がり、まさにこの季節にうってつけのメガネとご紹介したところです。
しかし、そうい意味では小文字シリーズだけでなく、大文字シリーズのなかにも是非おススメしたいモデルが存在します。
「FA-203」
DSC_9179
過去のブログでも度々ご紹介をしてきましたが、すでに生産終了モデルとなり、店頭には陳列されていませんが、まだ若干在庫の用意がございます。
FACTORY900らしい造形美と使い勝手を兼ね備えた「FA-203」今日はじっくりご覧下さい!

「FA-203」¥35,000(税別) 2006年発表
DSC_9169
サイズ53mm 鼻幅17mm レンズカーブ5カーブ テンプル長130mm
DSC_9170
DSC_9171
2005年に発表された名作「FA-093」を彷彿とさせる「FA-203」
細身でありながら立体的な造形は、まさに900と呼ぶにふさわしい鋭いフォルムに仕上がっています。
立体的なフロントからは、必然的に奥行きが生まれ、お顔に合わせてみると表情にメリハリを出します。つまりこれが「FA-203」を掛けると若々しく見える理由の1つといえます。
また、細身といいながらも、先日ご紹介した「FA-290番台」とも異なるエッジの効いたフロントは、スーツスタイルにも順応しやすく、ベーシックモデルの「FA-280番台」よりも勢いを感じさせてくれます。
DSC_9174
DSC_9176
DSC_9177
そして「FA-203」の特徴である掛け心地、しなやかはバネ丁番は柔らかいフィット感を生み出し、「FA-093」よりも高めに設定されたパット部は掛けた時の安定感に結びつきます。
ただでさえ汗がしたたり落ちるこの季節、「FA-203」の掛け心地は非常に魅力的なものになるのではないでしょいうか。
DSC_9178
DSC_9180
カラーバリエーションは全6色
DSC_9148
「col.001」black (黒)
DSC_9150
「col.056」navy blue (ネイビーブルー)
DSC_9154
「col.185」brown sasa (茶ササ)
DSC_9159
「col.191」brown (ブラウン)
DSC_9161
「col.428」dark gray (ダークグレー)
DSC_9165
「col.855」white marble (白マーブル)

確かに今のトレンドとはいえない流線形のデザインですが、クラシックブームの今だからこそ、エッジのきいたメガネをお探しの皆さんもいらっやるのではないでしょうか。
発表から10年という歳月を経て、今も決して色あせない「FA-203」
在庫が無くなり次第、終了となりますが、是非この機会にご検討下さい。


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp    
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           
   
メガネ・サングラス ブログランキングへ