FACTORY900 RETRO(ファクトリー900 レトロ) 「RF-090」の鼻盛り加工について

おはようございます、店長です。

現在、OSAKA BASEはオープンに向けて内装工事中となっておりますが、TOKYO BASEも兼ねてから業者さんに依頼をしておりました、新しい什器がついに完成します!
オープンから4年が経過し、モデル数も格段に増え、商品のストックでバックヤードが爆発しそうですwww
搬入はまさに今日これから・・・ちょっとドキドキしますが、これから店舗に向かいます!

さて、今日はあるお客様からお預かりした、こちらのモデルに関してです。


「RF-090」

すでに皆さんにもご紹介をした、レトロシリーズ2018年秋の新作です。
別パーツで組み合わせることで生まれる新たな構造体が、フロントの厚みを表現しつつもフレームの軽量化に繋がり、なにより小文字シリーズを彷彿とさせる明るい色使いが最大の特徴です。

「RF-090」¥40,000(税別) 2018年発表


サイズ47mm 鼻幅21mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm

ここからが、今日の本題です。
冒頭の写真を見てお気づきになったでしょうか?

ズバリ、お持ち込みの「RF-090」に鼻盛り加工をさせていただきました。



過去のブログでもご紹介したように、TOKYO BASEでは黒、白、グレー、茶ササ、バラフの鼻盛りパーツをご用意しています。
今回、お持ち込みされたカラーは「col.001-488」(黒-青)
そこで!
トップの「col.001」黒に合わせて黒パッドを使用してみました。


いかがですが?
いつもの角度から撮影をしてみましたが、個人的にはほとんど違和感を感じません。
特に今回のケースですが「RF-090」の本来の鼻幅21mmに対し、鼻盛りによって高さはもちろん鼻幅を狭める必要がありました。



その違いは加工前の状態と比べてみると一目瞭然です。
N様の「RF-090」をお借りして実際に掛けてみましたが、フロントリムが頬に触れることは全くありません。
結果、見た目以上に軽量な「RF-090」がさらに掛けやすくなりました。


尚、先日TOKYO BASEでお求めいただいた「RF-090」の「col.159-374」(バラフ-ピンク)に、今回の鼻盛りと同じくフロントのトップに合わせてバラフのパーツを使用したケースもございます。(写真を撮り忘れました)
「RF-090」をご検討の際はお気軽にご相談下さい!


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 水曜日、第1・第3火曜日定休



一覧に戻る