FACTORY900 TOKYO BASE 店長のお仕事 番外編②

おはようございます、店長です。



昨日あるお客様がTOKYO BASEにご来店頂き、



なんとワタクシの店長DIARYを見ていると嬉しいお言葉を頂きました。



めっちゃうれしいです!
だいぶ偏ったブログですがw

これからもFACTORY900を通して、商品のことはもちろん、

FACTORY900に携わる、そして工場のみんなの想い皆さんにお伝えできたらなぁ~

と考えております。

(田村とカレーのことも書こうと思っています←田村に許可はとっておりません)





そして!



昨日のブログで書きました専修大学でおこなった



「シンデレララボ」



「汚ブス研究家 KENJIさん」とのコラボレーション



1時間半の講義を2回



やってきましたよぉーーーーーーーーー!

朝9時から(早っ!)

※細かい打ち合わせほぼ無し!



P1030183n


あわわ、始まっちゃうよ(汗)

KENJIさんと軽いトークのあとは・・・



さっそくKENJIさん、生徒の皆さんから

「自分に似合うメガネはどうやって見つけたらいいですか?」

「小顔に見せるファッションテクニックを教えてください」

などなど・・・

あるあるな質問から難解な質問まで



ってか生徒の皆さん



真剣です。ガチです。

そりゃ、そんな真剣な眼差しを見たらね・・・


ワタクシ、ガチで答えます!




P1030184


ひとまずメガネの基本の選び方をお話した後は・・・



ワークショップです。



P1030221


生徒さん、25人ぐらいにでしょうか・・・





一人一人に合わせてスタイリングです(全員か!)←喋りすぎて口パッサパさです。

「これがなんとなく似合うんじゃない?」とかそんなテキトーなことは言いません。

なぜ、このモデルなのか?なぜ、あなたにはこのモデルが、このカラーがベストなのか?

一人一人にアドバイスしちゃいます。



だってワタクシも



ガチですもん。



さて、ここで若い女子に「おおーーーっ」と言わせられるか!





いざ勝負!!!!



それにしてもみんな若っ!顔小っちゃ!!





P1030229


この後の生徒の皆さんの歓声と笑顔・・・



これがある意味この講義の答えだったと思います。



P1030231


どこまで生徒の皆さんの心に響いたのかは正直分かりません。



でも、ワタクシ思うんです。



人は人との出会いによって・・・何かのきっかけによって人は変わることが出来る。



今回このFACTORY900という1つのメガネに出会ったことがきっかけで

メガネに対する考え方、そして少しでもメガネに興味をもっていただけたら・・・

これがきっかけで若い学生の皆さんがガラリと変身できたら

まさに「シンデレラ」





そして今、自分でブログを書いていて思ったんですが・・・

FACTORY900はある意味、魔法のようなものかもしれないですね。



気づいたら、自分の生活スタイルの一部になっていたり、

自分自身の自己表現の1つの手段であったり、

自らのモチベーションを上げることのできる大事なアイテムであったり・・・



もはやFACTORY900は普通のファッションとしてのアイテムだけではないと思うのです。



つまりFACTORY900は人の心を動かす「魔法」のアイテムなのかもしれませんね。

うんうん、1人で納得しちゃった。





ヨシ!今日も1日がむばるぞ。










FACTORY900 TOKYO BASE 店長のお仕事 番外編

おはようございます、店長です。

5月30日(土)AM8:00、今まさにワタクシ、小田急線である場所に向かっております。



向かう場所は、専修大学。

高卒ルーキーのワタクシには今まで全く無縁の場所。

大学・・・

そんなワタクシが何故に専修大学に向かっているかというと・・・

学生さんの前で講義的なことを行う機会をいただきました。



題して、



「シンデレララボ」



「汚ブス研究科 KENJIさん」にお声を掛けていただき、

http://ameblo.jp/threesmilesmilesmile/

「正しいファッションを学んで、恥かしがり屋な学生に自信をつけさせる」を

テーマにKENJIさんとトークセッションです。



大役でございます。



田村には「プロ野球の一軍戦に出るわけじゃないんだから余裕でしょ?」

と言われました←いやいや、例えの意味わかんねーわw







ワタクシ、過去に1時間ほど人前でお話をした経験がありますが・・・



今回は学生さんの前・・・しかもテーマはファッション。



噂によると8割が女子。



そんな皆さんの前でこの口はいったい何を喋り出すんでしょう・・・



しつこいようですが



大役でございます。





えっと・・・忘れ物ないかな。

名刺よし・・・スマホよし・・・カメラよし・・・おやつは今日はなし。



メガネメガネ(汗)



