漫画家 麻宮 騎亜(あさみや きあ)先生 使用モデル「FA-340」「FA-325」

おはようございます、店長です。

先日のお渡し会イベントを無事に終え、ホッとしたのもつかの間、次は秋の展示会です(汗)
ということで、10月11日(水)~10月13日(金)は展示会開催のにつき、TOKYO BASEは臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑お掛け致しますがどうぞ宜しくお願い致します。

さて、先日は声優、立花慎之介さん、福山潤さんとのコラボレーションモデルを発表しましたが、そもそも立花さんが以前からFACTORY900をご愛用頂いていたことがきっかけで今回の企画が実現しました。
そして、このお2人以外にもFACTORY900をご活用頂いている著名人の方がいらっしゃいます。
漫画家 麻宮 騎亜(あさみや きあ)先生です。
麻宮先生といえば、代表作の1つである「サイレントメビウス」
90年代以降のSF作品に多大な影響を与えたといわれる作品であり、現在は、月刊ヤングマガジンで、「サイレントメビウス・クアドリガ」が連載中です。
ちなみにデザイナー青山は当時このサイレントメビウスを読みまくっていたそうです。
と、いうことで今日の店長ブログでは、麻宮先生ご愛用のFACTORY900をご紹介します。

「FA-340」col.096 ¥42,000(税別) 2016年発表
DSC_2128
サイズ56mm 鼻幅18mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm
DSC_2129
昨年秋に発表された二股に分かれたテンプルが特徴の「FA-340」
「col.473」青がメインビジュアルに採用され、発売後も多くの皆さんからご好評頂いております。
年末に発表する人気ランキングでも上位にランクインしそうな予感が・・・
しかし、製造工程における難易度の高さから一部のカラーが欠品し、なかなか全カラーが揃いません(汗)
DSC_2137
麻宮さんが普段ご使用頂いているのはこちらの「col.096」black meisai (黒迷彩)
細かい黒白の迷彩柄が分りやすいように黒バックで撮影してみました。
DSC_2139
二股のテンプルにフォーカスを当てるため、シンプルにカタチづくられたそのフォルムからは、これからの「FA-340番台」の新作に大きな期待が膨らみます。
DSC_2149
DSC_2150
DSC_2151
「FA-325」col.853 ¥42,000(税別) 2015年発表
DSC_2126
サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長125mm
DSC_2134
2015年新作のなかで「FA-087」に次いで注目度の高かった「FA-325」
昨年の年間人気ランキングでは第3位にランクインしたことからも人気のほどが伺えます。
麻宮さんは、ことらの「FA-325」をペン入れの際、つまりお仕事用としてご使用頂いています。
そのフリューチャーリステックなデザインはもちろん、メガネとしての掛け心地の良さも気に入って頂いたポイントの1つです。
DSC_2135
フロントに使用されているカラーは「FA-241」のcol.444青、そしてアンダーリムからテンプルに繋がる白が「FA-325」の美しさを際立てます。
こちらも黒バックで撮影してみました。
黒バックに浮き上がる、「FA-325」のフォルムをご堪能下さい。
DSC_2143
FACTORY900の代名詞といえば流線形からなる造形美ですが、別パーツを組み合わせることで完成する「FA-325」のフォルムは、今までのFACTORY900にはない、新たな未来を切り開いたモデルといっても過言ではありません。
DSC_2146
DSC_2144
DSC_2147
ちなみに麻宮先生は「FA-207」通称"スプーン"もお使い頂いています。
麻宮さん、いつもありがとうございます!
「FA-207」の詳細はこちらからどうぞ。

TOKYO BASEがオープンして2年半、ブランドとしても色々なカタチで今までにはない広がりを感じます。
そして色々なご縁に感謝の毎日です。


一覧に戻る