FACTORY900(ファクトリー900) 春の新作、「factory900」 fa1134入荷

おはようございます、店長です。



FACTORY900(ファクトリー900)の本社、福井の工場はRETRO FUTUREの全型の出荷が終わり、factory900の新型2型も出荷し、戦場のような状況もひとます落ち着いたようです。



ウワサによると来週あたり「お疲れ様会」が行われるとの情報・・・



オレだって出たい出たい!



来ます?



いけるか!


いいよ、いいよ、1人でケーキ食べるわ!



・・・寂しすぎる。



そんな店長がお届けする店長DIARY、今後ともよろしくお願いします。



さてさて、今日もTOKYO BASEから春の新作情報です。

factory900(小文字)


「fa-1134」 ¥35,640(税込)



DSC_0431


「col.457」



DSC_0432n


「col.465」



DSC_0436nn


「col.248」



DSC_0438nn


「col.844」



DSC_0439


「col.431」



DSC_0440n


サイズ47mm 鼻幅19mm



先日のブログでご紹介した「fa1133」 同様、フレームの上部に溝を掘り

レイヤー構造になっています。

今日はフロント(前枠)を上から撮ってみました。



DSC_0442n


個人的には「col.844」に非常に惹かれました。

フロントのトップ(前面)には白にも見えますが、実はクリアーになり

さらに後ろにはブラウンの生地が張ってあります。



角度を変えてこちらからもご覧下さい。



DSC_0444


この角度で裏側のブラウンが顔を出します。



DSC_0443n


さて、今日も実際に女子に掛けてもらいましょう!

裏側の生地が部分的に縁取りのように見えますよね?



DSC_0318n


近い近い!



DSC_0318


フレーム単体で見ると薄いブラウンが肌の色と混ざりこげ茶に変化しています。

つまり・・・

その人の肌色によって裏側の生地の色合いも微妙に変化するんですね。


DSC_0337


FACTORY900全般に言えることですが、是非斜め45度から見て頂きたい!



DSC_0324n


factory900(小文字)らしい掛けた時のカラーの変化も注目して頂きたいポイントです。



昨日、今日と小文字の新作をご紹介しましたが、改めて

メガネによってその人の印象ってホントに変わりますよね~。



皆さんはメガネを掛けてどんな風に見せたいでしょうか?
いや、どんな風に見られたいでしょうか?



カッコよく?やさしく?かわいく?それともクールに?



その答えはきっと人それぞれ・・・



FACTORY900(大文字) factory900(小文字) RETORO FUTURE(レトロフューチャー)

この3カテゴリーの中からワタクシがご提案させて頂きます!



あっ!!!



あとはアレを忘れてました(汗)

この続きはまた明日です。










FACTORY900(ファクトリー900) 春の新作、「factory900」 fa1133入荷

おはようございます、店長です。



早くも6月後半・・・神宮前原宿エリアでは

すでに女子の露出度が高くなりつつある今日この頃・・・



ドキドキというより、もはやハラハラしてしまう年頃になってしまいました。





近頃田村からは「もう年配なんですから」と連呼されるしまつ・・・





やかましいわ!!

そのうちケンカになります。



さて今日は女子に朗報です。



春の新作

factory900(小文字)の新作がTOKYO BASEに入荷しました!



「fa-1133」 ¥35,640(税込)



DSC_0279


「col.353」



DSC_0281


「col.431」



DSC_0284


「col.242」



DSC_0285


「col.858」



DSC_0286


「col.605」

全5色 是非ご来店の際は全てのカラーを試して頂きたい!





DSC_0364


サイズ46mm 鼻幅18mm



DSC_0375


以前ご紹介したfa-1131と同じくフロントサイドに溝が掘ってあります。

いわゆるレイヤー構造です。



DSC_0281n


fa-1130,fa-1131と大きく異なる点は・・・

お気づきになりましたか?

