FACTORY900(ファクトリー900) レンズの厚みが気になる皆さんにもおススメなモデル

おはようございます、店長です。



気づけば2月も最終日。

今月もホントに色々ありました・・・

来月も慌しくなりそうな予感(汗)

まぁ、いつもの事ですw

と、1ヶ月後も同じこと言ってそうwww





さて、先日ご来店頂いたお客様から、

「自分は目が悪くてレンズが分厚くなるんですけど、どんなモデルがいいですか?」

と、こんなご質問を頂きました。



そもそもFACTORY900はフローティング構造と呼ばれる、レンズとフレームが分離したデザインが比較的多いこともあり、近視の度数が強い皆さんからすると、「メガネを選ぶ際にレンズの厚みがいつもネックになる」、こういった事が多々あるのではないでしょうか。

そこで今日は、近視の度数が強い方におススメのモデルを、それぞれ比較しながらご紹介したいと思います。



先ずはこちらから



「FA-224」¥33,000(税別) 2015年発表



DSC_9660n




DSC_9678


サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長125mm



DSC_9683


2015年に発表されたFACTORY900の入門編というべき「FA-220番台」

肉厚でありながらシンプルなその造形は、"らしさ"と共に掛けやすさを合わせもったスタンダードコレクションといえます。

レンズの厚みが目立ちにくいことはもちろん、そのフォールド性はバツグンです。

重厚な見た目だからこそ気になるその掛け心地・・・クリングスパットだからこそ味わえる、その安定感を是非店頭でお試し下さい。

「FA-224」の詳細はこちらからどうぞ。



DSC_9700






続いてこちら



「FA-142」¥35,000(税別) 2007年発表



DSC_9657n




DSC_9677


サイズ54mm 鼻幅15mm レンズカーブ4カーブ テンプル長125mm



DSC_9685


この「FA-142」が発表された2007年当時は、天地幅が狭いレンズシェイプがまだまだ多く「FA-142」は異色な存在として見られていたかもしれません。

一見シンプルな造形に見えますが、正面からの見え方と、真上から見るのでは、その肉厚が全く違うことがお分かり頂けます。そう、実はかなり複雑な面構成によってこの「FA-142」は仕上がっています。

残念ながらすでに生産終了のアナウンスをさせて頂きましたが、まだカラーによっては在庫のご用意があります。

「FA-142」についてはこちらからどうぞ。



DSC_9699




では、この2つのモデルの造形を比較してみましょう。



DSC_9681




DSC_9682


同じ大文字シリーズ、そして同じフルリムの2つのモデルですが、その造形はベツモノです。





DSC_9690




DSC_9692


まるで箱型のような「FA-224」と、肉厚ながらも立体感溢れる「FA-142」

ある意味対照的な2つのモデル。



DSC_9697




DSC_9694


ちなみに同じ「FA-140番台」の「FA-143」は強度近視の人に不向きなの?

そんな疑問を持たれた方もいらっしゃるかと思います。

確かに「FA-143」もフルリム構造のモデルで、そのリムの厚みはレンズの厚みも十分隠してくれます。

しかし、気をつけたい点は、レンズカーブです。

「FA-143」のレンズカーブは6カーブ。つまりお客様の度数によってはおススメしにくい場合がございます。



そこでもう1つ、強度の皆さんにご提案したいモデルをご紹介しますね。



「FA-310」¥38,000(税別) 2013年発表



DSC_9666n




DSC_9680


サイズ53mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長130mm



ワタクシもプライベートで使用している「FA-310」

フルフレーム、そしてそのサイズ感は、強度の皆さんでもレンズの厚みを気にせずご活用頂けるモデルではないでしょうか。



DSC_9674




今日はレンズの厚みを気にされる皆さんに、おススメなモデルをご紹介しました。



しかし、デザイナー青山は以前にこんなことを言っています。

FACTORY900はその肉厚な造形により、レンズの厚みも決してマイナスに捉えてはいません。

つまりレンズの厚みもデザインの一部として考えてみてはどうでしょうか。

こういった考え方もFCATORY900ならではですね。 

「そうは言ってもレンズの厚みは気になる!」という皆さん、今日ご紹介したのはあくまで一部です。

ご来店の際はお気軽にご相談下さい!







FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
 



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          


 




メガネ・サングラス ブログランキングへ 
 




食べログ!隠れ家的なイタリアンバルのご紹介~渋谷編~

おはようございます。
TOKYO BASEのチーズが食べれる方・スタッフ松本です。

店長はチーズが苦手なので、TOKYO BASE内ではチーズ厳禁。
一緒にご飯に行く時も、チーズ的なものは避けるようにしています。
松本はちゃんと空気読める子です(/・ω・)/

でもチーズは嫌いじゃない・・・
たまに無性に食べたくなる・・・

しかも調べてみると、TOKYO BASEからほど近い渋谷周辺は、チーズがメインの有名なお店がいくつもあるではないですか(*´Д`)
とはいえチーズ尽くしも胃が不安(笑)

そんな時に見付けました。
わたしのわがままを調度良く満たしてくれそうなお店!



というわけで本日は、店長に内緒でこっそり行ってきたお店をご紹介w
いつもより足を伸ばして、店長ブログ初?の渋谷エリアの食べログです('◇')ゞ

お店はこちら!
「イタリアンバル OLIVE(オリーブ)」さん!
7
お店はJR渋谷駅のすぐ近く。
地下にあるので、ちょっと隠れ家的な入り口です(*´з`)
6
扉付近には、手描きのイラストや手作りのPOPなどがあって、入り口からすでに楽しそうな雰囲気が伝わってきます!
5
店内はアンティーク調の落ち着いた内装。
今回案内して頂いたのはカウンターでしたが、ステキな個室もあるようです(^^♪
わたしが行った平日の夜は、そこまで周りもうるさくなく、ゆったりとした雰囲気でご飯が食べられました((((oノ´3`)ノ
1
お通しのポテトサラダからすでに美味しいしおしゃれ!
2
メニューを見た時から食べたかった、「ラクレット風フライドポテト」
これがもう!本当にもう!
とっても美味しかった・・・(●´ω`●)

切実にもう一皿頼んでおけばよかったと後悔しました!
3
こちらは1枚の状態で写真を撮り忘れた「生ハムと水菜のクリームピッツァ」
これも美味しかった!生地がもっちもち!
ちなみに、半分に分けた半月型のまま噛り付いたのはわたしです(笑)
4
デザートには「パンケーキ」!
こちらも甘過ぎず、美味でした。

他にも色々食べましたが、どれも美味しい
チーズがふんだんに使われているお料理も、そこまで重たくないので女性でもたくさん食べられると思います!
お値段がリーズナブルなところも、嬉しいですね。

チーズは結構好きなんですが、それだけを大量には食べられないので、ほど良いバランスで松本的には非常に良い感じでした。
次は見送ったチーズフォンデュ食べに行こうかなー!

渋谷駅からTOKYO BASEへお立ち寄りの方も、駅近でお食事処をお探しの方にもオススメです^^
ネットでの予約も出来ますので、是非足を運んでみてくださーい(^◇^)


↓OLIVEさんの詳細はこちら↓

電話:050-5570-6084 (予約専用番号)

     03-3496-0848 (お問い合わせ専用番号)

住所:東京都渋谷区神南1-11-1 渋谷市野ビル B1F

営業時間:月曜~金曜 17:00~23:30
        土曜・日曜・祝日 12:00~23:30

定休日:年中無休

URL(食べログ):
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13173329/


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp  
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ


FACTORY900(ファクトリー900) FA-241 スタイルサンプルその➁

おはようございます、店長です。



イタリア・ミラノで行われるMIDO展が昨日からはじまりました。

今年は我々FACTORY900も出展!

