TOKYO HOLIDAYS(トーキョーホリデイズ) 2018年秋の新作入荷

おはようございます、店長です。

ちまたでは、いよいよインフルエンザが猛威を奮っているとのこと・・・
年末年始から風邪をひいたワタクシが言っても説得力がありませんが、皆さんもどうぞお気をつけ下さい。

さて、今日は新作入荷のお知らせです。
新作といっても今回入荷したのはこちら!
「TOKYO HOLIDAYS」(トーキョーホリデイズ)よりTH-017」「TH-018」の2型です。
DSC_0917
”がんばらないメガネ”をコンセプトにかかげるトーキョーホリデイズから、いよいよナイロールタイプが登場です。
早速ですが、2つのモデルを比較しながらご紹介します。

「TH-017」¥26,000(税別) 2018年発表
DSC_0881
「TH-018」¥26,000(税別) 2018年発表
DSC_0895
ちょうど1年前に発売を開始した「TH-015」「TH-016」は、今の時代感を取り入れたラウンド型とボストン型、これに対し2018年秋の新作は、大人の色気が漂う2つのナイロールです。

決して目新しいデザインとはいえませんが、プラスチックフレームのナイロールタイプは、メガネ業界広しといえど、実際はありそうでない・・・つまりある意味今の時代だからこそ、こういったスタイルを探している皆さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

先ずは、2つの玉型を正面から比較してみましょう。
「TH-017」
DSC_0906
サイズ51mm 鼻幅18mm レンズカーブ3カーブ テンプル長135mm

「TH-018」
DSC_0910
サイズ52mm 鼻幅18mm レンズカーブ3カーブ テンプル長135mm

ご覧いただいた通り、サイズを確認すると鼻幅は同じく18mm、レンズのサイズが1mm、つまり全体で「TH-018」の方が2mm大きいということになります。その数値以上に大きく感じるのはレンズの天地幅の違いが関係します。
DSC_0911
「TH-017」は31mm、対して「TH-018」は33mmと、この差は数値以上に大きいですね。
また比較してみると「TH-018」の方が智元の位置が高いことが分ります。
では、実際に2つのモデルを掛け比べてみましょう。

先にいってしまうと、特に「TH-018」のサイズ感は、松本にとっては若干大きいことを前提としてご覧下さい。
「TH-017」
DSC_0773
「TH-018」
DSC_0774
このように正面からご覧いただくと、「TH-018」の方が智元が高いこともあり、トップリム(ブローライン)がハッキリとしたことでメガネの主張は強くなるかもれません。言い換えれば、目元にアクセントを加えることで本来はどこか知的で大人っぽい印象に・・・対して「TH-017」は、バツグンの安定感をほこる合わせやすさが大きな特徴です。
DSC_0798
DSC_0797
ただし、注意すべき点はそのサイズ感です。お洋服もそうですが、お顔との相性によってそのイメージは大きく変わります。是非、店頭でお試し下さい!

自分のスタイルにスッと溶け込むような、そんな柔らかいスタイリングがホリデイズならではです。
明日は、そんなホリデイズならではのカラーバリエーションをご紹介します!


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp           
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休