「水曜日のひとりごと vol.12」リフレクション

おはようございます。「水曜日のひとりごとVOL.12」OSAKA BASEの済です。

今までもいろんな角度からメガネについてぶつぶつと呟いておりますが、今回も盛大なひとりごとです。

しっかりとした情報と共にためになることは、店長ブログをしっかりとご覧いただき、私は別の路線を突っ走っておりますので、お暇時間によかったらぜひお読みください。

さて今回は「気分」について。。。


思ったこと、考えたことを言語化するということをよく耳にすると思います。
メガネを選ぶ上でも重要であると思っていて、とは言え、言語化しにくいモノであると思っています。
言語化しにくいもの代表が、「香水」だと思いますが、私も香水を選ぶのがとても苦手です。片っ端から香りを確かめていけば、香りが混ざって鼻がおかしくなっていき、なんだかよくわからなくなることも...。

結果、その日は諦め、評判の良い香りのものを厳選して選ぶことが多く、そんなことをしていたらもうかれこれ20年ぐらい同じものを継続して買って使っています。(ある意味それもすごいですが・・・)
言語化が難しいので、なんと伝えたらいいのかわからないのですよね。

難しいから諦めるのではなく、せっかくなら楽しみたいので、工夫しながら言語化を試みることも大事だなと思います。

それを、私は「リフレクション」と呼んでいて、そのまま訳すと「内省」なのですが、つまりはしっかりと自分自身に問いかけることが大事で、その時の気持ち・感情がどのようなモノであったのかをしっかり内省し、言語化していき、さらにメモを取ることで、後で見返した時に、その時の情景がしっかりと浮かびやすくなるのでは?と思っています。

人の記憶というのは、残念ながら曖昧で、割と覚えていると思っていても、違っていたり思い出せなかったりすることが多いです。あの時に見ていたメガネがどれだったか思い出せない!なんて情景は眼鏡屋さんあるあるの一つです。中には品番をメモしていたり、写真を残してさえしてくれるとまだわかりやすいですが、それでも、その時のなぜそれがいいと思ったのか。。。までの記憶は曖昧です。
「え?これだったっけ?」ということも、本当によくあります!

悩んだものはもちろんのこと、買ったものの気持ちをリフレクションし、メモに残すことで、自分自身を深く知ることもできますし、メガネについての言語化が身についていきます。

なんとなく、誰かから、そのメガネいいね!そのメガネ似合うね!と言われた時に、こういう理由でこれにしたんだよね〜と話すことができたら、より納得・満足につながりますし、今後のメガネ選びの参考にもなります。

難しいことを書く必要はなく、気分とか感情とかって、その時々で違い、それがファッションはもちろんのこと・ライフスタイルにも影響します。

ファッションのことはよくわからなくても、気分であればわかりやすいですし、気分でメガネを選ぶのも大事だと考えています。

なぜ?それが気になったのか?
なぜ?それを選んだのか?
なぜ?それを悩んだのか?
なぜ?なぜ?なぜ?


その時の気持ちや感情はもちろんのこと、ファッションのことまで言語化できたらそれに越したことはありません。

ファッション日記なるものもあるようです。それはまた長くなるので、また別の時にお話ししたいと思います。


例1:「FA-428  col.565  green/brown 今、強くてかっこいい、結構主張するメガネがかけたい気分だからブロウフレームが気になる。その中でもこのブロウラインにスリットが入っているのは、他とは違ってこの質感がなんかとっても面白い。今お洋服が真っ黒でアクティブなスウェットが多いからこれぐらいのスポーティなデザインでもかけれそうだな。その中で色味が持たせてこのグリーンがヘルシーな感じがして、今の気分でよく使っているオレンジメイクと相性よさそう」

これは一例ですが、こんな簡単な感じで残していても、その時、なぜこれが良いと思ったのか、これを選んだのか楽しいしわかりやすいですね。

理屈っぽくなるということではなく、人間の記憶の曖昧さもあり、自分がわかる言葉として残しておくとその後いろんなことに使えるのではないかと思っています。

日記となるとハードルが高いけど、その時々のことを自分の言葉で言語化していくことがとても大事で、誰かに選んでもらったというのも素敵なことなのだけど、せっかくなら自分で選べれるようになりたいし、選んでもらったときも、その時の気づきであったり(自分では気づかなかったこと)もわかってもらいやすいですね。

以前、あるお客様のお似合いになりそうなメガネを選んで差し上げて、その時に私の言葉ではあるのだけど言語化したものをA4 1枚の紙に細かく記載して差し上げたことがあります。

そして、それを見られたその方のパートナーの方が、よく考えたらその方の顔や姿をまじまじと見たことがなかったらしく、それによって自分もだけどパートナーの方の気づきになって面白かったとメッセージをいただいたことがありました。
   


例2:「RF-055  col.478 blue 冬になって肌に、より透明感を出したい。  青のメイクは苦手だけど、メガネならいけるかも?万年筆のような深い青ならお洋服とも合わせやすそうだし、このカクカクとした形が意外と馴染むし何よりテンション上がる。丸のメガネは似合わない気がするけどこれならチグハグにならずにかけれそう。ちょっとゆったりとした大きさが今まで小さめのメガネをかけてきたけど新鮮。

私自身、コンプレックスだらけでできることなら、自分のことを知りたくはないですが(笑)、やっぱりしっかり言葉にしてリフレクションしておくと、何かを選ぶ時にとても参考になります。

そして、決められた顔や姿だけでなく、「気分」がいかに変化していくかを振り返ってみるのもまた楽しいものです。

今の気分はこうだから、このメガネにしよう〜とか最高ですよね。(メガネはなんぼあってもいいですから)←メガネ貯金必須


例3: 「FACTORY900 by VioRou  col.049 clear 12月はメイクを頑張りたい気分。今はメガネが主役ではなく、重要なバイプレイヤーがいいな。お洋服やメイクを最高に引き立ててくれて、でも目元はしっかりと引き締めて欲しい。それを叶えてくれそうなのが、この温かみのあるクリアフレーム。メイクのカラーの邪魔にもならないし、かつ気になる目元を引き上げる効果も期待できそう。立体的な作りだし、顔がのっぺりしないのも高得点!」


もしかしたら、私のように日頃言語化するのが苦手な人ではなく、言葉がポンポンと出てくる人であれば必要ないのかもしれませんが、それでも残しておくといいと思います。今はSNSの時代なので、SNSに記録として残している方も多くいると思います。それでもいいと思いますけどね。ちょっと手間をかけて、お気に入りのノートに一言でも書いておくと、その自分の書いた筆跡から、またいろんな感情が生まれるかもしれません。

便利さと非効率のそれぞれの良さを実感しながら、メガネと自分に向き合うのもまたいいものです。

もしよろしかったら、「リフレクション」お試しください。

ひとりでも多くの人が、メガネの楽しさ、面白さに気づいてくれるように発信していけたらと思っています。

「水曜日のひとりごと」をお読みいただいている、お一人お一人にお会いし、いろんなお話しができたらとても嬉しいです。
ぜひ、お声がけください!

今日も読んでいただきありがとうございます!


本日もあなたにとって、ステキな一日となりますように・・・(*´∀`*)



FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900tokyobase/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


一覧に戻る