FACTORY900(ファクトリー900) FA-298カスタム

おはようございます、店長です。



昨日はお休み頂きありがとうございました。



歯医者行きませんでした・・・



昨日は一眼を持ってフラフラしてきたそんなお休みとなりました。



どんな写真を撮ったかは機会があればまた(汗)





さて!



今日はTOKYO BASEだからこそ実現できたこちらをご紹介します!



まずはこちらをご覧下さい!

「FA-298」 ¥37,800(税込) 2013年発表



DSC_0999


そう「FA-298」です。



違和感ありますか?



これを見てピンときたお方・・・さすがです!


次にこちらをご覧下さい。



DSC_1002


これが本来の「FA-298」です。

わかりましたか?(笑)



先日、青山からかかってきた一本の電話・・・

そうです!以前からお願いしていたものが出来上がったのです!

答えはこちら!



DSC_1006


「FA-298」

「TOKYO BASEオリジナルレンズシェイプB」
そうなんです!

青山自らが書き下ろした「FA-298」の新しいレンズシェイプ
通常シェイプがこちら



DSC_1007


TOKYO BASEオリジナルレンズシェイプB

サイズ54mm 上下幅33mm

通常レンズシェイプは

サイズ53mm 上下幅32.5㎜



DSC_1094


TOKYO BASEオリジナルレンズシェイプB

通常より若干大きくなっていますが、ノーマルシェイプのサイドの丸みが

少なくなり若干シャープになっています。



ごくほんのわずかのように見えますが、

しかしこのちょっとしたラインの変化でメガネの全体的なイメージは大きく変わります



このオリジナルレンズシェイプBでサングラスバージョンを作ってみました。



DSC_1010


いかがでしょうか?

かなりスッキリとしたフォルムになりました!



TOKYO BASEの店頭在庫はノーマルシェイプ、オリジナルシェイプBの

両タイプご用意しています。

是非この2つのタイプをお試し下さい!



そして、このTOKYO BASEオリジナルシェイプ

「FA-298」だけではありません。



「FA-298」以上に劇的な変化をもたらしたモデルをご用意しました。


フフフ・・・こちらもお楽しみに!














FACTORY900(ファクトリー900) 「FA-T 002」 Taiwan Limited」 (台湾 リミテッド)その②

おはようございます、店長です。



今日は水曜日

TOKYO BASEはお休み頂いてます。



そんな今日の店長は・・・



探さないでください(笑)



ちなみに昨日は夏休みについて触れましたが・・・

ワタクシが今行きたい所

ベスト③

3位 歯医者

2位 整体

1位 屋久島


2、3位と1位のギャップありすぎ!



神様、海外とは言わないので屋久島へのチケット下さい!

失礼しました・・・取り乱しました。



さて、昨日のブログでご紹介した「Taiwan Limited」

今日はこちらもご紹介。



改めて・・・レアな商品ですよ。



「FA-T 002」 Taiwan Limited ¥35,640



DSC_0947




DSC_0969


サイズ52mm 鼻幅15mm

サイズは昨日ご紹介した「FA-T 001」と同じです。

レンズシェイプはウェリントン・・・と言いたいところですが、

これまた独特な形ですよね。

1つ言えることは他にありそうでない、ある意味FACTORY900らしい

クセを残したフォルムと言えると思います。



DSC_0972




カラーバリエーションは「FA-T 001」と同じく4色展開です。





DSC_0967


「col.001」



DSC_0962


「col.336」



DSC_0963


「col.155」



DSC_0965


「col.091」



注目は「col.091」

生地のトップ(前面)が迷彩柄となっており、裏は黒になっています。

※うまく生地の特徴が撮れずゴメンナサイ・・・



昨日はスタイルサンプルをご紹介できなかったので今日はこちらを。

「FA-T 001」



DSC_1031


「FA-T 002」



DSC_1035




個人的には・・・

「FA-T 001」結構好きです。

ちょっと欲しくなってますw

基本ワタクシも他の人とはカブりたくないので(笑)



女子のスタイルサンプルもどうぞ。

「FA-T 001」



DSC_1046


「FA-T 002」



DSC_1048




TOKYO BASEにはこんなレアな商品もございます。



まだまだ皆さんにご紹介していないあんなモノもこんなモノも・・・

気になるモデルについてはこっそり店長に聞いてみて下さいね(笑)






FACTORY900(ファクトリー900) 「FA-T 001」 Taiwan Limited」 (台湾 リミテッド)その①

おはようございます、店長です。



皆さん、夏休みのご予定はもう決まりましたか?

