FACTORY900(ファクトリー900) FA-240 新色「col.069」発売開始です!

おはようございます、店長です。

7月も中旬、もうすぐ夏休みですね~。
昨年の8月は本社福井の工場に合わせ夏季休業を頂きましたが、今年はお盆期間中も、定休日である水曜日以外は通常通り営業致します!
この夏休みを利用して東京にお越しの皆さん、是非TOKYO BASEにも遊びにいらして下さい!

さて、今日から三連休、皆さん連休のご予定はもうお決まりですか?
そんな三連休初日、ついにこちらのカラーが入荷です!

皆さんご存知のように、今週月曜日には一部モデルの生産終了について、正式に発表をさせて頂きました。
無くなるモデルがあれば、新たに加わるモデルもあります。
今回はその第一弾として「FA-240」にレギュラーカラーとして、新色3カラーが加わります。

本日ご紹介するのは「col.069」
じっくりご覧下さい!


DSC_9260
「FA-240」 col.069 ¥37,800(税込) 2016年追加カラー
DSC_8855n

DSC_9272
サイズ55mm 鼻幅18mm レンズカーブ5カーブ

DSC_8846
今回新たに加わったカラーはイタリア、マツケリ―社の新生地です。
クリアーの中に黒と乳白色の生地が不規則に閉じ込められ、まるで結晶のような質感です。


イメージ 212
DSC_8829
「実際掛けた時にどのような印象になるか?」
今回の新色で皆さんが一番気になるところではないでしょうか?

こんな時ほど店長ブログ恒例のスタイルサンプルです(笑)

では、早速ご覧下さい!
DSC_9309
DSC_9310
フレーム単体では、あっと驚くような新色の「col.069」ですが、実際に掛けてみると、意外に馴染みやすいカラーであることに気付きます。
ベースとなるクリアーの生地の中に見える乳白色は、通常の白と違って肌馴染みも良く、逆に黒の柄を引き立ててくれます。
遠目から見ると「FA-244」に使用されている「col.092」白迷彩のようにも見えなくはないですが、この馴染みやすさは今までには無い柄系のカラーとなります。
また、個人的には昨年発表された「col.100」よりも合わせやすいと思いますね。
DSC_9304
DSC_9305
DSC_9312
パッと見のインパクトと高級感を兼ね備えた「col.096」

独特な透明感があり、まさにこれからの季節にピッタリのカラーではないでしょうか? 白でもない、黒でもない、"クリスタル"なカラー、是非お試し下さい!

明日の店長ブログでは新色「col.176」をご紹介します!



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 
メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-091 生産終了のお知らせ

おはようございます、店長です。

昨日は天気予報通り、渋谷区は夕方からゲリラ豪雨に見舞われました(汗)

一時的とはいえ、ホントにスゴかったです!
TOKYO BASEの階段はあっという間に滝のように・・・あれ?去年も同じこと書いたような・・・



さて、昨日一昨日と、この店長ブログでは"名作"といわれる2つのモデルを他のモデルとの掛け比べ、その違いをご覧頂きましたが、正式に生産終了が決まった今、是非キレイな写真でご覧頂きたい!
というこで、レギュラーカラーを全て撮影し直しました(汗)
先ずは「FA-091」からご覧頂こうと思います。


DSC_5623
「FA-091」 ¥30,240(税込) 2004年発表
DSC_9258
サイズ55mm 鼻幅18mm レンズカーブ5カーブ
DSC_9256
尚、過去にご紹介した関連記事も合わせてご覧下さい。
「FA-091」の関連記事はこちらからどうぞ。
「FA-091」と「FA-092」の比較はこちらからどうぞ。
カラーバリエーションは全7色

DSC_5598
DSC_9246
「col.001」black (黒)
DSC_5604
DSC_9248
「col.097」black marble (黒マーブル)
DSC_5607
DSC_9249
「col.169」beer brown (ビール茶)
DSC_5610
DSC_9250
「col.179」brown sasa (茶ササ)
DSC_5612
DSC_9251
「col.425」gray (グレー)
DSC_5615
イメージ 211
「col.850」clear (クリアー)
DSC_5618
イメージ 210
「col853」white (白)

今日現在、TOKYO BASEには全てのカラー在庫がございます。
しかし、福井本社には、どのカラーも残りわずかとのこと。
特に「col.001」「col.853」はこれがラストチャンスになりそうです・・・
名作といわれる「FA-091」この機会をお見逃しなく! 
DSC_5621