フレーム上部はレイヤー構造になっていますが、

リム(フチ)の下部はレイヤーにせず

上部より細くなっています



つまりリムの上下で厚みの変化を加えてあるわけです。



改めて正面からご覧ください。

改めて見てみると、フレームの上部と下部では

生地の厚みが違うのがお分かり頂けると思います。

これによりボストン型でありながら、

よりスッキリとした印象を与えることが出来ると思います。



DSC_0364


今日のスタイルサンプルはワタクシではなく女子に任せます。



DSC_0304


光に反射してフレームがキラキラしてますね。



DSC_0361




DSC_0351


サイズ感もバツグンでより合わせやすい「fa-1133」

女子の皆さん、是非この機会にお試し下さい!



明日はさらに新作をご紹介です。



果たして明日のブログは間に合うのか??






FACTORY900(ファクトリー900) 2015年春の新作、「RETRO FUTURE 」(レトロフューチャー) RF-008入荷

おはようございます、店長です。



以前、田村に託したカレー屋さんのポイントカードが知らぬ間に

いっぱいになったことを田村のブログで知り複雑な心境の店長です・・・

↑ややこしいわw





さて昨日のブログはふざけすぎて、そろそろ田村にも怒られれそうなので(笑)

今日は真面目に商品の紹介をしたいと思います。



春の新作

「RETRO FUTURE BY 900」から

「RF-008」がついにTOKYO BASEに入荷しました!

「RF-008」 ¥37,800(税込)



DSC_0269








DSC_0248


「COL.001」



DSC_0250


「COL.147」



DSC_0253


「COL.447」



DSC_0254


「COL.159」



DSC_0255


「COL.853」



DSC_0257n


サイズ54mm 鼻幅18mm レンズカーブ4カーブ

もちろん度付きも対応しています。



DSC_0269n


個人的にご覧頂きたいのがフロントサイドの面です。

研ぎ澄まされたようなこの面の表情。



田村のブログにも書いてあるように最大で13mmの厚みになります。



フロントは緩やかなカーブを描きながらサイドはしっかりとエッジをきかせています。

滑らかなのに鋭い・・・このフロントに二面性をワタクシは感じ取りました。

これぞまさにRETRO FUTURE(レトロ フューチャー)です。 





DSC_0265


せっかくなので、着用イメージもどうぞ!



DSC_0205


「COL.447」

フロントサイドのエッジ感が伝わるでしょうか?



DSC_0206


非常にシンプルで合わせやすいですね。



DSC_0218


これは個人的にこんなポートレートを撮ってみたかったのですwww





さて、明日からも怒涛の新作ラッシュです!



てか、なんでこんなに一気に入ってくるの?





FACTORY900(ファクトリー900) デザイナー田村が語った〇〇なモデル

おはようございます、店長です。



さて昨日のブログでもお伝えしたようにカレー・・・

というよりナンが大好きな店長です。



第一回目となる「カレーミーティング」のご報告をせねば!

ということで今日はナンの写真からどうぞ。



もはやメガネ屋のブログではありません。





一番左、バターチキンカレーこの破壊力間違いありません。

(真ん中と右端は忘れました・・・説明ザツwww)



問題はナンです。



んまい!



この大きさも福井で行きつけのカレー屋さんに引けをとりませんな。



IMG_1859


近い近い!



IMG_1862


ちなみにこの「カレーミーティング」はFACTORY900のお客様と3人で行われました。



気づくと話題はナン、メガネ、メガネ、メガネ、ナン、メガネ・・・

みんな、どんだけメガネ好きなんだ!



さて、このままナンの話しを続けたいところですが・・・



今日はさらにマニアックな話しを。



以前にもお話ししたようにFACTORY900のビジュアルは現在、ワタクシの上司の・・・


上司の田村が担当しています。



ブログはもちろん製品情報の写真も田村が写真を撮っているわけですが、



そんな田村が語った

「FACTORY900のなかで、写真を撮るのが難しいモデルは?」




な、なんてマニアックなブログなんだろう。



まっいいか。

早速こちらから。



「FA-074」 ¥37,800(税込) 2013年発表



DSC_0153


先ずは、ワタクシのブログで定番の斜めからのショットです。





DSC_0163


どの角度が1番カッコよく見えるか?

どこから撮るとこのモデルの特徴を捉えられるか?



