FACTORY900(ファクトリー900) 2017年春の新作「FA-145」発売開始

おはようございます、店長です。



気づけば7月も中旬、そろそろ関東地方も梅雨明けでしょうか?

そして世間は今日から3連休!絶好の行楽日和となりそうですね。

都内にお越しの際は、是非TOKYO BASEにもお立ち寄り下さい。



さて、今日の店長ブログは新作入荷のお知らせです!

「FA-145」



DSC_8576


春の新作といえば、「factory900」「FACTORY900 RETRO」ですが、この2017年春の新作には、大文字シリーズから新作が発表されました!



ちなみに皆さん、2017年レトロシリーズのテーマを覚えていますか?

- To The Next Stage. -

この春、レトロシリーズでは、メタルパーツとのコンビネーションフレームを発表し、ブランドとして次なる大きな一歩を踏み出しました。

ファンの皆さまは薄々お気付きのように、FACTORY900がメタルパーツに着手したという1つの出来事は、これから先、重要な意味を持ちます。

そのレトロシリーズのコンビネーションフレームと合わせて、密かに動いていた1つのモデル。

それが今日ご紹介する「FA-145」になります。



では、早速こちらからご覧下さい。



「FA-145」¥50,000(税別) 2017年発表



DSC_8559




DSC_8568


サイズ46mm 鼻幅25mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm



DSC_8571




DSC_8564


皆さんは一目でお分かりになったかと思いますが、「FA-145」のベースになっているのは2014年に発表された「FA-144」です。

「FA-144」に関してはこちらからどうぞ。

残念ながら昨年生産終了モデルとなりましたが、マットミラーレンズを標準装備し、スチームパンクをイメージさせるゴーグル風のサングラスは発売当時、業界の皆さんをも驚かせました。

その「FA-144」がこのたび、メタルパーツを組み合わせた「FA-145」というカタチで新たに生まれ変わりました。



DSC_8577




DSC_8572




DSC_8574




DSC_8562


しかし、ブリッジがメタルパーツに変わるだけで、これがまた全く異なる印象に。

実際「FA-144」と正面からの見え方を比較してみましょう。





FA-145


「FA-144」の鼻幅19mmからメタルパーツを使用することで、鼻幅は22mmと広くなりました。

またブリッジの高さも「FA-144」に比べ、若干高い位置にあることがお分かり頂けます。

では実際掛け比べてみると、どんな印象の違いがでるのでしょうか。



「FA-145」



DSC_8601


「FA-144」



DSC_8600


鼻幅が広がったことで、見た目以上にスッキリとした雰囲気に。

また、サイバー感の強い「FA-144」が、より合わせやすくなった印象をうけます。

またレンズカラーは通常のグレーを使用し、度付対応もしやすくなりました。



DSC_8610




DSC_8613




尚、カラーバリエーションは「col.001」Blackの1色のみ。ただしご要望に応じてマット加工も承ります。



レトロシリーズでは初めてとなるメタルパーツを使用したコンビネーションフレーム。そして今回発売を開始した「FA-145」

この「FA-145」の発表は、今後大文字シリーズでもメタルパーツを使用したモデルの誕生を予感させる、ブランドとして次のステージに上がる為の第一歩となります。
先ずは「FA-145」是非店頭でお試し下さい!




DSC_8561




FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
   



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           


 
 





メガネ・サングラス ブログランキングへ