FACTORY900 TOKYO BASE ステキなお客様 FA-320&FA-240S

おはようございます、店長です。



以前のブログで少しだけ触れましたが、ある日海外からAir Mailなるものが届きました。


しかもワタクシ宛に・・・海外に友達なんていないけど(汗)



な、なんだろう・・・ドキドキしながら封を開けてみると。



DSC_1266


こんなステキなポストカードが!!



DSC_1264




あれ?あれれ?



ま、まさか!



5月にTOKYO BASEにお立ち寄り頂いたあるお客様からのAir Mailだったのです。



そのお客様とは?



スイス在住の画家 CONRAD JON GODLYさん(コンラッドさん)です!


コンラッドさんはスイスで活躍されている画家さんですが、定期的に日本でも個展を開催されていて今年5月に時間を割いてこの原宿まで足を運んで頂きました。

是非こちらもご覧下さい。



1560622_1141384569224904_3674383976353769318_n


ワタクシもそこそこ身長は高いほうかと思いますが・・・  コンラッドさんと一緒だとこんな感じにwww












英会話が残念なワタクシにもホントに優しく接して頂きました。





DSC_1270






そんな今日は折角なのでコンラッドさんがご使用のモデルをご紹介します。

「FA-320」 col.853



DSC_1284


2014年に発表しTOKYO BASEでは人気NO.1の「FA-320」

新色と追加された「col.853」
ホントに白は写真に撮るのが難しいです(汗)



DSC_1285




DSC_1287




そしてご来店頂いた際に奥様にもご一緒にこちらを。

「FA-240S」 col.100



DSC_1280


今年5月に追加カラーとして入荷した「col.100」レオパード
小顔の奥様にはSサイズです。



DSC_1294




DSC_1292




TOKYO BASEがオープンして9ヵ月。

少しづつですがTOKYO BASEの店長としてワタクシの名前を覚えてくださるお客様も増えてきました。

そしてコンラッドさんのように海外在住のお客様も。

このブログを通してFACTORY900の事を、直営店の存在を数多くの皆さんに知ってもらうことは大きな目的ではありますが、それ以上にワタクシとお客様との距離を少しでも縮めることが出来たら幸いです。



頂いたポストカードの裏にはこんなメッセージが・・・



DSC_1265


・・・心に響きます。

コンラッドさん・・・こちらこそ本当にありがとうございます。



人と人の出会い、繋がり。

言葉では言い表せない幸せを感じますね。

やっぱりこのメガネ屋という仕事は最高です。







FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休





メガネ・サングラス ブログランキングへ


factory900(ファクトリー900) fa-1091全カラー入荷

おはようございます、店長です。






昨日はあるプロカメラマンの方とお話しする機会があり、写真についてお話を伺いました。



「人を撮るのもモノを撮るのもそうだけど自分が何を表現したいかがないとダメだね。
ただなんとなく撮っていても、仮にそれがキレイに撮れてもその写真からは何も伝わってこないんだよね~」




ポートレートも景色もメガネも同じだよ~。



むむむっ勉強になります。



あっ!でもワタクシ眼鏡屋さんでした(汗)