ワタクシの前職はインショップのメガネ屋さんだったので、お盆もお正月もガッツリ

働いてました(汗)元旦なんて8時オープン!



八百屋か!




普段連休が取れないワタクシは密かに今年のお盆休みなるものを楽しみにしているわけです。



今までは9月に連休をとり1年に1回だけ山小屋に一泊の登山旅行にいってました。



去年は八ヶ岳の天狗岳。一昨年は中央アルプスの木曽駒ケ岳。その前は富士山・・・

今年は、今年は・・・



どぉーーーしよーーーー!



さてさて、今日はこの前置きとは全く関係ありません。

ちょっとレアなこちらのご紹介です。


ご存知FACTORY900は国内のみならず海外にも商品を出荷しています。



今日ご紹介をするこちらは「台湾」限定で発売されている

その名も「Taiwan Limited」なのです!





「FA-T 001」 Taiwan Limited ¥35,640(税込) 2012年発表



DSC_0941


すでにこの「Taiwan Limited」をご存知の皆さんは

FACTORY900にかなり精通していると思われます。


あっ!今度「FACTORY900検定」とかやったら面白いかもしれませんね。フムフム。





DSC_0968


サイズ52mm 鼻幅15mm

全体的にシンプルな作りの「Taiwan Limited」ですが

レンズシェイプはいい意味でクセのある形です。

しいていうならば「FA-291」のレンズシェイプの上下を少し深くしたような形でしょうか・・・

いや、しかしブリッジは平面的。やはり独特なフォルムをしていますね。



DSC_0970


テンプル(ウデ)の長さは120mm

120mmというとこれも「FA-291」と同じ長さになります。



DSC_0978


海外向けと言ってもしっかり鼻パットも付いていて掛け心地も非常にイイです!

レンズカーブも通常の4カーブ設定となっています。



カラーバリエーションは4色



DSC_0955


「col.001」



DSC_0956


「col.336」



DSC_0958


「col.155」



DSC_0960


「col.195」



昨日、一昨日のブログでご紹介した

「col.336」 パープルササもカラーバリエーションに組み込まれていますね。



今後も国内では直営店「TOKYO BASE」のみの販売となります。

「Taiwan Limited」を見てみたい!

そんな時はお気軽に店長までお声を掛けて下さいませ。





ちなみに昨日、青山から電話があり、

以前からお願いしていたあるモノが出来上がったようです・・・


こちらの詳細も近日中に・・・


FACTORY900(ファクトリー900) col.336 パープルササその②

おはようございます、店長です。



やはり季節は梅雨・・・

ここ最近、神宮前原宿エリアも雨が続きます。



なにやら台風も発生しているとのウワサ・・・



7月20日海の日に合わせたイベント

「900カキ氷」天気が心配です。



てるてる坊主を作ってみましたが

あまりのクオリティーの低さブログにアップすることを断念した月曜日ですw



そういえば、直営店の場所を探していた昨年、

ワタクシと青山、もしくはワタクシと田村が東京で一緒になると・・・



かなりの確率で雨でした。

「ちょっと、ホントにカンベンして」

「ちょっと何してくれるんですか!」

青山と天気の悪さをお互いのせいにした冬です。



懐かしい・・・



ワタクシの名誉のためにお伝えします。

ワタクシ雨男ではありません。





さて昨日に引き続き、

「col.336」パープルササ

のご紹介です。

今日も3モデルをご紹介しますね。



「FA-300」 ¥37,800(税込) 2012年発表



DSC_0824




DSC_0833


「FA-310」 ¥37,800(税込) 2013年発表





DSC_0826




DSC_0836


「FA-320」 ¥37,800(税込) 2014年発表



DSC_0827




DSC_0835


そしてこのササと呼ばれるカラーは透明感もあり、実際掛けてみると

また雰囲気が変わるんですよね。



今日ご紹介した3モデルを屋外で掛けてみると・・・



DSC_0903




DSC_0908




DSC_0912


改めてこのように掛けくらべてみると

同じ生地でもモデルによってパープルの色味が変わります。



やはり、デザインによって、いやもっと細かく言うと生地の厚み面積によっても

パープルの見え方が変わるのです。

「FA-320」のフロント(前枠)と他のモデルを比べていただくと分かりやすいかもしれません。

「FA-320」は結構無茶してますからね(笑)




