FACTORY900(ファクトリー900) FA-230が久しぶりに入荷!

おはようございます、店長です。

連日、寒い寒いと連呼していますが、本社のある福井県はさらに厳しい寒さに加え、またも大雪に見舞われているようです(汗)ここまで雪が積もるのは、数年振りとか・・・
田村からも定期的にスゴイ写真が送られてきますw

さて、そんな福井本社から、久しぶりに再入荷したモデルをご紹介します!

「FA-230」col.250(赤ササ)
DSC_7530
発表は2009年秋、今から9年前のモデルですが、まだまだ現行モデルとして再入荷もございます。
そして!今、FACTORY900のなかで1番アツいモデルともいうべき新作「FA-232」
せっかくなので、そのカラーバリエーションの中から新色「col.369」(赤紫)とスタイルサンプルも交えながら比較をしてみたいと思います。
先ずは「FA-230」の詳細からご覧下さい。

「FA-230」¥38,000(税別) 2009年発表
DSC_7509
サイズ53mm 鼻幅19mm レンズカーブ5カーブ テンプル長125mm
DSC_7517
DSC_7518
”流麗”という言葉は、本来、文書や音楽などの調子がなめらかで美しい・こと、とありますが、改めて「FA-230」の造形を見つめてみると、”流麗”という形容詞を使いたくなります。そのフォルムからは疾風感を感じとれます。
対して、同じ「FA--230番台」の「FA-232」はズッシリとした重厚感、いうならば曲線美の「FA-230」、直線的でスタイリッシュな「FA-232」といったところでしょうか。
つまり、同じカテゴリーとして近しいと思われがちですが、ある意味対極にあるのではないかと思います。「FA-230」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。
これらを踏まえ、改めて「FA-232」をご覧下さい。

「FA-232」¥38,000(税別) 2017年発表
DSC_7513
サイズ55mm 鼻幅19mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm
DSC_7514
DSC_7529
DSC_7526
DSC_7528
このように比較してみると、それぞれのモデルに特徴があることがお分かり頂けると思います。
また、型板と呼ばれるレンズの形状をかたどったモノで、2つのモデルのレンズシェイプを比較してみましょう。
DSC_7535
「FA-232」の天地幅(上下幅)は約30mm、「FA-230」の天地幅は約28mm
数値でいえばたった2mmですが、この2mmの違いは大きな違いとなります。
では、実際2つのモデルを掛け比べてみます。
「FA-230」
DSC_7490
「FA-232」
DSC_7489

ワタクシ自身も、久しぶりに「FA-230」を掛けてみましたが、今から9年前のモデルとはいえ、そのカッコ良さを再認識しました(汗)
このように掛け比べてみると、レンズシェイプ、レンズの大きさにより、「FA-230」の方がスマートな印象に感じますが、皆さんの好みはどちらでしょうか?
「FA-230」
DSC_7500
「FA-232」
DSC_7498
正面だけではなく、メガネ選びはサイドからの見え方も重要です!その見え方を比べてみると、「FA-232」の重厚なイメージがハッキリとお分かり頂けると思います。

おそらく今年の年間ランキングには、上位にランクインすることが予想される「FA-232」
この新作の登場により、皆さんの記憶にも「FA-230番台」というカテゴリ―が今まで以上に記憶されたハズです。是非この機会に「FA-230」と比較しながらメガネ選びをお楽しみ下さい。



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp        
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE    
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休                                    
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