FACTORY900(ファクトリー900) 人気品番「FA-204」

おはようございます、店長です。



ワタクシ以前の職場ではスーツを着て革靴を履き1日を過ごしていました。



その為、夜になると足がちぎれそうになっていた日々を最近思い出します・・・



TOKYO BASEではおかげさまでスニーカーの為、毎日快適です!





スニーカーサイコーーーーー!



店長のお気に入りはズバリ、「ニューバランス」なのです。



最近、街中でも「ニューバランス」を履いている人を良く見かけますよね。



うーむ、きっと売れているには何か理由があるんでしょうね?



デザイン、価格、履き心地、流行っているから?



そう人気があるものにはきっと理由があるものです。





そんなこんなで、FACTORY900の人気品番の1つがこちら



「FA-204」(¥35,640税込)



2007年発売





DSC_0100






なぜ、人気があるのか?ワタクシが分析すると・・・





DSC_0091




①純粋にデザインがカッコいい。



②FACTORY900らしいデザインだが派手すぎず、ビジネスでも掛けやすい。



③掛け心地が良い。



この三拍子がそろうと必然的に人気が出ると思うんですよね。









DSC_0092




正面から、これも人気品番の「FA-202A」と比較してみましょう。



DSC_0096


「FA-204」

レンズの形は「FA-204」の方が若干シャープです



DSC_0095


「FA-202A」







ここで2つの品番でどちらにしようか迷った皆さんに朗報です!



是非メガネを掛けた時、ご自身のサイドからの見え方を比較してみて下さい。



DSC_0101


「FA-204」





DSC_0102


「FA-202A」







いかかですか?お気づきになりましたか?



そうです!テンプルの太さが明らかに違うんですね。





メガネは周りの人から真正面よりも斜めから見られることが意外と多いんです。





ここで店長からのワンポイントアドバイス!



面長のお顔の方テンプルが細いものを選ぶと横から見られると



余計に面長に見えてしまうんですね。



ということは・・・



面長の方の場合、対照的にテンプルの太いものを選んで頂けると



お顔全体のバランスが整って見えます!



どうせメガネをかけるならカッコ良く見えたほうがいいに決まってます。

        ↑

(あっ、今日のワタクシなんだか結構良いこと言ってますよ)

でもメガネ選びって難しいですよね。

そんなときは是非店長までご相談下さい。




FACTORY900(ファクトリー900) FA-093からFA-208へ

おはようございます、店長です。





最近気づいたこと。





それは・・・



この神宮前原宿エリアでは



スケートボーダーがめっちゃ多い!





TOKYO BASEの前の道をガァーーーーーーと音を立てて滑っていきます。



純粋にカッコイイなぁ〜と思うのですが・・・




ワタクシ店長は基本、スベるスポーツが苦手なのです。



スキー、スノボ、スケート、スケボー・・・

全くダメです。





店長DIARYもこれ以上スベらないよう気をつけます。




さて、先日のブログでも書きましたが、ワタクシが「FA-093」を手に入れたのにもかかわらず



なぜ、「FA-208」が欲しくなってしまったのか?





問題の?「FA-208」がこちら!





DSC_0017








DSC_0024




純粋にカッコいいですっ!





そして大きく「FA-093」と違う点は





ズバリその掛け心地にあります!





DSC_0027


オリジナルの「バネ丁番」を装備することによって





DSC_0028


この状態から







DSC_0029


ここまで可動域があるんですね。



つまり、お顔を必要以上に閉めつけることなく、優しくフィットします。







DSC_0034




そしてこのパット(鼻があたる所を指します)



ワタクシのような細い鼻柱にもしっかり治まるんですね。



この掛け心地・・・



クセになります。






もちろん、全ての皆さんにこの「FA-208」がフィットするかというと



そんなことはないと思います。



大事なことはお店のスタッフさんと納得するまで色々お話してみることだと思います。



TOKYO BASEにご来店の際は是非店長にご相談下さい。



何だか今日のブログはマジメでしたね(笑)




FACTORY900(ファクトリー900)との出会い FA-070

おはようございます、店長です。






渋谷区神宮前にFACTORY900 TOKYOBASEが誕生してもうすぐ3か月になろうとしています。





今思い返して見るとFACTORY900のデザイナーである青山と初めて顔を合わせたのは・・・





2009年、秋の展示会でした。

(青山は覚えていない可能性大です)



今から約6年前になりますかね。

(まだ田村は入社してませんでした)



