FACTORY900 RETRO(ファクトリー900 レトロ)「RF-160」マットブラック

おはようございます、店長です。

8月も中旬を過ぎ、ほんの少し暑さも和らいだ気がします。このまま涼しくなるとは思えませんが、さすがに猛暑日はもう勘弁してほしいところですね。

さて、今日のスタッフブログは、こちらのご紹介です。


「RF-160」col.001M(マットブラック)

先日発売開始となった「RF-160」
全カラーバリエーションのスタイルサンプルも、スタッフブログにてご紹介させていただきましたが、ご覧いただけましたでしょうか?
今日ご紹介するマットブラックは、プロダクトページにも記載のない裏カラー的存在になりますが、こちらはあるお客様より事前にご予約をいただいたマットカラーになります。今後マットブラックをご検討いただく際にご参考になればと思いご紹介をさせていただきます。

「RF-160」¥46,200(税込) 2022年発表


サイズ55mm 鼻幅17mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm

「RF-160」の詳細はすでにご紹介させていただいた通りとなりますが、他のマット仕様同様、細部のディテールまでハッキリとご覧いただけ、「RF-160」本来の面造形をダイレクトに味わえるカラーになります。


特徴的な凹凸のあるブリッジ周辺のディテールは、「RF-160」の大きな見所であり、クラシカルなイメージが一般的とさせるツーブリッジデザインに未来感を宿します。もちろん、大文字シリーズのようなダイナミックなフォルムとはいえませんが、FACTORY900ならでは奥行きのなる立体感をマットブラックによってより堪能していただけるハズです。



とはいえ、スタイルサンプルをご覧いただいた通り、黒はどういったデザインでも主張が強くなりがちで、ある意味個性強めの「RF-160」であればなおさらかと。もちろん、クリア系の「col.493」(ブルーグレー)やソリッドな「col.499」(ネイビー)といった選択肢もありますが、マットブラックはは、通常の「col.001」に比べ肌馴染みも良く、これも選択肢の1つになるのではないでしょうか。


さてさて、こちらのマットブラックをご予約されたSさまですが、レンズは今回、可視光線調光”SENSITY DARK” ダークグリーンをお選びいただきました。


つい先日、「RF-160」col.896(クリアブラウン)に可視光線調光”SENSITY DARK” ダークグリーンの組み合わせをご紹介しましたが、この日は日差しも強く、発色の時間も非常に早くこの猛暑日であってもかなり濃度は濃くなりました。(濃度が濃くなると、レンズの色合いは分かりにくいですね)


通常の「col.001」(黒)では見落としがちな面造形を存分に堪能できる「col.001M」マットブラック、現在こちらはご予約となりますが、気になる方はスタッフまでお気軽にお問い合わせください。
Sさま、いつもありがとうございます!!

~夏季休業~
TOKYO BASE 8月29日(月)~9月1日(木)
OSAKA BASE 8月29日(月)~9月1日(木)


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900tokyobase/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 火曜日、水曜日定休


Related Products

一覧に戻る