FACTORY900公式 製品情報の写真ですが1度全てを撮り終えてから

青山のダメ出しが入り、再度撮り直しを行ったというモデルです。



はたしてワタクシが撮れるのか・・・









DSC_0195


撮れませんwww


気をとりなおして・・・



「FA-073」 ¥35,640 2012年発表



DSC_0154


ご存知「テレビジョンカット」

こちらもいつものショットから。



あら?いつもと同じ角度からなんですけどなんかへん?





DSC_0165


下からあおって撮ってみました。

このボリュームが伝わりますか?



こうなったら接写です!



DSC_0181


田村のダメ出しの声が聞こえてきます・・・




最後はこちら

でた! 

「fa-1111」 ¥35,640(税込) 2013年発表



DSC_0155


作るののも大変なのに撮るのも大変(汗)

角度を変えて何度も撮ったものの・・・



チーーーン。





DSC_0200


この辺でお許し下さい。



自分で言い出しておいて自分の首を絞めた今日のブログ・・・



明日は正統派のブログです。

だってアレが入荷するんですよ!

お楽しみに~。


FACTORY900(ファクトリー900) 品番に隠された秘密その②

おはようございます、店長です。



昨日はあるお方とカレーを食べてきました。



そうそうワタクシ、カレーが好きなのです。


いや

ナンが好きなのです。



厳密にいうと
モチモチした食感が好きなのです。




ワタクシ・・



もういいですか?





福井には田村と行きつけのカレー屋さんがあります。

ポイントカードも持っているくらいです。

ちなみに1月に福井に行った際には、偶然そのカレー屋さんで、

某ブランドのデザイナーとバッタリという珍事件までwww



また機会があればそのお話も・・・



現在そのポイントカードは田村が引き継ぎそろそろポイントが貯まっているころだと思います。

田村にあのポイントカードはどうなったか聞いてみましょう(ニヤニヤ)



さてそんなしょーもない秘密は置いといて・・・



今日はこちらのご紹介です。



「アンダーリム」



アンダーリム・・・フチがその名の通りフレームの下にフレームがあります。



DSC_0142 


「FA-095」 ¥30,450(税込) 2007年発表



DSC_0130 


「FA-295」 ¥37,800(税込) 2013年発表



DSC_0131 


サイズ56mm 鼻幅17mm



DSC_0134 


サイズ56mm 鼻幅17mm



DSC_0135 


col.441



DSC_0140 


col.147



DSC_0138 




そうです、「FA-095」 「FA-295」



この2つの品番

FACTORY900のアンダーリムシリーズは

品番の末尾が「5」なんですね。





オイオイ!あれはどうしたんだよ!



ですね。

「FA-205」 ¥38,880 2009年発表



DSC_0132 


サイズ53mm 鼻幅19mm



DSC_0136




DSC_0139 


ご存知の方も多いかと思いますが「FA-205」は

残念ながら販売終了となっています。



尚、直営店、TOKYO BASEではこちらの「col.141」は1本だけ在庫がございます。

ご興味があるお客様はワタクシまで。



FACTORY900(ファクトリー900)の特徴の1つでもある

「ブリッジ」

各、3モデル

斜め上部からの見え方もそれぞれご覧ください。



DSC_0147




DSC_0148




DSC_0146


同じ「アンダーリム」でも表情はそれぞれ異なります。



また、FACTORY900全般に言えますが、同じモデルでも

フレームカラーが変わると全く別物になります。



現状、「FA-095」と「FA-295」のアンダーリムシリーズ。

そろそろこの2つを超えるアンダーリムが欲しいと思う今日この頃・・・

末尾「5」の今後に注目です!





今後はそれぞれのカラーバリエーションをご紹介しますね!





そしてカレーの行方もお楽しみに。


FACTORY900(ファクトリー900) オリジナルサングラスカラー

おはようございます、店長です。



季節は本格的に梅雨ですね。

雨の日はお気に入りのスニーカーはお休みとなり、

雨用のスニーカーで出勤する日々が続きます←若干テンション下がります・・・





あ"ぁーーーーモヤモヤします。



こんな日はなんかやらかしたい・・・



なにか爽やかなこと・・・



うーーーーーーん



雨の日は雨の日用のスニーカー・・・



メガネは?



