RETRO FUTURE BY 900(レトロフューチャー) RF-008 大平眼鏡店 別注色

おはようございます、店長です。



一般的には今日から皆さん3連休なのでしょうか?

そっか!11日は成人式ですね!

成人式か・・・もう遠い昔のことになりました。

若いってステキですね。

そんなワタクシはもうすぐ、また一つ年を重ねてしまいます。

そして同級生は今年40の大台にのります(汗)



昨日のブログでご紹介した福島県いわき市にある大平眼鏡店、店長の菊地さんはワタクシと同い年。

会社は違えど、同じように中間管理職を経験し、そのポジションになった者にしかわからない苦難もお互いなんとか

乗り切ってきた訳です。

ブログを書きながらふと思い出した2009年の秋の展示会。

ワタクシが初めて青山と名刺交換をしたのがこの展示会でした。

FACTORY900の取り扱いもなく、青山と面識も全くないワタクシをアポなしで青山に紹介してくれたのが菊地さんだったのです。



まさかその数年後に自分がFACTORY900直営店の店長になるとは誰が予想していたでしょうか?

人と人の出会いってホントに不思議ですよね。






そんな菊地さんが店長を務める「大平眼鏡店」様、本日よりトランクショーを行います。

尚、このイベントに合わせて青山も馳せ参じています。

お近くの皆さま、大平眼鏡店様へ是非足をお運び下さい。



そしてこのイベントに合わせ「大平眼鏡店」様がご用意した特別な「RETRO FUTURE BY 900」
昨日は「RF-005」

今日はもう一つのモデルをご紹介します。



「RETRO FUTURE BY 900」
「RF-008 大平眼鏡店 別注カラーRF-008」


早速ご覧頂きましょう!







DSC_1683


「RF-008」 大平眼鏡店 別注カラー¥37,800(税込)



DSC_1664




DSC_1663






DSC_1669


サイズ54mm 鼻幅18mm レンズカーブ4カーブ



DSC_1670


「RF-008」最大の特徴といえるフロントリムの肉厚。

最大で13mmの肉厚はカタチこそ王道のウェリントンでありながらインパクト大です。

まるで箱のような造形は掛けているご本人が思っている以上に周りの皆さんからの熱い視線を感じるはずです。

そう今、まさに「RETRO FUTURE」はアツいのです。



DSC_1689




DSC_1687


ついつい見落としてしまいがちな「RF-008」のフロントライン。
ワタクシ個人的にはここも注目ポイントの1つです。


各箇所は箱型のように角がありよりシャープに見えますが全体像を映し出すそのフォルムは緩やかなカーブを描いています。
直線と曲線の交わり。


ここにこの「RF-008」の魅力を感じます。

王道なウェリントンでありながら新しさを、未来を感じさせるこのフォルムこそが「RF-008」の真骨頂ではないでしょうか?



DSC_1690


そして菊地店長がこの「RF-008」でチョイスしたカラーはcol.425です。

しかしただのグレーではありませんよ。

製作工程は田村も詳しく教えてくれませんが、相当スゴイことをやっています。

写真では分りずらいので是非店頭でご覧下さい!



DSC_1684




テンプルにはフロント前面のグレーと共色(共通カラー)にするのが一般的ですが、菊地店長のこだわりはこのテンプルにも表れています。



DSC_1693








DSC_1686


フロントは肌なじみの良いグレー。しかしテンプルには程よいアクセントがあるグリーンの柄生地を合わせることによりに一本のメガネから二面性のある全く新しい「RETRO FUTURE」が誕生しました。


昨日の店長ブログでご紹介した「RF-005 大平眼鏡店 別注カラー」同様、この「RF-008 大平眼鏡店 別注カラー」も本日よりTOKYO BASEでもご予約を承ります。
是非この機会に独特な世界観を放つ特別な「RETRO FUTURE BY 900」を店頭でご堪能下さいませ!







FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休





メガネ・サングラス ブログランキングへ