FACTORY900 RETRO(ファクトリー900 レトロ) 幻の「RF-027」

おはようございます、店長です。

連日に渡り、8日(火)からはじまる展示会の告知をしてきましたが、17日(木)~20日(日)まではOSAKA BASEにて、ユーザーさま向け新作発表会を開催いたします。
ワタクシ店長も、このイベントに併せて17日(木)~22日(日)までOSKA BASEの勤務となります。
西日本の皆さん、是非お楽しみ!

さて、今日はこちらのモデルをご紹介します。


「RF-027」

古くからこのスタッフブログ(旧店長ブログ)をご覧の皆さんは、すでにご存知だと思いますが、プロダクトページにも記載されていないFACTORY900 RETRO「RF-027」
今日は久しぶりこちらのモデルをご紹介したいと思います。

「RF-027」col.481 ¥37,000(税別) 2018年発表


サイズ43mm 鼻幅23mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm

プロダクトページにも記載されていない品番ということで、ある意味”幻の品番”ともいえる「RF-027」は、岡山県岡山市に店舗を構える岡山眼鏡店さまの3周年を記念して発表した、数量限定のオリジナルモデルになります。
岡山眼鏡店
岡山県岡山市北区奉還町2-15-15 TEL: 086-250-6170


過去にレトロシリーズの限定カラーは直営店TOKYO BASE、そして福島県の取扱店さまである大平眼鏡店さまにて製作しましたが、レトロシリーズの品番を使用し、さらに取扱い店さまだけのオリジナルモデルはこの「RF-027」が初、これだけでも「RF-027」が非常にレアなモデルであるかということが、お分かりいただけると思います。



「RF-026」を彷彿とするシンプルなカット面によってカタチづくられた「RF-027」は、クラウンパント型とも異なるFACTORY900らしい多角面で構成されており、まさに他にありそうでないクラシックフレームとして皆さんの魅力を引き立てます。


一見マットブラックに見えるフレームカラーは「col.481」ネイビー、肌馴染みの良いマットカラーが1人1人の個性を打ち消すことなく、皆さんの日常にさりげなく溶け込み、気づけばマストアイテムになっている・・・これこそ「RF-027」の大きな魅力であり、最大の特徴です。



本来「RF-020番台」の特徴である、フロント全面を逆アールで削ぎ落とす面造形とは異なりますが、その代わりレトロシリーズのどのモデルともカブらないオリジナリティ溢れるモデルとして存在感を放ちます。
数量限定で発売された「RF-027」も残りわずか・・・すでに店頭には陳列しておりません。気になる方はスタッフまでお声がけください。


展示会日程、及びユーザーさま向け新作発表会
東京 展示会
10月8日(火)~10日(木)
大阪 展示会
10月16日(水)
※上記期間は臨時休業となります。

TOKYO BASE 新作発表会
11日(金)~14日(月)
※11日(金) 18時~21時(19時よりデザイナーによる商品紹介)
OSAKA BASE 新作発表会
17日(木)~20日(日)



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 水曜日、第1・第3火曜日定休



一覧に戻る