FACTORY900(ファクトリー900) 生産終了モデル FA-093 FA-203

おはようございます、店長です。



昨日はお休み頂き、ありがとうございます。

久しぶりに髪をバッサリと・・・本格的な夏に向けてスッキリしました。

過去にも実は髪型をコロコロと変えているワタクシですが、髪型を変えると似合うメガネも変わります。

今日からどのモデルを掛けようかな~(悩)



さて、昨日の店長ブログでは名作「FA-093」と"足付きブロー"の「FA-203」を比較してみました。

こちらも合わせてご覧下さい。

それぞれFACTORY900の歴史を支えてきた代表的なモデルではありますが、今回の生産終了モデルの対象になっています。

特に古くからのFACTORY900ファンの皆さんにとっては「FA-093」の生産終了のニュースは大きな驚きになったのではないでしょうか。



DSC_9452


問題は、そのカラーバリエーション。

お客様によっては同じモデルでカラーを揃えている皆さんもいらっしゃるかと思います。

今日は直営店TOKYO BASEの現在の在庫状況をご紹介しますので、ご参考にしてみて下さい。





DSC_9455




イメージ 228






現在ご用意出来るカラーは5色



DSC_9399


「col.001」black (黒)



イメージ 221


「col.425」gray (グレー)



イメージ 222


「col.529」green sasa (緑ササ)



イメージ 224


「col.853」white (白)
本来裏カラーのマットカラーも現在在庫がございます。



イメージ 223


「col.001M」matteblack (マット黒)

福井本社の在庫状況も含め、「col.001」「col.853」はこれが最後の1本となっています。
「col.169」beer brown (ビール茶)に関しては、現在在庫はありませんが、ご興味をお持ちの方はお問い合わせ下さい。



続いて「FA-203」です。



DSC_9454




現在ご用意出来るカラーは6色



DSC_9419


「col.001」black (黒)



DSC_9422


「col.056」navy blue (ネイビーブルー)



DSC_9426


「col185」brown sasa (茶ササ)



DSC_9429


「col191」brown (ブラウン)



DSC_9434


「col.428」dark gray (ダークグレー)



イメージ 225


「col.855」white marble (白マーブル)


個人的にいつか欲しいと思っていた「col.855」もこちらが最後の1本となります。
「col.855」について詳しくはこちらからどうぞ。

その他のカラーも福井本社には残り5本を切りました。


今後も他の生産終了モデルについては順次店長ブログにてご紹介していきますが、その在庫状況は日を追うごとに少なくなっています。

在庫確認もお気軽に問い合わせ下さい。







FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
/>Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

title="メガネ・サングラス ブログランキングへ" href="http://blog.with2.net/link.php?1767372:2448" target="_blank"> 

メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-093とFA-203を比較してみました

おはようございます、店長です。



"継続は力なり"

と、いうことで、この店長ブログと同じように、ここ最近欠かさずストレッチを行っているのですが、

突然左手が上がらなくなりました。



これが四十肩というやつでしょうか・・・



どんなに若作りをしても体は正直ですw



あっ!メガネ屋さんとしての業務には全く支障はありませんので、ご安心を(笑)





さて、そんな今日の店長ブログはこちらです!



それぞれのモデルを比較してみようのコーナー。



「FA-093」「FA-203」です。



こちらも過去に触れましたが、品番の末尾「3」

足付きのブローラインです。



イメージ 220


では2つのモデルを色々な角度から比較してみましょう。



「FA-093」¥30,240(税込) 2005年発表



イメージ 217


「FA-203」¥35,640(税込) 2006年発表



イメージ 218




DSC_9439


サイズ56mm 鼻幅15mm レンズカーブ5カーブ



DSC_9441


サイズ53mm 鼻幅17mm レンズカーブ5カーブ



DSC_9450


テンプル長130mm



DSC_9448


テンプル長130mm



DSC_9399


ワタクシにとって、はじめてのFACTORY900がこちらの「FA-093」

個人的にも思入れの深いモデルです。そして「FA-091」「FA-092」と並んで名作といわれるFACTORY900の代表作。

実際、今もこの「FA-093」をご使用頂いている著名人の方もいらっしゃいます。

TOKYO BASEがオープンして1年、数多くのFACTORY900ユーザーの皆さんがご来店されていますが、未だに「FA-093」を使い続けているという皆さんが非常に多いことが印象的です。

この「FA-093」をさらにスマートに、そしてバネ丁番を採用した「FA-203」

そのスタイリッシュなフォルムはスーツスタイルにビシッと合わせたくなるような、洗練されたデザインではないでしょうか。



DSC_9419




イメージ 226




イメージ 227


ではこの2つのモデルを掛け比べてみましょう!