あれ?パープルササってあのモデルもあるんじゃないの?



マニアの皆さまご安心下さい。

わかっておりますよ(笑)



明日もブログは続きますから(笑)



では、皆さま20日海の日が晴れるように

てるてる坊主のご用意をお願いします!























FACTORY900(ファクトリー900) col.336 パープルササ その①

おはようございます、店長です。



メガネ以外のモノでも自分の好きなブランドって色々興味がわいてきますよね。

ブランドの歴史であったり、材質であったり、作っている工程だったり・・・



ワタクシ以前にもお話ししたように

この歳になって「ニューバランス」に興味をもってしまったのです・・・



まずはブランドの歴史を調べ、気づいたら品番をチェックしていたり・・・

「1300は雲の上を歩いているようだ」とラルフローレンが絶賛した・・・ふむふむ。





ってか何してんだオレは!



でも好きになるってそうゆうことですよね。



FACTORY900を愛している皆さんもまずは品番を覚えますよね?



そして極めた方になるとカラー番号までご存知の皆さんもいるはずです。





そう、FACTORY900にはいわゆる共通カラーというものがあります。



FACTORY900を愛していただいてる皆さまからすると今更ですが・・・

例えば、



「col.001」→black(黒)

「col.853」→white(白)

「col.840」→clear gray(クリアーグレー)



こんな感じで共通カラーが存在します。



TOKYO BASEでお問い合わせの多いカラーの1つ、



「col.336」 purple sasa(パープルササ)

今日はこの「col.336」を使用している品番をご紹介しますね。



DSC_0837






「FA-211」  ¥35,640 2010年発表



DSC_0819




DSC_0828




「FA-212」  ¥35,640 2010年発表



DSC_0823




DSC_0830




「FA-291」  ¥35,640 2011年発表



DSC_0822




DSC_0832






あれ?あの品番は?

ご安心下さい。この続きは明日!



今日は大事なお知らせをせねば!

昨日のブログでも告知したように

7月20日(月)イベントを行います。



その名も



「900 カキ氷」やります!



ice_fair


皆さん覚えているでしょうか?・・・

ワタクシ過去のブログでこんなことを言ってました。

         ↓

http://blog.livedoor.jp/hasegawafactory900/archives/1029298580.html



そうです!



ホントにやりますよ!
ガリガリ削ります!



なんでメガネ屋でカキ氷?



楽しいからです。



ご来店いただいた皆さんには「カキ氷」をプレゼント!



そしてさらに・・・限定ノベルティをご用意します。



皆さま、7月20日連休最終日にお待ちしております!
















FACTORY900(ファクトリー900) fa-1129 グルグル

おはようございます、店長です。



どもども~お世話になってまーーす、どもども~。

↑最近の田村との電話のやりとりはこんな感じではじまります。



ちなみに昨日は通話時間が43分になってましたw



ヒマか!



いやいやいや。



いろいろ大人の打ち合わせがあるのです。

なんでそんなに電話をしているかというと・・・



7月、8月、9月と立て続けにイベントを行いますよ!

ホント良く考えますわ・・・



まずは7月20日(月)海の日!



やっちゃいます。



フライヤーも完成!のはず・・・



うちの田村はデキル子なので大丈夫でしょう。



だよね?