4年目を迎えるレトロシリーズの新作は?

日本国内の発表は4月、是非お楽しみに!



さて、昨日に引き続き「FA-241」のスタイルサンプルその➁です!


では早速ご覧下さい。



「col.444」blue (青)



DSC_9647




DSC_9598




DSC_9557


思わず手にとって色々な角度から眺めていたくなるような「col.444」

その鮮やかな色使いが、「FA-241」の柔らかなフォルムをよりいっそう引き立てます。

このカラーを見て、FACTORY900のファンになったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、このカラーは「FA-241」のみ。※FA-325 col.853はフロントのみに「col.444」を使用しています。
細身の曲線で構成された造形だからこそ映える色合いをお楽しみ下さい。



DSC_9569




「col.445」navy/white (ネイビー/白)



DSC_9651




DSC_9602




DSC_9558


紺、黄、白を組み合わせたFACTORY900ならではの色使い。

しかし、この組み合わせが絶妙です。

フロント前面のネイビーから、本来はテンプルに共色で繋がるところを切り返しの白がアクセントになっています。どこか近未来を感じさせるようなそんな配色はファンの皆さんの心をくすぐります。

また、この大胆な色の組み合わせは、実のところ女性の皆さんにも人気のカラーとなっています。



DSC_9572




「col.861」white/pink (白/ピンク)



DSC_9654




DSC_9604




DSC_9559


ファンの皆さんにはお馴染みの「col.861」通称"キュベレイカラー"

では突然ですが問題です。

この「col.861」を使用しているモデルは何種類あるでしょうか?

答えはこちらからどうぞ。

一般的にはハードルの高いといわれる白にピンクを組み合わせた「col.861」まさにこれからの季節におススメしたくなるような、そんなカラーの1つです。

個人的にはこのカラーを見るとサクラの花びらが頭に浮かび、春の日差しを思い出します。 


DSC_9576




2日間に渡ってご紹介しました「FA-241」のスタイルサンプル、いかがでしたか?

定番カラーから900らしい攻めたカラーまで、多彩なバリエーションを持つことも「FA-241」の大きな特徴の1つです。

髪色を思い切って明るくした今こそ、今まで掛けこなせなかったカラーについてもスタイルサンプルとしてご紹介出来ればと考えております。

ちなみにこの髪色は期間限定ですw



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
 
style="color: rgb(0, 102, 204);">




Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          


 

style="color: rgb(0, 102, 204);">



メガネ・サングラス ブログランキングへ 
 





FACTORY900(ファクトリー900) FA-241 スタイルサンプルその①

おはようございます、店長です。



今月11日に行われたTOKYO BASE2周年イベント「2nd Anniversary」

そのイベントの中で行われたデザイナー青山と会長のトークショーの様子をメガネ情報サイト「グラファス」さんでご紹介頂きました。

是非こちらもご覧下さい!

トークショーの詳細はこちらからどうぞ。



さて、今日は「FA-241」のスタイルサンプルその➀をお届けします。

ここ最近、新作が入荷するたびに各カラーのスタイルサンプルをご紹介していますが、「過去のモデルのスタイルサンプルを見てみたい」とあるお客様からご要望がありました。

先ずは最近、お客様より店長さんの掛けてるのはどれですか?とお声を掛けて頂くことも多い「FA-241」を各カラーごとにご紹介します。





「col.001」black (黒)



DSC_9633




DSC_9584




DSC_9554


「FA-241」のなかで、不動の1番人気の「col.001」black

鋭角なフォルムを柔らかな面で構成されている「FA-241」は、他のモデルのblackに比べキツイ印象になることなく気負わず掛けこなせます。

また全体的にボリューミーな「FA-240」に比べ線の細いこともあり、髪色が明るくてもメガネ単体が主張しすぎることを防ぎます。



DSC_9560




「col.063」camouflage/orange (迷彩/オレンジ)