「FA-093」



DSC_9466


「FA-203」



DSC_9467


一見、同じように見える2つのモデルですが、サイドからの見え方はより立体感の強い「FA-203」の方が躍動感を感じます。

また「FA-093」に比べてテンプルが細くなっているのがお分かり頂けると思います。

緩やかに上昇するカーブでつくられたその細身のフォルムは、重厚感を抑えたライトな印象に。



FACTORY900の1つの特徴である"重厚感"をより感じるのは「FA-093」、それに対してお顔に沿うような"立体感"をより感じるのは「FA-203」といったところでしょうか。



「FA-093」



DSC_9465


「FA-203」



DSC_9464






いかがでしたか?

同じ足付きのブローフレームでもそれぞれに特徴を感じますね。



しかし、この2つのモデルは残念ながら、ここで生産終了となります。

1つの時代を牽引してきた2つのモデル、カラーによってはまだ在庫がございます。

明日の店長ブログでは在庫状況も含め、カラーバリエーションをご紹介します。

どのカラーも残りわずか・・・お探しの皆さんはお早めに!





FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
/>Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

title="メガネ・サングラス ブログランキングへ" href="http://blog.with2.net/link.php?1767372:2448" target="_blank"> 

メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) サングラスモデルFA-130 FA-131 生産終了のお知らせ

おはようございます、店長です。



本格的な梅雨明けも間近、いよいよ本格的な夏が近づいて来ましたね。

昨年の夏はかき氷イベントを行いました。

いや~懐かしい!

今振り返ってみると、よくやりましたねw

残念ながら今年はかき氷は出来ませんが、その分9月にイベントを考えておりますのでお楽しみに!



さて、先日一部のモデル生産終了のご案内をさせて頂きましたが、そのアイテムの中にはサングラスモデルも含まれます。







「FA-130」「FA-131」



今日改めてご紹介するこちらも残念ながらここで生産終了となります。

2004年に発表され、FACTORY900らしい、立体感のある造形が魅力のサングラスコレクションです。

今から10年以上前にデザインされたサングラスですが、トレンドに左右されないモデルとして、今もなお、ご愛用頂いている皆さんもいらっしゃるかと思います。

この生産終了に合わせ、改めてそのフォルムと、現在のカラーバリエーションをご覧下さい。



イメージ 216 


「FA-130」 ¥30,240(税込) 2004年発表





DSC_5767 


サイズ64mm 鼻幅18mm レンズカーブ8カーブ



DSC_9388 


2004年に発表したこちらのモデルは同年に発表した「FA-091」「FA-092」と同様、バネ丁番ではありません。

また、お客様によっては、リムと呼ばれるフチが頬に触れてしまうという方もいらっしゃいます。

しかし、お顔に沿うようにしっかりフィットするのも8カーブ設定の魅力の1つ。

掛け心地に関しては、是非ご相談下さい。



イメージ 215



 


世の中にはFACTORY900以外にも8カーブ設計のサングラスは、安価なモノを含め、数多く存在します。

しかし、これだけの肉厚に細かなカット面を施した完成度の高いサングラスは他にあるでしょうか?

