FACTORY900(ファクトリー900)FA-320について その②

おはようございます、店長です。



昨日は嬉しいことがありました。







福井本社から磨きの工程をしているHさんがTOKYO BASEに遊びに来てくれました。



1月にワタクシが福井に研修プラス打ち合わせに行った時以来の再会!



普段会社の皆は福井工場で必死にメガネを作っています。



そんな会社の皆に直営店を見てもらう・・・



いつも一人ぼっちのワタクシにとっては会社の皆が直営店を見にわざわざ福井から



この東京に来てくれることはめちゃめちゃ嬉しいことなのです。







そんなHさんから差し入れ。





ワタクシ甘いものが大好物です。←(注)ワタクシお酒飲めません。


DSC_0356







そうそう、それはさて置き、昨日の続きでしたね。




DSC_0222




皆さんお気づきになりましたか?



フロント(前枠)と呼ばれる箇所、白のフレームの中にピンクの柄が少し見えていますよね?





拡大するとこんな感じです。





DSC_02200




FACTORY900(ファクトリー900)のメガネはご存知アセテートと呼ばれる

プラスチックの生地を張り合わせ、青山眼鏡独自の技法でこの造形を作り出しています。



改めて・・・アセテートでこんなメガネを作り出せるうちの工場はホントにスゴイ!





しかし、当然素材にも色々な負荷が加わります。







DSC_0344




その為、裏側のピンクの生地が所々前の白い生地に出てきてしまうんですね。







DSC_0345




つまりこれは製造工程の中で致し方ないことなのです。





いや、メガネ屋さんの中にはこれは不良ではないかと思われる人もいるかもしれません。



実際、ワタクシもFACTORY900の一員でなく、これを見たら「ええっ!!」と思っていたと思います。



この色ムラも含めて





「FACTORY900」(ファクトリー900)なのです。





どうか、ご理解ください。









しかーーーーし









実はこの白とピンクのコンビネーションカラーは変更となります。





現在の在庫が無くなり次第







単色の白になります。








と、いうことは・・・







「Col.861」はレアカラーになるんではないでしょうか?




ふむ、メモメモ。





現時点では田村の代表作ともいえる「FA-320」



きっと秋にはこれを超えるモデルを生み出してくれると思います。



うん、間違いないな。




一覧に戻る