FACTORY900(ファクトリー900) スタッフ佐藤のQ100クイズ 30問目

おはようございます!今日は佐藤です。

先日、ひとりで淡路島に行ってきました!マルシェで具材を自分で選べる海鮮丼(カワハギのキモ醤油ってなんであんなにおいしいんですかね!)や淡路島玉ねぎを使用したピザを味わい、鳴門海峡のうずしおを見るクルーズにも乗ってきました。今回はバスで行きましたが次は色々回りたいのでレンタカーでも借りようかな。どこか淡路島でおすすめがあれば教えてください!


さて、今日はFACTORY900 RETROシリーズの原点、1stコレクションについてクイズを作って参りました。
それでは行ってみましょう。


A、半世紀タイムスリップをして現代のメガネを追求する
B、半世紀タイムスリップをして未来のメガネを追求する
C、一世紀タイムスリップをして未来のメガネを追求する

.
.
.
.
.
.
答え、B、半世紀タイムスリップをして未来のメガネを追求する

解説:
FACTORY900 RETROのコンセプトは「半世紀タイムスリップをして未来のメガネを追求する」
きっかけは、青山デザイナーがパリの小さなアンティークメガネ店で出会った1本のヴィンテージフレーム。
1950年代に製造された「クラウン・パント」と呼ばれるそのフランス産ヴィンテージは、クラシックが世界的トレンドとなったいま見ても斬新、かつ本物の存在感を放っていたそのメガネが頭から離れずにいました。「もし、あの時代に自分たちが存在していたら、どんなメガネを作っていただろうか。」
パリで受けたその衝撃からスタートしたシリーズこそRETRO FUTERE BY 900(現FACTORY900 RETRO)です。


ヒント:関連ページはコチラ

A、RF-001
B、RF-002
C、RF-003

.
.
.
.
.
.
答え、A、RF-001

解説:
RETRO FUTERE BY 900(現FACTORY900 RETRO)のシリーズが発表されたその年の”シルモドール” 2014年アイウェア部門にRF-001がノミネートしています。
RF-001は2019年の年間ランキング2位にランクインするほど、未だに注目度が高いモデルです。



.
.
.
.
.
.
答え、〇

解説:
FA-232FA-249の限定色や、昨年に新カラーバリエーションが発売開始となったFA-143と、今や大文字シリーズにも使われるようになったツートーンカラー。
人気のカラーであるcol.084(ツートーン)やcol.165(バラフツートーン)はFACTORY900 RETROの1stコレクションが出始めた頃から使われ始めました。このツートーンカラーは工場で生地を貼り合わせたオリジナルカラーです。

これにて今日のQ100クイズは終了です。
さぁ、今週末はTOKYO BASEの5周年イベントが開催です!大阪の地から見守ることしかできませんが、参加される皆さま、どうぞ楽しんできてくださいね!


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 水曜日、第1・第3火曜日定休



一覧に戻る