シンプルなデザインではありますが、FACTORY900らしさが凝縮されたサングラス、今回の生産終了はワタクシも残念です。



DSC_5769 


カラーバリエーションはこちらの2色



DSC_5756 


「col.001」black (黒)



DSC_5763 


「col.169」beer brown (ビール茶)
今日現在、福井本社の在庫は両カラーともに残りわずかとなっております。






続いて兄弟型といわれる「FA-131」

「FA-130」のスクエア型に対して、「FA-131」はやや丸みのフォルムといえます。



「FA-131」 ¥30,240(税込) 2004年発表



DSC_5766 


サイズ65mm 鼻幅19mm レンズカーブ8カーブ



DSC_5764 


カラーバリエーションはこちらの2色



DSC_5743 


「col.001」black (黒)



DSC_5753 


「col.169」beer brown (ビール茶)



在庫状況ですが、「col.001」は残りわずか、「col.169」に関してはこちらが最後の1本となります。



いずれにしろ、限られた本数、FACTORY900ファンの皆さんのみならず、サングラスをお探しの皆さんには是非一度お試し頂きたいモデルですね。

その完成された造形美を店頭でお試し下さい!



FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 

Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

 

メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-240 「col.239」発売開始です!

おはようございます、店長です。

なんだかスッキリしない天気が続きますね~。
連休最終日、皆さんいかがお過ごしですか?

Facebook等を見る限り、都内ではトランクショーやイベントを行っているメガネ屋さんも多いようです。
特にこの原宿、表参道エリアではメガネ屋さんも増え、国内外のブランドはほぼご覧頂けると思います。
新たにメガネをお探しの皆さん、このエリアは今、アツいです!
キャットストリートの裏道になりますが、TOKYO BASEにも是非お立ち寄り下さい。

さて、昨日一昨日と「FA-240」の新色をご紹介してきましたが、最後を飾るのはこちらのカラー「col.239」
ワタクシ個人的には今回の追加カラーの中で1番目を惹くカラーだと思います。

DSC_9264
「FA-240」col.239 ¥37,800(税込) 2016年追加カラー
DSC_8847n
DSC_9270
サイズ55mm 鼻幅18mm レンズカーブ5カーブ
DSC_8842
人気モデル「FA-240」に鮮やかなカラーが追加されました。
高級感も漂うクリアー系の"赤"です。その正体は「col.069」の色違い。
つまり、クリアーの中に"赤"そして"青"が不規則に散りばめられた、900ファンの皆さんには非常に魅力的なカラーに仕上がりました。

DSC_9275
DSC_8826
光に照らされ、鮮やかなに浮かび上がるカラーを実際掛けてみると、どの様に映るのか?
他のカラー同様、試してみましょう!


DSC_9358
DSC_9360
DSC_9382
角度によっては、ところどころに散りばめられた"青"の柄が見え隠れすることがお分かり頂けると思います。
このスタイルサンプルは曇り空のもと、撮影をしました。
言い換えると晴天の日はもう少し、生地の色合いは鮮やかに写ると思います。
しかし、室内ではもう少し落ち着いた印象に。
つまり、そのシチュエーションによってメガネの色合いは変化するという訳です。
DSC_9361
では、少し距離をとって見てみましょう。
DSC_9370
近距離から見えた鮮やかさが、青と赤が混ざり合うことで、落ち着きのあるカラーに変化しましたね。
この色合いは、紫味の強い赤、つまりバーガンディーといえるのではないでしょうか。
近距離から見た鮮やかな赤と違って、肌にも馴染みやすく、上品な印象を与えることが出来ます。
モデル単体で見ると浮いてしまうように思われがちなカラーですが、「col.069」同様使い勝手の良いカラーではないでしょうか。
DSC_9373
見た目のインパクトと、実用性を兼ね備えた新色「col.239」
他の新色同様、是非手に取ってお試し下さい!

連日に渡ってご紹介した「FA-240」の新色、
モデル単体での印象と掛けたイメージは良い意味で全く異なります。
その違いを是非店頭で!
ファイル_000


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 
メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-240 新色「col.176」発売開始です!

おはようございます、店長です。

3連休初日、オープンから大忙し!と言いたいところですが・・・アレ?アレレ?誰も来ない・・・まさか、今日はヒマなのでは・・・ちーん。

と、思っていたら急にバタバタ(汗)

FACTORY900ご新規のお客様も多数ご来店頂き、気づけばあっという間に1日が過ぎてしまいました。
昨年は、ほぼ1人で店舗を切り盛りしましたが、春から松本が加入して2人体制。ホントに助かります。
その松本の加入により今後のイベントもなにやら楽しいことになりそうですよ(笑)

先ずは9月・・・是非お楽しみに!