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 
メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-092とFA-204を比較してみました

おはようございます、店長です。



定休日明けの木曜日、今日の関東地方は猛暑日になりそうですね。

それにしても東京は独特の暑さがありますね・・・まだ正式に梅雨明けしていないというのにこの暑さ・・・

今日はハーパンで出勤しますw



さて、昨日の店長ブログではでは「FA-091」と「FA-201」をそれぞれ比較してみました。

その時代の歴史を作ってきた2つのモデル、特に生産終了は発表した「FA-091」に関しては感慨深いものがあります。

そして「FA-091」と同じく時代を作ってきたモデルといえば「FA-092」ではないでしょうか。この2つのモデルこそまさに双璧と呼べる2つのモデルだと思います。



今日はこの「FA-092」と同じく、時代を牽引してきたといっても過言ではない「F-204」を比較してみたいと思います。






「FA-092」 ¥35,640(税込) 2004年発表



DSC_9182


「FA-204」 ¥35,640(税込) 2007年発表



DSC_9185


「FA-091」と同じ2004年に発表された兄弟型。

10年以上前に発表されたモデルとはいえ、今もなお、ファンの皆さんを魅了してきた「FA-091」と並んで一時代を築き上げた代表作の1つです。その完成度の高さは、デザイナー青山がモデルチェンジを拒むほど、思い入れの深いモデルでもあります。

これに対し「FA-204」はFACTORY900のなかでベストセラーとも言うべき、ブランドをより成長させたモデルと言っても過言ではありません。

それぞれFACTORY900を代表する2つのモデルをフロント、サイドから比較してみます。



DSC_9196


サイズ56mm 鼻幅18mm レンズカーブカーブ6カーブ



DSC_9198


サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ



DSC_9202




DSC_9199


「FA-091」と「FA-201」の比較でもご紹介した通り、今日ご紹介している2つモデルもこの"丁番"が大きな違いの1つといえると思います。

しかし、この様に2つのモデルを同じ角度でご覧頂くと、そのボリュームも大きく異なることがお分かり頂けると思います。

また、「FA-092」も鼻パット部は決して高くはありません。

掛け心地に難があるという皆さん、是非"鼻盛り"も含めご相談下さい。



DSC_9216




DSC_9212


では、2つのモデルを掛け比べてみましょう。

「FA-092」



DSC_9239


「FA-204」



DSC_9240


スマートでありながらエッジがきいている「FA-092」

適度なボリュームと立体感を持ち合わせたこのフォルムがお顔の表情をキリッと引き締めます。

凛としたその表情は初対面の方にも好印象を与える1つの武器になるのではないでしょうか。

対して「FA-204」は絶妙なバランスを感じます。

フレームの立体感、ボリューム、エッジ、全てにおいてバランスがとれている「FA-204」

どなたが掛けても、掛けこなせるという安心感が魅力です。

しかし、一般的に決して普通ではないこのデザインは、今の時代だからこそ個性として受け入れられるハズです。

「FA-092」



DSC_9244


「FA-204」



DSC_9245




改めて感じる「FA-092」のカッコ良さ・・・

現時点でTOKYO BASEには全てのカラーがご用意出来ます。

生産終了が正式に決まった今、改めてその完成された造形美を店頭でご覧下さい。

そして「FA-204」をこれからも宜しくお願いします!

どうせなら、新色が出ればいいのに・・・







FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
/>Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

title="メガネ・サングラス ブログランキングへ" href="http://blog.with2.net/link.php?1767372:2448" target="_blank"> 

メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) FA-091とFA-201を比較してみました

おはようございます、店長です。

昨日、一昨日と、多くのアクセスを頂き、ありがとうございます。
FACTORY900 Designer`s Blogにて、正式に発表された「価格改訂と生産終了モデルのお知らせ」
この店長ブログでは、TOKYO BASEの在庫状況も踏まえて、改めて生産終了モデルについてご案内していきたいと思いますので今後ともチェックしてみて下さい。

さて、今日の店長ブログでは、あるお客様からご要望頂いた、モデル別の掛け比べをしてみたいと思います。

ズバリ、「FA-091」と「FA-201」を比較してみましょう!
先ずは両モデルのスペックをご覧下さい。
DSC_9218
「FA-091」 ¥30,240(税込) 2004年発表
DSC_9172
「FA-201」 ¥35,640(税込) 2006年発表
DSC_9176