詳細は近日中に発表します。



それでは。



hasegawa



↑一部の皆さんはこの締め方の意味わかりますよね(笑)











ってオイオイオイオイ
アレどうしたぁ!
そうなんです。

ついにアレについて書くときがやってきました。





通称グルグル」



ちよっと気合入れて写真撮ってみました(汗)



「fa-1129」 ¥48,600(税込) 2014年発表



DSC_0818


その名の通りグルグルです。



DSC_0811 




DSC_0804


「col.863」



DSC_0805


「col.347」



DSC_0806


「col.545」

以前からご紹介している「fa-1120シリーズ」の掘るという技術
/>

この技術で「最高にぶっ飛んだモデル」
これがグルグルです!



DSC_0818n



DSC_0808

この「fa-1129」の特徴は平面的にただグルグルになっているのではありません。

この古墳のように緩やかに盛り上がったこの形状。

この形状に合わせ正面から切削を行います。

皆さま、是非店頭でグルグルを見かけたらサイドからご覧下さい。

そして指で触れてみて下さい!



このスゴさが分かります。



さらに裏側も。



DSC_0810


裏も平面的ではなく、スリ鉢のような形状になっています。
当然のようにバネ丁番、鼻パットも装備してますよ!



もちろん度付き対応です。



DSC_0803


遠くからみてもこの存在感・・・ぶっ飛んでます。





「こんなの誰が掛けるの?」

「はい、好きな人が掛けます」



「こんなの似合う人いるの?」

「はい、掛けれるハートがある方が似合っている人です」


間違いありません。



こういうモデルを見ると改めて青山眼鏡のスゴさがわかります。


メガネを楽しむという姿勢と新しいことへの挑戦。
そしてそれをど真剣にカタチにしてしまうモノづくり



これが「FACTORY900」

そして「THE FUTURES EYEWEAR」




それを体感出来るのが「FACTORY900 TOKYO BASE」



今日も皆さんのご来店お待ちしてますっ!







FACTORY900(ファクトリー900) fa-1123 店長使用モデル3ヵ月ぶりに入荷

おはようございます、店長です。



ワタクシ前職ではお客様を月に150人、多いときは200人

接客、スタイリングをさせて頂いておりました。



お客様と一緒にバカな話しをしたり、趣味の話しで盛り上がったり、

気づくと閉店時間を過ぎていてショッピングセンターの警備員に怒られたりwww



そんなワタクシのような接客員にとって嬉しいとき・・・



お客様から「お兄さんとと同じメガネってどれ?」

と聞かれ「お兄さんと同じメガネが欲しい」と言っていただけること。



実はこれってめっちゃ嬉しいんですよね!

自分が掛けることでお客様のイメージが沸き、お客様の欲しいに繋がる・・・


接客員が言われて嬉しい褒め言葉の1つだと思うんですよね。

これきっと眼鏡屋さんあるあるだと思います。







そして、ワタクシが愛用しているこちらのモデルが

なんと3ヶ月ぶりにTOKYO BASEに入荷しました!



ずいぶん時間掛かりましたよ(汗汗)



お兄さんと同じはどれ?と言われてご紹介できない・・・



逆にしんどいです( -д-)←顔文字を入れることを覚えました。


factory900(小文字)

「fa-1123」 ¥35,640 2014年発表



DSC_0800




DSC_0776


ご存知U字官構造 フロント(前枠)を正面から掘り込んでいるモデルです。

ワタクシが使用しているのがクリアーの生地にパープルの縁取り。

一見派手に見えますが掛けてみると顔にも非常に馴染みやすく使い勝手も

いいです。



実際ワタクシが掛けるとこんな感じです。



DSC_0968


ずいぶん前に田〇氏が撮ってくれました。

(なんか悔しいので伏字ですwww)



今日はせっかくなので全カラーバリエーションをご紹介しますね。



DSC_0773


「col.430」



DSC_0772


「col.545」





DSC_0771


「col.603」



DSC_0770


「col.456」



DSC_0769


「col.862」



DSC_0768


「col.347」



ちなみに先日田村のブログにも書かれていた

汚ブス研究家 KENJIさんが愛用して頂いているのも

「fa-1123」です!