DSC_9638




DSC_9588




DSC_9555


多彩なカラーバリエーションをもつ「FA-241」のなかで一際目を惹く「col.063」通称"迷彩オレンジ"

この数ヶ月、この「col.063」のFA-241を多用しているワタクシですが、はじめてお会いするお客様からもお褒めの言葉を頂きます。

下の写真でもお分かりのようにチラリと見える背面のオレンジがポイントです。

フロント前面には迷彩柄を使用しているため、洋服は比較的シンプルなモノを心がけています。



DSC_9563




「col.425」gray (グレー)



DSC_9642




DSC_9594




DSC_9556


「col.001」blackと是非比較して頂きたい定番カラー「col.425」gray

blackよりもさらに馴染みやすく、合わせやすいカラーといえます。

モノトーン系のお洋服はもちろん、多彩なカラーを用いたスタイルにもご活用頂くことが出来、もはや万能型のカラーといっても過言ではありません。



DSC_9566




この「FA-241」が発表されたのが2011年。

それまでは比較的定番のカラーが多かったFACTORY900に多彩なカラーが続々と加わったのがこの2011年からといわれています。

明日は「FA-241」のなかでも攻めたカラーを掛け比べてみますのでお楽しみに!










FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
style="color: rgb(0, 102, 204);">
 


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          


 
style="color: rgb(0, 102, 204);">


メガネ・サングラス ブログランキングへ 
style="color: rgb(0, 102, 204);"> 

 



FACTORY900(ファクトリー900) 週間モーニング13号 「眼鏡橋華子の見立て 番外編」にFACTORY900が登場

おはようございます、店長です。



昨年ちょっとした話題になりましたが、ジョジョの奇妙な冒険、第4部が実写化されるとか・・・

これに関しては賛否両論あるかと思いますが、ワタクシ的には第2部が好きなのでなんとも言えませんw

ちなみに第3部まではわりと話せますw

そんなワタクシは実のところマンガ好き。つい先日も「もし、"北斗の拳"のキャラクターがFACTORY900を掛けるとしたら、誰にどのモデルを掛けてもらおう?」と松本に問いかけたところ、ポカンとされて寂しい気持ちになったところです・・・

やっぱりシンには「FA-081」だな。



さて、今日はお知らせを1つ。

もうすでにご存知の皆さんもいらっしゃるかと思いますが、昨日発売の週間モーニング13号に連載中の「眼鏡橋華子の見立て 番外編」にてFACTORY900のモデルを使用して頂きました!



EPSON005




そのモデルとは?

ズバリこちら!



EPSON006


ファンの皆さんであれば、誰しもが知るモデル



MASKシリーズ「FA-085」 通称"ステンドグラス"




DSC_9545




この「眼鏡橋華子の見立て」に関してはメガネ業界の中でもざわざわ(汗)そしてメガネ好きな皆さんにとっても話題のマンガといえるのではないでしょうか。

その内容は書店にて是非!



「FA-085」¥60,000(税別) 2011年発表



DSC_9543


残念ながら、昨年発表の生産終了モデルにこの「FA-085」も該当します。

TOKYO BASEオープン当時は全カラーバリエーションを在庫しておりましたが、今日現在では写真の「col.001A」black(color lens) (黒(カラーレンズ))のみとなっております。

本社福井も全て完売・・・




DSC_9547


ちなみに同じく生産終了になった「FA-086」通称"縦スリット"も残すところ「col.263」redのみ・・・

「FA-086」に関してはこちらからどうぞ。




現在、MASKシリーズのなかで現行モデルは「FA-081」「FA-087」の2つのモデル。

2017年秋の新作で果たしてMASKシリーズの新作は発表されるのか?

答えは青山のみぞ知るです。

その青山はイタリアで開催されるミド展へ・・・新作レトロの評価はいかに!





FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
 
style="color: rgb(0, 102, 204);">




Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          


 

style="color: rgb(0, 102, 204);">



メガネ・サングラス ブログランキングへ 
 
 



FACTORY900(ファクトリー900) col.859 white/green (白/黄緑)

おはようございます、店長です。

昨日は久しぶりに車で長時間の移動と、毎日電車通勤のワタクシにとっては、ある意味気分転換の出来た休日となりました。
ちにみに運転の際はレッドミラー仕様の「RF-008」を掛けていますw

さて、今日は久しぶりに共通カラーのご紹介です。
過去にもFACTORY900で使用している様々な共通カラーをご紹介してきましたが、まだ取り上げていないカラーが存在しました。
FACTORY900らしさ満載でありながら、過去に採用されたモデルは2つ・・・しかし皆さんの記憶に必ず残っているカラー。
そのカラーこそ「col.859」white/green (白/黄緑)です。
皆さんお気づきのように、2016年新作の発表によりそのバリエーションが増え、今回ご紹介する運びとなりました。
DSC_9526
しかし、このカラーをご紹介する上で問題が・・・

おそらく、ブログやカタログページを作成するためにブツ撮りをしている皆さんはお分りだと思いますが、基本、白、クリアー系のメガネは撮るのが非常に難しいのですwww
あまり気が進みませんが、とにかく撮ってみます(汗)

では早速ご覧下さい。

「FA-204」¥35,000(税別) 2007年発表
DSC_9519
サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ テンプル長125mm

そもそもこの「col.859」が1番最初に採用されたのがこの「FA-204」
発売当時の2007年はまだまだ落ち着いた定番カラーが多く、2011年に追加カラーとしてこの「col.859」が加わりました。
DSC_9449
この「FA-204」には通常の白、「col.853」が存在しますが、「col.859」はその中層に見える黄緑が大きなポイントになっています。
白単色では非常にインパクトを強く感じますが、この黄緑が入ることによりそのインパクトを中和させます。
例えば、単色の黒ではキツイ印象でも、「col.442」black/white/blue (黒/白/青)を掛けるとその印象は全く変わりますよね?
店頭でお試しの際は、是非1度単色の白「col.853」と比較してみて下さい。
「FA-204」のカラーバリエーションはこちらからどうぞ。
DSC_9444

「FA-312」¥38,000(税別) 2015年発表
DSC_9516
サイズ54mm 鼻幅15mm レンズカーブ4カーブ テンプル長130mm

2015年のエースモデルと呼ばれた「FA-312」
ワタクシも実際「col.355」purpleを愛用していますが、この「col.859」はワタクシにとっても未知の領域です(笑)
DSC_9416
同じカラーでも「FA-204」に比べてさらにインパクトが強い気がします。
これは「FA-312」の造形、またレンズシェイプの影響かと思われます。
クラシックフレーム全盛の今の時代、これだけ攻めたメガネが他にどれだけあるでしょうか?
トレンドに左右されず、メガネをご自身の自己表現の1つとしてお考えの皆さんは是非お試し下さい。
DSC_9476

「FA-323」¥38,000(税別) 2016年発表
DSC_9523
サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長125mm

つい先日発売開始になった「FA-323」
余談ですが、デザイナー田村からは、この「col.859」が1番似合うといわれました。
ってか、もう他のカラーに決めちゃったんだけど・・・
DSC_9465-001
ハーフリムということもあり、他の2つのモデルに比べると、グッと合わせやすくなりました。
でも不思議と2つのモデルと違って黄緑のラインはあまり見えません。こういったところも掛け比べてみなければ気づかない点です(汗)
(先日ご覧頂いたスタイルサンプルでの写真も参考までにご覧下さい)
DSC_9467

ここ最近、髪色を明るくしたことで、以前よりも白が似合うようになった気がします。
そう、髪色やファッションスタイルによってメガネも大きく影響されます。
今日ご紹介した「col.859」は極端な例かもしれませんが、今まで似合わないと思っていたモデル、カラーもちょっとしたきっかけで掛けこなせるようになる可能性は大いにあります。
これから春に向けて是非おススメな「col.859」是非お試し下さい!