今回の生産終了モデルに含まれる「FA-091」
2004年に発表され、FACTORY900の名を世に広めたモデルの1つといっても過言ではないと思います。
これに対し2006年に発表された「FA-201」
2008年にバネ丁番の仕様を改良し、今やTOKYO BASEでも人気モデルベスト5にランクインする人気モデルです。2015年には「Sサイズ」を発表し、小顔の皆さんにも大変ご好評頂いております。

フロント、サイドの比較もご覧下さい。
DSC_9188
サイズ55mm 鼻幅18mm レンズカーブ6カーブ
DSC_9194
サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ


DSC_9208
DSC_9204
この2つのモデルの大きな違いといえば、”丁番”と呼ばれるフロントとテンプルを繋ぐ個所です。
現在のFACTORY900はほぼ、このオリジナルバネ丁番が採用されています。
また、パット部の高さ、下の写真のように2つのモデルを比べてみるとその違いはハッキリとお分かり頂けると思います。
DSC_9209
DSC_9211

ではこの2つのモデルを掛け比べてみましょう。

「FA-091」
DSC_9238
「FA-201」
DSC_9237
一見、よく似ているような2つのモデルですが、お顔にのせてみると、その違いはお分かり頂けると思います。
テンプルの太い「FA-091」は適度なボリュームで力強さを印象付けられます。
対して「FA-201」はその細身な流線形でスマートでスッキリとした表情を作り出します。
これにより、女性の皆さんにも合わせやすく、ユニセックスなモデルといえるのではないでしょうか。

「FA-091」
DSC_9228
「FA-201」
DSC_9227

どちらが、良い悪いではなく、それぞれに特徴をもった2つのモデル。
掛け心地はもちろん、是非店頭で掛け比べてみて下さい。
尚、「FA-091」に関しては現時点でTOKYO BASEには全カラー在庫がございます。
生産終了が決まった今、是非ご検討下さいませ。
尚、「FA-091」に関しては改めてそのカラーバリエーションも含めご紹介しますね!



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 
メガネ・サングラス ブログランキング


FACTORY900(ファクトリー900) 生産終了のお知らせ

おはようございます、店長です。



2016年がスタートしてすでに半年、今年もブランドとして多くのニュースを発信してきました。

このTOKYO BASEがオープンして少しづつですが、ブランドヒストリーはもちろん、工場である青山眼鏡の歴史についても、このブログを通して皆さんにお伝えしてきたかと思います。



そして今日はFACTORY900として、皆さんに大切なお知らせがあります。



昨晩すでにFACTORY900 Designer`s Blogでご案内の通り、

一部の商品の値上げ及び、過去モデルの生産終了を正式に発表させて頂きました。



工場ブランドであるFACTORY900は2000年のスタート当初から、極力廃番モデルを作らず、お客様のご要望にご対応してきました。



ブランドとして16年、このスタイルを貫くことがどれだけ凄いことなのか?

20年以上店舗での販売を経験してきたワタクシの立場から言うと、1つのモデルを10年以上作り続けているメーカーはそうそうありません。

外部から入ってきたワタクシがまず驚いたことの1つです。 





今回のこの発表は10年以上前からFACTORY900を応援してきて頂いた皆さんをはじめ、多くの皆さんが大変驚かれたと思います。

そしておそらく、この価格改定及び生産終了についても賛否両論だと思います。



しかしながら、自分たちが

「THE FUTURES EYEWAER」 というコンセプトのもと、常に新しいモノを生み出していくためには、この大きな決断をせざるを得ませんでした。



今回の件については、社長をはじめ、青山、田村、そこにワタクシも加わり、幾度なく話し合いをしてきました。

価格改定もそうですが、生産終了という、ブランドにとって大きな決断は、そう簡単に纏まる訳もなく、色々な視点から各々の意見を出し合い、話し合いは進みました。







「FA-091」「FA-092」のような名作を生産終了にするという大きな決断は、デザイナーである青山にとって、本当に苦渋の決断だったと思います。 

また、過去に1人のユーザーであり、青山を1番身近で見ていた田村も複雑な心境だったと思います。




余談ですが、以前にある取り扱い店舗さまから、「過去のモデルをバネ蝶番仕様にモデルチェンジをしてはどうか?」とご意見を頂いた事がありましたが、青山が首を縦に振ることはありませんでした。