いやいや、自分のメガネではなく、大量にサンプルを持って来ましたよ。

電車の中だとめっちゃ迷惑な巨大なサンプルバック。



そして今日は何やら女子が多いとのことなので女子も掛けれる

FACTORY900(ファクトリー900)をチョイスしてきたのです。



何をチョイスしてきたかコッソリご紹介しますね。



DSC_0845


FACTORY900 「FA-241」 

これが意外に女性が掛けるとハマるんです。



DSC_0849


FACTORY900  「FA-201S」

TOKYO BASEでも人気のSサイズシリーズ これは間違いないでしょう!



DSC_0851


FACTORY900  「FA-095」

アンダーリムによってリフトアップ+小顔効果を生みます。



DSC_0852


TOKYO HOLIDAYS 「TH-005」

FACTORY900はハードルが高いという女子の為に頑張らないメガネも。



DSC_0853


TOKYO HOLIDAYS「TH-004」

トレンドの迷彩柄も忘れずに。



DSC_0858


factory900 「fa-1130」

女子と言えば小文字(factory900)ですね。



DSC_0857


factory900 「fa-1121」

これを掛けこなせる女子がいるか楽しみです。



DSC_0860


RETRO FUTURE BY 900 「RF-004」

春の新作のレトロフューチャーも持って行かなくちゃ!



これはほんの一部ですが・・・

(厳選したはずなのに50本ぐらいになっちゃったw)

これだけあればなんとかなるだろ。





いざ、メガネのスタイリングという自分のフィールドへ。







というわけで、

本日のTOKYO BASEの営業は14時からとなります。
ご迷惑おかけ致しますが宜しくお願い致します。



講義が終わったらソッコーで帰ってきますっ!












「REVO×FACTORY900」コラボレーションモデル

おはようございます、店長です。





皆さま、ワタクシがブログをはじめてついに1カ月となりました!

もう1ヵ月経っちゃいましたね!

は、早っ!!



今のところ挫けず、毎日更新しております。



ちなみに皆さん、FACTORY900(ファクトリー900)のinstagram(インスタグラム)があるってご存知でしたか?

こちらは昨年の11月13日にスタートし、雨の日も雪の日も、はたまた台風のときも毎日アップしてます。

福井にワタクシがいる際に田村と交代でアップする約束をして、なんと1日も休まずです。



ワタクシの店長日記以上にゆる~~くやっておりますが、



こちらも是非ご覧ください。

たまにカレーの写真とか焼き魚の写真とかありますw

(焼き魚の写真がなぜかめっちゃ「いいね」が少ないのが気になります・・・)







さてさてブログ1ヵ月記念?として今日はちょっとレアな情報です。

昨年から、ひそかに進んでいましたプロジェクト・・・



「REVO×FACTORY900」コラボレーションモデル



DSC_0837


Sound Horizon 9th Story 『Nein』×FACTORY900

《遮光眼鏡型情報端末》 模造品 〔FACTORY900 Model〕



DSC_0829


写真で見るとレンズの濃さは薄く見えますが実際はかなり濃くなります。



DSC_0819n


FACTORY900よりさらに太いテンプル。

こちらも素材はアセテートを使用しています。

このフロントからテンプルまでの流れるようなライン・・・

これって実は結構手間が掛かるんですよね。



DSC_0823


レンズカーブは「6カーブ」設定となり目の悪い方は度付きにすることも出来ます。



ただしレンズのサイズは非常に大きい為、お客様のお度数によっては

対応不可になる可能性もあります。お気をつけ下さい。



DSC_0804n


海外のサングラスは鼻パットが全く付いていない場合がありますが

少し小さめではありますがパット付きとなります。





尚、こちらの商品は「Web Limite Items(通販限定商品)」で発売されるそうです。

日程 5月23日(土)21:00~6月10日(水)23:59迄



詳しくは下記URLよりご確認下さい。

http://www.soundhorizon.com/information/index.php



FACTORY900を作り出す青山眼鏡だからこそ出来上がったこのモデル。



ここでは語れない製作秘話は







ワタクシまで(笑)




FACTORY900(ファクトリー900)オリジナル8本入りケース

おはようございます、店長です。

緊急事態です。

ワタクシの「FA-093」が行方不明です。

しばらく「RF-005」ばっかり掛けていたのでヤキモチをやいて家出してしまったのでしょうか・・・

いやいや、リアルにないです。
てっきり家にあると思い込んでいたら・・・

ないです!