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp  
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ   


FACTORY900(ファクトリー900) ブローラインの掛け比べ その➁

おはようございます、店長です。

本日は水曜日、TOKYO BASEは定休日となります。ホントに1週間があっという間ですね〜。
しっかり休んでハードな日々に備えます(汗)
ちなみにゴールデンウィークが終わるまでは落ち着きませんw

さて、昨日に引き続き、人気ブローラインと、新作「FA-323」の違いを徹底的に比較してみます。
昨日はその造形を含め、モノとしてどういった違いがあるのかを比較してみましたが、今日は実際掛けてみた時の印象を比べてみましょう。
Designer`s Blogの一文にもあった「モノとしてのかっこよさだけではなく、顔に合わせた時に更にもう一段かっこよく見える角度」 こちらも踏まえてご覧下さい。

「FA-323」
DSC_9536
「FA-248」
DSC_9535
「FA-208」
DSC_9537
このように同じ角度で見比べてみると、その異なる印象がお分かり頂けます。

超攻撃的といわれる「FA-323」のエッジの効いたフォルムは、お顔立ちをスッキリと、また完成度の高いといわれる「FA-208」と比較して頂くことで改めて「FA-323」のキレを感じて頂けます。
それに対し「FA-208」の重厚なフォルムは、これぞFACTORY900といった”らしさ”を十分味わって頂けるハズです。つまりはこの2つのモデルはある意味対極に位置するブローラインとワタクシは考えます。
「FA-248」に関していうと、流線形のデザインのなかにも力強さを秘めています。「FA-323」「FA-208」、どちら寄りとも言い難い、独自性のあるモデルと呼べるかと思います。

皆さんのお好みはどのブローラインでしょうか?
   
「FA-323」
DSC_9540
「FA-248」
DSC_9539
「FA-208」
DSC_9538


「FA-320」番台の新作として発表された「FA-323」
確かに「FA-320」をベースとしたブローラインではありますが、ただ単純に「FA-320」をブローフレームに型変更した訳ではありません。

レンズシェイプはもちろん、フロントの肉厚、細かく計算されたライン、つまり設計そのものを1から見直しています。
DSC_9500
ご来店の際は、是非「FA-320」と一緒に、色々な角度から2つのモデルを比較してみて下さい。
DSC_9503
DSC_9511
装備するようなメガネと評された「FA-320」
その造形は多くの皆さんの心を掴みました。
しかし、その攻めたデザインの裏側には、掛け心地に関してご不満を持つ方がいたのも事実。
「FA-320」が発表されてから2年、「FA-323」は「FA-320番台」の進化をより感じて頂けるモデルに仕上がっています。
DSC_9512
DSC_9515

詳細からカラーバリエーション、他のブローモデルとの比較と、この「FA-323」に関してはより細かくご紹介をしてきました。このブログを通して、デザイナーの想いがより多くの皆さんに届きますように。


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp  
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ     


FACTORY900(ファクトリー900) ブローラインの掛け比べ

おはようございます、店長です。



悲報です・・・奥歯に続き、八重歯の詰め物もとれましたwww

これは何かの呪いなのか?

たまらずオープン前に歯医者さんに駆け込み応急処置を。

先生には「お仕事忙しいでしょうけど、たまにはメンテナンスに来て下さい」と釘を刺される始末。

色々とガタがきているお年頃ですw



さて、先日2016年新作「FA-323」が発売となりましたが、その詳細のなかで触れたFACTORY900の代表作ともいえるブローライン「FA-208」、そして昨年のTOKYO BASE人気ランキング第5位にランクインした「FA-248」

この2つのモデルとの比較、そして掛けた時の印象の違いをスタイルサンプルでご覧頂こうと思います。



DSC_9357


では早速ご覧下さい!