でも色んな皆さんとお話しすることで新しいことが吸収できます。

やっぱり接客業って楽しいですね。





さて、今日はfactory900(小文字シリーズ)からこちらのご紹介です。

「fa-1091」
factory900らしさを一目で感じることが出来、良い意味でクセのあるモデルですね。


DSC_1259

「fa-1091」 ¥35,640(税込) 2012年発表


DSC_1240 

サイズ40mm 鼻幅24mm レンズカーブ3カーブ


DSC_1239

一山と呼ばれるパット部はよりクラシカルな印象を感じます。


DSC_1248

どの角度から見ても色々な表情を見せてくれる「fa-1091」

大きく括ればラウンド系になると思いますが、「fa-1091」が表現するその存在感は他にはまずありません。


DSC_1246




DSC_1261

カラーバリエーションは全4色


DSC_1234

「col.001」


DSC_1235

「col.055」



DSC_1238


「col.153」


DSC_1237 

「col.206」



かなり特徴的なこの「fa-1091」ですが直営店TOKYO BASEでは非常に人気モデルの1つです。

う~ん、どちらかと言えばサングラスとしてご使用頂いているお客様の方が多いかも知れません。

factory900(小文字シリーズ)の中で同じラウンド系と言えば「fa-1132」ですね。

「fa-1132」についてはこちらからどうぞ。

同じラウンド系でも全くタイプの違った2つのモデル。

皆さんはどちらがお好みですか?



最後にこの「fa-1091」をサングラスにして頂いたお客様 V様をご紹介します。



12184313_1262609117102448_5098421552060816688_o


「fa-1091」 col.055 レンズ「マットミラー」

髪色のブルーグレーとフレームカラー「ミルキーグレー」がこれ以上ない!というぐらいハマっています!

V様、ありがとうございます!



今さらですがメガネってホントに楽しいですね。

このメガネというアイテムを使って何を表現するかは人それぞれ。

ただ単純な視力矯正用具、ファッションアイテム、自己表現の為の道具・・・

正解なんてありません。でもそこに楽しさがあるんですね~。



メガネってステキ(笑)



FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休





メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) FA-096 全カラーバリエーション

おはようございます、店長です。



昨日は半年ぶりにスタイリストのお友達が遊びに来てくれました。

久しぶりに再会したその友達から一言。



「太ったね」



久しぶりに会って最初の言葉がそれ?www



ってか同性に言われても結構ダメージありますね。しかもオシャレさんに言われるとさらにダメージが・・・



女子に言われたら倒れてしまうかもしれません。



まずいな。





ということで今日はこんなモデルをご紹介します。



「FA-096」

店長ブログでのご紹介は初めて。

というのもカラーバリエーションが多くて写真撮るの大変です(汗)



2008年に発表したこちらのモデルは今までの「FA-090番台」とはちょっと違ったデザインになっております。

まずはご覧下さい。



DSC_1230



DSC_1223

先ずはこちらの「FA-096」バネ丁番ではありませんが、その代わりフロントからテンプルまでのラインに切れ目がなく流れるようなラインが非常にキレイなモデルです。



そして「FA-096」最大の特徴はテンプル(ウデ)の位置。
上の写真でお分かり頂けるようにフロント(前枠)リムの下からテンプルが付いています。
そうアンダーテンプルです。
角度を変えてご覧下さい。



DSC_1224


このアンダーテンプル、下から突き上げるようなこのデザインはお顔の「リフトアップ効果」を生み出します。

頬から顎のラインがスッキリ。つまりは小顔効果です。
下のスタイルサンプルでもお分かり頂けるように女性の皆さんに掛けて頂いてもお顔立ちはスッキリ! 





DSC_1181




DSC_1193






「FA-096」 ¥30,240(税込) 2008年発表



DSC_1222


サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ



DSC_1221


アンダーテンプル特有なフォルムですね。

このフォルムは「FA-295」をイメージさせます。

「FA-295」についてはこちらからどうぞ。



DSC_1226




カラーバリエーションは全7色



DSC_1205


「col.001」



DSC_1208


「col.071」



DSC_1214


「col.179」



DSC_1212


「col.193」



DSC_1215


「col.425」



DSC_1217


「col.534」



DSC_1219


「col.268」



どうしても見過ごしてしましがちな「FA-090番台」

アンダーテンプルという今までとは違ったアプローチで表現されたデザイン。

男性、女性ともカッコよく、シャープなイメージを作り出してくれる「FA-096」



是非カラーバリエーションも含めてお試し下さい!







FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休





メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) FA-144全カラー入荷

おはようございます、店長です。



昨日は午後から日差しも出て気持ちの良いお天気になりました。

やっぱり雨より晴れの方がいいですね(笑)

今日の都内は気温も昨日より上がりそうです。



そして昨日は海外からステキなモノが届きました!



いや~めっちゃテンションあがるわ~。

そのお話はまた後日。



さてそんな本日はさらにテンションの上がるサングラスをご紹介します。

「FA-144」
昨年秋の新作一発目!

デザイン、そしてレンズも特殊レンズということで昨年話題を集めたサングラス「FA-144」



DSC_1153




ワタクシの店長ブログを初期のころからご覧頂いているコアな皆さんはご存知かと思いますが・・・

実はこの「FA-144」ワタクシのブログでは過去に1度ご紹介しています。



そのクオリティの低さ・・・もはや事件です。
そこでカラーバリエーションも含め今一度ご紹介したいと思います。



過去の「FA-144」についてはこちらからどうぞ。←閲覧注意です(笑)

↑同じ人が撮ってますwww




「FA-144」 ¥48,600(税込) 2014年発表



DSC_1154


もはやリムと呼んでいいのか分りませんが極厚な生地がフードとなってお顔を包み込みます。
そのフードは斜めからの光も遮断します。

そしてレンズには特殊カラーレンズ「マットミラー」を標準装備。
その独特な色合いはまさにこの「FA-144」の魅力を最大限に引き出します。

それもそのはず、この「マットミラー」の良さを最大限に生かすため数年を掛けて生み出されたモデルなのです。



DSC_1144




DSC_1160




DSC_1156






DSC_1150


サイズ46mm 鼻幅19mm レンズカーブ4カーブ



DSC_1149




カラーバリエーションは全6色



DSC_1126


「col.001」



DSC_1127


「col.084」



DSC_1131


「col.194」



DSC_1134


「col.351」



DSC_1136


「col.459」



DSC_1137


「col.853」



モードを感じさせるそのフォルムはサングラスというくくりを超えファッションアイテムとしての評価も非常に高いモデルとなっています。

つまりFACTORY900ファン以外の皆さまからもご支持頂いているモデルなのです。



この「FA-144」に標準装備されている「マットミラー 」

2015年発表の「FA-087」 THE SIX EYESに「col.459」装備されているのは「ゴールドマットミラー」

是非発売をお楽しみに!







FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休






メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) FA-210

おはようございます、店長です。

雨の週末皆さんいかがお過ごしですか?
昨日はこの原宿エリアにあるキャットストリートには朝から多くの人達が集まっていました。
何かイベントがあったのかな~。
人気のあるショップのイベントにはお天気は関係ないんですね。

こんなお天気が悪い日が続くと、ついつい良からぬことを考えます(笑)
そしてちょっと面白いモノを作ってしまいした。
気なる方はご来店の際に店長まで(笑)



さて、今日はこちらのご紹介です。
「FA-210」
こちらのモデルも店長ブログでは初めてのご紹介。
昨日のブログでご紹介した「FA-142」と同じく2007年に発表。

「FA-210」 ¥35,640(税込) 2007年発表
DSC_1065
ワタクシ個人的には2015年新作の「FA-312」を感じさせるそのフォルム。 

まぁ「FA-312」は「FA-310」の流れをくむV字型のテンプルなので同じカテゴリーではないんですけどね(汗)
新作「FA-312」の詳細に関してはもう少々お待ち下さい!
DSC_1006

DSC_1053
サイズ55mm 鼻幅20mm レンズカーブ5カーブ
DSC_1051

DSC_1055
DSC_1059
フロントサイドからブリッジに繋がるラインが非常にキレイです。
下の写真でお分かり頂けるようにフロント(前枠)は緩やかにカーブを描きお顔に添うようにフィットします。
掛け心地は良いのはもちろん、周りの皆さんからの見え方もスマートでスタイリッシュな印象を作り出します。