IMG_1895n




95bf78ee




入荷に3ヵ月待ちになったこのモデル



非常に製作にも難易度が高いこの「fa-1123」



しかし、このシリーズが出来たからこそ



アレが出来たんです。



そうアレです。



そうかついにアレについて書かねばなりませんね。








factory900(ファクトリー900) ビジネスシーンにも合わせやすいモデル「FA-281」「FA-282」

おはようございます、店長です。



ソファで寝てしまいどうやら腰を痛めた店長です。

しばらくおじいちゃんみたいな歩き方ですがどうぞお気になさらず。



さてさて、TOKYO BASEにご来店のお客様が口にされる一言シリーズ・・・



「カッコいいけど仕事じゃ掛けれないね」



・・・FACTORY900取扱店のみなさん

あるあるですか?



ワタクシ個人的には



そんなことないですよぉーーーーーー!
と言いたいところですが・・・



ワタクシ、今までスーツを着て仕事をしていました。

なので、皆さんがおっしゃることもフムフムって思ってしまうんです。



しかし、FACTORY900の中にはスーツでも合わせやすいモデルが



あるんです!
もちろん女性の皆さんでも掛けれます!







例えば・・・こちらなんかどうでしょう?



「FA-281」「FA-282」 2012年発売 ¥33,480(税込)



DSC_0746






「FA-281」 サイズ53mm 鼻
幅16mm


DSC_0733 

比較的丸みのあるやさしいラインは女性の皆さんにも合わせやすく

フォーマルなお洋服に合わせても決しておかしくありません。

事実、TOKYO BASEでも女性のお客様がダテメガネとしてお求め頂きました。





「FA-282」 サイズ53mm 鼻
幅16mm



DSC_0734


「FA-282」のほうがレンズがスクエアの為、若干大きく見えるかもしれませんが

2型ともサイズも一緒になります。

正面から見ていただくとこのシンプルなデザインがハッキリ分かると思います。

ただし、そのシンプルの中にもFACTORY900ならではの美しいラインが特徴的です。
男性が掛けていただくとお顔に馴染みながらも適度な存在感を表現できます。





この2つの品番は玉型違いとなりカラーは共通の4色展開となります。

決して派手なカラーはありませんが、

むしろお洋服にも合わせやすいカラー展開となっています。



DSC_0730


「col.057」



DSC_0731


「col.156」





DSC_0727


「col.001」



DSC_0729


「col.147」



DSC_0735


この2型の大きな違いはブリッジからトップリムのラインですね。

「自分にはどっちが似合うんだろ・・・」

そんなお客様には選び方の1つとして

ご自身の眉のラインにトップリムのラインがどちらの方がより近いか?
これを見ていただくだけでも違いが分かると思います。



眉の形も人それぞれですよね。



眉の形は直線的ですか?それとも?


まずは、「FA-281」「FA-282」この2型を同じカラーで掛け比べてみましょう!



TOKYO BASEでは現在この2型は全カラー在庫がございます。

ご来店の際は店長までお気軽にお申し付けください。











FACTORY900(ファクトリー900)「Sound Horizon 9th Story 『Nein』 × FACTORY900」

おはようございます、店長です。



皆さんついに7月ですよ!1年も後半に突入です!

テンション上がりますね!



しかし今日は水曜日・・・



というわけで本日、



TOKYO BASEは定休日となります。


店長もお休みと言いたいところですが・・・明日からの準備があるので・・・フフフ





そんな流れで今日はこんなお知らせです!



以前にもご紹介したコラボレーションモデル



「Sound Horizon 9th Story 『Nein』 × FACTORY900」

《遮光眼鏡型情報端末》模造品[
FACTORY900 Model








なんと明日7月2日(木)12時より


直営店 TOKYO BASEでも販売開始となりました!



これはビックニュース!



というわけで、今一度こちらをご紹介しますね。



《遮光眼鏡型情報端末》模造品[
FACTORY900 Model] ¥39,000(税込)



DSC_0702




DSC_0711n


右テンプル内側には「by FACTORY900」の刻印も入っています。




DSC_0713


ケース・Nein セリート付きとなります。




尚、こちらのモデルは度付き対応となっておりますが、


お客様のお度数によっては度付き不可になる場合もございます。

度付きを希望のお客様はお手数ですが店頭にてご相談下さい。








そして今回はこれだけではありません!




な、なんと!