考えてみれば、1つ1つのモデルに魂の全てを注ぎ込み、生み出したモデルに対して、モデルチェンジという選択肢は元よりなかったのかもしれません。







会議の際に、時より見せる青山のなんとも言えない表情を今でもハッキリと覚えています。

そして「ホントにいいんですか?」の問いかけに、黙って頷いた青山に1つの覚悟を感じました。



無くなるモノがあれば、新たに生み出されるモノがあります。



今後も過去の名作を上回るモノをきっと生み出してくれるとワタクシは信じています。 

そして、新たなるFACTORY900の想いをカタチとして皆さんに余すところなくお伝えするのがワタクシの使命です。



皆さま、どうぞ今後のFACTORY900にご期待下さい。 












FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 

Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

 

メガネ・サングラス ブログランキング



直営店 TOKYO BASE 鼻盛り加工について

おはようございます、店長です。

突然ですが、最近ワタクシは体幹トレーニングとストレッチにハマっています。
というのも、大幅なダイエットに成功した店長ですが、今は体重ではなく、体脂肪を減らすことに着手しているのです。
40才を目前にして、体調管理にも気を使いたいと思う今日この頃です。


さて、今日は店長の日々のお仕事についてです。

昨日のブログで少しだけ触れましたが、ここ最近パット部のカスタム、つまり"鼻盛り"のご依頼をお受けします。
TOKYO BASEでお求め頂いた商品の鼻盛り加工は無料にて承ります。
そしてこの作業こそ、ワタクシの大事な仕事の1つです。
では実際どのように鼻盛りを行っているのか?その作業工程をご覧頂きます。

今回、ご依頼頂いたのは「FA-143」
フレームのリムと呼ばれるフチが頬に当たってしまうということで、鼻盛り加工にて、パット部を高く、そして狭くカスタムすることによって、お顔からメガネを離すことが出来ます。

イメージ 206

先ずは、ニッパでパット部を切断します。
DSC_9116
かなりの力を加えてバチンと切断するため、その断面はこの様にグチャグチャになってしまします。
でもご安心下さい。
DSC_9131
工場でも使用しているヤスリを使って断面を整えながらさらに削ります。
ワタクシの場合は、フレームの太さ、断面の状態によって4種類のヤスリを使い分けます。
最初は目の粗いヤスリを使用し、徐々に目の細かいヤスリに移行します。
この"ヤスリがけ"こそ、最終的な仕上がりが左右される、実は非常に重要な工程なのです。
新しいパットとの接地面をいかにキレイに削るか?つまり、より平らに滑らかになっているかでその完成度は全く違うのです。
DSC_9139
一般的にはここでサンドペーパーを使用し、さらに接地面を滑らかにするのですが、今回は早くも"バフモーター"でその接地面を磨きます。 

この段階ではヤスリをあてることによってできた傷を落としながら、接地面の凹凸をなくす為の、いわば"下磨き"のような作業です。
DSC_9142
左パット部はヤスリで削った状態。右パット部はバフによりヤスリのキズ、表面の凹凸を滑らかにした状態です。
しかし、まだまだ本来の光沢ではありません。
あくまでこの工程は下磨きです。
DSC_9141
さぁ、ここからいよいよ"仕上げ磨き"になります。
光に当て、小キズの有無を確認しながら表面に光沢が出るまで磨き上げます。
DSC_9147
DSC_9153
表面がピカピカになった所に新たなパットを溶着し、一晩乾かして完成です。

DSC_9170
DSC_9168
我ながら非常にキレイに仕上がりました。

また、モデルによって使用するパットの種類は異なります。
こちらの「RF-007」の場合は違う形状のパットを使用しました。

イメージ 208
リムの幅、形状によって「RF-143」に使用したパットより、大きめなパットを使用させて頂きます。 

DSC_9163
鼻盛り前と比べて頂くと、その違いは一目瞭然ですね。
DSC_9167

尚、今日ご紹介したパットは基本クリア色のパットになります。

TOKYO BASEはお客様のご要望に応じて共色、つまり同じフレームと同じアセテート生地を使用しての鼻盛りも承っております。
これによりパット部の高さ、幅等、お客様のご希望に応じてご対応出来ます。