当時、ワタクシが勤務していたメガネ屋さんでは、FACTORY900の取り扱いがありませんでした。



そこで、どうしても商品を見たくて他のメガネ屋さんに勤務している親友のK君に無理を言って



一緒にFACTORY900のブースにアポなしで押しかけ、



商品を見せてもらったことが900とワタクシのある意味スタートです。







6年前、まさか自分がFACTORY900の一員になるなんて全く考えもしなかったですね。



そしてK君がいなければ、もしかすると青山との出会いもまた違ったものになっていたと思います。



K君、改めてありがとう。



今度ゆっくりコーラで乾杯しようね。(←2人ともお酒飲めませんw)



そして改めて・・・



人生何があるかわかりません。





さてさて、その展示会で最初に見せて頂いたモデルがこちら





「FA-070」
¥30,240(税込)






今日はこちらをご紹介しますね。









DSC_0012


今も尚、根強い人気を誇る70番台。




DSC_0010

col.001







DSC_0009


col.425





DSC_0007


col.169





DSC_0005


col.438





DSC_0001




ある意味900らしいクセのあるモデル。



削ぎ取られたような眉のライン。



シンプルに見えて圧倒的な存在感のあるこの「FA-070」は



海外からも非常に評価が高いと聞いています。 

(かなりクセのあるモデルですが・・・)





フロント上部がかなりストレートになっているのでモード系、そうですね・・・





前髪パッツンの女子が掛けたらかなりカッコイイと思うんですよねぇ〜。



FACTORY900=男性



というイメージありませんか?





いえいえ女子の掛けれるFACTORY900





あります!

次回、女子にも似合うFACTORY900をご紹介しますね。




















FACTORY900(ファクトリー900) FA-093 店長思い出のメガネ

おはようございます、店長です。



突然ですが、皆さん初めて掛けたメガネって覚えてますか?



ちなみにワタクシは小学校5年生の時に黒のメタルフレームでメガネデビューしました。



メガネを掛けて初めて学校に行くときの朝のドキドキは今も鮮明に覚えてます。





今から25年以上前の話ですが・・・いやぁ当時のメガネのイメージはホントに酷かったですね。



メガネを掛けたその日から、しばらくあだ名は「メガネ君」・・・もしくは「のび太」



ワタクシと同じ世代でメガネ経験者の皆さんはあるあるのはずです。





そんなワタクシが始めて買ったFACTORY900(ファクトリー900







「FA-093」


そうです、2005年に発表された名作です。





DSC_0436








ちなみにデザイナーの田村が始めて買ったモデルは



「FA-160 」らしいです(←明日からあまり役に立たないプチ情報です)





10年前のモデルが現行と生き続けているって実は結構スゴイことなんです。



今日は現状TOKYO BASEに在庫としている他のカラーをご紹介します。





DSC_0423


col.169







DSC_0424


col.001







DSC_0425


col.425







DSC_0426


col.853







DSC_0427


col.001M



ワタクシがこのモデルを購入した理由があります。





1つはモチロンこのデザイン!


今見てもカッコいい!









DSC_0434




もう1つは・・・



価格です(汗)



ワタクシ、ホントは・・・FA-208が欲しかったんです(汗)・・・



「FA-208」は¥35,000(税別)



これに対して「FA-093」は



¥28,000(税別)



DSC_0430






現状、標準的に装備されている「バネ丁番」ではないこともあり、非常に値ごろ感もありました。







ちなみにこのあと、「FA-208」を購入することになります・・・



その理由はまたいずれ。












FACTORY900(ファクトリー900)マットミラーレンズについて

おはようございます、店長です。



ブログを始めて10日をすでに過ぎました。



はい、まだ続いています。



続けるって大変ですね。







大変とは・・・





大きく変わると書きます。



つまり大変な時は→大きく変われる時!







なんだか良く分かりませんが・・・ワタクシ・・・



大きく変われる気がしてきました。


そんなことより、昨日の続きでした。


FA-144標準装備のマットミラー
を勝手ながら


FA-320に標準装備してみました。



DSC_0410




これ!どうですか!



けっこうイケルんじゃないですか?











DSC_0407


正面からの写真だとレンズのマット感が分かりにくいので・・・





DSC_0418


ナナメからもパチリ。



「でもレンズの表面はマットだけど、見え方どうなのよ?」









ニヤリ!







もちろんレンズ越しに撮りましたよ。





DSC_0414




結構普通です。 自然な見え方です。



以前ご紹介したFA-320



DSC_0222


どうですか?



マットミラーを入れるだけでさらにカッコよくなりました!





FA-320もマットミラーを入れるだけで大きく変わりますね(笑)








FACTORY900(ファクトリー900)FA-144 登山以外で使いたいサングラス

おはようございます、店長です。


昨日はお休み頂き、ありがとうございました。

余談ですがワタクシの数少ない趣味は登山なのです。


最近忙しくて全く山に登れてません・・・


あ"ぁーーーーーーーーーーーーーーー


山登りたい・・・・


ちなみに初めて登った山は富士山←これホントの話です。

初めて買った登山用具はサングラス!←これもホントの話です←なんか道具を揃える順番ヘン?


