FACTORY900(ファクトリー900) FA-240番台をマット加工

おはようございます、店長です。

昨日はオープンからFACTORY900ユーザーの皆さんが多数ご来店頂き、沢山の差し入れを頂きました!
それにしても皆さん、ワタクシの好みを良くご存知で(笑)
ホントに皆さんからの愛を感じます。いつもありがとうございますっ!


さて、今日の店長ブログは昨日に引き続き"マットカラー"についてです。
基本マット加工はどのカラーに対しても適応しております。
しかしマット加工の定番といえば、やはり「col.001」ブラック

そこでFACTORY900の中でも人気カテゴリ―の「FA-240番台」col.001にマット加工を施しました。
「FA-240番台」といえば、フロントから繋がるテンプルを三角の形状で繋げ、その美しい造形美は多くの皆さんを魅了してきました。
また、研ぎ澄まされた「FA-240番台」の面造形は、マット加工との相性もバツグンだと思います。
FA-240番台マット

では年代別にスタイルサンプルを交えながらご覧下さい!

「FA-240」¥38,000(税別) 2010年発表
DSC_8145
サイズ55mm 鼻幅18mm レンズカーブ5カーブ テンプル長120mm
DSC_8207
DSC_8271
ご存じ、FACTORY900の人気NO.1モデル「FA-240」
個人的にはマット加工を施すなら、この「FA-240」が1番カッコイイのではないかと思っています。
どの角度から見ても惚れ惚れするこの造形美。
マットブラックにご興味をお持ちの皆さん、まずは「FA-240」col.001Mをどうぞ!
DSC_8220


「FA-241」¥38,000(税別) 2011年発表
DSC_8148
サイズ56mm 鼻幅16mm レンズカーブ5カーブ テンプル長120mm
DSC_8219
DSC_8266
「FA-240番台」の中では比較的細身の「FA-241」ですが、フロント、テンプル、その細部に至るまで、マット加工によりその造形がハッキリとわかります。
ワタクシがここ最近多用している「FA-241」はその掛け心地の良さもあり、ビジネスシーンでも使い勝手の良さが期待できます。
DSC_8231

「FA-243」¥38,000(税別) 2012年発表
DSC_8152
サイズ56mm 鼻幅14mm レンズカーブ4カーブ テンプル長120mm
DSC_8212
DSC_8265
ファンの皆さんはご存じ、品番の末尾"3"は足付きと呼ばれるブローライン。
肉厚のあるヨロイと呼ばれるフロントサイドからテンプルに掛けての繋がりが、マット加工を施すことでより美しく感じます。また、ボリュームのある「FA-243」が程よく馴染むのもマット加工のメリットです。
DSC_8226

「FA-244」¥38,000(税別) 2014年発表
DSC_8166
サイズ57mm 鼻幅16mm レンズカーブ4カーブテンプル長140mm
DSC_8214
DSC_8260
一見ゴーグルシリーズ「FA-060番台」を彷彿とさせるような極太のフロントリムが特徴的な「FA-244」
肉厚のあるリムに施されたカット面がマット加工により際立ちます。
また、あらわになったダイナミックな面造形がどこか粗削りで男らしさを感じさせますね。
DSC_8228

いかがでしたか?

エッジの効いた「FA-240番台」は、マット加工のカッコ良さをダイレクトにお伝え出来たかと思います。

過去の記事でも触れたことがありますが、マット加工を施すことにより以下のようなデメリットも考えられます。
・小傷が目立ちやすい。
・ご使用頂く中で油分、整髪料などで光沢が出てくる。
・キズが付いた場合、TOKTO BASEで行っているような再研磨がしにくい。
つまり、通常のカラーに比べると取扱いはデリケートになるかと思います。
このような点も踏まえ、ご検討の際はお気軽にご相談下さい!




pop    
「2nd ANNIVERSARY」
02/11(sat)
open: 16:00/closed: 20:00
02/12(sun)
open: 12:00/closed: 20:00

FACTORY900 TOKYO BASE
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-21-21 MOON-SITE 1F
TEL&FAX 03-3409-0098 E-mail: tokyobase@factory900.jp
Facebook: http://www.facebook.com/FACTORY900TOKYOBASE 
営業時間 12:00~20:00 水曜日定休          

メガネ・サングラス ブログランキングへ