※共色の鼻盛りに関しては、工場にて1からパーツを製作するため有料となります。
納期も合わせお気軽にご相談下さい。

FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 
メガネ・サングラス ブログランキング


RETRO FUTIURE BY 900(レトロフューチャー) RF-008をクリアレンズでメガネ仕様に

おはようございます、店長です。



ここ最近、なぜか集中して鼻盛りの依頼が増えております。

基本的にTOKYO BASEでは鼻盛りはワタクシが店内で行います。

つまりワタクシは鼻盛り番長なのです

TOKYO BASEでお求めの商品は無料にて、持ち込みの場合は¥5,400(税込)にて承っておりますのでお気軽にご相談下さい。





さて、話はガラリと変わりますが、今日はこちら「RF-008」をご紹介します。



過去数回に渡って「RF-008」についてご紹介をしてきたと思いますが、今日は「RF-008」をメガネ仕様としてご覧頂きたいと思います。



というのも、昨年6月にサングラスモデルとして発売をした「RF-008」ですが、このモデルをメガネとしてご使用頂いている皆さんもいらっしゃいます。

また、TOKYO BASEだけでなく、「GIFU BASE」「GUNMA BASE」でも同じようにメガネでご使用頂ているお客様もいらっしゃるようです。

普段はサングラスとして店頭に陳列している「RF-008」をメガネ仕様でそのフォルムをご覧下さい。

「RF-008」 ¥37,800(税込) 2015年発表



DSC_9101




DSC_9096


サイズ54mm 鼻幅18mm レンズカーブ4カーブ



DSC_9097


「RF-008」の見所といえば、その肉厚のあるフロント。

最大で約13mmのフロントは、他のアイウェアでは味わうことの出来ないウェリントン型ではないでしょうか。

メガネ仕様にするとその印象はさらに際立ちます。

クリアレンズとの組み合わせで改めて感じるその存在感。

近年のクラシックブームのなかで、他のアイウェアに埋もれない、その独自性はファクトリー900ならではです。







イメージ 205








DSC_9104


サングラスとしてご紹介した際に触れましたが、箱型のようなシンプルなフロントの造形は、実はゆるやかなカーブを描き、お顔に収まります。

そうはいっても極太のテンプルによって掛け心地がシックリこないという皆さん、ご安心下さい。

レトロフューチャーはしっかりとご調整が出来ます。パット部のカスタマイズも含めてご相談下さい。



DSC_9098




DSC_9102


続いてカラーバリエーションをどうぞ。



DSC_9081


「col.001」



DSC_9090


「col.147」



DSC_9095


「col.159」



イメージ 204


「col.447」

本来はここに「col.853」whiteが加わりますが、流石にメガネ仕様になるとwhiteはクセが強すぎますね(汗)



Ray-Ban(レイバン) を初めてとするウェリントン型のメガネは、もはやファッションアイテムとしても誰もが認めるド定番です。

しかし、その定番アイテムでは満足出来ないという皆さんがいるのも事実。

ではそういった皆さんが次にどんなアイテム探しているのか?



「RETRO FUTURE BY 900」今、キテます!



さて、では本日も鼻盛りをしたいと思います(汗)





FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 

Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

 

メガネ・サングラス ブログランキング


夏におススメのカラーFACTORY900(ファクトリー900) col.840 clear gray (クリアグレー)

おはようございます、店長です。



去年の今頃は何をしてたかなぁ〜。来年の今頃は何をしてるかなぁ〜。

過去を振り返りながら未来をイメージする、最近の日課です(笑)



最近、大人しくなったね〜そんな風に言われないようにこれからもガンガン動きますよ!



TOKYO BASEとして昨年と大きく違う点は、店舗を飛び出して各地でイベントを行っている点です。

今月は29日(金)30日(土)GUNMA BASEにワタクシが出張します!

