FACTORY900 TOKYOBASE店長のお仕事 鼻盛り編

おはようございます、店長です。

季節は春を通り過ぎてもはや夏を感じますね。

毎日何を着ようか?これも悩みのタネですな。

オープニングイベントで着ていた「FACTORY900 オリジナルパーカー」は暑くてもはや着れません・・・

こっそりオリジナルTシャツを着ようと企んでいます。


さて夏に近づくと汗でメガネが下がりやすくなる今日この頃・・・


以前のブログで書きましたが

ワタクシ鼻が低いので「RETORO FUTURE」はズルズルと下がってきます・・・

そこで!


ズバリ鼻盛りをしましょう!

今日はどうやって鼻盛りをしているのかその工程をチョッピリご紹介します。




DSC_0277

こちらが通常の状態です。
「RF003」

DSC_0284

まずはニッパでパット部と呼ばれるところをバチンと切断します。

当然切断面はグチャグチャになりますよね。

DSC_0289
これをヤスリで削り整えていくわけです。


DSC_0292
ひたすらガリガリ削ります。

他の箇所に傷が付かないように慎重に・・・・

そして削る面が斜めにならないようにヤスリを真っ直ぐにあてていきます。

これが結構難しいんですよね。

このあとさらに何種類ものヤスリを使い分け・・・

面を整えたところでこちらの出番です!

DSC_0308

通称バフモーター!

一般的なバフモーターと比べ回転数も変更できパワーもあります。

DSC_0299

これにより光沢を戻しツルツルに仕上げます。


ピカピカです!!!

DSC_0305
最後に高さのあるパットを付けて完成!!!!



DSC_0307

通常のパットと比べると明らかに高さが変わったのは一目瞭然です。


DSC_0279


この「RETORO FUTURE」はクリアーの鼻パットとも愛称がよく、決して後から取って付けた様には
見えないと思います。

自分で言うのもなんですが・・・

かなりキレイに仕上がったと思います。



どうぞ鼻盛り番長とお呼び下さい(笑)

FACTORY900 TOKYOBASEでお求め頂いた商品は店頭で鼻盛り加工をするのは


サービスです。

無料です。


掛け心地に不満な皆さん、店長までご相談ください!


一覧に戻る