そうだ!勝手にやらかしちゃおぉーー



ということで・・・



今日はこちらのご紹介です(ニヤリ)



爽やかなレンズカラーで気分転換!



「FA-211」 col.001 ¥35,640(税込)



DSC_0102n


「FA-243」 col.663 ¥37,800(税込)



DSC_0104


「FA-071」 col.850 ¥30,240(税込)



DSC_0106


「RF-001」 COL.850 ¥35,640(税込)



DSC_0105




そうです!ワタクシの独断で、

これだ!というモデルのレンズカラーをライムグリーンに交換しちゃいました!



DSC_0108n




DSC_0109




DSC_0110






DSC_0111


写真で見ると若干黄みがかって見えますが←写真撮った人の責任ですね←オレだ!

本来は非常に爽やかなライムグリーンです。



レンズカラーの可視光線透過率は66%

つまりレンズ濃度は34%になりますね。

ということは、うす曇のお天気でも体感的には暗く感じないと思います。



むしろ爽やか・・・



でもこれだけグリーンのレンズが並ぶと若干気持ち悪いですねwww

しまった!ブルーのレンズも用意しとけばよかった・・・



DSC_0125




DSC_0123




DSC_0126




DSC_0121




お洋服に合わせてメガネも着替えるのは当然アリですが、

季節によっても着替えてもいいですよね?


どうせなら、レンズカラーも変えて気分も上げてみてはいかがでしょう?(笑)






FACTORY900(ファクトリー900) 店長のお仕事

おはようございます、店長です。


ワタクシ店長は18才でこのメガネ業界に足を踏み入れた訳ですが、

そんなワタクシの実家は



メガネ屋なのです。



メガネ屋さんと言っても父親と母親が切り盛りしている、

いわゆる町のメガネ屋さんです。



小学校の卒業アルバムによく将来の夢って書きますよね。

ワタクシの小学校は電車の絵が書いてあって

みんな電車の車両に職種別になりたい夢を書くわけです。

夢列車的な(笑)



プロ野球選手、芸能人、学校の先生、美容師。まぁ普通はこんなん書きますよね。



ワタクシ、



メガネ屋って書いてました。



1人だけ別の車両w



お陰様で夢叶いました(笑)

 



高校の時に一度だけ父親と将来の話しをしたことがありました。

ワタクシ、野球をやっていたこともあり、スポーツ整体師?になりたいな〜

なんてふわぁ〜と思っていた時期がありました。

何かを感じとった父親が「お前何か将来やりたいことあるのか?」

って言ってきたんですよね。そんな父親の目を見ながら話しているうちに

「メガネ屋になって実家継ぐわ」なんて言ってたんですね。



子供の頃、お客様は勿論、周りの人になにかとペコペコと頭を下げる
父親の姿が大っ嫌いな時期もありました。


メガネ屋の息子って言うのもなんだか恥ずかしくて隠そうとした時期もありました。





でも今はメガネ屋になってホントに良かったなって思います。

そして胸を張ってメガネ屋やってるって言えると思います。



やっぱり自分にはメガネ屋の血が流れてるんでしょうね(笑)




そんな実家は残念ながら昨年、店をたたみました。




TOKYOBASEにあるカラーサンプル。

実はこれ、ワタクシの実家で使っていたカラーサンプルなんです。

実家を継ぐことは出来ませんでしたが、なんとなく実家で使っていたものを

自分もそのまま引き継ぎたくて。





好きなことを職業にする。

それはとってもステキな事です。

でもそれを仕事にした途端に甘えは許されなくなります。

好きだからこそ全力ですよね。





IMG_8928 






田村はFACTORY900が好き過ぎてこの道を選びました。

仕事としてFACTORY900への道を選びました。

きっと自分の中で覚悟を決めたんでしょうね。



IMG_8845n




青山も1度は外に出たものの、青山眼鏡を背負い「FACTORY900」を立ち上げました。



IMG_7473


「こんなん好きじゃなかったら続けられんわ」
青山がたまに口にする言葉です。



その好きという言葉の裏側にあるひとつの覚悟。





DSC_1008 


何故、そんなに頑張るの?



