ZEISSの調光レンズ 新色エクストラグレー

おはようございます、店長です。

昨日は天気予報通り、朝から冷たい雨の1日となりました。
さむっ!!! 3月に入ったとはいえ、まだまだ油断はできませんね(汗)
今日もぐずついたお天気になりそうですが、皆さんのご来店お待ちしております!

さて、先日あるお客様からご注文いただいた、ZEISS(カールツァイス)の調光レンズ「pioneer」(パイオニア)をご紹介したところ、ブログをご覧いただいたお客様より、早速お問い合わせをいただきました。

海外に比べると圧倒的に需要の少ない調光レンズですが、少なからずご興味をお持ちの皆さんもいらっしゃるハズです。
そんな皆さんに向けて、今日はこちらの調光レンズをご紹介します。


ブルー、パイオニア、と同じく新色として発表された「ExtraGrey」(エクストラグレー)です。

調光レンズといえば、各社ともグレーとブラウンといったカラーが一般的です。
では、一般的なグレーとZEISSから発表された新色エクストラグレーと一体何が違うのか?
今日はサンプルレンズでその違いをご覧いただこうと思います。

では、屋外にレンズを出してみましょう。
20秒経過


左のレンズは他社メーカーの一般的なグレー、右がZEISS エクストラグレー
早くも両レンズがグレーに発色してきました。
このまま定点観測をしてみます。
1分経過


先日ご紹介したブルーやパイオニアの際も感じましたが、発色は非常に早く感じます。

2分30秒経過


いかがですか?
一般的な調光レンズのグレーとエクストラグレーとの違いがお分かりいただけましたか?
そうです!
サンプルレンズをご覧の通り、エクストラグレーの方がレンズが濃くなっています。
気候などの条件によって結果は異なりますが、公式では発色後、最大で92%と表記されており、これに対して一般的なグレーは89%とあります。個人的な感覚では一般的なグレーは公式の数値よりも若干薄く感じました。
いずれにせよ、一般的なグレーと比較するとその違いは明らかです。

エクストラグレー


一般的な調光 グレー


室内に入ると、徐々に退色が始まり、クリアな状態になるまで12分といったところです。
また、エクストラグレーはクリアな状態といえども、一般的な調光レンズに比べ、色合いがほんのり残ります。
こちらも公式では9%と、アリアーテトレスと呼ばれるカラーサンプルでは1番淡いカラーと同じくらいのイメージです。

今日はかなりマニアックな内容となりましたが、店舗には随時サンプルレンズをご用意しています。
気になる方はお気軽にお声がけ下さい。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 水曜日、第1・第3火曜日定休



一覧に戻る