ってか初めて買った登山グッズがサングラスとかどんだけメガネ好きなんだか。

・・・呆れるわ・・・


そんなこんなで今日はサングラスをご紹介しますね。
 
(ちなみに、こちらのモデルは登山には向いていないと思われます)
こんなサングラスで山で遭遇したらお婆ちゃん山ガール泣き出すわ!
            
もしかしてワタクシの立場でこんなこと言ったらダメかしら?
「FA-144」¥48,600(税込)


DSC_0382
「col.001」



DSC_0378
「col.459」
※黒っぽく見えますがネイビーです。

DSC_0376
「col.084」


DSC_0377
「col.351」


DSC_0380
「col.853」


DSC_0381
「col.194」


皆さん、お気づきのように価格帯は若干高めの設定になっています。



その理由はレンズにあります。


マットミラーが標準装備なのです。


FACTORY900を愛して頂いてる皆さん、「そんなん知ってるわ!」とお思いのところ

しばしお付き合いください。


ミラーレンズといえばギラギラに反射するのが常・・・


マットミラーは艶感の全くないミラーレンズなのです。


「オイオイ、写真イマイチ見えねーぞ!」と突っこんで頂いた皆さん、

今しばらくお付き合いください。

この続きはまた明日です。



FACTORY900(ファクトリー900)FA-201 Sサイズ入荷

おはようございます、店長です。


本日、5月7日は木曜日ですが、昨日の水曜日が祝日営業の為、本日は振り替えで定休日とさせて頂きます。

ご迷惑お掛けしますがご理解の程、宜しくお願い致します。



しかし、店長DIARY(日記)は今日も更新です。

そして今日から福井本社も通常営業です。


きっとこのあと田村と電話をするような気がします・・・

そして田村は休日の間、なにか面白いネタを仕入れて店長を楽しませてくれるハズです。

↑ちなみに会社の中では田村さん(さん付けにしておきます)はワタクシの上司にあたります。


青山田村ワタクシ


こんな構図になっております(笑)

さてさて、そんな工場の皆が頑張ってくれた証が




「FA201」

Sサイズです!
¥34,650(税込)


「まだできませんかぁ?」

そんな電話を田村氏(今度は氏をつけてみました)にチョイチョイしておりました。

工場の皆、ありがとうございます!

では早速新色からどうぞ!

DSC_0273
col.325


DSC_0274
col.201


DSC_0275
col.001


DSC_0276
col.840


DSC_0389
サイズは56から53サイズになり

DSC_0391
鼻幅も16ミリから15ミリとサイズダウンをしています。



せっかくなので通常サイズとSサイズを比較してみましょう。

DSC_0395



・・・あれ・・・あれれ・・・


肉眼で比べてみるとかなり違うはずなのに・・・


写真だと・・・


ガーーーン・・・

上手く撮れない・・・



こうなったらテンプル(ウデ)もはずして・・・


これならどうだ!!!

DSC_0399

・・・


ちょっとだけ伝わります?

伝わりますよね?(泣)


上がSサイズ

下が通常サイズ

伝わらないのが切ない・・・・・・・・・


是非、店頭でこの違いを体感してください(泣)

宜しくお願いします。


FACTORY900(ファクトリー900)FA-320について その②

おはようございます、店長です。



昨日は嬉しいことがありました。







福井本社から磨きの工程をしているHさんがTOKYO BASEに遊びに来てくれました。



1月にワタクシが福井に研修プラス打ち合わせに行った時以来の再会!



普段会社の皆は福井工場で必死にメガネを作っています。



そんな会社の皆に直営店を見てもらう・・・



いつも一人ぼっちのワタクシにとっては会社の皆が直営店を見にわざわざ福井から



この東京に来てくれることはめちゃめちゃ嬉しいことなのです。







そんなHさんから差し入れ。





ワタクシ甘いものが大好物です。←(注)ワタクシお酒飲めません。


DSC_0356







そうそう、それはさて置き、昨日の続きでしたね。




DSC_0222




皆さんお気づきになりましたか?



フロント(前枠)と呼ばれる箇所、白のフレームの中にピンクの柄が少し見えていますよね?





拡大するとこんな感じです。





DSC_02200




FACTORY900(ファクトリー900)のメガネはご存知アセテートと呼ばれる

プラスチックの生地を張り合わせ、青山眼鏡独自の技法でこの造形を作り出しています。



改めて・・・アセテートでこんなメガネを作り出せるうちの工場はホントにスゴイ!





