ご使用中のFACTORY900にレンズ交換を承りました

おはようございます、店長です。

いよいよ本格的に冬の気配を感じるようになってきました。
すでに帰宅の際、最寄駅からの原チャリは完全に冬装備です(汗)
ちなみに、もふもふのスヌードが登場したら真冬のサインですw

さて、つい先日あるお客様から、以前使用していた「FA-204」のレンズ交換を承りました。


取扱い店さまでお求めいただいてから長らくご使用いただくなかで、レンズのコーティングが劣化してしまったとのこと・・・
さすがに、ここまでコーティングが劣化してしまうと見え方にも支障がでます(汗)
フレームは以前に研磨をさせていただいたこともあり、今回はこのままフレームを活かし、レンズ交換をさせていただくことになりました。

さて、こういったコーティングの劣化は様々な原因が考えられます。


経年変化による劣化のほか、焚火の火などによる瞬間的なモノや、車中に放置することで起こるパターン、またはお手入れの際にお湯などで洗うことで断続的にダメージが蓄積するパターン等々、何らかの要因で熱が加わることが1つの原因ではないかと考えられます。
尚、メガネのお手入れに関しては、よくご質問をいただきますが、基本は水洗いを推奨をしております。
石鹸やハンドソープに含まれる成分が劣化を早める可能性が高く、オススメできません。

また下の写真にあるようなフレームの小傷に関しては、ブログでも度々ご紹介しているように、店頭での磨きにてご対応できるかと思います。
が、しかし・・・レンズに関しては研磨によって傷を取り除くことはできません。


そう、つまりレンズの劣化に関してはレンズ交換をご検討いただく訳ですが、ここで下の写真をご覧ください。


左は元から入っていたレンズ、右が今回ご注文をさせていただいたレンズです。
左右の違いがお分かりいただけますか?
過去のブログでご紹介しましたが、左は一般的な外面非球面レンズ、右が直営店として推奨しているカーブ指定をした内面非球面と呼ばれるレンズになります。

実際にフレームに組み込むとこのような違いになります。
外面非球面


内面非球面(カーブ指定)


写真ではなかなか伝わりにくいと思いますが、本来「FA-204」のカーブは5カーブに設定されており、やはり非球面レンズを組み込むとその仕上がりはどこか平面的な印象になってしまいます。
今一度、別の角度から比較してみましょう。

外面非球面


内面非球面(カーブ指定)


赤丸の個所で比較してみると、非常に分りやすいと思います。

以前にも触れたように、外面非球面レンズが全くダメということではありません。
また、根本的に内面非球面の見え方が合わないという皆さんもゼロではありません。
今までご使用のメガネ、お客様の度数、ご検討のモデル種、ご予算などなど、最終的にはお客様とのヒアリングが非常に重要なポイントになります。
レンズに関しては、お客様1人1人によって条件も異なるため、なかなかブログではその全てをお伝えすることが難しいのが現状ですが、ご来店の際にはスタッフまで是非ご相談ください。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 水曜日、第1・第3火曜日定休


一覧に戻る