さて、昨日の店長ブログでもご紹介したように、ついに人気モデル「FA-240」の新色が発売開始となりました!
昨日ご紹介した「col.069」に引き続き、本日は「col.176」をご紹介します。
DSC_9266
「FA-240」col.176 ¥37,800(税込) 2016年追加カラー
DSC_8851n
DSC_9267
サイズ55mm 鼻幅18mm レンズカーブ5カーブ
DSC_8837
今までにありそうでなかったカラーが「FA-240」に新たに追加です。 
所々に見え隠れする、鮮やかなパープル、もし名前を付けるとするならば、"デミパープル"といったところでしょうか。 
今回の追加カラー3色の中で1番合わせやすく、"FACTORY900は初めて"という皆さんでもチャレンジしやすいカラーだと思います。
DSC_9279
DSC_8836

所々に見える"パープル"が実際掛けた時にどのように作用するのか?
では今日も早速掛けてみましょう!
DSC_9324
DSC_9327
DSC_9328
実際掛けてみると、パッと見は"こげ茶"、しかし、見る角度、光の当たり方によっては黒にも見えますね。
フレーム単体での色合いと掛けた時の印象の大きな違い、FACTORY900あるあるでございます(笑)
「FA-240」の人気カラーはなんといっても「col.001」Black、しかしただの黒ではあじけない・・・でもあまりハデなカラーは仕事上難しい・・・そんな皆さんには、先ずオススメしたくなるようなカラーです。
「FA-240」には現在多くのカラーが存在しますが、ブラウン系のカラーは「col.440」通称茶ブルーのみです。
しかし、「col.440」は明るいブラウン、同じブラウン系でもその印象は全く異なります。
また、パープルの柄は掛けた状態ではほとんど分かりません。
しかし、ふとメガネを外した時に思わず見惚れてしまうような色使い。ご自身のメガネを客観的に見て楽しむ、こういった楽しみ方が出来るのもFACTORY900ならではかもしれません。
DSC_9338
一見、バラフとも呼べるブラウンの柄生地により、髪色も気にぜず、どなたにも合わせやすいカラーです。
DSC_9331
DSC_9339
いかがでしたか?
「FA-240」の人気色「col.001」「col.440」に続いて、人気カラーになる予感の新色「col.176」
「FA-240」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。
ご来店の際は是非、お試し下さい!

明日は「col.239」をご紹介します!お楽しみに!


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 
メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-240 新色「col.069」発売開始です!

おはようございます、店長です。

7月も中旬、もうすぐ夏休みですね~。
昨年の8月は本社福井の工場に合わせ夏季休業を頂きましたが、今年はお盆期間中も、定休日である水曜日以外は通常通り営業致します!
この夏休みを利用して東京にお越しの皆さん、是非TOKYO BASEにも遊びにいらして下さい!

さて、今日から三連休、皆さん連休のご予定はもうお決まりですか?
そんな三連休初日、ついにこちらのカラーが入荷です!

皆さんご存知のように、今週月曜日には一部モデルの生産終了について、正式に発表をさせて頂きました。
無くなるモデルがあれば、新たに加わるモデルもあります。
今回はその第一弾として「FA-240」にレギュラーカラーとして、新色3カラーが加わります。

本日ご紹介するのは「col.069」
じっくりご覧下さい!


DSC_9260
「FA-240」 col.069 ¥37,800(税込) 2016年追加カラー
DSC_8855n

DSC_9272
サイズ55mm 鼻幅18mm レンズカーブ5カーブ

DSC_8846
今回新たに加わったカラーはイタリア、マツケリ―社の新生地です。
クリアーの中に黒と乳白色の生地が不規則に閉じ込められ、まるで結晶のような質感です。


イメージ 212
DSC_8829
「実際掛けた時にどのような印象になるか?」
今回の新色で皆さんが一番気になるところではないでしょうか?

