FACTORY900(ファクトリー900) 今や定番、ウェリントン型の掛け比べ

おはようございます、店長です。



3連休の2日目、今日はお知らせからです!

福井県鯖江市 産業環境部 商工政策課の皆さんが、運営されている情報サイト「鯖江メガネファクトリー」

実は以前に取材をお受けしていましたが、このたびサイト内"メガネを買いに"にて直営店TOKYO BASEをご紹介頂きました!

商工政策課の皆さんもこの店長ブログを頻繁にチェックして頂いているとのこと(汗)ホントにいつもありがとうございます。是非この機会にチェックしてみて下さい。





さて、本日の店長ブログは、あるお客様からリクエストのあったレトロシリーズの比較、そして掛け比べです。

そのお客様は、以前までは大文字シリーズを多数愛用されていましが、お仕事の内容も踏まえ、人生では初めてとなるクラシックスタイル、つまりレトロシリーズに挑戦されました。

今や全24モデルとなったレトロシリーズですが、1つ1つのモデルに異なる特徴が存在します。

今日はそんなレトロシリーズから「RF-005」「RF-023」、そしてワタクシの独断で「fa-1121」を加えた3つのモデルを比較してみたいと思います。



では、早速こちらからご覧下さい!



「RF-005」¥35,000(税別) 2015年発表



DSC_8624


サイズ42mm 鼻幅22mm レンズカーブ4カーブ テンプル長150mm



DSC_8632


過去のブログでもレトロシリーズの名作としてご紹介した「RF-005」

王道ともいうべきウェリントン型は、今までクラシックスタイルのメガネを掛けたことのない皆さんにとって、非常に入りやすいモデルといえます。

FACTORY900らしい重厚な作りと、手作業によって磨き上げたれた面造形が1番の見所です。

「RF-005」についてはこちらからどうぞ。



DSC_8642




DSC_8694


今のトレンドを考えるとサイズ的には若干小ぶりに見えますが、逆に言い換えると、いつの時代にも左右されないスタンダードなスタイルといえるのではないでしょうか。

見所はやはり肉厚でボリューミーなそのフォルム。フロントに施されたカット面は高級感を感じさせてくれます。



DSC_8673






DSC_8641




「RF-023」¥35,000(税別) 2017年発表



DSC_8626


サイズ47mm 鼻幅20mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm



DSC_8635


2017年の新作として5月に発売を開始した「RF-023」

大きなくくりでいえば、こちらの「RF-023」もウェリントン型と呼んでも間違いではありません。

しかし、先にご紹介した「RF-005」とその造形は全くベツモノです。

肉厚のアセテートを逆R面で削ぎ落とした「RF-020番台」独自のカット面は今までのレトロシリーズにはない、ライトな印象を作り出します。

「RF-023」についてはこちらからどうぞ。



DSC_8653




DSC_8685


「RF-005」との違いは、ブリッチの位置からトップリムにかけてのラインです。

ブリッジから釣り目気味に上がるトップリムは、眉のラインを強調させます。しかし、独自の逆R面で肉厚を薄く見せている「RF-023」は、本来感じる"クセ"を軽減し、むしろお顔立ちをスッキリと見せる効果があります。



DSC_8669




DSC_8647








「fa-1121」¥33,000(税別) 2013年発表



DSC_8627


サイズ48mm 鼻幅20mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm



DSC_8637


factory900の技術力が垣間見れる小文字シリーズの定番モデル「fa-1121」

正面から切削を施し、縁取りを残すことにより、まるでマンガの中から飛び出してきたようなポップな印象を作り出します。

そんな「fa-1120番台」のなかでも1番人気なのがこちらの「fa-1121」

その理由の1つが玉型です。

特に「col.001」は一見普通の黒縁メガネのように見えますが、チラリと見えるフロントの切削面がほど良いアクセントになり、遊び心を演出してくれます。

「fa-1121」の関連記事はこちらからどうぞ。



DSC_8638




DSC_8691


今日ご紹介した3つのモデルのなかでは1番大きなサイズ、そしてスクエア気味のウェリントン型ということもあり、本来ゴツイ印象になってもおかしくないところですが、そう感じさせないのは角度によって見え隠れする縁取りの効果によるものです。

以上を踏まえると、「col.001」に限っていえば、レトロシリーズの比較対象として十分成り立つのではないでしょうか。



DSC_8658






DSC_8640




今日はレトロシリーズ、小文字シリーズの中からウェリントン型という共通点のもと、3つのモデルをピックアップして比較をしてみました。その違いがお分かり頂けたでしょうか?

特にレトロシリーズに関しては、2017年春の新作も含め、今や数多くのバリエーションが存在します。

FACTORY900が提案する新しいクラシックスタイル、数多くのバリエーションの中からベストな1本を見つけて下さい!







FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
   



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE   


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休           


 
 





メガネ・サングラス ブログランキングへ