FACTORY900(ファクトリー900) 新作「FA-404」と「FA-204」を掛け比べ

おはようございます、店長です。

6月に入り、次の企画に向けて頭を悩ませているとことです。
うーーん・・・・今日はお休みなので気分転換して仕切り直します(汗)

さて、今日のスタッフブログはこちらです。


「col.487」(青白縞)

先日あるお客様から「FA-204」と「FA-404」のcol.487についてお問い合わせをいただきました。
以前から「FA-204」のcol.487が気になっていたところ、つい先日同じカラーを使用している「FA-404」が発売になり、どちらにしようか迷っているとのことでした。「FA-404」の発売に合わせ「FA-204」との掛け比べをブログでご紹介しましたが、今回はお問い合わせのあった「col.487」でそれぞれのモデルを比較をしてみたいと思います。

「FA-404」¥41,800(税込) 2021年発表


サイズ56mm 鼻幅17mm レンズカーブ5カーブ テンプル長125mm

「FA-204」¥38,500(税込) 2007年発表


サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ テンプル長125mm

「FA-404」の商品詳細でも触れたように、「FA-204」をベースにした「FA-404」はレンズカーブも5カーブ、テンプルは共通のテンプルとなります。2つのモデルを一言で表現するのであれば、シャープでエッジーなスクエア型の「FA-204」、曲線を活かしたキレイなオーバル型の「FA-404」、どちらもFACTORY900らしい流線形のフォルムを活かした美しいラインが1つの特徴といえるのではないでしょうか。


今回お客様よりお問い合わせのあった「col.487」(青白縞)は、2018年秋に発表した「FA-234」のカラーバリエーションから加わった比較的新しい色合いです。ベースとなる表面の鮮やかな青が特徴的ですが、背面の白の縞模様がうっすらと表面にも映り込みます。他のカラーにも同じことがいえますが、フロントの智元やブリッジの周辺に関しては、肉厚なこともあり濃紺といった方が正しいかと思います。


では、実際に2つのモデルを掛け比べてみます。
ちなみに前回は、「col.310」(ボルドー/赤黒柄)で掛け比べをしていますので、こちらも参考にしていただければ幸いです。


やはり遠目では全体的に落ち着いた印象になりますね。以前ご紹介した「col.310」(ボルドー/赤黒柄)に比べると「col.487」本来の青みは感じ取れますが、それでも生地の色合いと肌色が交わることでフレーム単体の鮮やかな色合いは暗くなります。言い換えれば、その活躍の場はプライベートのみならず、ビジネスシーンまで広がる可能性を秘めたカラーといえるのではないでしょうか。


いかがでしたか?

今回はあるお客様からのご質問にブログを通してお答えしましたが、今後ブログで取り上げて欲しい内容がありましたら、お気軽にご連絡ください。特にオンラインショップでのご購入をお考えのお客様で、サイズ感や実際に掛けた印象など、スタッフブログを通してご紹介できればと思います。


FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE
Instagram: https://www.instagram.com/factory900tokyobase/
営業時間短縮 12:00〜19:00 水曜日定休
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、短縮営業とさせていただきます。


FACTORY900 OSAKA BASE
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目15-5
TEL&FAX 06-6539-0900 E-mail: osakabase@factory900.jp
営業時間短縮 12:00〜19:00 毎週火曜日、水曜日定休
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、短縮営業・定休日変更とさせていただきます。


Related Products

一覧に戻る