こんな時ほど店長ブログ恒例のスタイルサンプルです(笑)

では、早速ご覧下さい!
DSC_9309
DSC_9310
フレーム単体では、あっと驚くような新色の「col.069」ですが、実際に掛けてみると、意外に馴染みやすいカラーであることに気付きます。
ベースとなるクリアーの生地の中に見える乳白色は、通常の白と違って肌馴染みも良く、逆に黒の柄を引き立ててくれます。
遠目から見ると「FA-244」に使用されている「col.092」白迷彩のようにも見えなくはないですが、この馴染みやすさは今までには無い柄系のカラーとなります。
また、個人的には昨年発表された「col.100」よりも合わせやすいと思いますね。
DSC_9304
DSC_9305
DSC_9312
パッと見のインパクトと高級感を兼ね備えた「col.096」

独特な透明感があり、まさにこれからの季節にピッタリのカラーではないでしょうか? 白でもない、黒でもない、"クリスタル"なカラー、是非お試し下さい!

明日の店長ブログでは新色「col.176」をご紹介します!



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 
メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-091 生産終了のお知らせ

おはようございます、店長です。

昨日は天気予報通り、渋谷区は夕方からゲリラ豪雨に見舞われました(汗)

一時的とはいえ、ホントにスゴかったです!
TOKYO BASEの階段はあっという間に滝のように・・・あれ?去年も同じこと書いたような・・・



さて、昨日一昨日と、この店長ブログでは"名作"といわれる2つのモデルを他のモデルとの掛け比べ、その違いをご覧頂きましたが、正式に生産終了が決まった今、是非キレイな写真でご覧頂きたい!
というこで、レギュラーカラーを全て撮影し直しました(汗)
先ずは「FA-091」からご覧頂こうと思います。


DSC_5623
「FA-091」 ¥30,240(税込) 2004年発表
DSC_9258
サイズ55mm 鼻幅18mm レンズカーブ5カーブ
DSC_9256
尚、過去にご紹介した関連記事も合わせてご覧下さい。
「FA-091」の関連記事はこちらからどうぞ。
「FA-091」と「FA-092」の比較はこちらからどうぞ。
カラーバリエーションは全7色

DSC_5598
DSC_9246
「col.001」black (黒)
DSC_5604
DSC_9248
「col.097」black marble (黒マーブル)
DSC_5607
DSC_9249
「col.169」beer brown (ビール茶)
DSC_5610
DSC_9250
「col.179」brown sasa (茶ササ)
DSC_5612
DSC_9251
「col.425」gray (グレー)
DSC_5615
イメージ 211
「col.850」clear (クリアー)
DSC_5618
イメージ 210
「col853」white (白)

今日現在、TOKYO BASEには全てのカラー在庫がございます。
しかし、福井本社には、どのカラーも残りわずかとのこと。
特に「col.001」「col.853」はこれがラストチャンスになりそうです・・・
名作といわれる「FA-091」この機会をお見逃しなく! 
DSC_5621



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 
メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-092とFA-204を比較してみました

おはようございます、店長です。



定休日明けの木曜日、今日の関東地方は猛暑日になりそうですね。

それにしても東京は独特の暑さがありますね・・・まだ正式に梅雨明けしていないというのにこの暑さ・・・

今日はハーパンで出勤しますw



さて、昨日の店長ブログではでは「FA-091」と「FA-201」をそれぞれ比較してみました。

その時代の歴史を作ってきた2つのモデル、特に生産終了は発表した「FA-091」に関しては感慨深いものがあります。

そして「FA-091」と同じく時代を作ってきたモデルといえば「FA-092」ではないでしょうか。この2つのモデルこそまさに双璧と呼べる2つのモデルだと思います。



今日はこの「FA-092」と同じく、時代を牽引してきたといっても過言ではない「F-204」を比較してみたいと思います。






「FA-092」 ¥35,640(税込) 2004年発表



DSC_9182


「FA-204」 ¥35,640(税込) 2007年発表



DSC_9185


「FA-091」と同じ2004年に発表された兄弟型。

10年以上前に発表されたモデルとはいえ、今もなお、ファンの皆さんを魅了してきた「FA-091」と並んで一時代を築き上げた代表作の1つです。その完成度の高さは、デザイナー青山がモデルチェンジを拒むほど、思い入れの深いモデルでもあります。