が、しかーーーし、

当日誰も来てくれなかったらどうしよう・・・そんな不安が頭をよぎりますが・・・
当日が色んな意味で楽しみですw





さて、過去にもFACTORY900の共通カラーをご紹介してきましたが、本日ご紹介するのはこちらのカラー

「col.840」clear gray (クリアグレー)です。



FACTORY900といえばカラーバリエーションの多さも魅力の1つではないでしょうか。

そして、gray(グレー)といっても2種類のグレーカラーが存在します。



皆さんが1番馴染みのあるグレーは「col.425」だと思います。



そしてガラスのように透き通ったカラーが「col.850」



「col.425」だと少し暗い・・・「col.850」はキレイだけどクセがある・・・

そんな皆さんに是非オススメしたいカラーがこちらの「col.840」です。



では早速モデル別にご覧下さい。



「FA-201」 ¥35,640(税込) 2006年発表



イメージ 194


サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ



イメージ 202


FACTORY900の中では最多カラーバリエーションの「FA-201」

現在は新色も加わり、男女共に人気のモデルです。

そのスマートな造形はFACTORY900は初めてという皆さんもチャレンジしやすいモデルとなっており、発売から10年経って尚、皆さんから愛されているモデルの1つです。

「FA-201」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。





イメージ 195


「FA-208」 ¥37,800(税込) 2011年発表



イメージ 191


サイズ54mm 鼻幅17mm レンズカーブ5カーブ



イメージ 200


ブローラインモデルの中では人気No.1といわれる「FA-208」FACTORY900の代表的なモデルの1つですね。

ビスネスシーンからプライベートまで、幅広く使用できる「FA-208」は非常に便利なモデルとして、「コレクションの一部として持っていても損はない」とお客様からの声を多く聞きます。

その中でも人気のカラーはこの「col.840」と「col.447」clear blue (クリアブルー)が人気です。

「FA-208」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。



イメージ 197


「FA-291」 ¥37,800(税込) 2011年発表





イメージ 190


サイズ54mm 鼻幅16mm レンズカーブ3.5カーブ



イメージ 199


細身の立体を掲げる「FA-290番台」

スッキリとしたフォルムでありながらその立体感はFACTOIRY900らしさ満載のモデルです。

特にこの透明感のある「col.840」clear gray (クリアグレー)と流れるようなフォルムとの相性はバツグンです。

「FA-291」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。





イメージ 198


「FA-202A」 ¥35,640(税込) 2014年発表





イメージ 193


サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ5カーブ



イメージ 203


普段ビジネスシーンで使用しているという皆さんが非常に多い「FA-202A」

事実、「FA-204」だと仕事では使いにくいといわれる皆さんにおススメさせて頂いております。

2014年にモデルチェンジをして、新たに生まれ変わった「FA-202A」、col.840によってよりスマートな印象を演出します。

「FA-202」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。





イメージ 196




FACTORY900の中で王道のカラーといえば「col.001」Blackですが、これからの季節、少しでも爽やかな印象を作り出すにはもってこいなカラーいえば「col.840」clear gray (クリアグレー)も外せません。
お洋服もそうですが、季節によってメガネのカラーを変えて気分をリセットしてみるのもアリだと思います。
夏に向けてのメガネ選びの参考にしてみて下さい!




FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 

Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

 

メガネ・サングラス ブログランキング




factory900(ファクトリー900) シルモドール受賞モデル fa-1111

おはようございます、店長です。



昨日は天気予報通り、殺人的な暑さの1日になりましたね(汗)

ここまで暑いとTOKYO BASEのある裏通りは人通りがまばらに・・・

しかし、こんな暑さのなかでも、足を運んで頂けるお客様に感謝です。



さて、日差しが徐々に強くなる今日この頃、連日サングラスのご要望も増えております。

そんなタイミングでこちらのモデルが久しぶりに入荷しました!





ご存知「2013年SILMD`OR(シルモドール)サングラス部門 受賞モデル 」
 「fa-1111」


昨年の8月に発表した「TOKYO BASE小文字シリーズ人気ランキング」では第2位にランクインした人気モデルです。

そしてTOKYO BASEの内情にお詳しい皆さんはご存知の通り、3月から加入したスタッフ松本はこの「fa-1111」col.541をメガネ仕様にしております。

今回は全てのカラーをサングラス仕様でご紹介したいと思います。

先ずはその造形からご覧下さい!