9th Story Concert 『Nein』 ~西洋骨董屋根裏堂へようこそ~
のステージで使用した
《遮光眼鏡型情報端末》を展示します!






IMG_1909




展示します! ←興奮気味です。




これはさらにビッグニュース!






先ずは今日のブログでご覧下さい!




DSC_0697




DSC_0704n




DSC_0706


ブリッジとテンプルに青く光る特殊な光・・・


ワタクシが言うのもなんですが・・・

とんでもなくスゴイんです!

尚、展示期間は8月末となっております



皆さま、どうぞこの機会にTOKYO BASEに足をお運びください!










FACTORY900(ファクトリー900) TOKYO BASE 磨きサービス

おはようございます、店長です。



週末多くのお客様にご来店いただき、週はじめの昨日からやること満載の店長です。



忙しいって幸せなことです!


いや、忙しいのではなく楽しいことが満載の毎日・・・



幸せですな。



さて店長のお仕事はメガネ屋として色んなお仕事があります。

FACTORY900の販売、検眼、加工,大きく分類するとこんな感じですが・・・



アフターケアも大事な仕事です。


TOKYO BASEならではのアフターケアの1つが



「磨きサービス」です。



青山眼鏡として工場ブランドとして絶対に手を抜きたくない

直営店ならではのアフターの1つですね。



さて過去のブログでも磨きに関しては触れてきましたが、実際どのくらい

キレイになるか?



そういえば具体的にご紹介してないな・・・とワタクシ思ったのです。



そこで!



今日はあるお客様が持ち込まれたこちらの「FA-204」のメンテナンスを

ご紹介させて頂きます。

「FA-204」 col.066



DSC_0638


長らくご愛用して頂いた「FA-204」

もともとは艶がありピカピカでしたが経年変化により

もはやマット加工が施されたように生地がくすんでしまったんですね。



お気づきになりましたか?

「FACTORY900」のロゴが「Factory900」になっていますよね。

これを見る限り長らくご利用頂いているのが伝わってきます。



BlogPaint


実はこちらのお客様、もともとバネ丁番が折れて修理にお持ち込み頂きました。



TOKYO BASEでは各モデルのバネ丁番の部品を常時在庫していますので

店頭にてご対応出来ます。



※状況によっては本社工場に入院になる可能性もございます。



まずはネジを外してフレームを分解です。



DSC_0681n


こんな感じでバネの交換も完了しました!

さて先ほどのマットな状態をどこまで磨き上げることができるのか・・・



DSC_0666


工場ではなくTOKYO BASEのバフモータでワタクシが磨かせて頂きます。



DSC_0082






DSC_0667




DSC_0668




DSC_0670


テンプルもピカピカに磨きます。



DSC_0672




DSC_0664


テンプル(ウデ)とフロント(前枠)を組み上げて完成です。



DSC_0662


いかがですか!



100%元通りとは行きませんが持ち込まれた状況とは比べ物にならないくらい

キレイになりました。



写真でこの光沢が伝えきれないのが切ない・・・・





季節はこれから夏を迎えますが、汗によりアセテートの生地は少なからず

ダメージを受けます

1年の中でメガネが1番汚れやすくなる季節ですね。

かなり生地の劣化が進んでいると磨いても必ずしもピカピカになるとは言えません。



言い換えると生地のくすみが極端に出る前に磨きを行うと

驚くほどキレイにすることが出来るんですね。





ワタクシ思うにメガネ屋さんって



「歯医者さん」に似てませんか?



歯が痛くなれば当然歯医者さんに行きますよね?

でもホントは痛くなる前からこまめに歯石を取ったり定期検査に足を運ぶと

虫歯が見つかる前に対処出来ますよね?

でも痛くならないとなかなか足が向かない・・・





メガネも同じです。

メガネを踏んでしまった!掛け心地がおかしい?

その前に是非お気軽にメンテナンスにお持ち下さい。



FACTORY900の磨きに関しては

TOKYO BASEでワタクシがお受けする場合は



「サービス」となります。



「無料です」



是非歯が痛くなる前に 大切なメガネのダメージが大きくなる前に



お気軽にお立ち寄り下さい!