FACTORY900(ファクトリー900) マットフレームにマットミラーレンズを

おはようございます、店長です。



さて、23日(水)は祝日の為、TOKYO BASEは通常通り営業となります。

これに伴い、翌日24日(木)は振替でお休みを頂きますのでご来店の際はお気をつけ下さい。

そんな木曜日は関東の平野部でも初雪が降る可能性があるとか・・・

スタッドレスなど、雪に対する備えがないこの地域は雪が降ると大混乱に・・・

子供の時は雪と聞くと無条件にはしゃいでいましたが、もうすっかり大人ですw



では、今日の店長ブログはちょっと特別なモデルをご紹介します。



"マットカラー"



皆さんご存知のように本来は裏メニュー的な扱いのマット加工。

FACTORY900では、通常カラーにひと手間加え、フレームの表面をマットにすることが出来ます。

人気モデルである「FA-240」「FA-160」のcol.001マットはもはやこのマット加工の定番として皆さんご存知の通りです。



今回ご紹介するのはこちら!



DSC_5040


「FA-320」

人気カラー「col.701」silver gray (シルバー柄)にマット加工を施しました。

プラス、レンズにはマットミラーを合わせてみました。



DSC_5054


サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ



今回この「FA-320」に合わせたマットミラーは"ゴールドマットミラー"

ゴールドマットミラーといえばこちら

2015年発表の「FA-087」 The Six Eyes col.459で使用されています。



DSC_5068




不透明に輝くゴールドマットは、通常のゴールドミラーとは全く異なった印象を放ちます。

まだまだメガネ業界では流通も少なく、オリジナルサングラスとしては特別な存在になるのではないでしょうか。





DSC_5055




DSC_5057




そして今日はもう1つ



DSC_5046




「FA-244」col.092 black meisai (黒迷彩)
こちらにもマット加工を施し、プラス「FA-144」に使用されたマットミラーを合わせた
特別仕様です。



DSC_5086




DSC_5051


サイズ57mm 鼻幅17mm レンズカーブ4カーブ



レギュラーカラーである黒迷彩の柄がマット加工によりさらに際立ち、ミリタリー感が加速します。

さらにマットレンズが高級感を漂わせますね。

黒迷彩のマット仕上げにマットミラーの組み合わせ、我ながらこの仕上がりに見惚れてしまいます(笑)





DSC_5081




DSC_5079




尚、フレームのマット加工については、それぞれメリット、デメリットがございます。

また、マットミラーレンズに関しても、レンズの特性上、対応できるモデルにも制限がございます。

合わせてお気軽にご相談下さい。



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休






メガネ・サングラス ブログランキングへ
   



一覧に戻る