どなたかワタクシの「FA-093」ご存知ないですか?

もし、見かけたらTOKYO BASEまでお願いします。

ところで、皆さんはメガネの収納ってどうしてますか?

「ケースに入れている」

ですよね〜。

ケース増えませんか?

かさばりませんか?

あるある!

そんな方になこちらを
FACTORY900オリジナル8本入りコレクションBOXです。
¥10,000(税別)
通称、赤箱とも呼ばれてます。

その名の通り8本入ります。
DSC_0730

サイズは縦174ミリ 横425ミリ 高さ62ミリ
DSC_0726

ワタクシも以前、メガネがたくさん入るコレクションBOXを探したことがあるんですが・・・

意外にないですよね。
時計やアクセサリーはよく見かけるんですけどね。


そしてご存知のようにFACTORY900はメガネを折りたたむと
高さがあるんです(余計にメガネが入るケースは限定されるハズです)
ということで、たまにはメガネを横から撮ってみましょう。
「FA-320」
DSC_0738
「FA-240」 この角度から見る「FA-240」ってなんか不思議ですね。
DSC_0741
「FA-069」 もはや何なのか分かりません。
DSC_0742
実際他のモデルと合わせて閉まってみると
DSC_0733
ピッタリ!!
DSC_0734
すべて、蓋で覆ってしまうと自慢のコレクションが見えなくなるのであえてのチラ見せです。
DSC_0735
このコレクションBOXにメガネを収納していれば、メガネが行方不明になることもないハズ!
ズバリ、「メガネマンション」です。
        ↑
もっといいネーミィングないですかw

ただし、FACTORY900のなかにもこのコレクションBOXに納まらないモデルもあります。

アレとか・・
アレとか・・・
アレとか・・・・    です。
お気をつけ下さい。

TOKYO BASEではコレクションBOXの在庫がございますので、ご希望の方は
お気軽に店長までどうぞ。



FACTORY900(ファクトリー900)デザイナーとfa-1111

おはようございます、店長です。


最近テレビというものをほとんど見てないワタクシですが
先日久しぶりにテレビをつけたところ
「情熱大陸」がやってましてね、
「NOBU」さんというプロダブルダッチアーティストいうお人が出演されてました。

style="font-size: medium">
「ダブルダッチ」

とは?
弧を描く2本のロープをリズミカルに乱れ跳ぶ、音楽とダンスが融合したスポーツで、仲間との信頼と協調が何より求められるため、最強のチームスポーツとも言われているんですって。

しかもこの「NOBU」さんは世界最高峰のサーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」に4回も出演されてるんですね。
(これってかなりスゴクないですか?)




今回の放送ではミラノ万博の特別ショーにオファーを受け、チームとして出演し、
練習ではなかなか成功しない難解な技を本番で見事に成功させるんですね。
気付いたらワタクシ・・・


涙がこぼれてました。
←涙もろいです。




失敗すれば次は声を掛けてもらえないかも・・・
という普通では考えられないようなプレッシャーのなか、
練習では成功率3割前後の荒技も本番では次々と成功させる。



プロですね。





「ダブルダッチ」はまだまだマイナーなスポーツとはいえ
「NOBU」さんは世界に認められたアーティストなんでしょうね。

認められたというより・・・

自ら結果を出し世界を認めさせたのかもしれないですね。




世界に認められる・・・



メガネの世界でいうと
「SILMO D`OR」(シルモドール)でしょうか。



DSC_0779


↑本物の「SILMO D`OR」(シルモドール)です。




「Silmo」(シルモ)とはフランス・パリにて毎年開催される

メガネの国際展示会でいわゆる

メガネ業界のアカデミーショーみたいなものです。






そして2013年「Silmo」(シルモ) サングラス部門で見事にグランプリ(シルモドール)
を取った人物こそ

FACTORY900デザイナー「青山 嘉道」その人であります。


mein_FACTORY900




そしてこちらが受賞モデル「fa-1111」



DSC_0787


プラスチックを折り曲げ、正面からみると四角に見えますが、

レンズの形は丸なんです。



DSC_0791 




以前のブログでも書いたようにワタクシ、デザイナーという人達からは独特な匂いを感じます。
ただ、青山からは他のデザイナーとはまた違った感覚を感じるんですよね。

今まで、色々な人達と出会い「この人スゲェーなぁ~」という人達を見てきましたが
青山もその一人です。
ただ、ワタクシが感じる青山の凄さは、そのデザイン力でもなく、技術でもなく、
青山自身の物事の対する考え方かもしれません。
/>(いや、デザインとか技術も、もちろんハンパなくスゴイですよ!いやホントに!)



