FACTORY900(ファクトリー900) FA-248の全カラーを比較してみます!

おはようございます、店長です。



ここ最近、この店長ブログがきっかけで、TOKYO BASEに足を運んで下さる皆さんが増えてきたように思います。


何か自分に出来ることはないかと、ふわっと始めたこの店長ブログですが、少しづつ認知度が上がってきたような・・・

いや、それ以上にいつの間にか松本の知名度が上がっていることにもビックリですw 

そのうち店長DIARYがおまつDIARYになっている可能性も・・・





さて、今日はこちらのモデルをご紹介します!



「FA-248」



DSC_8955


2015年秋に発表された「FA-248」

そのアグレッシブなレンズシェイプが大きな特徴であると共に、その豊富なカラーバリエーションも大きな魅力の1つです。

実は今日のブログに関しては、お客様から、「全てのカラーを色々な角度から見て比較してみたい」というご要望につき、ご紹介させて頂きます。

過去にもこのカラーバリエーションをご紹介したことがありますが、あくまでワンカットのみ・・・



ということで、今日は定番のショットに加え、正面、サイドからの見え方を各カラーごとにご覧頂きます。



では、早速こちらからどうぞ!





「col.001」black (黒)



DSC_8877




DSC_8910




DSC_8927


「FA-240番台」の特徴であるフロントからテンプルに繋がる三角に作り込まれた面造形が、よりいっそう映えるのがこちらのブラックではないでしょうか。力強いブローラインがその存在感を示します。

以前に「FA-240番台」のマットブラックをご紹介しましたが、この「FA-248」もマット加工との相性はよろしいかと思います。



DSC_8990




「col.159」barafu (バラフ)



DSC_8883




DSC_8912




DSC_8929


レトロフユーチャーではお馴染みのバラフ。

上の3枚の写真でお分かりのように、同じバラフでもフロントとテンプルの明るさが違うことがお分かり頂けると思います。

つまり、お顔に合わせた際にも、見る角度によってその色味の違いを楽しんで頂けます。



DSC_8982




「col.203」brown/pink (ブラウン/ピンク)



DSC_8886




DSC_8914




DSC_8933


背面のピンクを見ると「FA-201」の「col.201」を思い出しますが、それとはまた異なったFACTORY900のオリジナルカラーとなります。

力強いブローラインが、ブラウンとピンクの貼り合わせ生地によってグッと馴染みやすく、他のカラーとの違いも1番分かりやすいかと思います。これから春に向けて是非お試しして頂きたいカラーですね。



DSC_8983




「col.208」brown/blue (ブラウン/ブルー)



DSC_8889




DSC_8916




DSC_8939


先ほどの「col.203」の兄弟色ともいうべきカラーです。

こちらもFACTORY900のオリジナルカラー。また他のモデルでは使用されていない「FA-248」のみのカラーになります。

なんといっても背面のブルーに目が引かれますが、掛けてみるとその鮮やかさはなりをひそめます。

その印象はスタイルスタイルでご確認下さい。

DSC_8984




今日は一先ずここまでとさせて頂きます(汗)

なにせ、「FA-248」のカラーバリエーションは全8色・・・一気にご紹介するとその写真は膨大な量になってしまいます(泣)

この続きはまた、明日です!



さて、今日は本社から届いた大物の撮影に入ります・・・

その大物の正体は近日公開予定です。










pop    

「2nd ANNIVERSARY」

02/11(sat)

open: 16:00/closed: 20:00

02/12(sun)

open: 12:00/closed: 20:00



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp





Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          






メガネ・サングラス ブログランキングへ
  
 





一覧に戻る