「FA-323」¥38,000(税別) 2016年発表



DSC_9485


「FA-248」¥38,000(税別) 2015年発表



DSC_9487


「FA-208」¥38,000(税別) 2011年発表



DSC_9491




DSC_9336


サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブテンプル長125mm



DSC_9340


サイズ55mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブ テンプル長125mm



DSC_9341


サイズ54mm 鼻幅17mm レンズカーブ5カーブ テンプル長125mm



ブローラインの印象を大きく左右するレンズシェイプ。

このように3つのモデルを比較してみると、それぞれに特徴があることがお分かり頂けます。

「FA-323」の特徴でもあるエッジの効いたシャープなシェイプ、「FA-248」は天地幅も広く、ダイナミックなシェイプ。まさに王道ともいうべき「FA-208」といったところでしょうか。

また、比較的小ぶりといわれる「FA-323」ですが、そのサイズを他のモデルと比べて頂くと「FA-208」よりも大きいことが分かります。つまり、すでに「FA-208」をご使用の皆さんはサイズ的に「FA-323」も問題なく掛けて頂けるはずです。



では次にサイドからの見え方、そしてブローラインの造形も合わせて比較してみましょう。



DSC_9328




DSC_9332




DSC_9334




DSC_9499




DSC_9496




DSC_9492


このようにFACTORY900を語る上では欠かせない面造形もそれぞれモデルによって全く異なります。

「FA-248」はフロントの面造形がテンプルまで流れるように繋がり、躍動感あふれるフォルムを形成しているのに対し、「FA-208」は重量感のある肉厚の生地にカッティングを施し、塊から削りだしたような荒々しさをダイレクトに感じます。

そして新作「FA-323」は余分な肉厚を削ぎ落とし、研ぎ澄まされたその造形は、まるで戦闘機のような他のブローフレームにはないキレを感じます。



では、掛けた時の印象にどういった違いがあるのか?

スタイルサンプルで比較してみましょう。

と、今日はここまでです(汗)

残念ながらスタイルサンプルを撮っている時間がありませんでしたw

では、この続きはまた明日です(汗)



FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
 
style="color: rgb(0, 102, 204);">



Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          


 



メガネ・サングラス ブログランキングへ 
 




FACTORY900(ファクトリー900) 2016年新作「FA-323」スタイルサンプル その➁

おはようございます、店長です。



皆さんに頂いたお土産を食べ過ぎたせいでしょうか・・・またしても奥歯の詰め物がとれましたwww

次から次にもうぉ!次の休みに歯医者行けるかなぁ・・・



さて、昨日に引き続き2016年新作「FA-323」のスタイルサンプルをご紹介します!

ビジネスシーンでの活用も期待できる新作のブローライン、早速ご覧下さい。



「col.521」green (緑)        



DSC_9318




DSC_9370


個人的にはイチオシの新色グリーン。

「col.281」「col.475」の兄弟色になります。

フレーム単体で見ると、背面の鮮やかなグリーンに目を奪われますが、前面の落ち着いたグリーンは思った以上に肌馴染みも良く、メガネだけが主張してしまうことを防ぎます。

また、定番カラー「col.001」blackに比べ、カラーフレーム特有の温かみを感じて頂けるハズです。



DSC_9379




DSC_9380




「col.701」silver pattern (シルバー柄)



DSC_9322




DSC_9371


この「FA-323」のなかでおそらく1番人気になるであろうシルバー柄。

「FA-320」のカラーバリエーションでは圧倒的な人気を誇り、ビジネスで活用しやすい「FA-323」では、もはや鉄板のカラーと呼べるのではないでしょうか。

スーツに合わせても良し、カジュアルな装いでも気兼ねなくスタイリングしやすい万能型のカラーです。

しかし、カッコいいけど面白みに欠ける・・・そう感じた皆さんは次にご紹介するカラーを是非(笑)



DSC_9384




DSC_9383




「col.859」white/green (白/黄緑)           



DSC_9327




DSC_9372


コアなユーザーの皆さんであれば誰しもがご存知の「col.859」white/green

実はこのカラーを使用しているモデルは「FA-323」を含めて3つしかありません。

どのモデルで使用されているか、このブログをご覧の皆さんはお分りですよね(笑)

そして、この超攻撃的ブローラインでこの「col.859」を採用するところが田村らしいです。

そもそも非常にインパクトの強い白ですが、今までにはないレンズシェイプと攻撃的な印象をカタチづくる面造形により、バランスが保たれています。



DSC_9387




DSC_9388




連日に渡ってご紹介してきました「FA-323」のカラーバリエーション。

いかがでしたか?



