RETRO FUTURE BY 900(レトロ フューチャー) RF-005

おはようございます、店長です。



昨日はちょっとしたトラブル発生です。



閉店後、小腹が空いたのでハイチュウを食べていたら奥歯に詰めていた銀歯がとれましたwww

もぉーーーーこの年末の忙しいときに!!



次の日は髪を切りにいこうと思ってたのに歯医者にも行かなくては。

またバタバタの休日になりそうです。

日々、皆さんのメガネのメンテナンスはしていますが次のお休みは自分の体のメンテナンスしてきます。





さて、今日はRETRO FUTURE BY 900」より「RF-005」をご紹介します。

先日の店長ブログで今、TOKYO BASEで人気急上昇とお伝えした「レトロ フューチャー」

そのレトロシリーズのなかでも1番プレーンなモデル「RF-005」

しばらく一部のカラーが欠品していましたが、ようやく全カラーがそろったところで改めてご覧頂きたいと思います。



「RF-005」 ¥37,800(税込) 2015年発表



DSC_1409


サイズ46mm 鼻幅22mm レンズカーブ4カーブ



DSC_1410




DSC_1416n


レンズシェイプは王道のウェリントン。

男性だけでなく女性のお客様にも掛けて頂きやすいカタチであり現行のレトロシリーズでは1番クセのないモデルだと思います。

テンプルも「RF-004」同様、他のモデルよりも細身になりサイドからの見え方も非常にスマートに感じます。

これも女性の皆さんも抵抗なく掛けて頂ける要因の1つかもしれません。



DSC_1417


肉厚のあるアセテート生地を使用し存在感あるクラシックフレームではありますが、是非ご覧頂きたいのがフロント前面の面出し。ここがおおきな注目ポイントになります。
研ぎ澄まされたそれぞれの面。

美しいこの面造形は最終的に人の手により磨き上げられます。
その職人が磨き上げたアセテート生地はオリジナルであるツートンカラーをより引き立て、メガネとしての高級感を感じると共にFACTORY900のブランドとしての世界観をしっかりと演出します。
そう、コンセプトである「THE FUTURES EYEWEAR」です。 



DSC_1414n


大文字シリーズ(FACTORY900)でよく見られるフロントからテンプルにかけての面の繋がり。

RETRO FUTUREでもこの造形はしっかりと受け継がれています。



DSC_1421




カラーバリエーションは全5色



DSC_1384


「col.001」



DSC_1389


「col.047」



DSC_1393


「col.159」



DSC_1398n


「col.523」



DSC_1404n


「col.880」

「col.880」は下の写真のようにサングラスにして頂けるとさらにカッコ良さが増しますよ!



DSC_1407




いかがでしたか?

「クラシックフレームを掛けてみたいけど他の人とカブりたくない」そんな皆さん、

個性をしっかりと表現できるクラシックフレーム「RETRO FUTURE BY 900」

クラシックフレームなのにその中に表現されている「FUTURE」・未来、新しさ。

是非一度お試し下さい!









FACTORY900 TOKYO BASE

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休

12月23日(水)祝日の為、通常営業
12月24日(木)振替休業




12月28日(月)~1月4日(月) 冬期休業
1月5日(火)6日(水) 福井本社出張の為 休業とさせて頂きます。





メガネ・サングラス ブログランキングへ