FACTORY900全般に言えることですがメガネそのものの後姿が非常に美しいですね。写真を撮っていても楽しくなる1枚です(笑)
DSC_1063

カラーバリエーションは全5色
DSC_1043
「col.001」
DSC_1045
「col.169」
DSC_1046
「col.425」
DSC_1047
「col.840」
DSC_1050
「col.531」

2007年発表のモデルは比較的定番の落ち着いたカラーバリエーションの展開になります。
このあと、2010年に発表された「FA-240」等の名作に隠れてしまっていますが、この「FA-210」も隠れた名品です。

11月後半から2015年発表の新作が順次納品されますが、是非過去のモデルもご覧下さいませ!




FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) スタンダードモデルFA-142

おはようございます、店長です。



今日も寒いですね~。

そろそろヒートテックの出番でしょうか?



昨年の今ごろは福井でヒートテックを買いまくっていたような・・・

そして1年前より◯キロ太ったことは内緒ですwww





さて今日はこちらのご紹介。

「FA-142」
先日ご紹介した「FA-143」に比べると非常にスタンダードなモデルです。



スタンダードでありながらしっかりとFACTORY900の造形も楽しめ、ビジネスシーンでも活用しやすい万能型の「FA-142」

発売当時の2007年はまだまだレンズの天地幅が狭いモデルが多く、「FA-142」のレンズシェイプ、大きさも含め違和感があったかもしれません。しかし、今となってみると全く違和感を感じません。

8年前から狙っていたかのようなFACTORY900のなかでスタンダード寄りのモデルになるかと思います。



そして2007年といえば、「FA-081」「FA-095」「FA-204」といった名作と言われるモデルが誕生した年でもあります。



DSC_1071


「FA-142」 ¥35,640(税込) 2007年発表



DSC_1034


サイズ54mm 鼻幅15mm レンズカーブ4カーブ



DSC_1038


フロントリムは適度な肉厚。

強度近視の皆さんもレンズの厚みを気にせずご使用頂けます。



サイドからの見え方を「FA-143」と比較してみましょう。



DSC_1033



DSC_1521

上からフレームカーブも比較します。



DSC_1042




DSC_1529


上からご覧頂くといかに「FA-142」がシンプルかということがお分かり頂けると思います。





DSC_1029


「col.001」



DSC_1031


「col.425」



DSC_1032


「col.853」



FACTORY900の基本的な構造であるナイロール形状。
このナイロール形状でスタンダードなモデルと言えば
「FA-280」
「FA-280」については href="http://blog.livedoor.jp/hasegawafactory900/archives/1035874160.html" target="_blank">こちらからどうぞ。

「FA-281」「FA-282」
「FA-281」「FA-282」についてはこちらからどうぞ。



そしてレンズを全体的に覆うオールセルフレームでのスタンダードがこの「FA-142」というポジションになるのかもしれません。



決してハデさはありませんが、FACTORY900の中では無くてははならないモデルと言えると思います。 

是非店頭でご確認下さい!









FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休





メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) FA-204 T様 カスタムオーダーモデル

おはようございます、店長です。



先日ダスキンさんから来年のカレンダーを頂きました。

もうそんな季節ですね~。



カレンダー・・・



FACTORY900のカレンダー作りたい・・・作りたい・・・作りたい・・・Zzz・・・

ムリムリっ!






あぁ"---もっと早くに考えておけばよかった(泣)




次回ご期待下さい。






さて今日は久しぶりにこちらのご紹介です。




DSC_1025


オープニングイベントで行った


「カスタムオーダー受注会」でオーダー頂いたT様の「FA-204」をご紹介します。




まだ納品出来ていない皆さま、申し訳ありません。


もう少々お待ち下さい。




FACTORY900のなかでベストセラーとなった「FA-204」
世界に1本だけのT様の「FA-204」じっくりご覧下さい!




