FACTORY900 RETRO(ファクトリー900 レトロ) 新作の前に?改めて「RF-032」「RF-033」をご紹介!

おはようございます!今日は佐藤です。

昨日は諸事情によりインスタライブを中止とさせていただきました。楽しみにしていた方々には残念な気持ちにさせてしまったかと思います。。
また日程が決まり次第告知をしてまいります!

さて、先日2020年の春の新作、「RF-055」が発売開始されました。おかげさまで非常に店頭でも評判がよく、性別問わず多くの方々にお試しいただいております。

今日のブログはそんな2020年SSモデル、今後、発売が控えている「RF-034」「RF-035」の同カテゴリーであるこのモデルたちを久しぶりに紹介いたします。

「RF-032」¥35,000(税別)


サイズ47mm 鼻幅22mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm

「RF-033」¥35,000(税別)


サイズ47mm 鼻幅22mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm

2019年SSに発表されたこの「RF-032」「RF-033」の2モデル。FACTORY900らしいダイナミックな造形ではありませんが、スタンダードに幅広く活躍ができ、且つ、ほどよく普通ではない。というところから、一年を通して支持され、昨年の直営店人気ランキングで両モデルがランクインしました。

また、このモデルには「シーザーフリップ」というクリップオン式サングラスが発売されましたね。

col.グレー、col.グリーン ¥14,000(税別)ソフトケース付き


従来のクリップオンサングラスは肉厚なFACTORY900のフレームには収まらずに使用ができないため、この「RF-032」「RF-033」専用に調整して作製された共通のオリジナルのクリップオン式サングラス。
レンズは偏光レンズを採用し、左レンズの上部にはお馴染み”ファ”マークがレーザーによって刻印されています。


「RF-032」col.880 & 「シーザーフリップ」col.グリーン



「RF-033」col.159 & 「シーザーフリップ」col.グレー



先ほど、ダイナミックな造形ではない、と申し上げましたが、この2モデルの特徴として、ブローの途中から鎧にかけて厚みを出しているところが挙げられます。
この厚みが、お顔の向きによってさまざまな表情を与えてくれるというのは過去のブログでも紹介してまいりました。
これらのモデルが販売開始し、販売を続けてきて感じたことは、このモデルらは型崩れがしにくいように感じました。
本来、アセテート生地は経年によって変形(私たちは「生地があばれる」と表現することがあります。)しメガネの幅が広がったり、狭まったりすることで掛け心地に影響することがあります。このモデルは恐らく、この鎧にかけての厚みが生地の広がりとは逆の力を働かせ、生地のあばれを減らしているのではないかと考えました。(店長から「真面目か」ってツッコミがきそうです笑)


春の新作や、コラボレーションモデル、6月に入ってからというもの怒涛の発売ラッシュとなっておりますが、
従来の良いモデルたちにももう一度注目していただければと思います。
(一度といわず何度でも!笑)


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900/
営業時間短縮 予約優先制にて12:00〜19:00 水曜日定休
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、短縮営業・予約優先制とさせていただきます。


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間短縮 12:00〜19:00 水曜日、第1・第3火曜日定休
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、短縮営業とさせていただきます。



一覧に戻る