そんな熱い2人と一緒に仕事が出来る。


そして少なからず、メガネ屋の血が流れてる。

自分にはそれで充分です。



好きなことを職業にする。

そしてその好きという言葉の裏にある覚悟。



うんうん。



覚悟があれば一歩を踏み出せます。



TOKYO BASEの立ち上げもまさにその一歩。



一歩一歩、今日もがむばりましょう!















































FACTORY900(ファクトリー900) FA-207

おはようございます、店長です。



ワタクシ、田村にもよく聞くんですけど・・・

皆さん最近何か面白いことありましたか?


なぜかワタクシの周りにはオモシロいことが溢れております。



昨日の話しですがコンビニで「とろろそば」を買ったんです。

店員さんに「お箸はご入用ですか?」と聞かれたので

「お願いします」

と答えたのですが・・・



いざ、食べよと袋をあさってみると



「スプーン」が入ってました。



オーーーーーイッ!!



一人ぼっちのTOKYO BASEにワタクシの突っこみが響き渡ったわけです。

まぁ、そのままスプーンで「とろろそば」食べましたけどねwww



食べにくいわ!

イラッとくる前にもはやニヤニヤしちゃいます。
なぜかワタクシの周りにはこんなオモシロいことが溢れております。

どーーーでもいい話しですが、これからもご報告致します。



さて、スプーン事件があったので今日はこちらのご紹介。



「FA-207」 ¥41,040(税込)  2012年発表



DSC_0054


FACTORY900(ファクトリー900)をこよなく愛している皆さんはご存知

通称「スプーン」です。



ワタクシのスプーン事件からの流れでの「FA-207」・・・

どうぞ冷ややかに笑って下さい。



DSC_0041


col.027



DSC_0043


col.190



DSC_0044


col.082



DSC_0045


col.861

※今日現在、「col.264」は在庫を切らしております。



DSC_0046


実はこの「FA-207」には同じカテゴリーのモデルがあるのをご存知ですか?

これについてはまたいずれブログに書きたいと思います(笑)



DSC_0047


この「FA-207」の大きな特徴でもあるテンプル(腕)
スプーンの呼び名が付いたのもこのテンプルを見て頂ければ分かりますよね。

(カレー食べれそうです)

田村いわく、このテンプル(腕)を一本作るのはフロント(前枠)を作るのと同じくらい手間がかかるそうです。

入荷が遅くなるのもうなずけます。





DSC_0051


写真を撮っていて気づいたのですが、掛けるとかなりの破壊力をもっている

「FA-207」

置いてあるシルエットもなかなかカッコいいと思いませんか?



DSC_0055


個人的にはこの角度からの見え方。



メガネを折りたたんでここまでの存在感を放つメガネが他にあるでしょうか?





そしてこの「FA-207」実はかなり掛け心地も良く、TOKYO BASEでもお蔭様で

非常に人気です。



掛けて良し、置いた時の姿も良し!



これが「スプーン」です。



TOKYO BASEにご来店の際は是非「FA-207」をお試し下さい。





FACTORY900(ファクトリー900) 直営店TOKYOBASE 磨きイベント

おはようございます、店長です。



実は昨日で神宮前原宿に「FACTORY900 TOKYO BASE」がオープンして4ヵ月となりました。

がしかし、まさかの電車の人身事故による遅延により

ワタクシがオープン時間に間に合わないというトラブルwww



色んな意味でドキドキする直営店 TOKYO BASE

これからもどうぞ宜しくお願い致します。 






さて昨日、一昨日とTOKYO BASEではこんなイベントを行っていました。



image


「職人による磨きイベント」

先日のブログでも告知したようにあの人がTOKYO BASEにやってきました。



そうFACTORY900(ファクトリー900)デザイナー青山 嘉道です。


職人と言っておきながらしれーーっと「ボクでーす」と登場させて頂きました(笑)

(ふざけた登場にも関わらず手作りのお土産をご持参頂いたA様、青山に変わってありがとうございます!)



