FACTORY900(ファクトリー900)との出会い FA-070

おはようございます、店長です。






渋谷区神宮前にFACTORY900 TOKYOBASEが誕生してもうすぐ3か月になろうとしています。





今思い返して見るとFACTORY900のデザイナーである青山と初めて顔を合わせたのは・・・





2009年、秋の展示会でした。

(青山は覚えていない可能性大です)



今から約6年前になりますかね。

(まだ田村は入社してませんでした)



当時、ワタクシが勤務していたメガネ屋さんでは、FACTORY900の取り扱いがありませんでした。



そこで、どうしても商品を見たくて他のメガネ屋さんに勤務している親友のK君に無理を言って



一緒にFACTORY900のブースにアポなしで押しかけ、



商品を見せてもらったことが900とワタクシのある意味スタートです。







6年前、まさか自分がFACTORY900の一員になるなんて全く考えもしなかったですね。



そしてK君がいなければ、もしかすると青山との出会いもまた違ったものになっていたと思います。



K君、改めてありがとう。



今度ゆっくりコーラで乾杯しようね。(←2人ともお酒飲めませんw)



そして改めて・・・



人生何があるかわかりません。





さてさて、その展示会で最初に見せて頂いたモデルがこちら





「FA-070」
¥30,240(税込)






今日はこちらをご紹介しますね。









DSC_0012


今も尚、根強い人気を誇る70番台。




DSC_0010

col.001







DSC_0009


col.425





DSC_0007


col.169





DSC_0005


col.438





DSC_0001




ある意味900らしいクセのあるモデル。



削ぎ取られたような眉のライン。



シンプルに見えて圧倒的な存在感のあるこの「FA-070」は



海外からも非常に評価が高いと聞いています。 

(かなりクセのあるモデルですが・・・)





フロント上部がかなりストレートになっているのでモード系、そうですね・・・





前髪パッツンの女子が掛けたらかなりカッコイイと思うんですよねぇ〜。



FACTORY900=男性



というイメージありませんか?





いえいえ女子の掛けれるFACTORY900





あります!

次回、女子にも似合うFACTORY900をご紹介しますね。




















一覧に戻る