しかし、当然素材にも色々な負荷が加わります。







DSC_0344




その為、裏側のピンクの生地が所々前の白い生地に出てきてしまうんですね。







DSC_0345




つまりこれは製造工程の中で致し方ないことなのです。





いや、メガネ屋さんの中にはこれは不良ではないかと思われる人もいるかもしれません。



実際、ワタクシもFACTORY900の一員でなく、これを見たら「ええっ!!」と思っていたと思います。



この色ムラも含めて





「FACTORY900」(ファクトリー900)なのです。





どうか、ご理解ください。









しかーーーーし









実はこの白とピンクのコンビネーションカラーは変更となります。





現在の在庫が無くなり次第







単色の白になります。








と、いうことは・・・







「Col.861」はレアカラーになるんではないでしょうか?




ふむ、メモメモ。





現時点では田村の代表作ともいえる「FA-320」



きっと秋にはこれを超えるモデルを生み出してくれると思います。



うん、間違いないな。




FACTORY900(ファクトリー900)FA-320について

おはようございます、店長です。



直営店、FACTORY900 TOKYO BASEが出来て2ヶ月半です。



ワタクシ店長は基本的に原宿神宮前に一人ぼっちです。



ご存知のとおり本社は福井県。



なかなか会社の皆には会えないわけです。



ただ、工場メーカーの我々とお客様を繋ぐ店舗としてやはり、デザイナーの青山、田村と毎日のように電話をしています。



ワタクシ店長のスマホの通話記録は・・・



青山



青山



田村

青山



田村

田村

田村

田村

田村

・・・





彼女か!!!!!!



こんだけ毎日電話をしているので田村が結婚する時にはきっと店長も結婚式によんでくれることでしょう。

(その時はTOKYO BASEは臨時休業になるのかな・・・)



結婚式、出たい出たい!←これ、自分の中で流行ってます。




まぁ、そんなわけでせっかくなので・・・





2014年秋に発表させて頂いたデザイナー田村のモデル





「FA-320」をご紹介します。

¥37,800(税込)





プラスチック素材をこんな形状で表現できるのはきっと青山眼鏡だけではないでしょうか・・・



ホント無茶します。





DSC_0220


col.701







DSC_0224


col.001 







DSC_0221


col.336 







DSC_0226


col.425 







DSC_0225


col.345 







DSC_0222


col.861 





実はこの「col.861」



ちょっとした秘密がありました。



続きはまた明日でございます。




FACTORY900 TOKYOBASE店長のお仕事 鼻盛り編

おはようございます、店長です。

季節は春を通り過ぎてもはや夏を感じますね。

毎日何を着ようか?これも悩みのタネですな。

オープニングイベントで着ていた「FACTORY900 オリジナルパーカー」は暑くてもはや着れません・・・

こっそりオリジナルTシャツを着ようと企んでいます。


さて夏に近づくと汗でメガネが下がりやすくなる今日この頃・・・


以前のブログで書きましたが

ワタクシ鼻が低いので「RETORO FUTURE」はズルズルと下がってきます・・・

そこで!


ズバリ鼻盛りをしましょう!

今日はどうやって鼻盛りをしているのかその工程をチョッピリご紹介します。




DSC_0277

こちらが通常の状態です。
「RF003」

DSC_0284

まずはニッパでパット部と呼ばれるところをバチンと切断します。

当然切断面はグチャグチャになりますよね。

DSC_0289
これをヤスリで削り整えていくわけです。


DSC_0292
ひたすらガリガリ削ります。

他の箇所に傷が付かないように慎重に・・・・

そして削る面が斜めにならないようにヤスリを真っ直ぐにあてていきます。

これが結構難しいんですよね。

このあとさらに何種類ものヤスリを使い分け・・・

面を整えたところでこちらの出番です!

DSC_0308

通称バフモーター!

一般的なバフモーターと比べ回転数も変更できパワーもあります。

DSC_0299

これにより光沢を戻しツルツルに仕上げます。


ピカピカです!!!

DSC_0305
最後に高さのあるパットを付けて完成!!!!



DSC_0307

通常のパットと比べると明らかに高さが変わったのは一目瞭然です。


DSC_0279


この「RETORO FUTURE」はクリアーの鼻パットとも愛称がよく、決して後から取って付けた様には
見えないと思います。

自分で言うのもなんですが・・・

かなりキレイに仕上がったと思います。



どうぞ鼻盛り番長とお呼び下さい(笑)

FACTORY900 TOKYOBASEでお求め頂いた商品は店頭で鼻盛り加工をするのは


サービスです。

無料です。


掛け心地に不満な皆さん、店長までご相談ください!