FACTORY900(ファクトリー900) 直営店のレンズコーティング「強化コート」のご紹介

おはようございます!今日は佐藤です。

FACTORY900 OSAKA BASEのTwitterを開設しました!
商品情報やイベント情報などを投稿していくつもりですので是非フォローをお願いします!
FACTORY900 OSAKA BASEのアカウントはこちら

今日のブログは、少し前に投稿した「レンズのコーティング」について改めて触れていこうと思います。
前回は、標準のコーティングを紹介しましたが、今回は、直営店で取り扱っている強化コートについて紹介していきます!

強化コートの特徴は次の三つ
・キズ防止
・静電気防止
・裏面UVカット

それではひとつひとつ説明していきましょう。

キズ防止

まず一つ目の特徴は、キズが付きづらくなる「キズ防止」。摩擦による耐キズ性能は格段にUPしています。しかし、角や鋭利なものなどの点で力が加わるものがぶつかった場合は、キズがついてしまうことがあるので注意です。

スチールウールに6kgの荷重をかけて
レンズ面を5回往復させる耐摩耗性能評価テスト
画像向かって左が標準レンズ 右が強化コート


標準コーティングの撥水コートと組み合わさることで、汚れが落ちやすく、キズも付きにくくなるため、お手入れの際のキズつきに怯えることが減ります。もちろん、メガネのお手入れの際はメガネ用のクリーニングクロスを使用してくださいね。

静電気防止

二つ目の特徴は、今の乾燥する季節にうれしい「静電気防止」
標準のコーティングのメガネレンズを乾拭きしているとどんどん静電気が溜まっていきます。そうすると、お手入れしたはずなのにしばらくしてレンズを見ると、ホコリやチリがひっついてしまっていることがあったりします。(季節によっては花粉も!)
ホコリアレルギーの方や花粉症の方は聞くだけでも目がシパシパしてしまいますね。。。
また、厄介なことにレンズにホコリが付いたまま乾拭きすると、ホコリがレンズ上で引きずられ、キズの原因になってしまうことがあります。

レンズ凹面をメガネクロスで20回摩擦後、粉末の付着を確認
画像向かって左が標準レンズ 右が強化コート


「HOYAビジョンケアカンパニー公式サイト ヴィーナスガードコートRUVシリーズ」 より引用(画像をクリックでHOYA公式ページへ飛べます)

静電気を帯電しにくくすることで、上記で挙げたようなホコリや花粉にまつわるトラブルは概ね解消します。
ホコリやチリが付着しづらいので、長時間レンズがキレイな状態を保てます、つまり、見え方も鮮明、見られても清潔、お手入れの回数も減って楽チンです。

裏面UVカット

さして、三つ目の特徴「裏面UVカット」
こちらのコーティングはあまり聞き覚えがないかもしれません。
紫外線は360°どの方向からでもやってきます。標準レンズのUVカットは、前方からの紫外線にのみ効果を発揮しますが、後方から“レンズに反射“して眼に入る紫外線はカットできていません。


「HOYAビジョンケアカンパニー公式サイト ヴィーナスガードコートRUVシリーズ」 より引用(画像をクリックでHOYA公式ページへ飛べます)

裏面UVカットの場合、斜め後方からの紫外線を約95%カット。
レンズの裏面までも考えた、眼を守るコーティングです。
UV対策が表裏されている隙のないレンズですので、メガネで使うも良し、サングラスとして使えば眩しさも軽減できますので、外出時の必須アイテムになりますよ。

いかがでしたか。実は奥が深いレンズの世界。透明なレンズにもいろいろな機能が備わっています。
ご不明なことなどがあれば是非スタッフまでご相談ください!


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 水曜日、第1・第3火曜日定休



一覧に戻る