これに対し「FA-204」はFACTORY900のなかでベストセラーとも言うべき、ブランドをより成長させたモデルと言っても過言ではありません。

それぞれFACTORY900を代表する2つのモデルをフロント、サイドから比較してみます。



DSC_9196


サイズ56mm 鼻幅18mm レンズカーブカーブ6カーブ



DSC_9198


サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ



DSC_9202




DSC_9199


「FA-091」と「FA-201」の比較でもご紹介した通り、今日ご紹介している2つモデルもこの"丁番"が大きな違いの1つといえると思います。

しかし、この様に2つのモデルを同じ角度でご覧頂くと、そのボリュームも大きく異なることがお分かり頂けると思います。

また、「FA-092」も鼻パット部は決して高くはありません。

掛け心地に難があるという皆さん、是非"鼻盛り"も含めご相談下さい。



DSC_9216




DSC_9212


では、2つのモデルを掛け比べてみましょう。

「FA-092」



DSC_9239


「FA-204」



DSC_9240


スマートでありながらエッジがきいている「FA-092」

適度なボリュームと立体感を持ち合わせたこのフォルムがお顔の表情をキリッと引き締めます。

凛としたその表情は初対面の方にも好印象を与える1つの武器になるのではないでしょうか。

対して「FA-204」は絶妙なバランスを感じます。

フレームの立体感、ボリューム、エッジ、全てにおいてバランスがとれている「FA-204」

どなたが掛けても、掛けこなせるという安心感が魅力です。

しかし、一般的に決して普通ではないこのデザインは、今の時代だからこそ個性として受け入れられるハズです。

「FA-092」



DSC_9244


「FA-204」



DSC_9245




改めて感じる「FA-092」のカッコ良さ・・・

現時点でTOKYO BASEには全てのカラーがご用意出来ます。

生産終了が正式に決まった今、改めてその完成された造形美を店頭でご覧下さい。

そして「FA-204」をこれからも宜しくお願いします!

どうせなら、新色が出ればいいのに・・・







FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
/>Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

title="メガネ・サングラス ブログランキングへ" href="http://blog.with2.net/link.php?1767372:2448" target="_blank"> 

メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-091とFA-201を比較してみました

おはようございます、店長です。

昨日、一昨日と、多くのアクセスを頂き、ありがとうございます。
FACTORY900 Designer`s Blogにて、正式に発表された「価格改訂と生産終了モデルのお知らせ」
この店長ブログでは、TOKYO BASEの在庫状況も踏まえて、改めて生産終了モデルについてご案内していきたいと思いますので今後ともチェックしてみて下さい。

さて、今日の店長ブログでは、あるお客様からご要望頂いた、モデル別の掛け比べをしてみたいと思います。

ズバリ、「FA-091」と「FA-201」を比較してみましょう!
先ずは両モデルのスペックをご覧下さい。
DSC_9218
「FA-091」 ¥30,240(税込) 2004年発表
DSC_9172
「FA-201」 ¥35,640(税込) 2006年発表
DSC_9176

今回の生産終了モデルに含まれる「FA-091」
2004年に発表され、FACTORY900の名を世に広めたモデルの1つといっても過言ではないと思います。
これに対し2006年に発表された「FA-201」
2008年にバネ丁番の仕様を改良し、今やTOKYO BASEでも人気モデルベスト5にランクインする人気モデルです。2015年には「Sサイズ」を発表し、小顔の皆さんにも大変ご好評頂いております。

フロント、サイドの比較もご覧下さい。
DSC_9188
サイズ55mm 鼻幅18mm レンズカーブ6カーブ
DSC_9194
サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ


DSC_9208
DSC_9204
この2つのモデルの大きな違いといえば、”丁番”と呼ばれるフロントとテンプルを繋ぐ個所です。
現在のFACTORY900はほぼ、このオリジナルバネ丁番が採用されています。
また、パット部の高さ、下の写真のように2つのモデルを比べてみるとその違いはハッキリとお分かり頂けると思います。
DSC_9209
DSC_9211

