FACTORY900 RETRO(ファクトリー900 レトロ)サイズの大きいモデル3選

おはようございます、店長です。

天気予報によれば、明日は今シーズンの最低気温が更新されそうです。最高気温が5°って・・・明日の休みは引きこもりがほぼ決定しましたw

さて、先日のブログにて、「サイズの大きいモデル3選」と題して、大文字シリーズのなかから大きいサイズを3つピックアップしてご紹介しましたが、今日はレトロシリーズのなかから、サイズの大きいモデルをご紹介したいと思います。

もともと、FACTORY900 RETROは、フレンチビンテージを思わせるサイズ感によりデザインされており、フランス発のインポートブランド、LESCA(レスカ)と比較されることが多々ありますが、オリジナルのバネ構造によって生み出された、見た目からは想像できない柔らかい掛け心地は、海外でもご好評をいただいており、その機能性も高く評価されています。
話が少しそれてしまいましたが(汗)、結果として全体的に小ぶりなサイズ感のレトロシリーズですが、今日は過去に大文字シリーズの大きめなサイズを掛けていただいていた皆さんもおススメできるレトロシリーズを、3つピックアップしてみました。
では、早速こちらからご覧ください。

「RF-064」¥40,700(税込) 2019年発表



サイズ51mm 鼻幅22mm レンズカーブ4カーブ テンプル長150mm

レトロシリーズでは、不動の人気となった「RF-064」
今まで大文字シリーズをご使用の皆さんからすると、51mmというサイズは小さく感じられると思いますが、そもそも「RF-064」はウエリントン型ということもあり、このサイズ感は一般的といえるのかもしれません。しかし、「RF-001」や「RF-032」に比べると、明らかに大きめなサイズといえ、比較的ゆったりとしたサイズ感のモデルといえます。


ただし、海外を主軸としてデザインされた「RF-064」は、鼻幅が22mmと広く、直営店では鼻盛りもしくはピタームを用いたクリングスパッド仕様にカスタムし対応していることも多く、今現在ご使用中の皆さんはもちろん、「RF-064」をご検討の皆さんはお気軽にご相談ください。



そんな「RF-064」は、その人気から欠品も多く、全カラーバリエーションが揃いにくいことは過去のブログでも触れた通りですが、このタイミングで人気の「col.565」、そしてこちらの「col.669」「col.850」が再入荷いたしました!また、今日現在「col.001M」マットブラックも在庫もご用意しておりますので、気になる方はこのタイミングで是非!


続いてこちら。

「RF-150」¥44,000(税込) 2022年発表



サイズ53mm 鼻幅21mm レンズカーブ4カーブ テンプル長150mm

まさに「RF-064」のサイズ感を意識してデザインされた「RF-150」は、そのサイズ感はもちろん、チタンパッドを用いたクリングスパッド仕様になっており、より機能性も大幅に改良されたモデルといっても過言ではありません。正確には「RF-064」の後継モデル「RF-065」がベースになっており、さり気ない個性を活かした限定200本の「RF-065」と、より普段使いしやすい量産型の「RF-150」といった位置づけです。


FACTORY900にしてはシンプルな造形にみえますが、ある意味エッジーでキレのあるフォルムからは”らしさ”が感じ取れ、肉厚なフロントからもその存在感がしっかりと表現できていると思います。



クラシカルなデザインでは王道ともいえるウェリントン型を、”らしさ”を交えよりシンプルに表現した「RF-150」レトロシリーズにまだ踏み込んでいない皆さんにも、是非一度じっくりとお試しいただきたいところです。

最後はこちら!

「RF-160」¥44,000(税込) 2022年発表



サイズ55mm 鼻幅17mm レンズカーブ4カーブ テンプル長140mm

またまた、2022SS Collectionからのご紹介となりましたが、このサイズ感のレトロシリーズは非常に新しく、なによりこのツーブリッジデザインは国内でも想定を超える人気となりました。普通に考えるとツーブリッジといえばメンズデザインとなりますが、このサイズ感も含め、女性の皆さんにもご好評いただいており、今の時代感に絶妙にマッチしていることを実感しております。


このサイズ感も踏まえ、メガネとしてだけでなく、カラーレンズを組み合わせサングラスとしてご使用いただいている皆さん、さらに昨年は調光レンズとの組み合わせを前提に、フレームカラーをお選びいただいた皆さんも多く、そのポテンシャルの高さも伺えます。



一般的にはハードルの高いといわれるツーブリッジデザイン、皆さんならどうやって掛けこなしますか?先ずは店頭でお試しいただくのがチャレンジへの第一歩、過去のスタイルサンプルも参考にしてみてください。

さてさて、1月も後半に差し掛かり、いよいよ2022AW Collectionから一部のモデルの出荷が見えてきました。木曜日のブログを是非お楽しみに!


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900tokyobase/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 火曜日、水曜日定休


Related Products

一覧に戻る