「水曜日のひとりごと vol.7」大人の美容は心の栄養

おはようございます。「水曜日のひとりごとVOL.7」OSAKA BASEの済です。

11月最初の日の投稿、ドキドキです。お時間あるときにでも読んでいただけたら幸いです。

日中はまだちょっと、着ているものによっては暑かったかな~と思いますが、陽が落ちるにつれ、寒さが急にやってきますね。OSAKA BASEは時間帯によってついに、暖房が入るようになりました・・・。このまま冬、越せるのでしょうか??(笑)

といいつつも、冬の朝のつんとした冷たさは、好きですね。お洋服もいろんな重ね着ができますし、楽しさいっぱい。私は、冬のほうが活動的になるタイプです♪


さて、今回は「大人の美容」について・・・。


先日、新しいSNS「Threads」である記事というか、とある投稿がおすすめで、ながれてきました。

『髪がぼさぼさすぎて、鏡を見るたびブルーな気持ちになっていたので、急遽電話して美容室へ。私は美容室やヘアメイクさんに髪を触ってもらえるのが大好きなのですが、理由のひとつとして、髪を整えてもらい、サロンを出て歩いているときの自分が「なんかちょっとイケてる感じ」(※自分比)がして自信をもらえるから。ネイルやまつ毛もいいが、やはり面積の大きく顔の額縁である「髪」を綺麗にしてもらえるのはセルフイメージを上げるのに効果絶大だ。

「セルフイメージを高く持つ」のってステキな大人の女性を目指す上で欠かせないことだとおもっていて、でもこれが結構難しい。少しでも「今の自分、わりといい感じかも」って思えるようにエクササイズしたり、信頼できる皮膚科の先生や美容師さんに頼ったり色々な手段をもっておきたいもの。

大人の美容は、もうモテとかではなく、自己肯定感を上げるために必要不可欠だ


※引用:塚本桃子さんという、雑誌やWEB記事などの執筆や、撮影ディレクションされている方。私の無知で存じあげてなくて申し訳ない・・。速攻フォローです(笑)

いや、ほんとそれ、わかるーーーーーーーと、何度も見返しました。

シンプルに書かれてあった何気ない日常の投稿でしたが、今まさに考えていたことをわかりやすく言語化されていたので、そのまま掲載させてもらいます。

まず、「セルフイメージ」と「自己肯定感」には、すこし違いがあるようでして、簡単にご説明します。

「セルフイメージ=自分が思っている自分=自分への思い込み」です。 
私たちは、自分ってこういう人間だということを何らかのイメージを持っています。それは子供のころまでさかのぼり、大人になるまでの経験や成功体験・周りからの目や言葉などの蓄積によって、自分自らが作り上げているそうです。ということもあり、セルフイメージを高く持つことは難しいけれど、やっぱり素敵な大人になりたいと思うのであれば、大事なことだなと思っています。

「自己肯定感は、良いも悪いもありのままの自分を肯定する感覚」です。
いろいろだめな部分はあるけれど、それも含めてこれが自分だ、自分は大丈夫、自分に生まれてよかったと自分を大切に思える感覚。他人と比較しがちなので、ついついネガティブな感情をもってしまいがちですが、自分を少しでも認めてあげるだけで、とても心豊かになれる気がします。自分に優しくなれると、ヒトにも優しくできますよね^_^

よって、セルフイメージと自己肯定感は密接に関係してくるわけですね。

セルフイメージだけを高めようと努力しても、自己肯定感が低ければ、なかなかうまくはいきません。両方一緒に高めていくことが大切だと、年を重ねるごとに、日々感じているわけです。

はい、もうおわかりですね。私の自己肯定感を高くもつのに必要なものは・・・・。


正解!「メガネとお洋服」です。

それにあわせて、全体のスタイリングも自分自身を自分が好きなようにプロデュースしています。
「歳を重ねること」は悪いわけではなく、そのについて何も思ってはいないのですが、「老けて見られる」のはセルフイメージとして当然嫌だなと思います。

「かっこいい大人になりたい」のです。「メガネお似合いですね」「おしゃれですね」最高の誉め言葉で、自己肯定感爆あがりです(笑)

「モテたい」と1ミリも思っていなくて、ただ「自己肯定感をあげたい!」のです。
(メンズたちは、いつまでもモテたいのでしょうね~・・・ふふ)

私のセルフイメージは、「年齢より若く見られる」「メガネが似合う」なのですが、若かりし頃は、年齢よりも上に見られがちでしたし、メガネが似合うとも全く思っていませんでした(好きだったけど・・・)

そこを、自分ってどういう人間なのかな?と深堀していきましたね。セルフイメージを考えれば考えるほど、自己肯定感はさがりまくりの人生でしたが、大人になるにつれ、いろいろわかってくるし、コンプレックス自体を楽しめるようになるのですよね。
さて、どうこれを乗り越えようかと、、、。

メガネは、髪と一緒で、顔の面積に対して、目立つものなので、メガネを変えるとかなり気分が変わりやすいものになると思います。

このブログを読んでいただいている皆さまも共感していただけるのではないかと思います。


メガネを変えたら、お洋服も変えたくなるし、すぐに髪型変えれなかったら帽子とメガネの合わせ方もあったりと、面白いものです。

少しでも、「自分、いいかも!」「今日の私、イケてる!」って思いたいですよね~。

46歳になっても、もっともっと自分を高めていきたいと思うので、まだまだいろんなメガネを試してみるわけです。

あたらしい自分をまだまだ発見したい。
ついこの間まで、似合わないと思っていたけど、今日似合う!!なんてこともいっぱいあります。


いろいろかけてみては、写真を撮って、今日と明日を比べてみて、

どんどん自分を発見していきたい。

そうはいっても、お前はいつもまっ黒じゃないか!!なんて声が聞こえてきそうですが、

「黒は300色あるねん」

素材、カタチによって、さまざまな印象をもたらすファッション。300色どころか無限です。同じ黒のお洋服でも、あわせるメガネはいろいろありますし、黒のメガネといえば「FACTORY900」に任せてもらいたいぐらいです。(笑)

話のオチがあいかわらず、どこに向かうのかわからなくなってきそうですが、大人の美容はいろいろあって、それぞれ大事な意味があると思いますが、その1つにメガネもあるんだよね~と思っています。

メガネと同様、一緒に髪型だったり、メイクだったり、帽子だったり、お洋服だったり、靴だったりと、一緒に楽しく考えることで、自信という自己肯定感があがり、セルフイメージも高く持つことができ、すると、自分のココロに余裕がうまれ、若々しくなるという最大の美容効果(内も外も)がうまれると思っています。

まさに、心の栄養。

そういうお手伝いが一緒にできたらいいな~と願っています。
11月より、OSAKA BASEは、定休日が水曜日のみになりました。火曜日に来たかった!という方もいらっしゃるかと思います。

ぜひ、遊びにきてくださいね。まずは、たくさんメガネをかけてみましょう~。

これを読んでいただいているお一人お一人にお会いし、いろんなお話しができたらとても嬉しく思います。

今日も読んでいただきありがとうございます!


本日もあなたにとって、ステキな一日となりますように・・・(*´∀`*)



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900tokyobase/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


一覧に戻る