FACTORY900 RETRO(ファクトリー900 レトロ) ゴツい ウエリントン型のメガネでお探しの皆さんへ「RF-008」

おはようございます、店長です。

当初の予定では今日の午後、東京に戻る予定でしたが、急遽日曜の夜に東京に戻りました(汗)
たまたまご来店いただいたお得意様に「あれ?店長いる!、大阪じゃなかったの?」
皆さん、ちゃんとブログを読んでいただいているのですね~
ありがたき幸せ(泣)
と、いうことで、今日は通常通りオープンからTOKYO BASEに居りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今日のスタッフブログは、こちらのモデルをご紹介します。


「RF-008」

過去に更新していた店長ブログから数えても、かなり久しぶりの登場となる「RF-008」
現在OSAKA BASEでは、この「RF-008」を全カラークリアレンズに変更し、メガネ仕様として展開しています。
では、せっかくなのでこの機会にご紹介をさせていただきます。

「RF-008」¥35,000(税別) 2015年発表


サイズ54mm 鼻幅18mm レンズカーブ4カーブ テンプル長150mm

2015年春の新作として発表された2ndモデルは、当時「RETRO FUTURE BY 900」としての世界感を作り上げるために、極力シンプルにカタチづくられ、50年代~60年代のモノづくりから感じる当時の時代感を纏ったモデルとして、今もなおファンの皆さんを魅了し続けています。
基本はサングラスとして発売を開始しましたが、その無骨なスタイルからメガネとしてご活用いただいているお客様も多数いらっしゃいます。


ワタクシ自身もサングラスとして愛用している「RF-008」ですが、どんな時代においても決して無くなることのない王道のウェリントン型ということもあり、メガネとしてはもちろん、ときにはダテメガネとして背伸びせずに使えるファッションアイテムの1つになり得るかと思います。


まるで箱型のような四角いフロントに、相反するような滑らかな曲線が相まって立体的なフォルムが生まれます。
ここ最近のレトロシリーズに見られるような複雑なカット面で魅せるモデルではありませんが、シンプルだからこそダイレクトに伝わる美しさがこの「RF-008」には存在します。



磨き上げられた肉厚のフロント、そして研ぎ澄まされたカット面、どこをとってみてもホンモノと呼べる質感は、全て青山眼鏡の職人によって1つ1つ丁寧に仕上げられます。
大量生産によって生まれるメガネにはないこの質感と、どことなく感じとれる温かみを日々の生活の中で感じていただけたらと思います。


カラーバリエーションは全5色


「col.001」black (黒)


「col.147」brown sasa (茶ササ)


「col.159」barafu (バラフ)


「col.447」blue (ブルー)


「col.853」white (白)

今やメガネのトレンドは、メタルフレームを中心に徐々に細身のスタイルに移行しつつありますが、まだまだ我々が作りだすようなゴツいメガネをお探しの皆さんもいらっしゃるハズです。
ゴツイ ウェリントン型でメガネをお探しの際は、是非FACTORY900 RETROの「RF-008」を思い出していただけたらと思います。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900/
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間 12:00~20:00 水曜日、第1・第3火曜日定休



Related Products

一覧に戻る