「SILMO D`OR」(シルモドール)を受賞し、世界的にも注目されるなか
毎シーズン新たなチャレンジをしながら新しいモノを生み出す。
そしてそこには必ず良くも悪くも評価が待っている。
ただしその「チャレンジ」が「努力」が必ずしも報われるとは言えない世界。

ホントに厳しい世界です。

/>ワタクシは青山や田村と違って絵も描けませんし、造ることも出来ません。

ただ、青山が考えに考え抜いたFACTORY900を少しでも多くの皆さんにご紹介できる

窓口として、接客のプロとして青山を陰ながら支えていければなぁと思っています。



そして、いつの日か青山が「情熱大陸」に出ている姿を想像しながら・・・

(ちょっとはオレも出たい出たい!)












FACTORY900(ファクトリー900)メガネの夏場に多いトラブル

おはようございます、店長です。

ワタクシ昨晩、スマホを派手に落としてしまいました・・・

ハァ”ーーーっと慌てて拾いあげると画面は・・・

セーーフ

あぶねぇーー画面割れたかと思った(汗)

ん?っん?

側面にガッツリ傷が!

しかも画面の端っこがパカパカします・・・

業務連絡です。
ワタクシにゆかりのある皆さん、もしワタクシと電話が繋がらなくても今日現在
生きております。
そしてTOKYO BASEも
営業しております。

※ちなみに青山のスマホは表裏ともバキバキです。
あそこまでバキバキだと
もはやアートです。

DSC_0689
さて、今日は「FA-098」のご紹介
DSC_0692
ではありません。

あるお客様がご使用の「FA-098」
フレームではなく今回は、

レンズにトラブルがありました。

まずは下の写真をご覧下さい。
DSC_0674
分ります?
レンズの端に見える傷のようなスジ。
実はこれは傷ではありません。
これは、メガネ屋あるあるなのですが・・・
クラックなのです。
写真を拡大してみますね。
DSC_06
よく見るとレンズに端、角のところにシワがよっているのが見えてますね。
「ヒートクラック」
つまり何らかの原因でが加わったことによりレンズのコーティングが劣化してしまったのです。

皆さん、メガネをお求めの際にメガネ屋さんに
「車の中にメガネを置きっぱなしにしないで下さいね」
もしくは
「メガネは熱に弱いんです」
なぁ~んて言われた経験ないですか?

実際、車の中に放置してしまうと

こうなる可能性大です。

こうなってしまうともはや
アウト。

元には戻せません。
さすがのワタクシもレンズは磨けません。
そしてフレームにも少なからずダメージが残ります。

特に運転の時のみに使用されているサングラス、
お気を付け下さい!

あっ!そういえば昔、ワタクシがご担当したお客様で実際あったケースですが

たき火の熱風によってクラックが入ってしまった。
なぁ~んてこともありました。
メガネを洗う際にお湯で洗うのもあまりよろしくありません。

店長日記では、今後実際あったメガネトラブルや、メガネのメンテナンスの仕方等々
書いていこうかな~と思っておりまーす。

お楽しみに~。


FACTORY900(ファクトリー900)「FA-240」シリーズ

おはようございます、店長です。

この神宮前原宿エリアでは、キャットストリートのあたりでスナップ撮影をしている姿を良く見かけます。

最近、若干調子にのったワタクシはスナップ撮影的なものを試みたのですが・・・
目も当てられない結果に・・・

調子にのってスイマセンでした。

人を撮る難易度を知ったワタクシはとりあえず
メガネを撮りたいと思います。


皆さん、お気に入りのメガネをスマホで撮ってFacebookや、Instagrmにアップすることってありますよね?

どうせアップするならカッコよく載せたい!

