STAR WARS(スターウォーズ) 「ダース・ベイダーサングラス」TOKYO BASEにて発売開始

おはようございます、店長です。

昨日は完全なるプライベートブログでしたね(汗)
今日もお雑煮の写真をアップしたいところですが・・・実はビックニュースがあります!

昨年からふわ~っとお知らせしてきましたコラボレーションモデル
「ダース・ベイダーバッグ」
DSC_1281
お蔭様で昨年から多方面から多くのお問い合わせを頂いております。
この店長ブログでは、あまり多くを語ってきませんでしたが、ここでようやくワタクシからもこの「ダース・ベイダーサングラス」について詳細をお伝えしたいと思います。と同時に2016年一発目のニュースです!
写真も気合を入れて撮影しましたよ(笑)

「ダース・ベイダーサングラス」
ついにFACTORY900直営店 TOKYO BASEにて1月7日(木)より発売を開始します!!!


ダース・ベイダーサングラス ¥54,000(税込)
DSC_1143
DSC_1146
サイズ59mm 鼻幅17mm レンズカーブ6カーブ
DSC_1150
こちらの「ダースベイダーサングラス」は青山自らがデザインし、青山眼鏡で製作されたものです。
そして青山いわく、普段FACTORY900では絶対に書くことがないというレンズシェイプ。
ダース・ベイダー風ではなくズバリ「ダース・ベイダー」と言っても過言ではないこのクオリティ。
STAR WARS(スターウォーズ)の内容をあまりご存知ない方でも一目でそれと分かるサングラスに仕上がりました。
DSC_1153
「ダース・ベイダー」を一瞬にして感じる段差のあるブリッジ
そしてフロントリム(フチ)に施されえた細かいカット面。
こういった細部にいたるまで精度の高い仕上がりがサングラスの全体像からみる高級感をしっかりと感じ取って頂けます。
もちろん、完成に至るまでには多くの手間がかかります。
しかし、その手間を省いてしまうとホンモノは出来上がりません。
青山の言葉を借りれば「オモチャになってしまう」という事です。
決してオモチャにならないその理由こそが青山眼鏡の持つ唯一無地の技術と磨きも含めた精度の高さなのです。
DSC_1156
フロントリムを色々な角度から覧頂くと、リムの上部と下部では厚みが大きく異なることがお分かり頂けます。
ただ単純にフロント面にカーブをつけているだけでなくフロント上下の厚みの違いによってフロント部全体の奥行きが広がり、ダース・ベイダー独特のフォルムが作り出されます。
レンズのカーブは6カーブ。もちろん度付きも対応可能です。
DSC_1167
DSC_1166
DSC_1161
DSC_1159
今の時代、インジェクション製法といわれる、金型に加熱した材料を流し込んでつくる成形品であれば、もっと手間もかけずに簡単に作れるかもしれません。
しかしそのクオリティーの差は歴然です。

思い出してみて下さい。
FACTORY900は今までも色々な面白いモノを世に送り出してきました。
「FA-080番台」をはじめ、RING(リング) 「fa1129」(グルグル)など等。
メガネとしてはホントにふざけているかもしれませんが、全てはガチです。
一切手を抜いていません。

そこに生まれるのは価格以上の価値だと思います。

少量の生産の為、なくなり次第終了になります。
是非、この機会にご検討下さい!

尚、TOKYO BASEの営業は7日(木)からとなっております。



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
12月28日(月)~1月4日(月) 冬期休業
1月5日(火)6日(水) 福井本社出張の為 休業とさせて頂きます。


メガネ・サングラス ブログランキングへ