「FA-204 T様 別注カラー」




DSC_1009




DSC_1012




DSC_1011


皆さん、お気づきになりましたか?




DSC_1013


T様がチョイスされた生地は一見通常のクリアーブラウンに見えますが実はフレームの各箇所にはラメが散りばめられています。

そうです!生地の表側には薄くラメの生地が張ってあるんです。


決して大胆な生地ではありませんが、見る人が見ればすぐに分るこだわりの生地



ワタクシのブログでも「光の当たり方で生地の色味が変化する」
と表現しますが、実際光の当たり方を変えてみましょう!


同じ角度から見ていますが、生地の色味が大きく変化しているのが分かると思います。




DSC_1015




DSC_1020




DSC_1024


レンズはSLGY(スレートグレー)50%フルカラー


しかし普通のSLGYではありません。


レンズの表面が角度によって光るのがお分かり頂けますか?




ミラーコートではありません。



裏面マルチなるものです。



本来メガネのレンズには反射を抑えるコーティングが施されています。

今回はあえてその表面の反射防止コートを外し、よりサングラス感が出るようにご提案させて頂きました。



あれ?裏面って??


そうです、レンズの裏側には本来の反射防止コートが施されているので裏面の映り込みは抑えることが出来ます。

ミラーコートだとギラギラ過ぎる・・・

でも普通のカラーだと何となく雰囲気がイマイチ・・・

そんなお客様にはこの裏面マルチはおススメです。

ホントに細かい部分ですが、そのこだわりを大切にしたいと思います。



T様、ありがとうございます!そして末永くご活用下さい!







FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休
 





メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) FA-160の秘密

おはようございます、店長です。



11月11日。

FACTORY900の公式Instagramがスタートして昨日で1年が経ちました。

投稿数は365枚。



 


昨年福井にいる際に田村と2人で1日1回は必ずアップしようというルールだけを決め、展示会の時もお正月も365日間アップし続けました。  


何をアップするかは自由。

投稿1枚目は田村の「FA-320」のデッサン画からスタートし、 なかにはしょーもない写真までwww

店長ブログやFacebookページにも掲載していないレアな写真もあります(笑)  

1年間の歴史をどうぞご覧下さい。

FACTORY900公式Instagramはこちらからどうぞ。



続けるということはホントに地味な作業です。

しかし続けることでしか得られないことがあります。

きっと毎日の積み重ねは何かを生み出すきっかけになると思うのです。

もちろん唯々続けるだけでは変化は起こりません。



向上心を持って取り組むからこそ何かが生まれるんだと思います。

モノ作りもそうかもしれませんね。
 





さて今日はこちらのご紹介です。



「FA-160」
ついにこのモデルをご紹介する時が来ました・・・

FACTORY900(ファクトリー900)といえばこの「FA-160」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?