そこで、ワタクシの個人的なFACTORY900(ファクトリー900)がもっともカッコよく見えるアングルで
この「FA-240」シリーズを激写してみました。
ズバリこの角度だと思います!

あまり上から撮ってしまうよりメガネに水平な位置から撮って頂くと
フロント(前枠とも呼ばれるメガネの前の部分です)から
テンプル(お顔の横に来る部分、ウデとも呼ばれます)までの流れるようなフォルムが
キレイに映し出されると思うんですよね。

そもそも「FA-240」シリーズのシリーズって?何?

では、ご紹介します!
「FA-240」 2010年発売
DSC_0592
「FA-241」 2011年発売
DSC_0597
「FA-243」 2013年発売
DSC_0594
「FA-244」 2014年発売
DSC_0596
お気づきになりましたか?
この4モデルの共通点
それは、

テンプルの形状、テンプルの作りこみです。

テンプル(ウデ)の縦幅はそれぞれ違いますが、同じ三角の形状になります。
「FA-240」
DSC_0633
「FA-241」
DSC_0635
「FA-243」
DSC_0634
「FA-244」
DSC_0638
以前、田村のブログでもご紹介しましたが
「FA-244」のテンプルの太さは過去最大です。
ちなみにノギスで太さを測ってみたら20ミリありました(FA-240は13ミリです)
(昨日のブログでも書いたように、テンプル(ウデ)が太くなればなるほ恐ろしく大変になります)


話がそれましたが(汗)、FACTORY900のなかには、この「FA-240」シリーズの他にも
いくつかシリーズ別のカテゴリーがあるんです。

これからは品番に合わせて商品を見比べて頂くのも面白いと思います。

今後も他のシリーズも合わせてご紹介しますね~。



FACTORY900(ファクトリー900)「FA-240」新色レオパード入荷


おはようございます、店長です。



今更ですがワタクシ、メガネ好きです。



そんなワタクシはFACTORY900(ファクトリー900)以外のメガネも数多く所有してます。

(900ファンの皆さんに比べれば大したことありません)

改めて、自分のコレクションを振り返ってみると、同じモデルの色違いが3本あったりするんですよね。

そうなんです、ホントに気に入ったモデルは色違いでも、ついつい欲しくなっちゃうんですよね。



きっとメガネに興味のない人からすると、「何で同じメガネを何本も持ってるの?意味わかんない」


となるんですが・・・



同じモデルでも色が変わると



全く別物なのです!




もうすでに持っているのにさらに色違いを手に入れようとしている自分ってどうなんだろう

とお悩みの皆さん・・・


ご安心ください、その行為、決してヘンタイではありません。


そういゆうワタクシは、この夏お気に入りのスニーカーの色違いを買おうと思います。
欲しい欲しい!



さてさて、FACTORY900の人気品番

 「FA-240」の新色がTOKYO BASEにやって来ました。

「FA-240」 

¥37,800(税込)



DSC_0543 


「COL.100」 レオパード


DSC_0541 

「COL.345」 デミオレンジ

ありそうでなかったこのカラーは写真下の「FA-320」をはじめ、

「FA-298」、「FA-243」でも使用されているカラーですね。



DSC_0225


モデルが変わると同じ生地を使ったとしてもまた違った色合いを見せてくれます。



正面からはこちら



DSC_0530






DSC_0534 


あまりにカッコいいので反対から角度を微妙にかえてもう1枚



DSC_0539 


個人的にはこの角度の見え方がすこぶるカッコいいと思うのです。



DSC_0540 


あら?あらら?なんか写真撮るの上手くなってません?

気のせいでしょうか・・・





皆さん、このブログをご覧になってワタクシの写真が上手くなってきたなと感じたお方は



遠慮なく店長にお伝え下さい。



満面の笑みで「そ、そんなことないですよ~」とお答えしたいと思います。




FACTORY900(ファクトリー900)2015年春の新作、「RETRO FUTURE」(レトロフューチャー)RF-007入荷

おはようございます、店長です。



今日は23日土曜日・・・



ということは30日まで1週間・・・



実はワタクシ、30日(土)にあるところで人前でお話をする機会を頂きました。



予定では



1時間半の長丁場・・・



準備万端



と言いたいところですが・・・まだ準備してません。



ワタクシ



夏休みの宿題は後に取っておくタイプです。



いや



好きなものは最後に食べるタイプです。





そう

やればできる子です。

なんのことやら良く分かりませんが・・・やるからには





ガンガン喋ってきます。本番に強いタイプです。



ふぅーーーー。



30日の準備でオタオタする前にこちらをご紹介しますね。



昨日に引き続き、2015年、春の新作



「RF-007」

¥37,800(税込)