ブローラインの人気モデル「FA-208」にはない多彩なカラーバリエーションをもつ「FA-323」

同じブローラインでもまた違った印象を作り出すことが出来ます。

では、どういった違いがあるのか?この続きはまた明日です!





FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
style="color: rgb(0, 102, 204);">
 


Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  


営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          


 
style="color: rgb(0, 102, 204);">


メガネ・サングラス ブログランキングへ 
 




FACTORY900(ファクトリー900) 2016年新作「FA-323」スタイルサンプル その①

おはようございます、店長です。

先週末のイベントから1週間、ようやくいつものペースに戻りつつあります(汗)
イベント前後にご注文頂いた皆さま、鼻盛り加工、磨き等のメンテナンスでお預かりの皆さま、順次ご対応しておりますので、もう少々お待ち下さいませ。

さて、昨日から発売を開始した「FA-323」
お蔭さまで皆さんの反応も上々です。
2016年の人気ランキングベスト5に「FA-208」「FA-248」がランクインされましたが、この「FA-323」も2017年のランキングには上位に食い込んでくるのではないでしょうか。

では、毎回恒例となりましたが、今日は各カラーのスタイルサンプルをご紹介します。

「col.001」 black (黒)
DSC_9304       
DSC_9367
「FA-323」のシャープなレンズシェイプが際立つ「col.001」black
黒のブローラインといえば、掛けると眉毛が強調されて苦手という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、この「FA-323」に至ってはエッジの効いたフロントのフォルムがそういった印象を感じさせません。
むしろ目尻が下がったワタクシも、目チカラがアップしたように感じます。
DSC_9373
DSC_9374

「col.281」red (赤)
DSC_9308
DSC_9368
この「col.281」redをはじめ、新たに加わった新色も「FA-323」の見所の1つですね。
厳密にいえば、赤というよりは深みのあるボルドーといった方がしっくりきます。FACTORY900のなかには、過去にご紹介した「col.259」「col.250」といった赤が存在しますが、新色の「col.281」は今までの赤よりも肌馴染みが良く、お洋服にも合わせやすいことが特徴です。
なにより「FA-323」の攻撃的なフォルムと情熱的なカラーがフィットしています。
DSC_9375
DSC_9376

「col.475」blue (青)
DSC_9310         
DSC_9369
ワタクシが2016年新作の中からチョイスしたのがこの「FA-323」であり、そのカラーバリエーションの中から「col.475」を選びました。
「FA-095」で使用しているトリコロールカラー「col.441」よりも鮮やかなブルーですが、実際お顔に合わせてみると不思議と落ち着きます。
先ほどの「col.281」もそうですが、フレーム単体での印象と、掛けた時の印象ではそのイメージが大きく変わります。
もちろん掛ける方の肌色との相性もあるかと思います。出来れば自然光の下で掛け比べてみて下さい。
DSC_9377
DSC_9378

先日のイベントに合わせて思い切って髪色を明るくしたことで、今まで抵抗があったカラーもグッと掛けやすくなりました。
が、しかし、スタイルサンプルとしてはどうしたものでしょうか・・・残念ながらあまり参考にならないような・・・

これに懲りず、明日は残りの3色をご紹介しますので、是非お付き合い下さい(汗)


FACTORY900 TOKYO BASE 
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp 
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE  
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          
 
メガネ・サングラス ブログランキングへ