ご存じ宮川大輔さんがご使用頂いていることでも有名なこのモデル。


直営店 TOKO BASEでの電話でのお問い合わせが1番多いのもこの「FA-160」です。



オープニングイベントで通常のメガネの10倍サイズを作り、皆さんを驚かせたのもこの「FA-160」

つまり、青山にとって非常に思い入れの大きいモデルと言えると思います。

現にお取扱店様の別注カラーでもこの「FA-160」はお受けしていません。



FACTORY900にとって「FA-160」は特別なのです。


DSC_0996


「FA-160」 ¥51,840(税込) 2005年発表



DSC_0993


サイズ64mm 鼻幅15mm レンズカーブ6カーブ



DSC_0994




DSC_0998 


今日はフードを付けた状態、外した状態を合わせて全カラーバリエーションご覧頂きます。



DSC_0968






DSC_0988


「col.001」



DSC_0970




DSC_0990


「col.250」



DSC_0973




DSC_0980


「col.170」



DSC_0972




DSC_0987


「col.853」



DSC_0974




DSC_0984


「col.001M」



そして「FA-160」と言えばご存じ皮のフードですね。

本来「FA-060番台」ゴーグルシリーズ。

そして「FA-160番台」は異素材との組み合わせ。
「FA-060番台」とは違った視点で向き合いこの"異素材"にたどり着きました。



この時点で青山の頭の中にはバイカー→異素材=皮→皮フードということがすでに決まっていたようです。

そこからラフスケッチを描きまくり、フレームと皮フードのモデリング。



ここから製品化するために革職人さんを探すことになります。



青山自ら電話帳で革職人さんを片っ端から探し、1人の職人さんにたどり着きます。 



 「MURAKAMI BAG'S STUDIO」
東京は浅草のバック職人村上さんです。



その村上さんのいる浅草へ合皮を縫製したプロトを自ら持ち込み度重なる打ち合わせのもと問題点をひとつひとつクリアーしこの「FA-160」は完成に至ります。



DSC_1004


フロントの裏側をご覧下さい。

フードを脱着するための金属が埋め込まれています。

この最終的な金属の埋め込みは田村の手作業です。



強く打ちすぎればフロントは割れてしまします。 非常に繊細な作業の1つです。 



尚、メンテナンス時の水洗い後、この金属の埋め込み個所は十分に水分を拭き取って下さい。 

水分が残った状態を放置しますと金属箇所をいためる可能性があります。お気をつけ下さい。



DSC_1002


2011年に放映された映画「ワイルドセブン」で瑛太さんがご使用頂いたのもこのフードを付けた「FA-160」になります。



実際この「FA-160」をフード付きで使用するか、メガネとして使用するかは大きく分かれます。

TOKYO BASEではお客様に伺ってみると実際バイクを運転する際にはかかせないというお客様も多く感じます。



どのように使用するかはお客様次第(ニヤリ)



一度在庫が切れると再入荷には非常に時間を要します。

在庫状況も含めお気軽にお問い合わせ下さい。









FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休





メガネ・サングラス ブログランキングへ


RETRO FUTURE BY 900(レトロフューチャー) RF-002 RF-003

おはようございます、店長です。



今日こそはインフルエンザの予防接種に行くと心に決めた店長です。

ホントはカメラを持って紅葉を撮りに行きたいな・・・



「そうだ 京都、行こう。」 JR東海




違う違う。



「そうだ 病院、行こう。」 インフルエンザ予防接種。



めんどくさ。




さて昨日のブログでは「RETRO FUTURE BY 900」に触れさせて頂きましたが今日はその続きです。



そう2014年に発表したファーストモデルは3モデル。

「RF-002」「RF-003」

全国でもまだまだ取扱店様も少ないレトロシリーズ。

今一度カラーバリエーションも含めご覧下さい。



DSC_0957






DSC_0965


ファーストモデルの中では1番オーソドックスなスクエア型。

極端な個性は苦手というお客様にはまず間違いないと思います。

「RF-001」程のクセはありませんがRETRO FUTUREの特徴は十分感じて頂けます。

何よりお洋服にも合わせやすいです!ニット帽やハットとの相性もバツグン。



「RF-002」 ¥35,640(税込)



DSC_0953


サイズ44mm 鼻幅23mm レンズカーブ4カーブ



DSC_0936


「col.001」



DSC_0938


「col.084」



DSC_0940


「col.159」



DSC_0942


「col.850」









DSC_0960


最近のTOKYO BASEではご指名も多い「RF-003」

今のトレンドにもマッチしたボストン型ですね。

ラウンド型(丸)程のクセもなく絶妙なラインとサイズ感が特徴です。

「RF-003」 ¥35,640(税込)



DSC_0954


サイズ44mm 鼻幅23mm レンズカーブ4カーブ



DSC_0944


「col.001」



DSC_0947


「col.084」



DSC_0949


「col.159」



DSC_0950


「col.850」



DSC_0952


「col.237」



最後にご紹介した「col.237」は以前にもご紹介した「TOKYO BASEオリジナル限定カラー RF-003TB」です。

「RF-003TB」についてはこちらかどうぞ。

5本限定の数量限定カラーとなりますが、今日現在で残り3本となりました。



「RF-001TB限定」「RF-005TB限定」は完売となりました。



シンプルなデザインゆえに磨き1つをとってもその美しさがダイレクトに伝わる「RETRO FUTURE」

メガネを視力矯正用具としてだけでなく、ファッションの一部として、そして何より自分らしさを表現する1つのアイテムとしてご活用頂けたらと思います!







FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休





メガネ・サングラス ブログランキングへ


原宿 表参道エリアで人気 RETRO FUTURE BY 900(レトロ フューチャー) RF-001

おはようございます、店長です。



年末に向けて色々と慌ただしくなってきました!



やることリストを書き出してみると次から次へと(笑)そして全てが同時進行。

しかし1つ1つはどれもワクワクすることばかり。



TOKYO BASEのことからブランドとしての大きなプロジェクトのことまで。



あぁーーー毎日楽しっ!






さて今日はこちらのご紹介です。

「RETRO FUTURE BY 900」
今までも度々ご紹介してきましたが、改めてご紹介します。



というのもここ最近、直営店TOKYO BASEではこのレトロシリーズが非常に好評頂いています。

先日も大阪からわざわざこのレトロシリーズを目当てにご来店頂いたお客様もいらっしゃいます。



過去のブログでもレトロシリーズに触れてきましたが・・・ 



あまりにもヒドイ写真でワタクシ自身耐えられませんwww



そもそもRETRO FUTURE BY 900のコンセプトは?



「半世紀タイムスリップして、未来の眼鏡を追及する」


もしもあの時代に自分達が存在していたらどんな眼鏡を作っていただろう?
もしその時代に存在していたとしても、きっと未来を想像しながらモノづくりをしていたに違いない。


アイディアの枯渇やマーケティングから導き出した答えではない"いま"の時代の空気感を纏ったこれからのクラシックスタイル"これが「RETRO FUTURE BY 900」なのです。



DSC_0929


今日は2014年に発表したファーストモデル「RF-001」をカラーバリエーションも含めご覧頂きます。



DSC_0919


FACTOY900らしい肉厚のあるフロント(前枠)テンプル(ウデ)

FACTORY900の事をご存じない方でも一般的なクラシックではないことは一目瞭然です。



しかしただゴツイだけではありません。

あくまでFACTORY900が表現するクラシック。

FACTORY900のデザイン力と青山眼鏡の技術力で生み出されたこのレトロシリーズは随所にFUTUREを感じることが出来ます。


DSC_0928


フロントリムを斜めに削りだし一見平面的に見えるフロントに立体感が生まれ、クラシックでありながら野暮ったさを感じさせません。





「RF-001」 ¥35,640(税込) 2014年発表

クラウンパントと呼ばれる王冠型は直線的なラインと曲線が交わった独特のカタチです。



DSC_0924


サイズ43mm 鼻幅24mm レンズカーブ4カーブ



DSC_0925




カラーバリエーションは全5色



DSC_0898


「col.001」



DSC_0899


「col.159」



DSC_0903


「col.165」



DSC_0906


「col.172」



DSC_0909


「col.850」

TOKYO BASEのある原宿、表参道エリアに集まるスタイリストの皆さんからも非常に評価も高く、皆さんから口をそれえて出る言葉は「他にありそうで、ない!」




確かに今はクラシックブーム。

10年前に誰がここまでクラシックブームを予想したでしょうか。

時代の流れに乗る。もちろんそれもアリかと思います。



しかしそこには個性は生まれません。
自分らしさってなんでしょう?



自分らしさを表現するためのアイテムとしてメガネを少しだけ、ほんの少しがんばってみるのも悪くないですよ(笑)









FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休





メガネ・サングラス ブログランキングへ