「fa-1111」 ¥35,640(税込) 2013年発表



DSC_9045




DSC_9043


サイズ43mm 鼻幅25mm レンズカーブ4カーブ



DSC_9042


「fa-1111」の最大の見せ場であるフロントの折り曲げ。


本来はラウンド型のフロントを、上下共に折り曲げることにより、プラスチックフレームの新たな可能性と見る角度によって変化する"今までにはないデザイン"を生み出したのがこの「fa-1111」と言えます。

一見、細身でシンプルなデザインに見えますが、工場内部では非常に厄介なモデルの1つのようです。

しかし、この「fa-1111」を作り出す技術の確立によって昨年、春に発表した「fa-1112」が誕生したのは言うまでもありません。



DSC_9039






イメージ 189


これらの写真のように、見る角度によって様々な表情を見せてくれる「fa-1111」

正面からは落ち着いたスクエア型、斜めからはフロントとレンズが分離し、実はレンズがラウンド型になっているという、どこかクラシカルのようで新しい、つまりこれも"FUTURE"を感じるサングラスに仕上がっています。





DSC_9041




DSC_9044


カラーバリエーションは全4色





DSC_9021


「col.103」



DSC_9032


「col.269」



DSC_9027


「col.541」



DSC_9038


「col.850」



発売当時は全5色でのカラー展開でしたがこちらの「col.200」は現在廃色となっております。


既にこちらの「col.200」をお持ちの皆さん、非常にレアなカラーとなっておりますので大切にご使用ください。



DSC_9018


factory900(小文字シリーズ)特有のデザインと軽さを兼ね備えた「fa-1111」

個人的には「col.200」が廃色となった今、追加カラーを熱望しております。

今度こっそり青山に提案してみますね(笑)



どことなく、コミカルなデザインに見えますが、サングラスとしてはもちろん、メガネとしてもチャレンジしやすいモデルではないでしょうか。

この原宿、表参道エリアでも人とカブることのないサングラス「fa-1111」オススメです!







FACTORY900 TOKYO BASE 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: 
tokyobase@factory900.jp 

Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

 

メガネ・サングラス ブログランキング


VioRou(ヴィオルー) Masa&Yoshiをサングラス仕様に

おはようございます、店長です。
image
 
突然ですが福井の景色ではありませんw    
最近の休日は夕方お散歩をすることが日課になっています。
見渡すばかり田んぼですが、毎日原宿の人込みを見ていると、たまにはこんな景色でほっとしたくなるのです(笑)
充電完了。また一週間がむばります。
 
さて今日も日差しが強そうですが、店長ブログではこんなサングラスのご提案です。
VioRou(ヴィオルー)
過去にこの店長ブログでのご紹介させて頂いたYoshi(ヨシ)をサングラス仕様にしてみました!DSC_9010  
VioRou Yoshi ¥38,000(税別)
DSC_9004DSC_9009
 
「col.2406/2409」
Yoshiの商品詳細はこちらからどうぞ。  
もともと青山眼鏡でそのパーツの一部を手掛けた旧トイシリーズのYoshi。
その名前の由来はFACTORY900デザイナー青山嘉道のヨシから名付けられたという事実を皆さんご存知でしたか?
そんなサングラス仕様のYoshiを早速、松本に掛けてもらいましょうDSC_8938
小顔の松本にも無理なく合わせることの出来るサイズ感。
以前ご紹介した、RF-009以来、なかなかシックリくるサングラスがみつけられずにいた松本にピタッとハマった感があります。
近年、まだまだビックサイズのサングラスが主流ではありますが、時代の流れに左右されない拘りのサングラスとして活躍してくれます。  
DSC_8930    
そんな流れでこちらのモデルもサングラス仕様にしてみました!  
「Masa」(マサ)
DSC_9017  
VioRou Masa ¥38,000(税別)
DSC_9007DSC_9008  
「col.1471/1343」
Masaの商品詳細はこちらからどうぞ。
DSC_9013DSC_9016  
変則のボストン型、Yoshiに対してウェリントン型のMasa。
本来はワタクシがスタイルサンプルになりたいところですが、松本から「ガラが悪い」と一蹴されたので、じゃあ、オマエやれやーという訳で松本のスタイルサンプルをお楽しみ下さい。 DSC_8954
FACTORY900のような、お顔を包み込むような立体感はありませんが、Masa、Yoshiの特徴である扇をイメージしたギザギザのフォルムが、一般的なサングラスとは一線を置きます。
遊び心がありながらも、あんまりハデなサングラスは苦手・・・そんな皆さんにはもってこいなサングラスではないでしょうか。
DSC_8957イメージ 185  
尚、TOKYO BASEでは度なしのカラーレンズを多種ご用意しています。
金額は一組5,400(税込)より承ります。
使用用途も含め、お気軽にご相談下さい!

FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail:
tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休