DSC_0510


「COL.084」



DSC_0513


「COL.159」



DSC_0518


「COL.001」



DSC_0519


「COL.148」



DSC_0520


「COL.853」



「RF-007」のこだわりポイントはここです。



〇の箇所(手書きが汚くてゴメンナサイ・・・)「RF-001」では一度面が区切られていたところを

「RF-007」はサイドまで面を伸ばしてあります。



BlogPaint




BlogPaint


分かりますかね?上の写真で分かるように「RF-001」は面を途中で区切っています。



これにより「RF-006」同様、1950年代~1960年代のモノづくりにあったような

シンプルな形状にあえてしているんですね。


シンプル=簡単に作れるという訳ではありません。

実はFACTORY900の特徴の1つであるこの面の出し方は、

面の面積が広くなればなるほど難しくなるのです。
事実、ワタクシも昨年工場でRETRO FUTUTER(レトロフューチャー)

の下磨きの工程で面出しに失敗し数本フレームをダメにしました(ナイショです)


正面からはこちら



DSC_0525


きっと「RF-006」と同様サングラスにしてもカッコいいですよね。



というか・・・



ワタクシ



すでに作っちゃいました。



DSC_0526


ねっ!ねっ!これイイでしょ!

(すでに鼻盛りズミ)



DSC_0527


毎日これを掛けて出勤してます!



メガネにしてもヨシ!、サングラスにするもヨシ!



ワタクシとオソロが嫌でなければこの「RF-007」のサングラスバージョンをおススメします(笑)

鼻盛りはご用命は

鼻盛り番長にお任せあれ!


FACTORY900(ファクトリー900)2015年春の新作「RETRO FUTURE」(レトロフューチャー)RF-006入荷

おはようございます、店長です。
あのぉ・・・

20代前半(平成生まれ)の皆さんはブラウン管テレビを知らないってホントですか?
電話のダイヤルをグルグルって回すの知らないってホントですか?

世代を感じます・・・

あのですね、FACTORY900(ファクトリー900)のモデルにはテレビジョンカットを施した
モデルが存在します。

そのテレビジョンカットを説明しようとしたときに悲劇はおこりました・・・

「テレビジョンカット、つまり昔のブラウン管テレビのような・・・」

ぽかーーーーーん

・・・

ブラウン管テレビ・・・

ぽかーーーーーん

マジか!!!ブラウン管テレビ知らないの?!

きっとドリフとか知らないんだろうな。「志村、後ろ後ろーーー」とか言っても通じないんだろうな・・・

時代を感じてしまう今日この頃・・・

今日は春の新作
「RETRO FUTURE BY 900」から

「RF-006」をご紹介します。
¥37,800(税込)
(ってか、入荷早くないですか?)

(工場は相当頑張ってます!)

まさに「RF-006」はテレビジョンカット
まずはこちらのカラーからどうぞ!
DSC_0488
「COL.159」
DSC_0489
「COL.528」
DSC_0492
「COL.880」
DSC_0491
「COL.853」
DSC_0493
「COL.001」
こちらの「RF-006」には各箇所こだわりポイントがあります。
DSC_0495
例えば、この箱型のような智と呼ばれる部分
、 (なんと手書きで写真に〇をつけることを覚えました)
1950年代~1960年代当時のモノ造りの雰囲気を匂わすような
無骨でシンプルな作りになっておりレトロ感を表現しています。

当時のラジオや洗濯機などをイメージして頂くと分り易いかも知れませんね。
BlogPaint

対照的にブリッチと呼ばれる箇所はFACTORY900を感じさせる立体的な凹凸。
ここでフューチャーを表現しています。
※〇の箇所を磨き上げるのは恐ろしく大変だと思われます。

BlogPaint
つまり、過去未来、それぞれ異なった言葉がこの1本のメガネで表現されているんですね。
これぞ
「RETRO FUTURE BY 900」です!
DSC_0508
ちなみのこの「COL.880」は
サングラスにすると
カッコよさが3割増しになります。

うーーーん、店頭に並べる上でサングラス仕様にするか考え中です。
そして明日はアレのご紹介です。