今回で2回目となる「職人による磨きイベント」



職人と聞いてピンときた方、全く知らずにご来店頂き、いきなり青山登場でビックリされた皆さん



これからもTOKYO BASEでは

こんなサプライズを企画していきますね!



ふぃ~企画番長は大忙しです・・・





さてさて、しれ~と登場しても、やるからにはガチで!

ホントに青山が磨きますよ!



DSC_1284


ワタクシのブログに度々出てくるバフで青山自ら磨きを行います。



DSC_1260


フレームも一度分解し、細かい箇所までバフをあてて細かい傷を取り除き、くすんでしまった艶を蘇らせます。



DSC_1348


フレームを磨いているときの青山はワタクシが知る青山とは別人になります。

声を掛けるのも躊躇してしまうほど、ピーーーンと張り詰めた空気を感じます。



DSC_1328


青山の背中越しから聞こえてくるバフにフレームがあたる音。

ついつい写真を撮る手を止めてその音に、手の動かし方に見入ってしまいます。



DSC_1332


磨きの長(おさ)もそうですが、磨きの上手な人の手の動きを見るとホントに

簡単に見えるんですが、いざ自分がやってみるとこんなに滑らかに手がうごかないんですよね・・・



DSC_1338


磨き・・・奥が深いです 。



DSC_1358






DSC_0021


デザイナー、作り手がエンドユーザーであるお客様と直にお話しをする・・・



実はコレって中々ないことなんです。



お客様と直に話している青山を横目で見て



青山の笑顔がとても印象的でした・・・



多くの皆さんのお力添えによってFACTORY900にはTOKYO BASEという

ひとつのが出来ました。



お客様との距離もグッと近くなり、皆さんの笑顔を直に感じることができる最高の場だとワタクシは考えています。



直営店=全ての商品が見れる・・・だけではなく、何かもっと大きなこと・・・



自分たちにしか出来ないこと、自分たちだからやれること。



何か新しいこと、楽しいことを発信する場所、それがFACTORY900の東京基地だと思うのです。

そしてTOKYO BASEにはまだまだ未来に向けて多くの可能性がある場だと思います。



うんうん。



そして企画番長のワタクシはもう次の企画を立てましたよ。

ワタクシ「どうっすか?」

青山「店長大丈夫?」

ワタクシ「やるしかないっしょ!」



次のイベントもお楽しみに(笑)






























FACTORY900(ファクトリー900) FA-320 新色 白&クリアー

おはようございます、店長です。



昨日はあるお客様から差し入れを頂きました。



なんとワタクシがチーズが苦手なのにチーズケーキが好きという

もはや、なんだか訳の分からない好みを把握して頂いていたようで・・・

ありがとうございます。



さっそく



いただきます。


んまい!
残念ながら田村には

あげませーーーーーん。



DSC_1317

さて先日、田村のブログでもご紹介しました



「FA-320」の新色

これはワタクシのブログでもご紹介せねば!

ということでこの2色をご覧いただきます。



「FA-320」 ¥37,800(税込) 



DSC_1224


col.853



DSC_1223


col.850



DSC_1228




DSC_1226
    



DSC_1231




DSC_1229


実はこの白、磨きの皆さんからするとチョット厄介らしいです。

どうやらこの白の生地が意外に硬く磨きにくいとの事。

磨きの皆さん・・・応援してます。



DSC_1234


そして「クリアー」

田村がどうしてもカラーバリエーションに加えたかったという熱意で誕生したのがこの「クリアー」です。



DSC_1235


これからの季節、この白&クリアーは絶対に映えますよね!

もしワタクシだったら・・・



オレンジミラーを入れて激しくしちゃいますね(笑)





田村さん・・・





あのぉ・・・

あのぉ・・・



どうでもいいけど

特にこの「クリアー」



写真撮るのめっちゃゃ難しいよ!


メガネをすでに沢山持っている皆さん、

今一度、ご自身のコレクションをご覧ください。

アレ?白とかクリアーとか持ってない・・・なんてことないありませんか?

「いつかは白を欲しい!」そう思っていながら先延ばしにしていませんか?(笑)


是非この機会にFACTORY900(ファクトリー900)の
白&クリアーを見直してみて下さい!