ではこの2つのモデルを掛け比べてみましょう。

「FA-091」
DSC_9238
「FA-201」
DSC_9237
一見、よく似ているような2つのモデルですが、お顔にのせてみると、その違いはお分かり頂けると思います。
テンプルの太い「FA-091」は適度なボリュームで力強さを印象付けられます。
対して「FA-201」はその細身な流線形でスマートでスッキリとした表情を作り出します。
これにより、女性の皆さんにも合わせやすく、ユニセックスなモデルといえるのではないでしょうか。

「FA-091」
DSC_9228
「FA-201」
DSC_9227

どちらが、良い悪いではなく、それぞれに特徴をもった2つのモデル。
掛け心地はもちろん、是非店頭で掛け比べてみて下さい。
尚、「FA-091」に関しては現時点でTOKYO BASEには全カラー在庫がございます。
生産終了が決まった今、是非ご検討下さいませ。
尚、「FA-091」に関しては改めてそのカラーバリエーションも含めご紹介しますね!



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 
メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) 生産終了のお知らせ

おはようございます、店長です。



2016年がスタートしてすでに半年、今年もブランドとして多くのニュースを発信してきました。

このTOKYO BASEがオープンして少しづつですが、ブランドヒストリーはもちろん、工場である青山眼鏡の歴史についても、このブログを通して皆さんにお伝えしてきたかと思います。



そして今日はFACTORY900として、皆さんに大切なお知らせがあります。



昨晩すでにFACTORY900 Designer`s Blogでご案内の通り、

一部の商品の値上げ及び、過去モデルの生産終了を正式に発表させて頂きました。



工場ブランドであるFACTORY900は2000年のスタート当初から、極力廃番モデルを作らず、お客様のご要望にご対応してきました。



ブランドとして16年、このスタイルを貫くことがどれだけ凄いことなのか?

20年以上店舗での販売を経験してきたワタクシの立場から言うと、1つのモデルを10年以上作り続けているメーカーはそうそうありません。

外部から入ってきたワタクシがまず驚いたことの1つです。 





今回のこの発表は10年以上前からFACTORY900を応援してきて頂いた皆さんをはじめ、多くの皆さんが大変驚かれたと思います。

そしておそらく、この価格改定及び生産終了についても賛否両論だと思います。



しかしながら、自分たちが

「THE FUTURES EYEWAER」 というコンセプトのもと、常に新しいモノを生み出していくためには、この大きな決断をせざるを得ませんでした。



今回の件については、社長をはじめ、青山、田村、そこにワタクシも加わり、幾度なく話し合いをしてきました。

価格改定もそうですが、生産終了という、ブランドにとって大きな決断は、そう簡単に纏まる訳もなく、色々な視点から各々の意見を出し合い、話し合いは進みました。







「FA-091」「FA-092」のような名作を生産終了にするという大きな決断は、デザイナーである青山にとって、本当に苦渋の決断だったと思います。 

また、過去に1人のユーザーであり、青山を1番身近で見ていた田村も複雑な心境だったと思います。




余談ですが、以前にある取り扱い店舗さまから、「過去のモデルをバネ蝶番仕様にモデルチェンジをしてはどうか?」とご意見を頂いた事がありましたが、青山が首を縦に振ることはありませんでした。

考えてみれば、1つ1つのモデルに魂の全てを注ぎ込み、生み出したモデルに対して、モデルチェンジという選択肢は元よりなかったのかもしれません。







会議の際に、時より見せる青山のなんとも言えない表情を今でもハッキリと覚えています。

そして「ホントにいいんですか?」の問いかけに、黙って頷いた青山に1つの覚悟を感じました。



無くなるモノがあれば、新たに生み出されるモノがあります。



今後も過去の名作を上回るモノをきっと生み出してくれるとワタクシは信じています。 

そして、新たなるFACTORY900の想いをカタチとして皆さんに余すところなくお伝えするのがワタクシの使命です。



皆さま、どうぞ今後のFACTORY900にご期待下さい。 












FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 

Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

 

メガネ・サングラス ブログランキング